河辺にて郷土愛に目覚める。

青梅市
07 /20 2015
河辺  福徳


まだ河辺で、呑んでいないな、
って気付きましたΣ(°д°lll)ガーン
折角だからどこか入ってみよう、と食べログを開き、こちらへ。
駅から近いけれども人気の無い通りに在りました。
21:15来店。

カウンターへ通されてメニューを見、
る前に「[b:晩酌セット](600円)」と書かれたPOPが目に飛び込んで来ました。
生ビールとつまみのセットか・・・うん、これにしよう( ̄ー ̄)ニヤリ
つまみは刺身か焼き鳥かの2択で、[b:焼き鳥]をチョイス。
焼き鳥はおまかせ3串です。

先に生ビール竣工。
ジョッキは・・・
IMG_0647.jpg

[b:小さいですね(´・ω・`) ショボーン]

焼き鳥の前にお通しが先陣を切ります。
味噌仕立てのモツ煮ですな。

IMG_0648.jpg

味噌は濃いめで豆腐とか色々入っていますが、いかんせん小鉢が小さいので量は少ないです。

やがて焼き鳥竣工。

IMG_0649.jpg

鶏ももと・・・豚レバーと豚タン。焼き鳥よりも焼きとんが優勢です(^_^;)
豚レバーは良く火が通っていて臭み無し。
豚タンは分厚く弾力を楽しめます。
鶏モモは普通。
それぞれ小振りなボリュームです。

ここで勝手にエンジン掛かっちゃいましたね・・・
競馬に例えると、2コーナーの入りで引っ掛かってぐんぐん上がっていく感じ(ダメじゃん河井)。
「[b:白ホッピーセット](480円)」をオーダー。
あとメニューに小さく書かれた「[b:たてがみ刺し](650円)」を見逃さない河井(^_−)−☆

IMG_0650.jpg

む、赤身が添えられないのか・・・
あ、「2点盛り(900円)」で頼むべきだったか( ゚д゚)
[b:重要なところを見逃していたな河井(ー ー;)]
たてがみはムニュムニュした食感でいくらでも噛んでいられる、
つまりはそれを延々噛みながら酒が飲める、スグレモノ。
しかし、昔知人の店でいただいた、あのピンと角の立ったタイプとはまた違うんだな。
どうしてこんなに違いがあるのだろう・・・種が違うのか部位が違うのか、何が違うのか、
浅学な河井には解りませんが、
昔食べたほうが美味しい気がする、と思うのは、旧い記憶ほど美化されてしまうからなのかもしれません(^_^;)

たてがみには玉ねぎのスライスと大葉一枚、摩り下ろしニンニク&生姜が添えられ、
醤油というよりは甘い醤油だれに付けていただきます。
九州のそれっぽいお味ですが、熊本や人吉でいただいたものほどはインパクトが弱いです。
中お代わり(`_´)ゞ

「[b:わさび菜お浸し](380円)」で〆ようか。

IMG_0651.jpg

こちらは結構ボリュームがありましたがピリっとした辛さは来なかったな(゚- ゚ )

BGMは2000年前後の洋邦楽詰め合わせ。
しかし・・・エミネムの「8Mile」?を聴くとカターレ富山(J3に降格した富山のサッカーチーム)を思い出してしまうのは、
郷土愛が強いからか、それとも酔いが回ったからなのか・・・

これがその動画だ(゚Д゚)ノ


因みに・・・これが、その翌年の動画だ( -_-)・・・


ついでにこれも乗っけておこう・・・


ほろ酔いでフィニッシュ。
[a:13123173,たぬき]みたいにジョッキと焼酎を別で出してくれたらいいな。こちらで調整出来るしね。
接客は、良くも悪くも若さ満点です。
ま、距離感はとても楽だったので、一人呑みにも適していると思いますよ。
また時間があれば訪れてみたいと思います。


で、

後日再訪したのですが、こちら・・・

IMG_1331.jpg
IMG_1334.jpg

[b:ホッピーの赤と、シャリキンがありますよ(^_−)−☆]

ピンと来た方は是非是非&是非(^_−)−☆


福徳 河辺店

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:居酒屋 | 河辺駅

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ