赤富士、に肉、三ワカメ。

世田谷区
02 /24 2016
三軒茶屋  富士そば


この日は変則的なシフトだったので、つい早く着いてしまった、
じゃあ、食おう(´・Д・)」
10:00来店。

IMG_3409.jpg

店頭のポスターを見て気になった
「[b:赤富士そば](460円)」の食券を購入して奥の配膳カウンターへ向かい、
店主っぽいおっちゃんに食券を渡して壁沿いのカウンター席を確保して店内を見渡します。

IMG_3410.jpg

富士そばにしては高級感を感じる内装ですな。
ま、だからと言って富士そばのやさぐれ感もそこはかとなく漂っていてホッとします。
左右の壁に沿ってカウンターが設けられていて、それぞれに椅子が付いていますので立ち食いではありません。
真ん中のスペースにはテーブル席が整然と置かれ、厨房は奥。
キャパも多そうですな。
清潔感は富士そばにしてはある方。
先客は無く、貸し切りでしたがリラックスして待てました。
BGMは当然のごとく歌謡曲。

IMG_3411.jpg

2分で竣工。
赤い、な(^_^;)
海苔が刻み海苔じゃなくて板海苔なので、何だかラーメンと向かい合っている様な心持ちになります(´・Д・)

ではでは。

具は豚肉、ワカメ、温玉、海苔、刻み葱。
これに一味唐辛子がわっさぁと、さながらつけ麺における魚粉みたいに盛られています。
なるほど、これが「赤富士」ってワケか(^_−)−☆
肉は冷たいな・・・濃いめの下味がついていますが、とにかく唐辛子の辛味が先行します。
ワカメはたっぷり入っていますな。
温玉は黄身が固体寄りなのでつゆとのマリアージュは微妙。
蕎麦は茹で置きですが、クタクタした姿にむしろ潔さを感じてみたりします。
どうやら今日の精神状態はすこぶる良好な様です(^_−)−☆
やがてつゆに溶けた黄身が混ざり合い、美味しい飲み物に。
つゆの良し悪しが気にならなくなりました。
完食。

ボリュームはまあまあ。
かなりジャンクな味だろうと想像してはいましたが、とにかく肉の冷たさが印象に残りました。
脂が固まっているし、つゆは冷めていくし、悪い印象しか無いです(ー ー;)

NRE系と比べればどっこいどっこいなCPなんだけど、路麺とすればやや高い。
うーむ、やはり遣いどころに悩む店だな(^_^;)


名代 富士そば 三軒茶屋店

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:そば(蕎麦) | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ