デート遣いも出来そうな大吉系のハイクラス。

小平市
02 /15 2016
新小平  やきとり吉鳥


前を通る度に気になっていたお店です。
こちら、大吉グループと看板に書かれているのですが、「大吉」じゃなくて「吉鳥」なのですよ。
大吉と吉鳥の違いをHPで調べてみましたが、
例えるならば、ペガサスナイトがドラゴンナイトにクラスチェンジした、みたいな(解らない方はスルーでお願いします)。
20:45来店。

寡黙そうな店主が上目遣いで「いらっしゃい」。
右のカウンター席に座り、「[b:生](490円)」・・・あ、税別かぁ。
んじゃ529円だ。

IMG_3255.jpg

すぐに竣工した生は、うーん、スリム。
お通しは枝豆。

IMG_3253.jpg

IMG_3254.jpg

焼き鳥は各2本ずつのオーダーがルールの様ですな。
「[b:きも《レバー》](129円)」
「[b:ネック](140円)」
「[b:み《精肉》](140円)」
を2本ずつと
「[b:コールスローサラダ](324円)」
をオーダー。

控えめにピアノソロが流れる店内はモダンな雰囲気を纏っていますね。
「大吉とは違うのだよ、大吉とは」とお店が主張しております。
清潔感もちゃんとありますな。

IMG_3256.jpg

やがて竣工した焼き鳥は、焼き浅め。
中でも「み」は皮がパリッと焼かれていて面白い食感で好きだな、これ。
肉はやや小さめだ。
コールスローは上に掛かったフライドオニオンのカリカリ具合がアクセントになっていてGOOD。
この頃には左手の装備、「[b:ホッピー](価格忘れた・・・)」に変わっていました。
その後「[b:ナカ](313円)」を1度頼んで〆。
お会計は2700円くらいでしたね。

接客は雰囲気にあった控えめなもの。
お得感は特に感じませんでしたが、雰囲気はいいので女性受けは良いと思いますよ。
因みに吉鳥、HPを参照すると都内ではこちらと[a:13073149,東久留米店]のみ・・・なかなかレアですぜ( ̄ー ̄)ニヤリ


やきとり 吉鳥 小平店

夜総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:焼き鳥 | 新小平駅青梅街道駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ