【オムの細道:190】 オム・マスカラス。

杉並区
11 /21 2015
浜田山 とらさんのみせ


【オムの細道シリーズ】



浜田山。

前々から気になっていたお店で、今年のGW頃に狙ったのですが・・・
電車が遅れてランチにギリギリ間に合わず(T . T)
結局[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/7799237/,釣り堀]まで歩いてオムったっけ。
こちら、実はオムライススタジアムの関東代表の最終選考まで残ったお店なのです(^_−)−☆

IMG_2325.jpg

今回は電車も遅れず、間に合いました。
13:10来店。

L字カウンターの短い方の席に座り、メニューを探す・・・
あ、無いんだった(^_^;)
こちらのランチは[b:オムの一品勝負]。
そして週替わり、
しかも金土日のみ、と[b:難易度高し( -_-)]
今週のオムが何オムなのかは表のボードに書いてあるらしい・・・

[b:まあ、見るの忘れたワケですが(*゚ー゚)>テヘヘッ]
さあて、どんなオムが出て来るか、楽しみに待つとしよう。

先客は常連さんっぽい男性1人、手酌酒。
ええ、居酒屋です。
外観も店内も、年季の入った居酒屋、であります。
カウンター上には30周年を祝う花が見えますね。
若い店主は二代目らしく、常連さんと親(初代かな?)の話で盛り上がっております、が、こちらを意識はしているご様子。

常連さんとの話を巧く切り上げた若店主、
「食後のコーヒーをこちらから択んで下さい」
と、コーヒーメーカー用パックがズラリと並んだケースを持ってきました。
その中から何となくキリマンジャロをチョイス。

IMG_2327.jpg

やがてスープ竣工。
やや甘味の効いたサッパリしたオニオンスープ・・・[b:美味しいな、おい(゚- ゚ )]
って、おいおい、
どう見ても居酒屋なお店なんだが、イタリアンみたいな、つかイタリアンじゃ・・・

IMG_2329.jpg

8分でオム竣工。
おお〜・・・・[b:な、なんか凄いの出て来たぞΣ(゚Д゚)ガーン]
抹茶色のソースの海に浮かぶオムは半球状で、ふわとろっぽい玉子を纏っております。
その上には玉ねぎスライスと桜海老が散りばめられていますね。
若旦那の説明によるとこのソース、どうやらお茶を煮詰めて作った甘いソースらしい。
底にしょっぱ苦いソースが敷いてあるのでそれと混ぜていただくべし、との事。
[b:あいわかった(´・Д・)」]

ではでは。

IMG_2328.jpg

どろっとしたソースは確かに甘い。
お茶って煮詰めるとこうなるのか?どうなんだ??
味はね、甘塩っぱ苦コク旨味な塩梅・・・ってよくわかんなくなってきた(^_^;)
でもってこのソースにいい感じで挽肉が紛れ込んでいて、これが良いアクセントとなってくれます。
桜海老の香ばしさとパリパリした食感も面白いなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
玉子は弾力を愉しむタイプ。
ライスは白米か・・・濃厚なソースにはこのアプローチで正解、なのかもしれませんね。
ただ、ちょいダマになっていたのは残念。
瞬殺。

コーヒーを啜りながら感想戦。
和なイタリアンのオム、だったな・・・うん、
[b:なんかスンゲーの食べたった]、ってのが総評。

お会計は980円。
ボリュームは少なめゆえ、ちょいお高めには感じますが、
オリジナリティー溢れるオム、河井的には満足です(^_−)−☆

と、若旦那曰く・・・どうやらオム、75種類以上あるらしい・・・
制覇するためには毎週食べても最速で1年半掛かるのかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

うむむ、総評、変更(´・Д・)」

[b:オム界のミル・マスカラスだな]
が、総評。
まあ、細かい事を言うなら「1000の顔を持つ男」よりは「100の顔を持つ男」シエン・カラスに例えるのが正しいのでしょうが、
知名度的なアレとか考慮した結果、前者を採用しました(´・Д・)」

帰りがけに店頭に掲げられたメニューを確認。

[b:《ホワイトお茶ソースオムライス》]


・・・なんか、凄いの喰らったったなガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

いやー、オムライスって奥が深いわ〜( ̄ー ̄)ニヤリ


つづく。


とらさんのみせ

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:居酒屋 | 浜田山駅西永福駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ