やはり竹屋系列はガッツリいける。

西東京市
04 /25 2015
田無「春馬」


ランチをどこでいただくか決まらず彷徨い歩き、
こちらの店の前を通・・・・・あれ、
ここ、この時間も営業しているのか!?
どうやら通し営業に変わった様ですな。
うむ、じゃあ入っちゃおう(^_−)−☆
こちらは秋津の良人と同じ竹屋グループの一店。
店の前の券売機と睨み合います。
一番人気は醤油つけ麺か、ふむ。
油そば(660円)」の食券を購入して、
15:45来店。

中程のカウンター席に座り、店主(多分)に食券を渡します。
太麺か中太麺か聞かれたので太麺で。
辛子マヨネーズかマヨネーズのトッピングが無料で付けられるとの事で、辛子マヨネーズをチョイスして店内を見渡します。

10席くらいのL字カウンターが占める店内にはテーブル席無し。
カウンター中に厨房があります。
ところどころにナショナル乾電池やグンゼのホーロー看板が飾られていますがアクセント程度。
レトロな雰囲気に作り込まれてまではいません。
カウンター上には酢、胡椒、唐辛子、ラー油、濃くするタレ、すりおろしニンニクが備え付けられております。
先客は0でしたが、待っている間に半分の席が埋まりました。
それよりもヌルヌルした床が気になりますね。あと、厨房もちょっと(´・_・`)

8分で竣工。

IMG_0430.jpg

でかいチャーシュー2枚、メンマ、海苔1枚、味玉半分、刻み葱辛子という布陣。
辛子マヨネーズはレンゲに盛られています。

ではでは。

麺は低加水でやや平たく、フェットチーネみたいなタイプ。
シコシコした食感が愉しめます。
タレは醤油ベースで甘味と旨味がメイン。塩気も油の向こうに隠れていそうです(^_^;)
胡椒と唐辛子が軽く効いた、こってりオイリーなタイプ。
麺の長さが短めなので啜り易いですな。
チャーシューは大きさに反比例するかの様に薄く、しっとりした食感。
メンマはジャクジャクと心地良い歯応え。
玉子は味玉ですな。普通。
酢とラー油を段階的に投入しますが、元の味が強過ぎるからか劇的な変化は感じられませんでした。
するんと完食。

かなりこってりオイリーな一杯でしたが、これなら大盛りもいけそうだな( ̄ー ̄)ニヤリ


で、

後日再訪して「油そば(660円)」「辛いやつ【名称失念】(60円)」と、
つい出来心で「特大盛(150円)」の食券を購入。

辛さは1から6まで選べ、2を択ぶ人が多いとの事。
じゃあ太麺で辛子マヨネーズで2辛で(`・ω・´)キリッ

店内に貼られたPOPを見て、歪んだ笑みを浮かべます・・・・

IMG_0685.jpg

やっちまったか( -_-)
茹で上がり、1065gかぁ・・・・仕事中に食べる量ではないな(^_^;)

8分で竣工。
ではでは。

辛、くは無いな(゚- ゚ )
もーちょい辛くしても良かったか。
お味はやっぱりこってりオイリーで・・・低加水の魔力、が徐々に開放されていきます・・
後半は急激に腹が膨れ始める苦しい展開。
やはり・・・・


仕事中に食べるべきボリュームではなかったな(^_^;)
何とか完食。

辛いやつを抜けば810円でこのボリューム。
手軽にガッツリ逝きたい方にはオススメ出来ますね(^_-)-☆
まぁ油、塩気(後で水をガブ飲みしましたので)共に多いので、用量、用法に留意して正しく使いましょう(^ー゚)ノ

ああ( -_-)
写真撮り忘れた( -_-)
また食べたらUPします・・・


春馬

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:つけ麺 | 田無駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ