背中に店主の( ̄ー ̄)ニヤリを感じた。

練馬区
02 /07 2016
富士見台  大貫


麺屋海神ででサクッとあら炊きラーメンとへしこおにぎりを平らげて向かったのは富士見台。
・・・・オフ会です。
初顔合わせな方が多いので、人見知りな河井は緊張するるるる(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
で、待ち合わせ時間の30分前に着いたので、緊張をほぐすためにも街ブラしますかね。

道幅の狭い、いい感じのゴチャり具合な街並みですが、よく見かけるチェーン店も点在してますな。
ああ、
たまらんなぁ・・・この、松野屋の佇まいヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
隣のお店と連食したいな、いつの日か。

IMG_3143.jpg

ちょいと路地へ入れば古そうな拵えのコンクリ塀が在ったりしてワクワクします、が、
あー、緊張が収まらない(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

・・・うん、酒に逃げよう( ゚д゚)
プシュっ!
ゴキュ、ゴキュ、ゴキュ・・・・・・ぷっはあああ( ´ ▽ ` )ノ

うし、向かうか(´・Д・)」

参加者の皆さんと挨拶を済ませて暫し、一行はぞろぞろと目的地へと歩き出します。
道中、美味B級さんのマニアックな街解説付きという贅沢なツアー。
牛蔵売店のメンチカツ、美味そうやなぁ・・・
あー、あんなラーメン食べなきゃ良かった(^_^;)

IMG_3145.jpg

とかやってるウチに目的地へ。
おー!意外な外観だガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

IMG_3146.jpg

小さな町にどこにでもありそうなタイプの店構えですが、こういうお店で美味しいものにありつける、ってのがいいねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
そんなギャップに激しく萌える河井です。

IMG_3147.jpg

ひとしきり愛でて、18:00来店。

こじんまりとした店内、今回は貸し切りであります。
さて、目の前には既に色々並んでおりますよ。


ではでは。

◯自家製豆腐と汲み上げ湯葉、奥多摩日原の天然水仕込み

IMG_3149.jpg

これね、あざとくないんです。
歯でも愉しめるくらいの硬さを感じられるのがむしろいい。
風味の濃厚さよりもむしろ、そこに妙味を感じました。
河井の背中の向こう側にいる店主の存在を、否が応にも意識せざるを得ない、
そういう状況に持っていかれましたね、この一品で。

◯刺身
佐渡の本鮪大とろ
青森の蛸、軽く酢締め
青森のひらめ
三重県的矢湾産牡蠣

IMG_3148.jpg

刺身は大トロと蛸が印象に残っておりますね。
特に大トロ。脂脂し過ぎていないのが良かったです。

◯八寸料理
出し巻き卵
鶉の卵のピータン
ローストビーフ
渋皮栗煮
柿の生ハム巻

IMG_3151.jpg

これはね、いずれも美味しかった。
面白かったのはウズラの卵のピータン。こういうの、ありそうで、無い。
まさにコロンブスの卵、っつーかね、卵だけにっ(゚Д゚)ノ

・・・・・


・・・・・・・・・あ、柿の生ハム巻きも面白い存在でしたね。

IMG_3152.jpg

生ハムメロンは存じていましたが、こういうの、ありs(ry
まさにコロん(ry
これは・・・・日本酒だな、と( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_3153.jpg

IMG_3156.jpg

IMG_3161.jpg

色々飲ませていただきました(中でも「弥山」のふくよかさが印象に残っております)<(_ _)>
ローストビーフもおいしかったですが、一番印象に残ったのは、出し巻き卵でした。
これは侮れんぞ、と。
これをいただいて、より一層店主の気配が濃くなったのを憶えております。

〇魚介の海老クリームソース、フランスパン添え

IMG_3159.jpg

ちょこっといただいただけなので特に印象無し。

〇薩摩地鶏のささみ(店主からサーヴィス)

IMG_3160.jpg

これもちょこっといただいただけなので(ry

〇牡蠣の釜飯
〇越前蟹の釜飯

IMG_3162.jpg

IMG_3164.jpg

これが(河井にとっての)今回の白眉でした。
どちらも美味いわぁぁヽ(´▽`)/

IMG_3165.jpg

IMG_3166.jpg

贅沢な具材もさる事ながら、ご飯が美味いのだ。
河井的にはそれに尽きます。

〇車麩のフレンチトースト

IMG_3168.jpg

・・・こう来たか(^_^;)
一同から「おおおおっ!!!」と歓声が挙がりますが、さもありなん。

IMG_3169.jpg
河井にとっても今回一番のインパクト。
これもまた、コロンb(ry
河井の背中の向こう側で、ニヤリとする店主の顔が浮かびます、ハッキリと(_ー_)逆ニヤリッ
サクランボのジャムを待てずに食べてしまったのが悔やまれます( -_-)

ここで打ち止め。

IMG_3170.jpg

とにかくね、愉しいんだわ。
多分ねぇ、店主も(すんごい緊張感の只中で)愉しんでいるんだと思うんだけど・・・
この「愉しさ」の相互関係のスムーズさたるや。

ドヤ顔じゃないんだよね。
「どうだ、俺様スゲーだろ」的なジャイアニズムは皆無で、あくまでこちらが能動的に愉しむ様に「仕向け」られていて、
それがとっても心地良いんだな。

いつか、何となく、気負いなく、ふらっと訪れてみたいなぁ。
そんなお店でした。
こういうお店がこんなところに、ケレン味無く在る、
ってのが、素晴らしい。
こんなお店が「しれっと」在る富士見台という街は、幸運ですよホント(^_-)-☆


つづく。


大貫

夜総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:釜飯 | 富士見台駅練馬高野台駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ