哀しみジョニー。

渋谷区
04 /19 2015
代々木「カレー屋ジョニー」


丼太郎閉店の哀しみに浸る余韻もそこそこに、次の店を物色する河井・・・
食べロガーの哀しい性に身を委ねつつ修羅になります(゚Д゚)ノ
食べログを開き、チャーハンカツカレーに惹かれてこちらへ向かいました。
20:30来店。

入口脇の券売機で「チャーハンカツカレー」、
には気が乗らず(゚- ゚ )
コルマやカシミールなんてメニューもあって気になりましたが、
西武新宿から代々木まで人を掻き分けての高速早歩きを敢行した河井、
もう熱くなるのは勘弁(辛そうなので)です(T . T)
結局、普通に食べたかった「温玉ほうれん草カレー」の「(780円)」の食券を購入。

店内は狭く、少々くたびれた感がありますね。
テーブルがちょい汚れているので清潔感は微妙。
壁に沿って設けられたカウンターの真ん中辺りに座りましたが、その狭さ故に圧迫感を感じます。
何となく暗い照明と相まってうら淋しい雰囲気。
2階にも席があるらしく、若者の嬌声が漏れ聞こえます。
卓上には辛味スパイス、福神漬け、アチャール。

5分で竣工。
黒いなあ、おい(゚- ゚ )
ゴーゴーカレーみたいな色味だな。
ライスとルーが半々に分かれて対峙し、ルーの真ん中に温玉が鎮座。

ではでは。

IMG_0752.jpg

玉ねぎ由来っぽい甘味が軽くヒットしてすぐに酸味が被さってきたと思いきやコクが押し寄せます。
後に残るは独特の風味とほろ苦み。
これは、好き嫌い分かれそうな味だな。
ルーはシャバめでライスとの絡み具合はちょい弱い。
具のほうれん草がしっかり入っているのは好感( ´ ▽ ` )ノ
温玉は、温玉ですね。ルーとの相性は普通。
ライスの炊き上がりは悪く無かったですね。
アチャールをつまんでみましたが、玉ねぎの甘味を感じるマイルドなタイプ。
うーん、アチャールは辛い方がいいな(゚- ゚ )
完食。

壁に貼られたPOPには「83度という熱さが大事」
とか書かれていましたが、ルーはそれほど熱く無かったです。
猫舌な河井にはラッキーだったのかもしれませんが、
だからルーとライスの絡みが弱かったのかもしれません。

ボリュームはそこそこ。
連食でしたが満腹とまではいかなかったです(でもこちらで打ち止め
近所に在ったらたまに食べてもいいかな、でも年に1回かな、ってお味でした。

接客は普通。
しかし、どことなく退廃的な雰囲気が漂っていました。
この後に代々木周辺を歩きましたが、日曜の夜だからかどこも閑散としていましたね。
だからこれはお店云々じゃなく、日曜夜の代々木が退廃的だっただけかもしれません。
まるで皆で去り往く丼太郎を哀しんでいるかの様に感じたのは、
それだけ河井が沈んでいたから、なのでしょう。
こちらのカレーは河井のささくれた心を解きほぐす、とまではいきませんでした。


というレビューだったのですが・・・
もしかしたら、こちらも3月末で閉店したのかも。
HPにはこちらの店舗情報、載っていないんですよね(´・_・`)
どうなんだろう・・・


悲しみジョニー悲しみジョニー
(1997/10/22)
UA

商品詳細を見る
UAがキレッキレだった頃。


カレー屋ジョニー 代々木店

夜総合点★★☆☆☆ 2.9



関連ランキング:カレーライス | 代々木駅南新宿駅北参道駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ