三茶民に親しまれる、ノス系中華丼。

世田谷区
02 /23 2016
三軒茶屋  新華楼



IMG_3210.jpg

踏切を渡るとこちらの赤い看板が誘導灯のように見えたのです。
老舗っぽい中華食堂、というザックリした前情報しか入れてなかったんだけど、
ああ、いいわあ・・・この古風で重そうな扉ヽ(´▽`)/

IMG_3217.jpg

ロゴもすこぶる昭和で、むしろ1ループして斬新だろこれΣ(゚Д゚)ガーン
ショーケースも素敵極まりないぜ!?ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
妙なテンションの高まりを覚えつつ、
19:05来店。

カウンター席に座ってメニューを眺め、
予定通り「[b:中華丼](800円)」をオーダー。

・・・あ、いや、「[b:大盛り](70円)」で。
だって70円なんだもん(*゚ー゚)>テヘヘッ

先客はカップル1組と家族連れ1組。
皆さん餃子と中華丼をオーダーしてらっしゃいますね。
これは期待出来そうだ( ̄ー ̄)ニヤリ

ベニヤ張りの店内は素晴らしき昭和の薫りを発散しつつも、清潔感がありますね。
コンクリートの床に端が剥げた木製カウンター、いとをかし。
右手の厨房に面してI字カウンターが奥へと伸び、
通路を挟んだ左手にはテーブルが3卓見えます。
赤いパイプ椅子は新しめ。
新しくパイプ椅子を買い揃える、ってところがイイね。ハズしてないよね( ̄ー ̄)ニヤリ

お店を切り盛りするのは若い店主と奥様かな。
代替わりしたのかな?

IMG_3213.jpg

8分で竣工。
[b:おー!]

おおおおおっ!!
来たねぇキタコレヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

破竹の勢いで上昇していくテンションは、もう制御出来ません・・・

ではでは。

IMG_3212.jpg

あー、これこれ。
油の香り漂う昔ながらの中華丼であります。
とろみはやや強めで餡は塩餡、少なめ。
具は白菜、人参、ニラ、豚肉、キクラゲがメインで、
これにナルト、蒲鉾、チャーシュー、茹で卵半個、海老1尾、
そして伊達巻きだ(^_-)-☆

IMG_3214.jpg

伊達巻き入りの中華丼を出しているお店はかなりの老舗であると見て良いと思うのですが・・・
このルーツって、何だろう??
って、疑問をずーっと持っているのですよ。
ま、持っているだけで解決には程遠いのですが(^_^;)
「おかめ蕎麦」、あるいは「日本五目蕎麦」から来てるんじゃないかと思っているのですが・・・どうでしょうかね?

海老は尻尾付き。
チャーシューはしっとりした歯触りで塩気の効いたもの。
ご飯の炊き上がりは悪くないものの飯深は浅く、期待したほどのボリュームではありませんでした( -_-)
瞬殺。

ボリュームを鑑みるにCPは低めという判断になりますが、豚肉がしっかり入っていたり具沢山だったのは嬉しかったです。
接客は愛想良し。

三茶の繁華街から少し外れたところにこういう老舗っぽい中華食堂、結構あるのですよ(^_−)−☆
そのあたりも回れたら、と思っております。

IMG_3215.jpg



新華楼

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 西太子堂駅三軒茶屋駅若林駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ