あすたまにあーな:⑨ 入ってみれば街のお蕎麦屋さんでした。

西東京市
09 /15 2015
田無  光盛庵


この日はやよい軒で朝からガッツリ逝ってしまったので、お昼は軽く逝こうと思っておりました。
ならばこちらにしよう(´・Д・)」
何となく高そうで敬遠していたのですよ、こちら。
15:45来店。

うむ、ランチは15時までか・・・
こちらはカレー南蛮が名物の様で700円。
悪くないけれど、白いワイシャツだからなぁ(^_^;)

軽く逡巡したあと、店員のお姉さんに「[b:大もりそば](550円)」を、
いや、税抜きだから[b:594円]か( -_-)
それをオーダーして店内を見渡します。

店内は町の蕎麦屋そのままの年季が漂っておりますね。まるでアスタの中じゃないみたい(^_^;)
奥に小上がりが3卓あり、カウンターは無く、入口右手の厨房の周りにテーブル席が点在しています。

先客は時間も時間なのでまばら。
女性や男性のお一人様中心ですが、待っている間に地元の商店街の方々が次々に来店して軽く一杯、ってとこでしょうか。
楽しそうで羨ましいです(^_^;)
BGMは琴の音色の有線と、店員と常連さんとの雑談。

IMG_1427.jpg

6分で竣工。
蕎麦、細いね。
一緒に蕎麦湯が付いて来ました。

ではでは。

IMG_1428.jpg

蕎麦は灰色で細く短め。
風味は弱いですが瑞々しく、適度なコシがあり、歯切れも喉越しも悪くないね(^_-)-☆
つゆは返しの効いた濃いめで甘味が主張しますが、節も効いていてまとまりがあります。
ネギの風味はやや弱いですが、山葵が擦りたてなのは好評価。
蕎麦湯は薄め。
するすると完食。

ボリュームは普通に感じましたが、細麺の方が入りやすいので、感じたより多いかもしれません。
接客は商店街の蕎麦屋そのまんま。客もそういう地元民が多いです。
常連になればもっと楽しめそうですが、一見さんだと少し疎外感を感じる可能性はあります。
何となく高そうで今まで入らずじまいでしたが、今回にチョイスに関してはそうでもなかったですね。
んでもって、もりそばから約50円増しで大盛りがいただける、ってののは嬉しいやね( ̄ー ̄)ニヤリ
天ぷら系はやや高めですが、チョイスを間違えなければ普段遣い可能なお店だと思いますよ(^_−)−☆

あと・・・・こちら、創業が1927年という老舗も老舗なのですが、せいろ!!!

IMG_1429.jpg

せいろに描かれた絵柄がねぇ、シブいのですよヽ(´▽`)/
そんな愉しみ方も出来るお店です。


光盛庵

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:そば(蕎麦) | 田無駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ