≪オムの脇道:--≫ 流石にチャーハン専門店。ご飯がパラパラです。

立川市
08 /31 2015
立川 かにチャーハンの店 ecute立川店

2015.7再訪


初レビュー以来、何度か訪れておりました。
こちら、元々カニやエビの仕入れや加工に携わっていたストライドという会社の1ブランドであります。
この日は10:45来店。

メニューポスターに出ている半熟玉子のかに玉チャーハンに惹かれましてね(^_-)-☆
しかし、券売機で探すも見つからない。
かに玉チャーハンならあるんだが・・・
仕方なく「かに玉チャーハン(700円)」の食券を買って店員さんに渡すと、
「かぁ~に玉ぁ~」
とコールされました。

先客は1名でしたが、河井のオーダー直後にダバダバと来店して席が半分くらい埋まりました。
やはり人気店です(・_・;

改めてメニューを見て見ると、どうやらかに玉チャーハンの正式名称が半熟玉子のかに玉チャーハンの様ですね・・・
いつも食べてるやつじゃん(^_^;)

IMG_1288.jpg

4分で竣工。
さて、改めて考察を加えたい。
これは、オムなのか?
ご飯は調理されているし、
上にはかに玉というには薄いが、薄焼き玉子にしては厚みのある玉子が乗っかっている。
餡というソースも掛かっている。
これで「和風オムライスdeath」って言われたら「ですよねぇ~」としか言い様が無い(`・ω・´)キリッ
武蔵小金井でいただいた江戸東京野菜の和風あんかけオムライスがオムならば、これもオム側の食べ物でしょう。
だから難しいんですよね・・・
なので河井、
オムの細道の序文にも書いていますが、最終的には意志を重視しております(゚Д゚)ノ
オムライス」を名乗る意志がありやなしや?
で、此奴は・・・


「オム」と名乗らずチャーハンと名乗っているからやっぱりチャーハンですよね~(^ー゚)ノ
という事で、

ではでは。

カニ玉はふわふわで、ノートロトロなタイプで、カニが入っています。
ライスはやっぱり素晴らしきパラパラ具合だ( ´ ▽ ` )ノ
具はレタスとカ二。
甘じょっぱ旨い餡で食べ進みます。
カニはこちら側が「結構入っているな」と感じるギリギリのボリューム。
レタスは「少ないな」と感じないギリギリのボリューム。
考え抜かれた分量ですな(^_-)-☆

カニの味噌汁はカニエキス濃厚。
これ、どうやって作っているのかな?
完食。

たまに、米に軽く芯が残っている事があるのが残念ですが、概ねブレないクオリティ。
良く出来たチェーン店だと思います、なんとなく悔しいですが(^_^;)

あとね、ここ、モーニングがあるのですよ。
かにチャーハンかとろ玉チャーハンがワンコイン、なんですよ奥さん( ̄ー ̄)ニヤリ
ま、朝からチャーハン、ちょっと重いですが・・・このクオリティでワンコインならばウェルカムな河井なのです(^_-)-☆


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2012.10訪問


立川駅の改札内で営業しているお店です。
ホームからですと、高尾方面の階段を上らないと辿り着けませんので、お気をつけて下さいませ。
因みに東京方面の階段を上れば、人気の長田本庄軒 T-tee ecute 立川店が在ります。

南武線から中央線へ乗り換える折に視界に飛び込んできまして、
つい、フラフラと(^^;
14:05来店。

店内の食券販売機で食券を購入。
真田丸の様なカウンターの左奥の席に座り、
「半熟たまごかに玉チャーハン(680円)」を
「1.5倍(50円)」でオーダー。

客は6割の入り。
まぁ、この時間なら健闘していると思います。

4分で竣工。・・・速い。
流石は「駅チャー」ですね(^^ 
こんもり盛られたチャーハンにカニ玉が乗っかり、あんが回し掛けられております。
一緒にカニの味噌汁が付いてきました。

ではでは。

ほっほう。
見事にご飯がパラパラです(^^
あんは周りに一回しされた程度で、ヒタヒタにはならない塩梅。
カニ玉はふわとろな仕上がり。
バターが使われていますので、チャーハンに合いますね。
チャーハンの具はレタスと申し訳程度の刻みネギ。
かなりシンプルです(;^_^A
黒い粒が目立ちますが、胡椒でしょうか。
でも万遍無く散らばっているからか辛くはなかったです。
ボリュームは河井的には妥協出来る範囲のものでした。
腹持ちも良かったですよ。
ただ・・・流石に後半は単調に。
塩気が徐々に強くなってきますし、舌も何だかピリプルっとしてきます。
もう少しあんが掛かっていれば単調にならないで済んだのかな、と思いました。
味噌汁は、しっかり出汁が効いていましたよ。

客足は途切れず、帰る頃には満席でした。
スタッフの方は間断無く鍋を振っておられます。
・・・・・片腕だけ太くなっちまわないだろうか。
そんな「余計なお世話」であろう事を頭に浮かべながら中央線に乗り込む、河井なのでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ