【オムの細道:160】 鶴が舞う中華食堂でオム。

西東京市
07 /23 2015
西武柳沢 多摩爺


【オムの細道シリーズ】


西武柳沢、初上陸であります。
河井、「せいぶやなぎさわ」だとばかり思っていましたが、
「やぎさわ」なんですね、お恥ずかしい( -_-)・・・

駅を降りると・・・おおお!いいねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
これはドキドキする町並みだ・・・
駅前にそこそこ人は居るのに、どこにでも見掛けるチェーン店が無い、ってのが新鮮だ!!(゚Д゚)ノ!!!!
最近、こういう町並みに飢えていたんだな、と実感しました河井です(o´・ω・`o)ノ コンニチワ
[a:13089147,宮殿]という名の細い間口の喫茶店が、まぁた只者ではない雰囲気を醸し出していますねぇ。
これはブラブラ歩きたくなるな・・・(;゚ロ゚)ハッ
いや、今は目的地へ急がねば!
早仕舞いしてしまう可能性だってありますからね(`・ω・´)キリッ

IMG_1257.jpg

ほう。
老舗の中華食堂である事を全身で表現していますな。
中の灯りに暗く映し出されたショーケースには、古ぼけたサンプルが並んでいます。

うーん・・・たまらんねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
辛抱たまらんねぇぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

・・・入るかねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
20:40来店。

扉を開けると、そこは昭和モダンな中華食堂。
振り返れば、緑色のプラ製飲み物メニューが。

IMG_1267.jpg

いいねぇ・・・・暫し、心奪われます。
やがて奥から出て来たおばちゃんに促されるように壁際のテーブル席に座り、メニューを確認。
ちょい値上がりしていましたが、ありました( ´ ▽ ` )ノ

IMG_1260.jpg
IMG_1258.jpg

おばちゃんに「[b:オムライス](800円)」をオーダー。
麦茶を飲みながら店内を見渡しま・・・・・・・え?

ええええ!???


IMG_1261.jpg

鶴だ、
壁に鶴が舞っているガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
何だこの店、底が知れない(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

店内は十二分に年季が入っていますが、テーブルはスベスベで床もベタつきません。
丁寧かつ誠実な仕事ぶりが伺えますな。
厨房が奥にあり、それに面して3席ほどのカウンターが設けられていますが、
使われているかどうか怪しいところ。あとはテーブル席。
「鶴」寄りのテーブルには金属製の黒い仕切りの様な飾りの様な衝立が置かれ、情緒を盛り上げます。

IMG_1262.jpg

ワクワクMAXにて後座候( ´ ▽ ` )ノ
先客は無し。結局最後まで貸し切り状態でした。
BGMは1990年代前半の邦楽ヒット曲のインスト。

8分で竣工。
む?何だか中華食堂のオムっぽくないな・・・という、違和感。

IMG_1263.jpg

薄焼き玉子の巻きオムで、型押しされたようなライスのフォルムが玉子上から見て取れます。
スプーンにケチャップがインしているのはご愛嬌(^ー゚)ノ
奥にはサラダが盛り付けられていて、
with中華スープ。

ではでは。

IMG_1265.jpg

ケチャップライスはしっとりしたタイプで、味付けはそれほど濃くはないですね。
具は鶏肉と玉ねぎで玉ねぎシャキシャキ。鶏肉は胸肉かな、ゴロゴロ入っております。
玉子は薄焼きタイプながらふんわりとした厚みがあって・・・
この点が、薄焼きの限界を極めんとする他の中華食堂のオムとはちょっと違う。

IMG_1266.jpg

サラダはキャベツの千切り、胡瓜のスライス2枚、トマト1切れ、レモンスライス、パセリ。

IMG_1264.jpg

中華スープは昔懐かし醤油ラーメンのそれ。
するんと完食。

ボリュームはそこそこありましたね。
野菜もあるし鶏肉もしっかり入っていたので、割高には思わなかったです。
次回は酢豚ラーメンとか、攻めてみませうかね( ̄ー ̄)ニヤリ


そして、こちら。
後で調べていて知ったのですが・・・

河井、「たまじい」
だとばかり思っていましたが、
「たまや」
なのですね、お恥ずかしい( -_-)


(有)多摩爺

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 西武柳沢駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ