ありがとう、さようなら、丼太郎。

渋谷区
03 /30 2015
代々木「丼太郎」


仕事を終えて、電車に乗った。
車窓はいつもとは逆方向に流れて行くが、間違ってはいない。
昨日、哀しい報せを聞いたのだ。
西武新宿駅を出て、南へと舵を切る。
高速早歩きで歩いて歩いて、人混みを掻き分けて歩いて・・・

興奮のあまりブレてます
見えて来た、あの懐かしい看板。
早仕舞いしているんじゃないかと気が急いた。
外観
店の前で膝に手を付いて、大~きく息を吐いた河井です(o´・ω・`o)ノ コンニチワ
20:20来店。

入口脇の券売機で、「[b:納豆丼並](210円)」の食券を購入し、
店員の兄ちゃんに食券を渡して店内を見渡します。

L字カウンターの中に厨房。
椅子は無く立ち食いスタイルです。
河井が通っていた高円寺店はもっと狭かったな。
あそこも今では不動産屋になっちまって面影も無い・・・・

初めて牛丼太郎に出会ったのは新宿、思い出横丁の入口に在ったお店。
とにかく安かった、という思い出しか無いんですよね(^_^;)
新宿に行ったら大概毎回そちらで牛丼食べてた気がします。
そのお店が「牛若屋」というお店に変わって、火事で燃えて松屋になって、縁が切れて・・・
数年後、母方の実家がある高円寺の駅の北口に出来た時は嬉しかったなぁ・・・
実家に行くたびに立ち寄ってました。
こちらでは毎回納豆丼を食べてましたね。
この頃には低価格競争に巻き込まれて、牛丼の質が落ちていたので。

2分で竣工。

納豆丼:並
こんなだったっけ(゚- ゚ )
苦しい歳月が彼を変えてしまったのか・・・
河井が知っているのはネギたっぷりで大粒の納豆がライスを覆っているやつだ。
アレは高円寺店のみのサービスだったのかな???
こちらのはライスの真ん中に納豆、というビジュアルでネギ少なめ、上には刻み海苔。
そしてこの価格で味噌汁が付いて来てしまうイリュージョン。

ではでは。

あ、、、
なんか、
納豆丼アップ
こんな味、だった様な気がする(゚‐゚*)
だらだら過ごした歳月が河井の記憶を奪ってしまったのか・・・
ああ、これこれ
って感じにはならなかったが、多分ネギ量が違うせいでしょう。
しかし、
ご飯、クオリティ高いんだがΣ(゚Д゚)ガーン
このレベルの飯を出す牛丼チェーンは存在しないぜ、おい(^_^;)
何で無くなるんだ、ここ。
ちょっぴり、どう説明して良いか判らない腹立だしさを覚えました・・・やるせなさと共に。
じっくり、完食。

先客は1人。
大きな声で「ごちそうさま」と挨拶して帰っていきました。
店員の兄ちゃんは黙々と厨房を磨いていました。
それがお店に対する彼の愛情表現の様に感じられて、ちょっと目から潮汁が流れそうになりましたが我慢して、
味噌汁を仰角高めに啜り上げる事によってカモフラージュしました。
そして大きな声で「ごちそうさまでした」と挨拶して、店を出ました。

畜生、
何故府中に出店しなかったんだ。
府中本町のドトールや王将の並びに在ったなら、河井は週3ペースで通っただろうに(゚Д゚)ノ
なんて思いたくなる、一杯。ありがとう。

さようなら。

忘れないよ、君の事を。
丼太郎

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:牛丼 | 代々木駅南新宿駅北参道駅

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ