あの坂をのぼれば、海が見える。

文京区
03 /13 2016
上野広小路  デリー


IMG_4170.jpg

[a:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003638/,厳選洋食さくらい]でオムったあと、予定通りこちらへ向かいました。
13:45来店。

おっと、満席だΣ(゚Д゚)ガーン
外で待つよう言われますが、すぐに通されて入口近くのカウンター席に座り、メニューをちらり。
ま、やはりこれだろう( ̄ー ̄)ニヤリ
「[b:カシミールカレー](950円)」をオーダー。
河井、レトルトではいただいた事がありますが、店舗でいただくのは初めてです。

IMG_4171.jpg

真新しさ?を感じる店内は意外に狭いな。もっと広々としているのかと(勝手に)思っていましたよ(^_^;)
カレースタンドみたいな・・・そんな感じ。
右の厨房に面してI字カウンターが奥へと伸び、通路を挟んでテーブルが並びます。
通路は狭く、人1人通れるくらい。

IMG_4172.jpg

客の回転は速く、待っている間にガラガラになり、帰る頃には満席に(^_^;)
カシミールカレーをベリーホットでオーダーしていたおっちゃんが印象に残っております((((;゚Д゚)))))))

IMG_4175.jpg

7分で竣工。

ダークブラウンのカレーの中に鶏肉の塊が3つとジャガイモ1個が見えます。
ライスは平たい皿にやや平たく盛られておりますな。
ふむ、お上品な盛りである(´・ω・`) ショボーン

ではでは。

IMG_4173.jpg

レトルトとはちょい違うな。
辛さはやや控えめに感じますし、味は油分やや多く感じます。
レトルトのカシミールの辛さは、河井がギブアップするかしないかギリギリのレベルなのですが、
こちらのはまだ少しだけ余裕が持てますね、具材の影響もあるのかな?
鶏肉の油分とかが加わって、若干円やかになっているのでしょうかね?
まあ、辛いのは辛いんだが(^_^;)
段々と辛さが積み重ねられていきます・・・河井の口内を蹂躙すること、遼来来の如し(゚Д゚)ノ

・・・辛いんだよ、
しかしね、それを越えた先に、美味さがあるんだ。
それを体感してしまった以上、スプーンを止める事、能わず(´・Д・)」
[b:あの坂をのぼれば、海が見える。]
そう期待して歩き続ける少年の気持ちも解ろうってなもんだ。

具は前述通り鶏肉の塊が3個と小振りなジャガイモ1個。
鶏肉は柔らかく、スプーンで切れます。
味は染みていないので口直しにもなりますな。
ジャガイモは甘く感じますが、カレーの辛さ故際立っているかもしれません。
格好の口直し。

IMG_4174.jpg

そしてライスの炊き上がりは良いですねぇ。
終盤には汗腺の全砲門が開き、汗を掻き掻き完食。

ボリュームはやや少なめ。
接客は忙しくカレースタンド並みですが、ホールは回っていましたね。

辛いものが得意、ってワケでもない河井にとってリスキーなチョイスでしたが、今回は吉と出ましたね。
耐えられるかどうかギリギリな辛さなのですが・・・しかし、そこにシビれる憧れる。
辛さの奥の、桃源郷。
[b:あの坂をのぼった先に、確かに海は在ったのだ。]

・・・きっとまた、食べたくなる。

そんな予感をヒシと感じながらお店を後にした河井なのでした。


つづく。


デリー 上野店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:インドカレー | 上野広小路駅上野御徒町駅湯島駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ