【オムの細道:144】 人生が少しだけ愉しくなるオム。

昭島市
04 /19 2015
東中神「㐂楽」


【オムの細道シリーズ】



めだかタンタンを出て
さて、どうしようか、と思案しているとあざらしななおさんに「もう一軒いきましょうか?」
と誘われ(ありがとうございます(^_−)−☆
きん@東京さん、kinmaruさん、大食い大熊猫さんと合流(゚Д゚)ノ
一路、大吉へヨーソローヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

って、おう、満席だΣ(°д°lll)ガーン

で、踏切を渡る。
宵闇の中、ライトアップされた、青と黄色の縦縞のファサード。
昭和を生きて来た貫禄漂う外観が、一行の視界に飛び込んで来ました。
こちら、実は前から狙っていたのですが、
中が見える様で見えない曇ったガラス戸が、
河井の勇気を2回ほど挫いた
事があるお店です。
よって、初訪問。
19:20来店。

先ずはビールで乾杯という流れ。
「ビールは〜とアサ・・」
「〜で!」
間髪入れずにオーダーしたあざらしさんが、流石です(^_−)−☆
しかし肝心の銘柄は憶えていません(^_^;)・・・・・かなり酔いが回っていたのでせう・・・

レバニラ炒め
そしてまたまたご厚意に甘えて「オムライス(850円)」をオーダーしていただき、店内を眺めます。

うーん
素晴らしい・・・
席は高いL字カウンターのみで、その中に厨房。
厨房内に見える壁掛けの黒電話が、昭和以外の何者でもないですね(^_-)-☆
IMG_0921.jpg
しかも現役と来たもんだ( ̄ー ̄)ニヤリ
年季と清潔感が同居していて、白いカウンターはスベスベ。
よく手入れされていますねぇ・・・誠実さが滲み出ております。

レバニラ炒め竣工。
ではでは早速。

IMG_0922.jpg

うむ?此奴、出来るぞ(@_@)
これはオトナなレバニラだな・・・ほろ苦さが良いアクセント。
モヤシのシャキシャキ具合もたまらんねヽ(´▽`)/
ご飯にもビールにも合うハイスペックなタイプ。
なかなかこのクオリティは出せませんよ(^_-)-☆

さて、オム竣工。
ちょい白身と黄身が分離していて、白っぽく見えます。

IMG_0924.jpg

連邦の・・・
と声に出しかけて、引っ込めて、

ではでは。

IMG_0923.jpg

ご飯の炊き上がりは良好。
炒め具合はしっとり感じさせながらパラリも感じる良い炒まり具合(ってメモに書いてありました)
ライスはケチャップ以外にソースが使われているかな?それっぽいスパイシーさを感じます。
掛かっているケチャップは少なめで、味の強いライスとのバランスを取っているのかな。
玉子は薄焼きで大勢に影響無し。
で・・・・・・具はね、憶えてない( TДT)
会が進むにつれて段々記憶が曖昧になっていくのはオフ会の醍醐味ですな(軽く言い訳

オム味・・・☆3.2
オムCP・・・☆3.0

全部食べたワケじゃないですが、ボリュームはなかなかありそう。
でも850円は少々お高い。
チキンライスとポークライスが700円。
150円の差を鑑みるならばチキンorポークライスの方が絶対面白いと思います。
食堂において、他のメニューと比べるとオム価格がやけに高い店は老舗な事が多いんですよね。
昔、オムライスがご馳走だった時代に、大衆食堂が家族連れで賑わった名残りじゃないのかな、と思っております。
・・・まぁ、手間が掛かるからやりたくない、ってのが単純に値段に反映されているのかも、とも思ったりもしてみたりしますが(^_^;)

おばちゃんの明るい接客も善し。
おっちゃんのリズミカルな鍋振りも善し。
こういうお店が近所に一軒在って、こちらにちょっとの勇気があれば、人生が少しだけ愉しくなる、そう思えるお店でした。

IMG_0925.jpg


これにておしまい。


大衆食堂へ行こう (朝日文庫)大衆食堂へ行こう (朝日文庫)
(2006/08)
安西 水丸

商品詳細を見る

喜楽

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 東中神駅中神駅西立川駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ