老舗の天丼で厚みを愉しむ。

青梅市
12 /06 2015
河辺  ひのき茶屋


IMG_1979.jpg

前から気になっていたのですが、河井のランチタイムにはいささか早いラスト。
なかなか機会がありませんでした。
チャンスは逃さない河井です(`・ω・´)キリッ
13:25来店。

IMG_1980.jpg

カウンターの中程の席に座り、メニューはノールック。
入口前のボードを見て既に決めていた「[b:天丼](918円)」を・・・いや待て。

「『大盛り(不明)』、って出来ますか?」
「はい、大盛りね」
という遣り取りを経て店内を見渡します。

IMG_1981.jpg

先客は無く、最後まで河井の貸し切り状態でした。
右奥に厨房があり、奥にも調理スペースがありそう。
その手前には使い込まれた一木造りのカウンターがあり、通路を挟んで小上がりが2卓。
壁には沢山カレンダーが掛かっています。
きっと付き合いのある業者のものでしょう。
BGMは無し。ちょっと落ち着かない(^_^;)
カウンターの脇には少々乱雑に漫画や新聞が積まれています。
漫画のラインナップはギャンブルレーサー、静かなるドン・・・一昔前の定番だな( ̄ー ̄)ニヤリ
食堂あるある、と言ってもいいかもしれない(^_^;)
まあこのお店の雰囲気には合わないけれど。
少し小綺麗にしたら雰囲気がガラッと変わりそうなんだけどなぁ。
とか思いつつ、久しぶりにマガジンを読んでみたりしつつ待ちます。

IMG_1982.jpg

先に味噌汁、御新香、山芋の小鉢が竣工。
山芋、美味しいねぇ。山葵の効きも申し分無い。
このお店の歴史を感じる、品のあるお味。
こちらはきっと、軽くビールを呑りながら飯を食うタイプのお店なんだろうな。

IMG_1985.jpg

8分で天丼竣工。
・・・でけぇなあ、おいΣ(°д°lll)ガーン
海老、そそり立っとるやないかい(゚- ゚ )
ガッツリ仕様とは嬉しい誤算。ワクワクしながら箸を構えます。

ではでは。

IMG_1983.jpg

天ぷらは海老2尾、獅子唐2個、茄子、あと・・・魚かな?
海老はサクサク、じゃなくホコサクな食感。
衣は厚い部分と薄い部分があります。
油切れは宜しくないな、ちょい残念。
獅子唐はやや小振りで、アタリ無し。
茄子はあちち
あっふい、あっふい
開いてありながらも厚みがありますね。
で、魚は鯖かな?
小振りですがこれも厚みがあってホッコリ。
黒っぽいつゆの甘旨味でご飯を食べ進めます。
ご飯は[a:13010145,御膳茶屋]ほどの盛りではないものの、中々の盛り。
山芋もあるし、初心者でもご飯を余らせる心配は無いでしょう。
ご飯の炊き上がりは申し分無し。

お新香は大根と胡瓜が2切れずつで、厚みある大根はシャクシャクして愉しいアクセント。

IMG_1984.jpg

味噌汁は厚みあるワカメがたっぷり入っておりました。
完食。

ボリュームは[a:13101089,港亭]にはやや劣るものの、満足出来るものでした。
BGMが無い状況での貸し切り状態だったので、ちょっと落ち着きませんでしたかね。

さて、大盛りは幾らだろう(゚- ゚ )

会計は1026円也。つまり100円か・・・・
ならば満足だ(´・Д・)」

会計時に、奥に座敷があるのを確認。
やはり、かなり老舗な印象。
今はどうか分かりませんが、昔から大人数の宴会を捌いて来たお店なのでしょうね。

なお初レビューなので、少々甘めな評価となっております事、ご了承下さいませ。


ひのき茶屋

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:懐石・会席料理 | 河辺駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ