FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利シュウマイ(揚げ)。

足利市
05 /13 2018
足利市    樹洞


さて、夜の足利だ・・・しかし・・・
色々とリサーチしたのですが、足利、足利したお店、ピンと来るのが無かった。
足利駅の方へ流れてみたけれど、BMしていた勉強亭のボリュームは今の河井にゃちとキツイ。
もうソースカツ丼は、入らない(^_^;)
で、BMしていたお店が並ぶ界隈へ。
遠いけれど・・・まあ、散歩がてら向かった次第。

さて、日本酒か、焼酎か・・・
今宵は、焼酎にしよう(^_−)−☆


2017足利~熊谷 (297)

で、こちらの階段を上ります。


2017足利~熊谷 (298)

19:40訪店。

お、なんだ、この空間は!?
薄暗い物置みたいなスペースに入り込んだけれど・・・


2017足利~熊谷 (299)

ここで合っているのだろうかと不安になりましたが、灯りが漏れる戸の手前の床に「入口」と貼られています。
恐る恐る戸を開けると・・・ああ、

店だ、良かったヽ(´▽`)/
入ってみればJAZZが流れるモダンな内観。
カウンター席へ通され、メニューを一瞥。
「一番搾り生ビール、中グラス(520円)」をオーダー。


2017足利~熊谷 (304)

ボリュームはグラスなりですが、ジョッキのボリュームに期待してがっかりするよりは、気分は害されないわな。
クイックを期待して「黒豆えだまめ(380円)」を、
そして狙っていた「樹洞定番!足利シュウマイ揚げ(540円)」をオーダー。
なんでも第一回足利グルメグランプリ勝俣州和さん賞受賞メニューらしい。
その賞が良いのかどうなのかはアレだが、
三好でいただいた足利のシュウマイと食べ比べてみるか。
軽くワクワクしつつ店内を見渡します。

やや照明を落とした店内は雰囲気良し。
若い客が多いのも頷けますな。


2017足利~熊谷 (305)

期待通りにクイックで竣工した黒豆えだまめは塩気控えめ、中庸の茹で上がり。


2017足利~熊谷 (306)

足利シュウマイ揚げ竣工。
「辛子をお好みで」との事。
上に網掛けされているのはソースとマヨ、だな。
サイズは崎陽軒のシュウマイくらいの大きさで、三好のよりはかなり小振り。

ではでは。

こちらのは皮で包んであるタイプですな。
皮がパリっと揚がっていて、これが食感のアクセントとなってくれます。
ソースの掛かりが控えめなのも嬉しい。
まあ6個で540円は三好と比べてしまうとかなりお高めですが(^_^;)
ま、ビールは進む進む( ̄ー ̄)
辛子も試してみましたが、まあ合うよね、やっぱりね。
んでもってマヨは魔法だね(^_−)−☆

さて、焼酎にしよう( ̄ー ̄)
久しぶりだな、焼酎とか・・・近頃は発泡した麦ジュースとかストロングな奴とかだったから・・・

で、結構な品揃えですねぇ( ̄▽ ̄)
まあ高い奴は高いな、森伊蔵とか・・・あ( ̄ー ̄)


2017足利~熊谷 (312)

「相良兵六(530円)」をロックで、
あと「ふたえご(980円)」もいただくとしよう。


2017足利~熊谷 (313)

ふたえごは解凍がイマイチ、ルイベな趣き。
これで、〆。
今日は暴食したから控えめに(^_^;)


2017足利~熊谷 (314)

河井が入って来たのは裏口だったみたいで、表から出ると、目の前には渡良瀬川。


2017足利~熊谷 (316)

生憎の曇天で渡良瀬橋の夕景を愉しめなかったのは痛恨だったけれど、
夜はまたライトアップされていて美し。

ゆっくりと歩いてホテルへ向かいました。




関連ランキング:居酒屋 | 足利市駅足利駅



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。