【オムの細道:159】 巧い、オム。

新宿区
07 /18 2015
四谷三丁目 キッチンたか


【オムの細道シリーズ】


オムの細道シリーズを続けるにあたって、
宿題店と位置付けているお店が幾つか在るのですが、こちらはその中の1店。
以前四ッ谷にエリーゼという大人気の洋食屋があったのですが、2011年に惜しまれつつ閉店。
河井は見事に行きそびれてしまいました( -_-)・・・・
で、こちらはエリーゼの炒めもの担当だった方が始めたお店であります。

四谷三丁目駅の4番出口を出たらそこは十字路。
みずほ銀行を目印に、と思っていたのですが見当たらないな(ー ー;)
みずほよりも三菱東京UFJ銀行の赤い看板の方が目立つので、そちらを目印に進めば良いでしょう。
やがて見えてくるみずほ銀行を回り込む様に四谷荒木町飲食街へ入れば・・・・お?

IMG_1243.jpg

行列、無し!!!
今日は覚悟していましたが・・・この時間であれば並ばずに食べられそうです(^_-)-☆
14:55来店。

手前のカウンター席に座り、取り敢えずメニューを眺めますが、あくまで確認作業です。
うむ、あるな( ̄ー ̄)ニヤリ
店主に「[b:オムライス](880円)」をオーダー。

[b:エアコンの効きが悪いなぁ、]が第一印象。
ちょいムシムシしますが、まだ6月(2015.6月のレビューです)なので節電しているのかもしれません。
先客は学生っぽい若者2人。待っている間に常連っぽいおばちゃん1人、
それと学生5人組が来店しましたが、席が足りずに帰っていきました。
つまりはそのくらいのキャパです。
厨房の奥で店主が鍋振りを始めます。
白い飯が段々と赤く色づいていくのを嬉々として眺めます( ̄ー ̄)ニヤリ
おー、ライスが生き物みたいに舞い上がっていますぜ!
まるでイワシの群れみたい(え?)(^_^;)
そんでもって玉子で巻く!巻くっ!
それを皿に乗っ・・・・・・・っけて、5分で竣工。
匠の技、魅せていただきました<(_ _)>
こちら、オープンキッチンである事に意味がありますねぇヽ(´▽`)/

IMG_1244.jpg

細長いややブーメラン状の、薄焼き玉子の巻きオムですな。
玉子の黄色が鮮やかですねぇ・・・光っているかのよう。
左上には千切りキャベツが山を成し、右上にはマカロニサラダ。
with味噌汁。

ではでは。

具はハム、マッシュルーム、玉ねぎ。
ライスは淡いロゼカラーで熱々だ。
ハフハフしながら頬張ると、ケチャップの効きは薄く、そこはかとなくスパイシー。
黒胡椒が効いていますね。
[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/6035741/,ぱんぷきん]のオムと同じタイプの味付けですが、ぱんぷきんよりは胡椒少なめです。
むしろハムの塩気と旨味が味の中心に居る様な味わいで、玉ねぎの甘味も効いていますね。
繊細な、味の足し算。
玉子は前述の通り薄焼きで滑らかな口当たり。
しっかり底まで巻かれているのもGOOD(^ー゚)ノ
ライスが薄味だから玉子の味が埋没しません。
うーむ、巧いなぁ。

キャベツは軽く塩揉みされているかな?これで口内をリセットしつつ食べ進みます。
多めかなと思っていたケチャップはキャベツに絡めたりもしつつキッチリ使い切りましたが、ちょい多いかな。
マカロニサラダは酸味控えめなアッサリ系で、コンキリエなど色んなタイプのショートパスタが使われております。
終盤はちょい塩気が気になりましたかね。

IMG_1246.jpg

味噌汁を美味しそうに飲み干して、完食。

ボリュームは普通ですが、このクオリティ+充実した脇役・・・CPは高いと思います(^_-)-☆
接客は、良く言えばクール。
忙しい時ならば気にならないでしょうが、閑散時には少ーし気になりました。
派手な特徴は無いですし、多分特別な食材は使っていないと思うのですが、
なのに美味しいと思わせる・・・これは店主の力量ですな(^_-)-☆
いずれ白いオム(ペッパーチーズソース)も黒いオム(デミグラスソース)もいただかねばなりませんね。



つづく。


キッチン たか

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:ハンバーグ | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ