FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歓喜院の門前団子。

熊谷市
05 /15 2018
熊谷   丸岡堂


白髭神社を参拝した河井、南下して大我井神社を訪れます。


2017足利~熊谷 (377)

こちら、元々は延喜式内社である白鬚神社といい、先に訪れた白鬚神社よりもその可能性は高いようですな。
平安時代後期にこの地を治めた斎藤実盛が聖天宮を勧進して以来そちらがメインとなり、白鬚信仰は衰えますが、
明治に入り神仏分離令によって歓喜院から分かれたのが、こちら。
つまりこれから訪れる歓喜院が白鬚神社の故地という事になります。

あ、脇の富士塚もお忘れなく(^_-)-☆


2017足利~熊谷 (372)

で、歓喜院へ。

雨足は強まりザザ降りに・・・
いやー、金山城に行かなくてよかったな(^_^;)


2017足利~熊谷 (390)

そんな河井を出迎えてくれたのが、貴惣門。
国の重要文化財であります。
でもってね、こちらの見所は正面もさる事ながら、
横です。


2017足利~熊谷 (394)

破風、ですよ( ̄▽ ̄)
破風が3つ!!!トリプル破風っ!!!
なんちゅう特殊な拵え(*´д`*)ハァハァ

それを眺めつつ暫しニヤニヤしておりましたが、足元は最悪のコンディション。
一旦退避しよう・・・で、


2017足利~熊谷 (434)

境内に在るこちらへ。
11:45訪店。


2017足利~熊谷 (433)

誰も居ないな・・・ブザーを押して30秒後、アンニュイな感じのおばちゃん登場。
「だんご(65円)」
「いがまんじゅう:こしあん(86円)」をオーダー。
隣の薄暗いイートイン?でいただくとします。


2017足利~熊谷 (436)

ではでは。


2017足利~熊谷 (437)

だんごは粘度高いみたらし餡の絡みつき良し。
もっちりとした食感で、軽く炙ってあるらしく、それがもたらす香ばしさがいいね。
出来れば熱々のをハフハフ破風といただきたかったですが、それは高望みというものでしょう(^_^;)
甘さ控えめでやや塩気が押し出す味付け。
甘ったるいのは好みじゃないので、河井好みですな。
瞬殺。


2017足利~熊谷 (438)

いがまんじゅうは赤飯と饅頭の比率が1:1。
去年、能登半島の羽咋市でいただきましたが、向こうのは赤飯がまぶされているくらいの使われ方だったな。


2017足利~熊谷 (439)

甘い餡子の饅頭を赤飯が中和する展開。
腹持ち良さげで旅のお供に丁度良さそうですな。
瞬殺。

接客はサバサバ系ながら、こういう場所で営業しているお店にしては良心的な価格じゃないかな。



2017足利~熊谷 (435)

つづく。




関連ランキング:和菓子 | 熊谷



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。