武蔵野ピロピロ。

青梅市
08 /03 2015
河辺 手打うどん ときわ

IMG_0994.jpg



[a:13010348,麺楽]を狙って歩いてきたのですが・・・・並んでるなぁ(^_^;)
んじゃうどんにしようと軽やかに転針(`・ω・´)キリッ

IMG_0993.jpg

13:40来店。

テーブル席に通され、メニューを眺めます。
ふうむ、ちょい高めだな。
ざるうどんが700円で、あとは800円オーバー。
中華つけ麺なんてのもありましたが・・・・
結局「[b:肉汁つけうどん](800円)」を「[b:大盛り](150円)」でオーダー。

横長な店内ですな。
左奥に厨房があり、その手前に面してI字カウンター、
右には仕切りのあるテーブルが2卓あります。
先客は常連さんっぽいおっちゃん1人。
卓上には炒りごまと七味唐辛子が並んでおりますな。
BGMは上沼恵美子が料理してんだかおしゃべりしてんだか、ってテレビ番組。

7分で竣工。
うむ、結構ボリュームありそうじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ
そして情報通り、ホントにきしめんみたいだ(゚- ゚ )
うどんの上にはほうれん草がチョコンと乗っています。
武蔵野うどんにおける「糧」、ですな。
薬味として刻み葱と摩り下ろした生姜が添えられています。

ではでは。

IMG_0996.jpg

うどんは武蔵野っぽく淡い茶色味を帯びていますが、前述の通り平打ち。
きしめんみたい・・・いや、それよりもペラペラでピロピロだ。
手打ちらしいコシを感じる喉越しの良いうどんで、噛み応えを愉しむタイプじゃないですね。
うむう、これは個性的な武蔵野だなぁ。
水切りはしっかり為されていました。
肉汁の具は豚バラで、こちらもペラペラ。
刻み葱と生姜はどちらも風味あり。

IMG_0995.jpg

肉汁は甘味が突出しないタイプで好み。
出汁もしっかり出てますね。
途中茹で汁が出てきたので、最後は蕎麦湯みたいに肉汁に注いで飲み干して完食。

ボリュームは結構ありましたね。
まあ言うても150円増しで1000円近い価格、これくらいは無いとアレですが(^_^;)
接客は穏やかで好感、特に問題無し。

秋になったら再訪してみたいですね(夏は歩きたくないので( -_-)・・・)。


手打うどんときわ

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:うどん | 河辺駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ