【オムの細道:130】「出来る」中華食堂のギッチリガッツリオム。

西東京市
05 /05 2015
田無「谿明飯店」


【オムの細道シリーズ】



2015.1訪問

他の方のレビューを拝見して良さげな予感をヒシヒシ感じまして、
こちらまで歩いて来ました河井です(o´・ω・`o)ノ コンニチワ
店頭には漢字で「生碼麺」と書いた看板が(゚- ゚ )
・・・・ああ、サンマーメンですか。
振り仮名が振ってありました(^_^;)
そしてショーケースを眺めれば・・・・・・・鯉の丸焼き!?
うーむ、

オラ、すっごくワクワクしてk(ry
14:20来店。

入口右脇のカウンターに座り、メニューを確認・・・・・

あった( ´ ▽ ` )ノ
オム発見情報を得ていても、河井が訪れた時にはメニューから消えていた・・・
なんて体験、何度もありますからね(T . T)
見つけた時は心底ホッとします(^_^;)
店員のお嬢さんに「オムライス(780円)」をオーダーし、
「大盛りって出来ます?」と聞くと、
明るい声で「出来ますよっ」
ならば、と「大盛り(100円)」をコールしました。

清潔感ある店内は思ったより奥行きがありますな。
右手前に2席の小さなカウンターがあり、
中央には大テーブル、左には厨房。
奥には広い小上がりが見えますね。大人数での利用も大丈夫っぽい。
シチズンの工場が近いから、そういう用途もあるのでしょうかね。
閉店間際でしたが先客は数組います。
家族連れやおっちゃん、若いカップルといった幅広い面々。
期待出来そうですな( ̄ー ̄)ニヤリ

7分で竣工。
黒い深皿の底に横たわるオムは、パッと見小さく見えたのですが・・・

IMG_0518.jpg

いやいやいや。

IMG_0519.jpg

標高が高いよ(´・Д・)」
んで上は平坦だ。
これはボリューミーな予感(^_-)-☆
オム上にはケチャップが中央から奥へと垂らされ、上にはグリーンピースが彩りを添えます。
奥垂れタイプはレアケースですな。
with中華スープ。

ではでは。

ライスは型押しですね。
故にみっちり詰まっています・・・

IMG_0520.jpg

こいつぁ見た目以上にガッツリ仕様だな( ̄ー ̄)ニヤリ
炒め具合は良好で色ムラ無し。
具は鶏肉と玉ねぎ。
どちらも適度な入りですが、普通盛りならば感想は違ったかもしれません。
甘味酸味が均等に広がり、酸味が残って旨味の余韻。
玉子は薄焼きながら艶があります。
内側はトロっとした具合が残されていて見事なり。
ケチャップは味を足すくらいの役割でギリギリの存在感。
グリーンピースは硬めで河井好みです( ̄ー ̄)ニヤリ
ああ、満足ヽ(´▽`)/
一気に完食。

ボリュームはありましたねぇ。
河井的には腹8分くらい(個人差はあります)。
ケミカルさこそありますがバランスの良い味。
ここは多分、何を食べてもそこそこ以上のクオリティが得られそうな気がします。
そういう「出来る」中華食堂なイメージを抱きましたね。
接客も明るく文句なし。
次回は是非ともサンマーメンをいただきたいです。
あとは臭わないニンニクを使っているらしい餃子も気になりますね(^ー゚)ノ


谿明飯店

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:中華料理 | 田無駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ