【オムの細道:181】 デミで正解。

横浜市港北区
10 /20 2015
日吉  プクプク亭


【オムの細道シリーズ】



人生初、日吉。

この日は鶴見のレストランばーくでオムり、序でに鶴見線を探訪しようと思い立ち南武線で南下、
している[b:途中で気が変わった(`・ω・´)キリッ]

白鳥でオムろう、って(´・Д・)」
大学はまだ夏休み(2015.9月初めのレビューです)、
これはもしや、慶応大学のお膝元の日吉を訪れる好機ではないか、って思ったのです。

駅から放射状に通りが広がる通りはまるで梅小路蒸気機関車館・・・・・無性に萌えますなヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
通りに入って、

IMG_1903.jpg

直ぐに左へ曲がると白鳥・・・


IMG_1904.jpg

は、臨時休業かああああああ(T . T)
どうやらランチは不定期になるらしいです(2015.9現在)
まあいい、第二候補だ(゚Д゚)ノ
実は、すぐ近くにアメリカンオムライスなるがっつりメニューを出すお店がありましてね・・・

ランチ、止めたみたいですね( TДT)
もしかしたらどちらのお店も、大学が始まればランチを再開するのかもしれません・・・。
で、第三候補のこちらへ。
14:22来店。
14:30がラストオーダーなので、ギリギリでした(^_^;)

窓際のテーブル席に座ると、おっちゃんが水とメニューを持って来ました。
それにサッと目を通して、小さくガッツポーズ。
おっちゃんに「オムライスデミグラスソース(1080円)」をオーダー。
オムはケチャップとデミグラスソースの2種類ありましたが、先に書かれていたデミにしました。
それにこちら、ハンバーグが人気なお店ですし。
ならばデミも美味しいだろう、と推察(^_−)−☆

雰囲気の良い店内ですな。
年季が風情に昇華している感。
客はまばらでしたが、河井の後にも来客があったりして、流石は人気店(^_−)−☆
BGMはクラシックなピアノソロ。

IMG_1905.jpg

5分で竣工。
葉巻型の巻きオムですな。
やや小振りなオムの中心から手前にかけて、デミグラスソースが掛かっております。
その後背にはキャベツの千切りがそびえ、脇にはマカロニサラダ。

ではでは。

おお!河井の推察、ご明察(^_−)−☆
肉肉しいね、このデミったらヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
酸味とほろ苦みメインで、コクはスマートな広がりでコッテリとは感じません。
これはデミで正解、でしょう(^ー゚)ノ
しっかり底まで巻かれた玉子は厚みがある、

IMG_1906.jpg

いや、かなりあるねぇ、厚み(^_^;)
フワとムニュの中間くらいの食感。
具は鶏肉と玉ねぎで、いずれも少なめ。
鶏肉は1cmに満たないサイズで印象無し。
ライスは赤味が強い色合いで、ケチャップの甘味と酸味に旨味も感じる、強めの味付け。
玉子がボリューミーな分、ライスを濃いめに味付けする事で味のバランスが取れていますな。
でも炊き上がりはちょっと柔らかいかなぁ。
千切りキャベツの細さは官能的で、マカロニの茹で上がりは退廃的。
一気に完食。

ボリュームは少ないですな。
まあ、連食の始まりとしては丁度良い塩梅ですが、ちょい割高に感じはしました。
接客は厨房からの声出しも上々で、水の注ぎ足しも抜かり無い。
レジはちょっとモタついていたのが気になりましたが、本来レジを打つ人が不在だったのかな?
どうやら店主(か先代)は山男だったらしく、植村直己や田部井・・・・・あれ?
記憶が定かでない、どっちだっけ・・・どっちの田部井さんだっけ(ー ー;)

ま、とにかく(`・ω・´)キリッ
彼らと写真に収まっているらしい、モノクロの写真が誇らしげに飾られていました。

IMG_1907.jpg

軽やかに階段を下りれば、
次の店は目の前だ。


つづく。


プクプク亭

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:洋食 | 日吉駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ