ミッキーラーイスミッキーラーイスミッキミッキライスっ!!。

港区
09 /06 2015
広尾  ミッキー


麻布食堂を出て、さて。

元々、渋谷まで歩くルートを考えていたのですよ。
広尾駅から麻布食堂まで歩いて来たのですが、広尾駅まで戻るってのは何だか魅力的じゃない。
渋谷までは2、3㎞あるのですが道中には、単独で訪れるには二の足を踏む立地に気になるお店が幾つか在って、
[a:13019455,カリガリ]でカレー、ってのも乙な気がする。
だから、
涼しい時期に伺おう、って思っていたのです。
なのに、レビューをUPするペースが予想以上に順調だったので、こんな時期に訪れる事になりまして・・・
現在の気温、37度。
死ぬのか河井( ̄Д ̄)ノ

早速諦めて周辺の店を食べログで探す・・・と、
む( ゚д゚)!?
こんな店、在ったっけ!?
河井の膨大なBMリストには入っていなかったぞ???

確か、他にもなかったっけなぁ、同名店・・・
帰ったら調べてみよう、と思いつつ向かいの道路を渡っていました。
13:30来店。

IMG_1701.jpg

あら、この時間ならば[a:13001331,三河屋]開いてたな・・・
軽く(いや、かなり)落ち込みつつ、カウンター席に座り、
しばし頭を垂れます・・・
やがて顔を上げた河井に、迷いの色はありませんでした(この状態で迷っててもな
そして壁に貼られたメニューに目が行きました。
どうやら店名を冠した料理が面白そうだ。
ミッキーめん
ミッキーライス
ミッキーやきそば
三種の神器ならぬ三種のミッキー。

やはり飯だな、語呂もいいしな。
店主に軽やかに「ミッキーライス(850円)」をオーダー。
熱いおしぼりで顔を拭いとぅへへえぇぇぇぃぃいいいっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

・・・ふう(。-_-。)
店主の豪快な鍋振りが始まるとすぐに、油の焼ける香ばしい匂いが漂い始めました。
店内は右に厨房、それに面してI字カウンターが奥へと延び、
左にはテーブル席が並びます。
適度な年季を湛えつつも清潔感はありますね。
カウンターはスベスベで、床もヌメりません。
「ミッキー」という店名が醸す雰囲気は、内観から感じる以上に老舗なんじゃないかと思わせるのですが、どうだろう。
改めてメニューを見やると、どうやらレバーと野菜の辛口あんかけ、ってのが3種のミッキーの特徴らしいですな。

・・・失敗したな、河井。
暖まるぞ、これ。
折角エアコンで冷え始めた身体が、ポカポカに暖まっちまうぞ、これ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

IMG_1703.jpg

7分で竣工。
中華丼っぽい、にしては黒いな。
匂いも全然違います。
具はそれぞれ短冊切りに刻まれています。

ではでは。

IMG_1702.jpg

うん、キャベツ、歯応えを軽く残した絶妙な食感だ。
お味はというと、レバニラ炒めみたいな味に軽い辛味ととろみがプラスされたもの。
有りそうで、無い料理だ(^_^;)
レバーは細切れながらフワフワな食感。
鍋振り巧いな、おい・・・やるねぇ、店主(^_−)−☆
具はレバー、キャベツ、ピーマン、人参、キクラゲ、
あら、豚バラまで入っていますぜ。
ご飯の炊き上がりは良好。

IMG_1704.jpg

中華スープは濃い色味で醤油と生姜が効いたもの。
後半に差し掛かる頃には汗腺が開いておりました・・・
汗だくにて完食。

ボリュームは普通。
見た目は黒ミッキーでちょい不安がよぎりましたが、なかなかの美味ッキーでしたね。
こちら、炒め系は美味しそうな予感がします。
店主は明るくテンポ良く活気あり。
きっと地元民や近くの会社に勤めている人々に愛されているのでしょう。

帰って調べてみたら、やはりありました。
中野坂上のミッキー(^_-)-☆
あちらにもミッキーライスがあるので、こちらは系列店と思われます。
中野坂上のミッキーの店名の由来は、
創業当時に勢いのあったキッコーマン、キリンビール、太洋日本汽船という3つの企業の「き」から
「3キー」→「ミッキー」という由来だと聞いた事がありますが、
こちらもそうなのでしょう。
夢の国のネズミさんとは関係無さそうです(^_^;)


中華ミッキー

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 広尾駅表参道駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ