【オムの細道:319】 午後3時から出会える個性的オム。

武蔵野市
07 /30 2017
吉祥寺   まざあ・ぐうす


2017年4月 (131)

金子屋で天丼をいただいたあと、こちらへ向かうと、

2017年4月 (146)

アフターランチ、始まっていました( ̄ー ̄)ニヤリ

2017年4月 (147)

因みにこちらのオム、ランチタイムには提供されておりません、ご注意下さいませ。
15時からのアフターランチならば出会えますよ(^_−)−☆

2017年4月 (148)

15:15訪店。

お茶目そうな店主が「いらっしゃい」。
厨房寄りのテーブル席を勧められて座り、メニューを確認。
オーダーを聞きに来たおばちゃんに「オムライスセット(1200+税=1296円)」
をオーダー。
するとおばちゃん、小声で何事か仰ったのですが小さ過ぎて聞こえません。
うーん、

多分、セットのドリンクについてだな(`・ω・´)
コーヒーでお願いしました。

2017年4月 (149)


2017年4月 (151)

すぐに無言でサラダ竣工。
キャベツ、レタス、輪切りの胡瓜、トマトにサッパリした酸味の効いたドレッシングが適量掛かっています。
これを瞬殺して店内を見渡します。

2017年4月 (150)

年季が風格に昇華した店内はウッディ。
BGMは大きめに流れるクラシックのピアノですが、
アン・バートンのジャケが飾られているからJAZZが流れる事もあるのかも。

2017年4月 (152)

客は半分くらいの入りで女子ばかり、しかもオトナの女子ばかりだ(日本語おかしくないか河井
かなりアウェーな展開ですが、混んでいなかったからかリラックス出来ました。

2017年4月 (153)

14分で竣工。
大きな平皿にちんまりと鎮座ましましたオムは、ふわとろ玉子の乗せオムですな。
周りに回し掛けられているのはデミグラスソース。

2017年4月 (154)

ではでは。

ん?
茶色い!!

2017年4月 (155)

ケチャップライスじゃないんだ!(◎_◎;)
店主がおばちゃんに「ケチャップ取って」って言っていたから、
てっきりケチャップライスだとばかり思い込んでいたので、意表を突かれました。
んで、チーズも入ってるんだ!
かなり個性的なオムですなぁ( ̄ー ̄)
ライス自体はパラッパラに炒められていて幾つかのキノコ系の風味が香ります。
で、粗挽きの黒胡椒がかなり効いていますな。

2017年4月 (156)

具は挽肉、あとキノコ類も使われているのでしょうが目視出来ず。
うーん。なんと形容すれば良いか・・・
ツナマヨを3回くらいクラスチェンジさせた様な、、、違うか(^_^;)
味の多いオムですが、チーズを使いながらもバランスが取れた味わい。
チーズトッピングなオム、結構出会うのですが、塩気が後半に突出することが多いのですよ・・・
ここのはそうでもなかったな、店主の力量を感じる味のバランス。
デミグラスソースは酸味豊かな肉肉しい味わいで存在感あり。
一気に完食。

2017年4月 (157)

コーヒーは、ああ美味いヽ(´▽`)/
苦味が口の中をリセットしてくれます。

ボリュームは普通。
皿が大きかったので小さく見えましたが、そこまででもなかったですな。
いやぁ、なかなか個性的なオムでしたね。
んで完成度高し( ̄ー ̄)ニヤリ
もーちょい価格が控えめだったらなぁ、とは思えども、河井的には「アリ」なオムでした。
接客は、まぁ、クールとでも言いますか(^^;)




関連ランキング:カフェ | 吉祥寺駅井の頭公園駅



スポンサーサイト

やっぱりキスが好き。

武蔵野市
07 /29 2017
吉祥寺   金子屋


吉祥寺。
この日先ず狙ったのはシャポールージュ。
・・・しかし、休みだった(2017.4月のレビューです)

2017年4月 (129)

・・・まさか、
まさかこの一ヶ月後、

・・シャポールージュが閉店してしまうとは!!!!!
この時は夢にも思わなかった(´;ω;`)
結局行けずじまい、痛恨の極み(T ^ T)

2017年4月 (131)

第2候補のまざぁぐぅすへ向かうと、微妙な時間だ。
15時からのアフターランチを狙うか( ̄ー ̄)

で、先にこちらへ向かいました。
行列必至なお店と聞いていましたが、この時間ならば並ばなくていいんじゃないかという思惑( ̄ー ̄)

2017年4月 (133)

うむ、店の前には行列無し(^_−)−☆

2017年4月 (134)

・・・階段にも人は居ませんね・・・我が策、成れり( ̄ー ̄)ニヤリ
14:50訪店。

席に空きがありました( ̄ー ̄)
お姉さんに対面カウンターの角の席へ通されてメニューを眺めます。
メニューは簡潔、天丼の松竹梅、3種のみ。
メインが穴子かキスか舞茸かの違いですな。
この頃の河井はキスに飢えていた(決して下ネタではない事をここに誓います)ので、
天丼【竹】(980円)」をオーダーして店内を見渡します。

2017年4月 (135)

若々しい三味線の旋律に彩られた店内は、まあ清潔感はあれど、野戦病院みたいな・・・
相当忙しかったのでしょうな、ってな感じ。

2017年4月 (136)

客はほぼ満席の入り。竣工待ちの人が多いな。

2017年4月 (137)

目の前にはガリ牛蒡と沢庵。
これを美味しいお茶と一緒にいただきながら待ちます。
お茶請けにゃあちょうど良い塩梅。

2017年4月 (138)

8份で竣工。
ほぉ、美しいね、立体的な盛り付け、そそりますな( ̄ー ̄)

2017年4月 (139)

ではでは。

それぞれタレにくぐらせているのかな?
衣はサクっと&ふわっと、やるねぇ( ̄ー ̄)
胡麻油の香りがほわぁ、っと立ちます。

2017年4月 (140)

種は海老2尾、キス、獅子唐、掻き揚げ、海苔、
そして中央には玉子の天ぷら。
海老は小振りながらも、ほっほ、尻尾までサクサクいけるわヽ(´▽`)/
掻き揚げは小柱とイカかな?柚子皮が乗せられております。
中がドロドロしているのは意図、なのかな?
んー、だとしても好みからは外れるな。河井的には掻き揚げはサクサクいただきたいところ。
キスは久しぶりだ(^_−)−☆(決して下ネタでは(ry
んー、ちょいふっくらが足りないかな。
で、合間のガリ、合うのな(^_−)−☆
甘さ酸っぱさが優しい味わい。

つゆは特に甘くも酸っぱくもなくクドくもない、でも存在感はあるな。

2017年4月 (141)

で、玉子。
こいつを崩してTKGっぽく混ぜちゃおうかと思ったのですが、崩しかけたところでやめました。
こいつを口に頬張り、、、

2017年4月 (142)

玉子ふわふわとろとろうぇっへへぇい、な戦法で臨みますると、
確かにうぇっへへぇいなひと時ヽ(´▽`)/
獅子唐は、外れ。
そしてご飯の炊き上がり、良し、ここ重要(^_−)−☆
一気に瞬殺。

ボリュームは少なくはなかったな。小食の方なら充分満足出来るでしょう。
価格を鑑みると、確かにCPの高さが伺える一杯でしたね。
このクオリティで1000円を切るならば、通いたくもなるわな( ̄ー ̄)
ま、混んでいるからランチ使いはなかなか難しいかもですが、それは致し方無いかと。
接客は疲れの見えるおっちゃんと、疲れを見せないお姉さんと。

2017年4月 (143).


2017年4月 (145)

つづく。




関連ランキング:天丼・天重 | 吉祥寺駅


初めてのモモ、独りモモ。

府中市
07 /27 2017
府中   アジアンレストラン&バー サハラ


実は河井、府中レビュアーだったりします(^_^;)
この日は久々に府中駅界隈を逍遥。
オムがありそうだとピックアップしていたお店をことごとくチェックして、
そのことごとくに振られた4月の真夏日(T ^ T)
建設中の大型商業施設の前で恨めしそうに空を見上げていたら、
そー言えば以前カラチが在ったところにまた南アジア系のインドカレー屋さんが出来ていたよな、
と思い出したのであります。
ふらふらと訪れてみると、外から中が見えないようになっていますな。

2017年4月 (158)

でも入りにくさは感じませんでした。
12:45訪店。

お、活気あるね。
店員のお兄さんたちに笑顔あり。
奥の2人掛けテーブル席に通されてメニューを眺めます。
ライスお代わり∞か( ̄ー ̄)
「日替わりカレー(680円)」を
辛さ5段階の4、「より辛い」で、
セットのドリンクは「マンゴーラッシー」を、
あと、なんとなく「モモ(580円)」をオーダー。
モモ、食べた事がなかったので(^_^;)

2017年4月 (166)

2017年4月 (167)

すぐにサラダとマンゴーラッシー竣工。
サラダはキャベツメインでちょい水っぽいかな。
ネパール系のお店でよく出会う、あのドレッシングが掛かっております。
胡麻油っぽい風味を感じた様な気がするけれど、気のせいかもしれません(^_^;)
これを瞬殺して店内を見渡します。

2017年4月 (168)

内装はガラッと変わりましたね。
ネパールの写真とか幾つか小物による演出は為されていますが、そこまでネパールしていません。
前のお店の頃より仕切りが増えて、居酒屋みたいな印象を受けます(^_^;)


そー言えば昔は・・・パキスタン系のカレー屋が多かった様な気がするな、前のお店もパキスタン系でしたし。
前のお店はランチバイキングが1000円でいただけたので、河井はよく通いました。
店主が店内で聖地に向かい熱心に祈りを捧げる中、
河井は申し訳なさそうに席と炊飯器の間を何度も往復していた記憶が残っております(^_^;)

その後ネパール系が急激に増えて、今はインド系も増えて来た印象。
パキスタン系はむしろ減っているんじゃないかな?

客はほぼ満席の入り。前のお店はガラガラだったからちょっとビックリ(^_^;)
ランチメニューを頼んでいる人が多いですが、一品料理を頼んでシェアしているグループ客もいます。
灰皿は出ていませんでしたが、隣の客がタバコをバカスカ吸っていたので喫煙可でしょう。

2017年4月 (170)

11分で竣工。
日替わりはシメジとチキンかな?
どろっとした見た目のカレー

ではでは。

2017年4月 (169)

カレーはボリュームあり、案外汁気多めでナンにも合いそうだな。
油分多めでチリの様な辛さがありますが後には引かず、旨味あり。
ライスの進みは普通。

2017年4月 (171)

鶏肉は小振りなのが3個と少ないですが柔らかく仕上げてあります。
対してシメジは結構入っていますね。
ライスは白飯で炊き上がりはやや柔らかめかな。

2017年4月 (172)

ここでモモ竣工。
ネパール的餃子、ってな先入観ですが、さてさて。

2017年4月 (173)

皮はもっちりしているけれど伸びないんだな。
餡は肉肉しさも感じつつ結構スパイシーな仕上がり。
肉まんと餃子の合いの子みたいな印象。
中央にあるのはカレーペーストかな?これをディップしつつ食べ進めます。
辛さはそこそこですが、その体感以上にお腹が温かくなります(^_^;)
で、ボリュームあるよね(^_^;)
やや小振りな肉まん6個分だもんな(^_^;)
しかしライスをお代わりしない、という項目は河井の辞書には無い(`・ω・´)

ライスお代わりっ(゚Д゚)ノ ァィ

2017年4月 (174)

あゝ、まん、ぷくヽ(´▽`)/
完食。

接客は笑顔あり。
ライスのお代わりもこちらが頼む前に気づいて下さりありがたや。
前のお店の末期は、そういう面では悲惨でしたから・・・
最早「物珍しさ」だけでは客が付かないくらいこの手のお店は氾濫していますからね、
つーか、もう物珍しくないしな。
基本のサービスが出来ていないと生き残れないのが現状なのでしょうな。
ここは今のところ安泰、と言えそうです。


タイトルははじめてのチュウ、インスパイア。
I will give you all my love
ってほど虜にはなりませんでしたが、こいつでビール、ってのもアリだな( ̄ー ̄)
なぁんて思いつつ、武蔵国の一国一社の八幡宮(国府を鎮守する役割を持った八幡宮の事)に比定されている、武蔵国府八幡宮
を巡った河井なのでした。
因みにこちら、参道を京王線が横断していまして、なかなか面白い光景でした。
本殿は可愛らしい大きさですが神域は遺されていて趣きあり。
近くに立ち寄られた際には是非(^_−)−☆




関連ランキング:インド料理 | 府中駅府中本町駅府中競馬正門前駅



西八王子の激安昭和軽食喫茶。

八王子市
07 /27 2017
西八王子   タンポポ


ここは全くリサーチ外でした。
奈央屋からアルカディアへ向かう際にこちらを見つけ、そのただならぬ気配についふらふらと階段を上りかけたのですが、
今はまだその時ではない(`・ω・´)
しかしコーヒー180円、って安いなおい(^_^;)

奈央屋とアルカディアで華麗にカレーをダブらせた後、日吉八王子神社、多賀神社と巡り、こちらで〆る事にしました。
15:45訪店。

20173 (201)

あら、想像したのと違う・・・
外観ほどにやさぐれていない(^_^;)

明るいお姉さんが「いらっしゃい」とお出迎え。
窓際のテーブル席に座り、メニューを眺めます。

20173 (202)

20173 (203)

やっぱり安いなあ。
レスカも180円だし日替わり定食は580円、カレーは400円。
とはいえもう腹には入らない(^_^;)

これだけ頼むのは申し訳ないなぁ・・・
と思いつつ、「アイスコーヒー(180円)」をお願いして店内を見渡します。

20173 (200)

純喫茶かも、という思惑があったのですが、食堂に近い内観。
清潔感はしっかりとあります。

2分で竣工。

20173 (207)

うん、どこか昔懐かしいお味。
まあ雰囲気には合っているか。

20173 (204)

どうやらこちら、障害のある方が社会参加できるように作られたお店の様ですな。
駅の反対側にたんぽぽ2、ってお店を見つけていたのですが、もしかしたらこちらの系列店なのかもしれません。
まあ、あちらは真新しい外観でしたが。

20173 (206)

BGMは野鳥のドキュメンタリー、のち、みんなのうた。
へえ、flumpoolが歌っているのか!!
みんなのうたも時代と共に変わっているのだなぁ・・・

エアコンはそこそこの効き。
暫しのんびりと時間を過ごした、河井なのでした。
ここ、意外と入りやすいですよ!!
まあ、外観は入りにくいですけれども!!(^_^;)
お近くにお住まいの方、是非是非訪れてみて下さいませ。

20173 (208)

20173 (209)

ちなみに、煙草を吸うか聞かれたので喫煙可だと思われますが、
灰皿は出ていなかったので節煙、って事かな。
その点、ご了承下さいませ。

20173 (210)




関連ランキング:定食・食堂 | 西八王子駅



ほら、もう空が開く。

八王子市
07 /26 2017
西八王子   アルカディア


奈央屋を出た河井、
隣のラーメン屋に入ろうか少し悩んで、西へ。こちらを目指します。
この辺りは工事とか自動車屋が多い、
というか、多かった、かな?

20173 (130)

自動車屋さんが取り壊されている先にこちらが見えて来ました。
織物工場をリニューアルしたらしいですな。
14:15訪店。

20173 (133)

おお、広々!!
天井高いな、と感じましたがそうでもないか、
でも奥のスペースは天井が高く、天窓があるのかな?
そこだけくっきりと明るくて、荘厳さすら漂わせておりますよ(^_−)−☆
手前のテーブル席に座り、お姉さんが持ってきたメニューを眺めます。
カレー、パスタにクスクスやタコライスもあるな、でもオムは無いか(^_^;)
タコライスと悩んだ末、「茄子とひき肉のカレー(980円)」をオーダー。
茄子がとろけます、
という説明書きに惹かれました( ̄ー ̄)

20173 (132)

曇天の自然光のみを取り入れた店内は薄暗し。
店名のアルカディア、
松本零士の「我が青春のアルカディア」とキリンジの曲名を同時に連想したのですが、
「冬の空が開」いているみたいな、静謐な光景。
これは、キリンジっぽいな。

20173 (134)

窓際には古い本がズラリと並べられていて、インテリアと化しておりますな。
ちょい政治色の強めなラインナップ。

BGMは無く、換気扇の音と客が使うスプーンが皿に口づけする音のみ。
でも居心地は良い。
河井の脳内には先述の、キリンジの冬の名曲が流れています。

先客は3人、皆さん黙々と読書に勤しんでおられます。

安部公房の箱男を読もうかどうしようか迷っているところに、

20173 (135)

6分でカレー竣工。
左にターメリックライス、右にカレーが相対し、奥にはマヨとパプリカでおめかしした茹で卵が半個、
手前にはパクチーが少量乗せられております。

ではでは。

20173 (136)

カレーはマスタードシード?の粒感が感じられる食感で生姜が効いた味わい。
これに玉ねぎのアチャールが辛味と酸味を補完
します。
茄子、美味しいな( ̄ー ̄)
とろけはしませんが、カレーの旨味を溜め込みつつもしっかり茄子本来の味を主張しています。
ライスは硬めの炊き上がりで良し。
中盤に差し掛かったところで、
「あれ?俺・・・前の店でもカレー食べてたな」
と今更気付きつつ、

20173 (137)

茹で卵とパクチーをアクセントに使いつつ、
完食。

20173 (138)

ボリュームは普通。
接客はソツのないもの。
晴れた日に訪れて、ゆっくり読書したいお店ですな。

20173 (189)

この後、旧い通りを歩きつつ、新撰組(甲陽鎮撫隊)解散の地ともいわれる多賀神社へ。
しばし散策した後、


つづく。




関連ランキング:カフェ | 西八王子駅



ネパールは優しい。

八王子市
07 /24 2017
西八王子   奈央屋


おがわでオムったあと、こちらを目指しました。
八王子ラーメンの有名店の並び・・・この辺りだよな・・・・・って、どこだ!??

20173 (118)

あ、ここな∑(゚Д゚)
目立たねぇぇぇぇ( ̄◇ ̄;)
13:45訪店。

店主かな?お姉さんが「いらっしゃいませ」。
「お好きな席にどうぞ」と言っていただけだので、入口寄りのカウンター席に座ると、
メニューを渡されました。

リサーチ通り、安いな( ̄ー ̄)
単品ならばワンコインだし
しかし、何となくそれは申し訳ない気持ちが先んじる(^_^;)
「2種盛り(650円)」をオーダー。
「野菜とチキン」「キーマ」「豆」「グリーンカレー」の4種から選びます。
「キーマ」と「豆」でお願い
しつつ、ライスを「木の実ごはん」に変更・・・・あ、無いですかあ(T ^ T)
これは時期によるのかもしれませんなあ。
代わりに「ターメリックライス」を無料で選べるとの事でそれにしました。

20173 (120)

ごちゃっとした店内ですが、居心地は悪くないかな。

20173 (119)

先客は赤ちゃん連れのママさん。
小さなお子様連れの方にもオススメ出来そうですな。
BGMはアコーディオンがタンゴやらJAZZやら奏でているもの。

20173 (121)

3分で竣工。
カレーはそれぞれティアドロップの金属容器で供されました。

ではでは。

20173 (123)

先ずは豆から行ってみませうか。
カレーというよりはスパイスの効いた豆スープみたいな味わい。
思ったより豆の風味がしっかりと感じられますね。

20173 (122)

平たく盛られたターメリックライスはやや硬めに炊かれたジャポニカで、レーズンが2粒乗っています。

対してキーマはドロっとしたタイプで肉肉しい味わい。
スパイスはそれほど感じず、肉の旨味とコクが効いていてライスの進捗良し。

20173 (124)

中盤に差し掛かったところで薬味投入。
中でも玉ねぎのアチャールは鮮烈な辛さが突き抜け、インパクト大。
瞬殺。

スパイスがっつり、って感じではなく、素材の美味しさが感じられる優しいお味のカレーでした。
ボリュームはやや少なめに感じましたが、CPは良いと思います。
接客は自然体な感じ。
テイクアウト利用のお客さんが多いですな。
近隣で働く方々が次々と予約していたカレーを受け取りにいらっしゃっていました。


さて、次は・・・


つづく。



関連ランキング:カレー(その他) | 西八王子駅




【オムの細道:318】 このお店はどこへ移っても繁盛するんだろうな。

八王子市
07 /23 2017
西八王子   洋食おがわ


車の無い府中民にとって、西八王子は遠い。
だって、新宿へ行く方が運賃が安いんだもん(*゚ー゚)>テヘヘッ
なので、初めて降り立ちました。
すべては、こちらでオムる為。

20173 (99)

鼻息荒く駅を降り立てば、
あ、間違えて北口に出ちゃった∑(゚Д゚)!!
駅の通路を抜けて南口へ出て、あの有名なきぬた歯科を眺めつつ東へ。

20173 (105)

細い道へ折れた先に見えました、こちらの黄色い看板(^_−)−☆

20173 (106)

13:20訪店。

混んでいますねぇ、ちょっと嬉しい( ̄ー ̄)ニヤリ
前の店と似ているな、椅子やテーブルは前の店で使っていたものでしょう、多分。
カウンター席に座り、メニューを見ずに「オムライス(700円)」をオーダーして店内を見渡します。

20173 (107)

横に細長い店内は右に厨房があって、それに付随する様に4席ほどの小さなカウンター、
左には2人掛けから7人掛けまで多様なテーブル席が並びます。

20173 (108)
20173 (109)

ランチ終盤の時間帯にも関わらず、客は盛況の入り。

20173 (110)

4分で竣工。
うむ、お久しぶりですm(_ _)m

ではでは。

20173 (111)

ケチャップとデミのダブルソースは相変わらず。
ライスはアッサリめの味付けのケチャップライスでやや色ムラあるか。

20173 (112)

具はハム、玉ねぎ、ピーマンで多めの入り。
玉子は薄焼きでややハード、底までしっかり巻かれています。
ボリュームは相変わらずやや多め。

テレビではセンバツ高校野球(2017.3月のレビューです)。
北信越勢が初回から機動破壊されるのを横目で見つつ( TДT)、
勢いのままに完食。

いつぞや感じた味のバランスの良さ、とまでは感じなかったものの、なんだか落ち着くお味。
堪能させていただきました。

奥様の柔らかな接客は変わらず。
既に常連さんを多く掴んでいるみたいですな(^_−)−☆

確か北野、八王子、西八王子と移転されていたと思いますが、このお店ならばどこの街でも人気出ちゃうだろうね。
遠くから訪れるタイプのお店では無いかもですが、近くに引っ越してきたならば日常使いに最適。
安くて早くて居心地良し、ちゃんと美味しいしボリュームもある。
三拍子どころか五拍子揃っちゃってるからね(^_-)-☆
周辺住民を羨ましがりつつ、


つづく。




関連ランキング:洋食 | 西八王子駅


夢路へ誘う愛し恋しい坦々麺(期間限定)。

立川市
07 /23 2017
立川   いとし家


今度こそ青梅ラスト。
夜の立川も今宵限りか ・・・

とこの時は思っていたのですがそうでもなかったりします(^_^;)
明日はどこだ!?と日替わりで変わる勤務地、この頃はかなり疲れておりました(^_^;)

んじゃ、たま館、制覇しとくか(^_−)−☆
21:50訪店。

ここはライス∞という魅惑的なサービスがある、
あご出汁を使った家系ラーメンのお店。

2017年4月 (89)

・・・おや。
「期間限定 シビレ 濃厚 坦々麺」
とデカデカと貼り出されておりますね。
これだな( ̄ー ̄)(850円)

気の良さそうなお兄さんに食券を渡すと麺の硬さとシビレ具合を聞かれたので、
麺普通、シビレ強めでお願いしてカウンターの隅の席に座り、
店内を見渡します。

20175月 (145)

客は学生風のお兄さんが1人居ましたがすぐに河井の貸し切りに。
相も変わらずマシマシが客マシマシですな!
河井はラースクもたま館も夜しか訪れていないので分からないのですが、昼はどちらももっと混むのでしょうかね。

20175月 (146)

7分で竣工。
白髪ネギの峰に降るは胡麻雪。
それを囲む海は赤々。

ではでは。

20175月 (148)


とろみあるスープ、に溶け込んでいました花山椒。でもシビレは控えめかな?
芝麻醤というより胡麻ペーストみたいなコクがあります。
なんとなく永谷◯の、和田アキ◯がCMしていた煮込みラーメ◯?だかを思い出させるお味。
確かに濃厚だけれど、見た目ほどしつこくはない塩梅。
麺は縮れある中くらいの太さの麺でブリっとした食感。

20175月 (146)

具はわさあっと盛られた白髪ネギ、あとは刻みネギ、肉味噌の挽肉くらい。
後半は白髪ネギの繊維がかなり気になります。

淡々と完食。

20175月 (151)

い や む し ろ こ こ か ら だ ! ! !
ニヤニヤしながらゆっったりとした歩調で炊飯器へ向かった河井、
1回、2回、3回・・・・ええええい!!掟破りの4回盛り!!

20175月 (149)

営業時間終盤な事もあり炊き上がりは今ひとつでしたが、保温臭は感じず。
で、

そりゃスープと合うわなあヽ(´▽`)/
でも、もーちょいシビレが欲しいな

・・・お、あるじゃん( ̄ー ̄)
「シビレの素」なる小瓶から山椒を振りかければ、
あー、これこれ!!

でもシビレはあまり来ないな。
シビレより香りが立つタイプの花山椒だろうか?

とか考えつつ、再び炊飯器の前に立っていた河井であった。

辛くはないものの汗はファイエル。
多分、辛さとかではなくガッツリ逝ったが故の食熱由来かと思われます(^_^;)
完食。

あー、やらかした、満腹だよ(^_^;)
具には貧弱さを感じたものの、十二分に飯を喰わせてくれるお味、そしてライス∞!!!
愛し恋し、とまではいきませんでしたが、
これは、正義ですよ(`・ω・´)

接客は他の3店舗より良かったです。
声も出ているし、客としっかり向き合ってくれる誠実な応対、いと宜し。
ちょいツンなマシマシ、
日によってブレが激しい井の庄、
活気はあれどユルめの一本勝負、
これらと比べると、良い。
しっかし、
あー、やらかしたなぁ(^_^;)
ラストの二盛り、あれが効いたな。

明日は朝食、抜こう・・・
ランチも控えめにしよう・・・

大きな後悔と、大きな満足感、大きくなった胃袋。
それらを腹に抱えながら、ヨタヨタと駅へ向かう、河井なのでした。




関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川南駅立川北駅



花見の〆蕎麦。

調布市
07 /23 2017
調布   鈴や


この日は叔母や従姉妹と野川公園でプチお花見(2017.4月のレビューです)。

2017年4月 (14)

多磨駅で合流して向かいました。

2017年4月 (19)

2017年4月 (21)

っつーか、多磨駅周辺、なかなかに風情ある町並みでしたよ(^_-)-☆

あと2、3日で満開かな、ってな開花状況でしたが、こういう非日常、精神衛生上必要不可欠なりヽ(´▽`)/

ビールやお惣菜やおにぎりをいただきつつ、しばしまったりした後、
序でに隣の武蔵野公園の桜も観て、

2017年4月 (39)

2017年4月 (56)

何故か思いつきで深大寺まで歩いてみたりして(^_^;)

2017年4月 (62)

2017年4月 (82)


・・・あら、国宝!?

へえ!!
深大寺の釈迦如来像が近々国宝に指定される様ですよ(^_−)−☆
まあ、レプリカしかありませんでしたが(T ^ T)

さて、ここまで来たら蕎麦をいただきたいわな( ̄ー ̄)
で、前回訪れた鬼太郎茶屋を横目に見つつこちらへ。
15:30訪店。

2017年4月 (85)
2017年4月 (62)

一応建物の中なのですが、吹き抜けになっていてアウトドアな気分も感じさせてくれますな。

兎にも角にも、
「深大寺ビール(500円)」で渇いた喉を潤しますヽ(´▽`)/

2017年4月 (84)

うーん、香ばし美味しヽ(´▽`)/
苦味も効いていてメリハリのあるお味。
調子に乗って何本か呑みました(^_^;)

で、これ、後で調べて知ったのですが、この深大寺ビール、
ホッピービバレッジの商品なのですな!!!(◎_◎;)
ヒルゼンとミュンヘンの2種類ありまして、河井達がいただいたのはミュンヘンでした。

2017年4月 (87)

お通しの切り干し大根は素朴なお味。
あとは
「そばがき(600円)」や「おでん(500円)」なんぞをつまみつつ、いい塩梅に(*゚▽゚)ノ

2017年4月 (86)

〆は「深大寺そば(550円)」をもりそばでいただきました。

2017年4月 (88)

茹では柔らかめ。
蕎麦の風味は弱いながらもちゅるんとした喉越しは良し。
つゆは辛くもなく甘くもなく中庸。
まあ価格はお観光地の蕎麦にしては手頃ですな。

2017年4月 (89)

接客は印象無し。まあ無難だったのでしょう。
うん、たまにはこういうのもアリだなあ( ̄ー ̄)
その後、友人達との呑み会を楽しんで・・・

異動したてで凝り固まった心が解けましたヽ(´▽`)/
よーし!明日も頑張るぞ(^_−)−☆


なんて思いながら家路についた河井なのでした。


・・・翌日、配置転換される事も知らずに・・・・・。

《再訪》 肉増しのレイニーデイ。

国分寺市
07 /22 2017
国分寺  名物すた丼の店


仕事帰りに降り立った国分寺は冷たい雨。
肩をすぼめて傘を差し、向かったムタヒロ1号店は満席だ(^_^;)
じゃあ、すたカレーだな( ̄ー ̄)
18:55訪店。

すたみなカレー(680円)」
飯増量(無料)」
の食券を購入して待ち構えていたお兄さんに食券を渡すと、
「雨の日サービスで肉増量出来ますがいかがしますか?」

何それ∑(゚Д゚)
いや、出来るってんなら、しますがな( ̄ー ̄)

客はほぼ満席の入り。繁盛してまんな(^_−)−☆

20173 (258)

6分で竣工。
飯増量で昔の並盛りくらいのボリュームでしょうかね。

20173 (259)

そして肉は確かに多めだな。

ではでは。

20173 (260)

ん?味付け変わった?
ニンニクの効きが弱まった様な気がしますが、ブレかもしれません。
もしくは肉が増えた分、味が弱まったのかな?
カレーはもったりしたとろみあるマイルド系。
ライスの炊き上がりは昔よか向上したんじゃないかな?
するんと完食。

接客は内向きにも外向きにも活気あり。
なんだかんだでまたフラっと訪れてしまうだろうな・・・そんな入り易さがありますな、こちらは。


タイトルはゲントウキの名曲インスパイア。

https://youtu.be/e2ex3UnfaWM




関連ランキング:豚丼 | 国分寺駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ