ミ◯ネ屋だけが平成だった。

青梅市
01 /18 2016
東青梅  森万 そば店


河井の昼休憩は60分。
前回は河辺から東青梅の夜鳴屋を目指して成功(^_−)−☆
この辺りまでは行動範囲内である事が判明したのです。
・・・ならばこちらへ行かないという手は無いな( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_2524.jpg

高速早歩きで向かい、15:30来店。

・・・・・な!!( ゚д゚)

IMG_2527.jpg

外観は新しい感じに見えたのに、店内めっちゃ昭和やないかいΣ(°д°lll)ガーン
テレビを観ていたおばあちゃんが、割烹着姿で「いらっしゃーい」。

・・・ああ、やられた。
おばあちゃんを含め、ほぼ全方位からムンムンと醸し出される昭和の雰囲気に耽溺していく・・・
真ん中のテーブル席に座り、ただただ昭和に酔い痴れます・・・・・・・


・・・やがて正気を取り戻した河井、メニューを拝見。

IMG_2530.jpg

IMG_2529.jpg

うん、セットにしよう。ミニ丼を350〜800円で付けられる。
ニコニコしているおばあちゃんに「[b:もりそば](550円)」に「[b:ミニかつ丼](400円)」をオーダー。
あ、おばあちゃんが調理するんだ。

IMG_2525.jpg

熱いお茶を啜りながら、改めて店内を見渡します。

IMG_2526.jpg

いやあ、素晴らしいね。
コンクリートの床、
緑で統一されたパイプ椅子とテーブル、
木枠の窓、
カバーを掛けられた扇風機、
壁には白字で書かれた黒いメニュー札、

IMG_2531.jpg

見上げれば格子状の天井、
石垣を模した壁も如何にも昭和。
やや雑然としているのも、むしろいいな。
京一食堂に匹敵・・・いや、超えるな(^_^;)

IMG_2528.jpg

ミヤネ屋だけが、平成でした。

しかし、キッチンタイマーがずっと鳴りっ放しなのが気になるな(^_^;)

時間、掛かるかな・・・

そうそう、国分寺の[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/6467478/,亀屋食堂]や、あとはまだレビューを上げていませんが生田の[a:14060123,青柳食堂]なんかもそうだったけれど、
老舗の大衆食堂って洗面台があるんだよな。

IMG_2532.jpg

ここにもありました(^_-)-☆

IMG_2533.jpg

・・・・20分で竣工。
さて、急いで食べないと(^_^;)

ではでは。

IMG_2535.jpg

蕎麦はやや太めの機械打ちで、ちょいモソモソするな(゚- ゚ )
盛りは悪くないけれど、これで550円はどうだろう?
でも薬味に柚子が添えられているのは嬉しいね(^_−)−☆
つゆは醤油がやや強く出ていますが出汁が弱い訳ではなく、どちらもしっかり主張しています。

IMG_2534.jpg

カツ丼は、カツ煮丼にトランスフォームしていました(^_^;)
さっきのキッチンタイマーが、多分、アレだったのでしょう・・・
ま、その所為もあって煮汁は美味しい。
カツは煮込まれていた割には柔らかく、
まあ衣はふにゃふにゃでしたが(^_^;)
まあ、玉ねぎに味がよく染みて美味しかったですが。
ご飯の炊き上がりは悪くない。

IMG_2536.jpg

糠漬けは糠臭いのがダメな方には危険ですが美味しい漬かり具合。

蕎麦湯は濃厚で、柚子を入れて愉しみましたヽ(´▽`)/
完食。

ボリュームもCPも夜鳴屋には敵わないものの、それなりに満足出来るものでした。

何と言ってもおばあちゃんがいい。
おばあちゃんっ子だった河井には反則にも等しいシチュエーションでした。
まぁ竣工が遅かったのでサービス点は下がっておりますが・・・
詳細は控えますが(大した事ではないのですが、そういうサービスが当たり前だと思われるとお店に迷惑が掛かりそうなので・・・)、
打算を感じない気遣いが沁みました・・・

IMG_2538.jpg

胃袋とココロを満タンにして、職場へ高速早歩きで戻る、河井なのでした。


森万 そば店

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:そば(蕎麦) | 東青梅駅河辺駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ