【オムの細道:205】 玉子の加減が絶妙なオムチャー。

新宿区
02 /02 2016
西早稲田 らーめん30


【オムの細道シリーズ】



台湾まぜそばをいただきに西早稲田へ足を伸ばしました
が、忘れちゃいませんオムライス(^ー゚)ノ
先ずは、オムから行っとこう(´・Д・)」
で、こちらへ。

IMG_3257.jpg

というのも、こちらに面白いオムがあると知りましてね(^_−)−☆
13:15来店。

ちょうどお客さんが出るところで、河井の貸し切りになりました。
カウンター席に座り、壁に貼られたメニューを一瞥してニヤリ。

その顔のまま「[b:オムチャーハン《カニ玉風オムライス》](900円)」をオーダーして、
その顔のまま店内を見渡します( ̄ー ̄)ニヤリ

奥の厨房に面して5席ほどのI字カウンターが設けられていて、手前にはテーブルが不規則に3卓。
こじんまりとした店内ですな。
厨房には店主(恐らく)ご夫妻。
ご主人(恐らく)がオムを調理し、奥様(恐らく)は黙々と下ごしらえ。
熱せられた油の香ばしい匂いに釣られ、我が胃袋殿がウォーミングアップを開始し始めました。

IMG_3259.jpg

4分で竣工。速いねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
ほお、確かにカニ玉っぽい。
しかし甘酢はおろか、何も掛かってないのか(゚- ゚ )
まあ、《オムライス》と名乗っているからにはオムライスとして受け入れますが(^_^;)
これで中が白米ならば天津飯寄りですが、中はチャーハン、との事ですが・・・さて、どんなもんかな?

ではでは。

IMG_3258.jpg

おお!!!
玉子、ぷにゅんぷにゅんだ( ´ ▽ ` )ノ
カニ玉ゆえに厚みある玉子にはカニ、グリーンピース、刻み葱が入っておりますな。
カニは少ないが玉子はたっぷりだ(^_−)−☆

IMG_3260.jpg

一方ライスは淡い茶色味を帯びた、パラパラのチャーハン。
具はチャーシュー、刻み葱とシンプルで、ちょいオイリーかな。

搾菜は辣油が絡んだ柔らかい食感のもの。
アクセントとしていい仕事してくれます。

中華スープは生姜味。
完食。

ボリュームはそこそこに感じましたが、この後辛い展開になったので意外にあったかもしれません(^_^;)
それともオイリーだったのが効いたかな?
上に何か掛かっていたら、味の変化を愉しめて更にレベルアップしそうだな、ってなオムでした。
とまれ、玉子の具合は良かったですね。
だから、ここの天津丼は美味いんじゃないかな・・・甘酢次第だけど。


つづく。


らーめん30

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:中華料理 | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ