年明けの年越しを盛り「揚げ」ようと試みる。

府中市
03 /08 2016
府中  元禄そば 江戸一


年越し蕎麦を食べそびれた河井、こちらへ向かいました。

IMG_3465.jpg

こちらは元々「みゆき通り」に在ったお店。
サラリーマンやギャンブラーたちが出陣前に軽く腹に入れてく様なお店だったと記憶しております。
あと、カリ梅が食べ放題だったな♪( ´▽`)
再開発によりみゆき通り一帯は壊滅。
代わりに建つ高層マンションの低層に立ち退いたお店の大半が出店する予定になっていて、
こちらもその予定なのかな?ガード下の仮設店舗にて営業しております。
13:55来店。

今年が盛り上がる一年でありますように、と祈念して、
「[b:もりあげそば](550円)」をオーダー。
『府中もりあげそば』は府中界隈の蕎麦屋さんが企画されたイベントで、分倍河原の[a:13067969,ふるた]の店主が発案。
皆様の家庭と府中を盛り上げたい、とのコンセプトのもと、2010年より実施されております。
[b:もり]蕎麦&掻き[b:あげ]で、「もりあげ」という事らしいです。
こちらも参加されている様ですな。
詳細は無芸小食さんの[a:日記,http://tabelog.com/rvwr/000618208/diarydtl/72823/]に詳しいです、ご参考までに。

中央に対面カウンターがデンとあり、両側の壁に沿ってカウンターが伸びている内装は前と同じだな。
路麺店なスタイルですが、椅子があるので立ち食いではありません。
客は半分の入りで、常連さんが多いみたい。

IMG_3470.jpg

1分で竣工。
巨大な掻き揚げが別盛りなもり蕎麦、という出で立ち。
蕎麦湯が付いて来ました。

IMG_3469.jpg

で、刻み葱とカリ梅は取り放題( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。

先ずは蕎麦が激しく絡まっているので根気良くほぐします(´・Д・)」

IMG_3467.jpg

掻き揚げの種は玉ねぎ、小海老、人参、コーン、葉っぱ系の何か。
カラッと揚がっ、ていた様です。
という歯切れの悪い書き口なのは、ガッツリ冷めているから(ー ー;)
温かいかけつゆなら浸せば問題無いのですが、冷たいつゆではどうにもなりません。

IMG_3466.jpg

蕎麦は硬めの食感で風味は無いのでつゆにたっぷり付けていただきます。

IMG_3468.jpg

つゆは節っぽい風味と旨味を感じますな。
蕎麦を食べ終わって蕎麦湯をつゆに注ぎ、
それに掻き揚げを浸しつつ食べ進めました。
完食。

カウンター上に備え付けられたカリ梅をカリカリしながら感想戦。

ボリュームはまあまあありましたね。
冷めた掻き揚げを美味しくいただく工夫があれば良いなあ、と思いました。
河井的には盛り上がりに欠けた一品、というのが総評。

接客は普通。
路麺店のそれとしては愛想もあり、ちゃんとしていた様に思います。


元禄そば 江戸一

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:立ち食いそば | 府中駅府中本町駅府中競馬正門前駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ