《《《再訪》》》 あゝ、堕ちていく。

昭島市
12 /31 2016
東中神   めだかタンタン


2016.12月再訪


ウエストエンドでオムったあと、久々にこちらへ・・・
っつっても何度か店の前までは来ていたのですが・・・

IMG_0271.jpg

並ぶのは苦手で(*゚ー゚)>テヘヘッ
この前日も店の前まで来たのですが、月曜は夜営業していないのを忘れていました(´・ω・`) ショボーン
で、リベンジ。
13:45訪店。

IMG_0272.jpg

1階は埋まっていましたが、2階は空いていました(゚Д゚)ノ
雨に感謝(^_^;)

IMG_0275.jpg

めだカレーに激しく心揺さぶられましたが、やはりこれだ。
「汁なし担担麺(700円)」をオーダー。
あ、「温玉(100円)」も付けました。

IMG_0278.jpg

3分で竣工、早いねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_0279.jpg

IMG_0280.jpg

混ぜ混ぜ・・・・・

ではでは。

麺は低加水のシコパツストレート、あーこれこれヽ(´▽`)/
辣より麻が来る塩梅で程よいシビ具合、辛いのが苦手な人でも楽しめそうな感じ。

具は肉味噌、白菜、もやし、青菜、とトッピングの温玉。
シャキシャキ具合がいいアクセントとなっていますね(^_-)-☆

IMG_0274.jpg

ミルを挽く・・・
うっはあああ\(^o^)/

四川山椒を水戸泉よろしく振りかけると・・・ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

アヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ(  ゚)ヒャヒャ(  )ヒャヒャ(゚  )ヒャヒャ(∀゚ )ヒャ

瞬殺。

前回いただいたのよりは万人受けに変わった感がありますが、

・・・四川山椒、
これですよ、奥さん( ̄ー ̄)ニヤリ
めくるめくシビシビ、堪能させていたしました。
次回は絶対、めだカレー、いただきたいと思います(`・ω・´)キリッ

今年も食べログ、大いに楽しませていただきました。
2017年もまた同様に、、、いや、それ以上に楽しめればいいな、と思います。

それでは皆様、良いお年をっ!!!




関連ランキング:担々麺 | 東中神駅中神駅西立川駅




スポンサーサイト

【オムの細道:293】 2016年のオム〆は西の端のオサレオム。

立川市
12 /31 2016
立川北  ウエスト エンド


年末特別シフトゆえ、オム順が変わってしまう事、お許し下され<(_ _)>


さて、2016年のオム〆。
立川の[a:13177586,ABAN]を狙いましたが・・・営業している、のか?

IMG_0258.jpg

灯りは点いているけれど、営業中の札は掛かっていない・・・うーん( -_-)
で、以前振られたこちら、久々に狙ってみるか、
と転針。

IMG_0259.jpg

伊勢丹の脇、ごちゃっとした、昔の立川が遺る界隈・・・
確かこの辺りだったと思うんだが・・・

IMG_0260.jpg

・・・・あった(^ー゚)ノ
うへえ、オサレな階段やなあ(^^;)

IMG_0261.jpg

以前はこんなライティング、あったっけかなあ・・・
なんて思いつつ階段を降り、

IMG_0262.jpg

12:20訪店。

うへえ、オサレなお店だなあ(^^;)
ドキドキしながら座り、メニューを眺めますが、入口のイーゼルで確認は済んでいる(^_−)−☆
「[b:スペシャルオムライス](1250円)」を、雰囲気に合わせいつもより低音でオーダー。
セットのドリンクはコーヒーをお願いして店内を見渡します。

IMG_0264.jpg

うへえ、オっサレやなあ(^^;)
ラウンジみたいな店内は薄暗く、オトナの香り濃密。

IMG_0265.jpg

オトナのオトナによるオトナのためのお店だわ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
楕円の、”他の店とはちょっと違うぜ”的なカウンターがやや手前にデンと構え、奥にはテーブル席が並んでいるご様子。
客は女子ばかり、
しかもオサレな、現役バリバリのキャリアウーマン(っぽく感じる女子)ばかりだ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
モンスターボールじゃ駄目だな、ハイパーボールにズリのみコンボじゃないとゲット出来ないタイプのアレだ(ん?
BGMはやや大きめに流れるUKっぽい洋楽。

IMG_0266.jpg

先に竣工したサラダはドレッシングがやや多く感じましたが、野菜は瑞々しい。

IMG_0267.jpg

8分でオム竣工。
スクランブルエッグ状の玉子がなだらかな標高のライスを覆っています。

IMG_0268.jpg

上にはデミグラスソースが掛かり、輪切りのアスパラが散らされていますね。

ではでは。

スパイシーだな、
がファーストインプレッションでしたが、むしろ味が多い、ってな印象でまとまります。
玉子はその弾力を愉しむタイプで、味の多さを中和してくれますね。
デミはコク軽く、赤ワインが主張します。
味の多いライスにはこれくらいのが合うね。
アスパラの輪切りは筋っぽくなく食感のアクセントをもたらしてくれます。

IMG_0269.jpg

ライスは寝かせてあるのかな、旨味充分ながら若干ダマになっているのが甚だ残念。

あら、チーズだ(゚- ゚ )
オム中央部分にとろけるチーズ発見。
素軽いデミに良く合いますな。

具はキノコっぽいのと挽肉っぽいの?チーズ?何だろう???
まぁ、余り印象無し。

ここでおばちゃんグループと地元民っぽい親子が来店して一気に場がくだけました。
完食。

ボリュームは普通。
ナプキンで口の周りを拭いているところに、

IMG_0270.jpg

タイミング良くコーヒー竣工。
コーヒーはホット。苦味控えめで飲みやすいものでした。

色んな味が口内を満たしながらも、くどくは感じませんでしたね。
チーズを使ったオムは塩気が強い事が多いのですが、こちらのはそうでも無く味が破たんしていませんでしたね。
ライスがもーちょい巧く出来ていれば、評価は大きく変わったでしょう。

接客は意外にくだけた感じ。
お会計は1350円・・・あー、外税か(*゚ー゚)>テヘヘッ

このあと、予定通り東中神へ向かいます。
今年は何度も待ちで挫けましたが、並んででも食べておきたい今年中に、再びアレを・・・


つづく。




関連ランキング:洋食 | 立川北駅立川駅立川南駅


ライスに未練を残しつつ。

青梅市
12 /29 2016
東青梅  大龍軒


食べログの地図を見ながらこちらを目指したのですが、

あ、やばい・・・意外に遠い( ゚д゚)
しかも、めっちゃ坂( ゚д゚)
多摩川の河岸段丘のえげつなさは解っていたが、ここまでとは(^_^;)
軽く後悔しつつもぐんぐん下って街道へ出て西へ転進。

やがて見えて来ましたるは、パチ屋。
確かこの辺りのはずだが・・・あった!
ファミレスみたいな建物に・・・漫画喫茶?

食べログ1 (68)

・・・の下のフロアに、こちらが見えました。
13:35訪店。

へえ、何だかチェーン店みたいな雰囲気だな。
入口寄りの2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めます。

食べログ1 (70)
食べログ1 (71)
食べログ1 (72)
食べログ1 (73)

ちゃんぽんとカレーライスが気になりつつも、オーダーしたのは「[b:コチジャンめん](820円)」。
日韓中、和合といこうじゃないか(^_−)−☆
更に「[b:単品ライス](110円)」を。因みにライス、お代わり∞ですぜ(*゚▽゚)ノ

食べログ1 (69)

横に長い店内は清潔感あり。
奥の厨房に面してI字カウンターが真一文字、通路を挟んだ手前にはテーブル席が並び、
左右の端に小上がりが見えます。

食べログ1 (76)

客は半分の入り。祝日だからか家族連れが多いな。
年齢層は高めですが若者もちらほら。
BGMは歌謡曲。


しかし時間、掛かるな・・・
オーダーが立て込んでいたらしく、次々と竣工はするものの、コチジャン麺は出てこない。

・・・あ、なーるほど(^_-)-☆

食べログ1 (74)

この待ち時間を、この「愛の血液型占い」が小粋に演出してくれる、ってぇ寸法かい( ̄ー ̄)ニヤリ
とか言ってる場合じゃないわ(゚Д゚)ノ
んー、結構ヤバいかも・・・・・

食べログ1 (77)

17分で竣工。
ううむ、こりゃ急いで食べないと(;゚Д゚)
ではでは早速。

食べログ1 (78)

麺は縮れある黄色い細麺で、ボツボツした硬めの茹で上がり。
具は青菜、チャーシュー、メンマ、刻み葱。
青菜は柔らかく茹で上がっていて茎に筋っぽさ皆無。
メンマも柔らかめでやや水っぽいかな。

食べログ1 (80)

チャーシューは小さいながらも厚みのある3切れ、塩味強めな味付けでライスが捗ります。

一方スープはコチジャンの風味はちゃんとあるものの思ったより軽い。
ガッツンとコチュジャンを効かせたものを想像していましたが、アクセント程度で辛さはほぼ無し。
酸味の効いたコク旨味押しな塩梅。

食べログ1 (79)

故にライスはガツガツとは進まないけれど、相性は良い。
炊き上がりは悪くないな。
すこぶるお代わりしたかったが・・・そんな時間は無ーい(´ω`)
嗚呼、無念のタイムアップ。
頂上目前にして撤退を決断するアタック隊の心境である。・゜・(ノД`)・゜・。

食べログ1 (75)

お新香とラーメンスープを使ってライスを掻っ込み掻っ込み、完食。

特に割安感は無いものの、ライス∞なのは嬉しいところ。ガッツリ行きたい方にはオススメ出来そうですな。
接客は明るく元気良し。
竣工に時間が掛かる可能性があるので、時間に余裕がある時に訪れるのが良いかと思われます。

さて、急がないと( ̄Д ̄)ノ
地図を見ると・・・ここ、ショートカット、出来そうな予感・・・・・ビンゴ(^_−)−☆

かわいはかいだんをみつけた!

汗をダラダラ流しつつ、階段を一段飛ばしで上る、河井なのでした(2016.8月のレビューです(^^;))。




関連ランキング:ラーメン | 東青梅駅


三度目の正直、で、破顔。

立川市
12 /29 2016
立川   かぐら


[a:13094055,CHOTA]でオムったあと、
どんどん雨脚が強くなる西国立、そして傘は無い。

パーカーのフードを被り、足早にこちらを目指・・・お、
[a:13192544,トラベルカフェ]、ランチ再開してる!
しかしサラダバーが14時で終わってしまったか・・・また次回、だな。
で、こちらへ。

IMG_9285.jpg

この気温&天気ならば空いているんじゃないか!?
なんて期待を抱いての訪問でしたが、
並び、無し(^_−)−☆
空き、有り・:*+.\(( °ω° ))/.:+

IMG_9286.jpg

実は今回、三度目の正直、である!!!ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
2度の訪問はいずれも待ち客を見て撤退していました・・・[b:河井、破顔( ͡° ͜ʖ ͡°)]
14:10訪店。

隅に置かれた券売機に向かい、腕組み。
うむ、無難に攻めよう。
おすすめ、と書かれた「[b:まぜそばとり](700円)」の食券を購入してカウンター中程の椅子を引き、
店員さんに食券を渡して座り、店内を見渡します。

IMG_9287.jpg

ちょうど先客が帰り、なんと河井の貸し切りに。
こんな日もあるんだな・・・

IMG_9290.jpg

店内は清潔感あり。
座席はL字カウンターのみでテーブル席無し。
BGMはaiko、桑田佳祐と2000年代前半の邦楽ヒット曲が流れています。

IMG_9288.jpg

ドアは少し開けて固定されていて、足元は寒いもののエアコンは効いています。
・・・これ、アレだ。
学校とかのエアコンの効きだ、頭だけ暖まるやつ。
5限目、勉強そっちのけで眠気との戦いになる奴だ( ̄ー ̄)ニヤリ

とか何とか思い浮かべているところに、

IMG_9291.jpg

5分で竣工。

混ぜ混ぜ・・・・・・

ではでは。

[u:あ、これ、うめぇわ
鶏!鶏!鶏!恋は一途、フゥ]

ってメモ書きされていましたから、相当テンション上がったのでしょうね(^_^;)

麺は激しくウェーブした中太麺でプリモニュな歯触り。
やや柔らかい茹で上がりで水気を含みながらも・・・
持ち上がり良いのよ、すごく良い!!(◎_◎;)
汁無しなのにジュースィー(*゚▽゚)ノ
で、ピタリとハマる味のバランス。つまりはこれがデフォな茹で上がりとお見受けしました。
具は鶏チャーシュー、メンマ、キャベもや、糸唐辛子、卵黄。
鶏チャーシューはシコシコ、メンマ&キャベもやは共にシャキシャキと食感に好アクセントをもたらしてくれます。

IMG_9289.jpg

後半は柚子胡椒、ラー油で味変しましたが、要らなかったかも。
何も入れずとも充分楽しめましたね。

スープはレンゲ2杯分がベストと書かれていましたが、いちいち測るのも面倒臭いのでダイレクトで投入。
あら、少なかったか、余り影響なし(*゚ー゚)>テヘヘッ
瞬殺。

ボリュームは普通、かな?やや少ないかな?
連食にはちょうど良いくらい。
接客は爽やか。
貸し切り状態のカウンター席って落ち着かない事が多いのですが、こちらではリラックス出来ましたね。

あら、雨は止まないどころか本降りになってるよ( -_-)
傘を買ってまで3連食する気にはなれないな(^_^;)
・・・帰ろう。
地元へ戻り、駅前のドトールで下書きを仕上げている間に雨は止み、
傘を買う事なく帰途に着いた河井なのでした。




関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川南駅西国立駅


【オムの細道:283】 雨に降られてオムカレー。

立川市
12 /27 2016
西国立   CHOTA


曇りと予報されていた天気は、西国立駅を降りた時には小雨に変わっていました。
行きがけに訪れたクリーニング屋さんに傘を忘れた事に気付いた河井、大いに凹む(ー ー;)

IMG_9272.jpg

ま、秋雨じゃ、濡れていこう。

IMG_9273.jpg

足早にこちらへ向かいました。
13:20訪店。

あら、先客無しだ。この空模様の影響かな?
入口手前のカウンター席に座り、「[b:オムカレー野菜](1000円)」をオーダー。
続けて、
[b:ピクルス
十穀米
M
中辛
ラッシー]

と告げます。
こちら、
[b:ピクルスかポテトフライ
ライス(白米.、十穀米)
サイズ(SS、S、M、L)
辛さ(普通、中辛、辛口)
ドリンク(ラッシー、ホットコーヒー、アイスコーヒー)]

IMG_9276.jpg

から選ぶ趣向。
それを聞くや否や店主、テキパキと動き出しました。

IMG_9275.jpg

店内は清潔感あり。
2人掛けテーブル席が2卓と4人掛けテーブルが1卓置かれ、
通路を挟んで5人掛けのカウンターが厨房と相対します。

IMG_9278.jpg

ピクルス竣工。
内容は胡瓜、蕪、トマト、人参、カリフラワー、なますみたいな細切りの大根。
それぞれ浅い漬かりなので単独でいただけますね。
カレーを待たずに完食。

BGMは吉田拓郎。
何故かは分かりませんが、無性にハンガーを振り回して暴れたくなりました(´・Д・)」

IMG_9279.jpg

7分でオムカレー竣工。
色とりどりの野菜が礼儀正しく並んでいます。
玉子のふわとろ具合も良さげ。

IMG_9280.jpg

その芳香にたまらず胃袋殿がスクワットを始めました。

ではでは。

IMG_9282.jpg

時々粒感のあるカレーは薬膳カレーみたいな趣き。
軽い酸味とコクにスパイスが加わって辛さはじわじわ来ますが辛口でもいけたかな。
玉子はその美しさに違わず絶妙な加減のふわとろでそこそこの厚みあり。

IMG_9283.jpg

十穀米との間にはトマト?チリトマトかな?のペーストが敷かれています。

素揚げされた野菜は玉ねぎ、筍、こんにゃく、人参、舞茸、南瓜、赤黄パプリカ、ブロッコリー、ピーマン、牛蒡。
へえ、こんにゃくって揚げたらこうなるんだ!(◎_◎;)
なんて驚きつつ、南瓜の厚みを愉しみます。
十穀米の豆の食感も楽しいね。
うむ、確信した!これはオムであるっ(´・Д・)」
十穀米ならば、オムであるっ(´・Д・)」

IMG_9281.jpg

春雨入りのワカメスープは優しい旨味、落ち着くなあ。

するすると完食。

会計を済ませようと立ち上がると店主が奥から慌てて出て来て、
「今すぐラッシー出しますので」
あ、忘れてた(*゚ー゚)>テヘヘッ

IMG_9284.jpg

ラッシーは濃いめ。凍ったブルーベリーを潰しながらいただきました。

店を出ると雨は・・・[b:あれ、強くなっていないかい( ゚д゚)??]
天気予報だと雨は降らない筈なのに(^_^;)
ウェザーニューズの雨雲レーダーにも何も写っていないのに(ー ー;)

♪そして河井は途方に暮れる、、、間も無く、
フードを被って♪傘も差さずに立川〜

と洒落込みます(^_−)−☆
この天気でこの時間帯ならば、あの店も空いているんじゃなかろうか、と思いましてね( ̄ー ̄)ニヤリ


つづく。




関連ランキング:カレーライス | 西国立駅立川駅立川南駅


東郷寺→かなしい坂→。

府中市
12 /27 2016
東府中  スンガリー飯店


珍華でオムったあと、食べログの地図で気になる坂を見つけて南下した河井でしたが・・・

IMG_0209.jpg

ほぁっ( ゚д゚)!!!!!!
なんだ、なんなんだこの壮大な山門はΣ(゚Д゚)ガーン

IMG_0214.jpg

東郷寺・・・(検索中)・・・ああ、
東郷平八郎かぁ。
こちら、もともとは彼の別荘だった場所で、
彼の死後に彼を慕う人々によって建てられたのがこのお寺。
因みにこの山門、黒澤明の「羅生門」のモデルとなっているそうですよ。

IMG_0218.jpg

いやぁ・・・知らんかった(^^;)
府中、いろいろ在るんだねぇ(^^;)


・・・で、目的の坂はそのすぐ北に在りました。

IMG_0220.jpg

坂の名前は[b:「かなしい坂」]。
こんな名前の坂を見つけた日にゃあ、登らなあかんでしょ(^ー゚)ノ

大して悲しくないのだろう、なんて思っていたのですが・・・・・いやいや、

[b:これが、悲しかった。]

IMG_0222.jpg

玉川上水は元々、この坂辺りを通す予定だったそうです。
しかし、引いた水がここで地面に沁み込んでしまい、計画は失敗。
大幅な軌道修正を余儀なくされます。
その責任を問われた役人が「かなしい、かなしい」と嘆きつつ処刑されたから、、、
と伝わっています・・・

これは、悲しい・・・

IMG_0223.jpg

・・・クリスマスイブに何やってんだろう、俺は・・・
どうしようもなくいたたまれない気持ちになり、東府中駅まで歩きました[b:(どうしてそうなった]
で、道中食べログを検索して、こちらへ。

こちらねぇ、
レビューした気になっていたけれど、
レビューしていなかったのですよ。
ならばレビューしないといかんでしょ(゚Д゚)ノ

IMG_0227.jpg

ああ、やっぱええわあ、このレトロなフォントの看板。

IMG_0228.jpg

第一、店名がいいよね。「スンガリー飯店」。
飯店、って中華っぽいんだけれど、スンガリー、ってのはそうでもない。
つか、スンガリーって、何ぞ!??

・・・(検索中)・・・・・

これね、
[b:ハルビン市内を流れる川の名前]でした。
現在は[b:松花江]と呼ばれるこの川ですが、
満州人、またそれに倣った日本人やロシア人は「スンガリー」と呼んだそうな。
創業者が満州に縁のある方なのかもしれませんな。
まぁ、つまりは、それだけ歴史を刻んでいるお店、という事でしょう。
詳しく調べてはいないのですが、戦前か戦後直後の創業と見て間違いは無いでしょうな。
13:55訪店。

入口寄りのテーブル席に座り、メニューを眺めます。
600円の日替わり定食にしようと決めかけた時、
気になるメニューが飛び込んで来たのです。

IMG_0230.jpg

衝動の赴くままに、
「[b:ミソかけカツカレー](760円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_0232.jpg

外観に違わぬ内観は以前と変わらず。
閉店時間が迫っていたからか、先客はまばら。

IMG_0233.jpg

年齢層は高めでしたが、昔訪れた際には(多分)近くの自動車学校に通っているのであろう、若い人達も多かった記憶があります。

IMG_0235.jpg

IMG_0234.jpg

店内中程に置かれた本棚には、内田春菊、江口寿史、しりあがり寿と四コマサイズの漫画が、そしてヤングチャンピオンとはかなりのマニアックチョイス(^_−)−☆
メニューに描かれたキャラクターもなかなかの出来栄えだし、相当な漫画好きがスタッフにいらっしゃるとお見受けしました

IMG_0238.jpg

10分で竣工。
左翼のライスの丘上に乗るカツには味噌?がたぷたぷに掛かっております。
右翼にはカレーがこれまたたぷたぷな様相。
サラダ付き、と書いてありましたが、ポテサラと芝漬けが別皿でついて来ました。

ではでは。

IMG_0239.jpg

確かに味噌カツだな、これは。
「味噌」は、味噌よりはソース寄りのお味。

IMG_0241.jpg

衣は厚くもなく薄くもなく、かりっとした揚げ具合で肉は薄め。
揚げ置きなのか、熱々ではなかったのはちょい残念。

カレーはやや温いなあ。これは結構残念。
とろみそこそこのルゥにはジャガイモやニンジンが溶け込んでいるらしく、ざらっとした舌触り。
ライスは少なめ。
ルゥや味噌だれはたっぷりなのでライスが残る心配は無いですが、どちらもしょっぱいタイプなので中盤辺りからややくどく感じ始めます。
この飯量では中和するには足りない塩梅。

IMG_0240.jpg

ポテサラはマカロニ入りであっさりした塩梅、このカレーの口直しには良いね。
逆に芝漬けは合わないかな。

淡々と完食。

接客は恰幅の良いおっちゃんもお姉さんも愛想良し。

今回はちょっとオーダーミスしたかもしれないな(^_^;)
カツカレーとしては安めだけれどねぇ・・・
日替わり定食辺りを頼んでいればまた評価は変わったかもしれません。

さて、年賀状、書かないと(^_^;)
予定通りぶんぶんでアイスコーヒー飲みながら年賀状を書き上げて、帰途に就きました。




関連ランキング:中華料理 | 東府中駅多磨霊園駅府中競馬正門前駅



【オムの細道:292】 多磨霊園で、聖しこのオム。

府中市
12 /26 2016
多磨霊園   珍華


季節モノレビュー故、先んじてレビュー致します事、お許しくださいませ<(_ _)>

クリスマスイブ・・・
ピザーラの兄ちゃんがサンタ服で三輪バイクを駆る、そんな日の昼下がり、

IMG_0186.jpg

河井は多磨霊園駅に降り立ちました。
家に居ると年賀状がはかどらないので、中河原の[a:13088585,ぶんぶん]で仕上げようと思ったのですが、
ならば京王沿線でオムっちゃおうと思い立ちまして(今にして思えばその思考に疑問符は付きます大いに(゚‐゚*)

IMG_0187.jpg

向かうはこちら・・・

IMG_0188.jpg

・・・やっていましたよ(^_−)−☆
ここのところ立て続けに行きたかったお店が閉店(特に[a:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131711/13043827/,8 1/2]の閉店は痛恨だった)していまして、
だから営業しているのかこの目で確かめるまでは不安なのですよ(^_^;)

しかし、いい佇まいやねえ・・・

IMG_0189.jpg

入口がいいよね。
しかも自動ドアが現役、ってのはポイント高いな( ̄ー ̄)ニヤリ
ニヤニヤしつつ、
12:50訪店。

IMG_0194.jpg

中程のテーブル席に座り、メニューを眺めます。
面白そうなのがあるんだよな、ここ。
焼きそばラーメンとか、爆弾ラーメン、ってのもあるし・・・

IMG_0191.jpg

挙句の果てに[b:餃子入り中華丼]ですよ!??
店主の探求心に(((;゚Д゚)))ガクブルガクブルですよ、これ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
もしオムが無くなっていたら焼きそばラーメンをいただこうと思っていたのですが、ありました(^_^;)
奥様?に「[b:オムライス](780円)」して店内を見渡します。

IMG_0198.jpg

やや薄暗い店内に流れるは落ち着いたピアノソロ。
不似合いな印象にも思えますが、しかし音響もなかなか良かったりします。

IMG_0197.jpg

右に広めの厨房があり、それに面して7席ほどのカウンター席が設けられて、

IMG_0195.jpg

使い込まれた椅子がいい感じ( ´ ▽ ` )ノ
中央には4人掛けテーブルが2卓、左手には3人掛けと6人掛けテーブルが各1卓という配置。

IMG_0200.jpg

あら、カラオケもあるんだ( ゚д゚)
夜はそういう用途もあるのかな?

IMG_0199.jpg

エアコンはそこそこの効き。

IMG_0201.jpg

ボーン、と、時計が1時を告げました。
ボンボン時計も現役たぁね(^_−)−☆
先客はおっちゃん2人。それぞれ燗酒を嗜んでらっしゃいます。
後客も常連っぽいおっちゃん。

IMG_0196.jpg

入口脇の壁に貼られたPOPには、油の効能について書かれていますね。
油は腹持ち良く、カロチンの吸収を助け、
更には必須脂肪酸を含んでいて、これが不足すると成長が止まったり皮膚炎を起こすらしいですな・・・
よっしゃ(゚Д゚)ノ
どんどん油を摂るぞ(´・Д・)」(適度にな河井

つか、ちんか・・・
「珍華」じゃないか(゚- ゚ )
修正しておこう・・・

IMG_0202.jpg

10分でオム竣工。
小さいオムですが、標高は高いな。
薄焼き玉子がちょい雑な感じで乗っかっていて、ケチャップは少量。
中華スープと何故からっきょうが付いて来ましたよ。
合うのかな、オムに(^_^;)

ではでは。

IMG_0203.jpg

ライスはチキンライスですがケチャップよりソースが主張するスパイシーなタイプ。
胡椒も効いていますね。ややコッテリな塩梅。

IMG_0206.jpg

具は細切れの鶏肉と玉ねぎ。
玉ねぎはよく炒められていて甘旨味が出ていますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
玉子は薄焼きながら適度な厚みがあり、存在感あり。

IMG_0204.jpg

中華スープは酸味強めで口直しになってくれます。
そして、らっきょう、合うねえ(^_−)−☆

IMG_0205.jpg

大振りで瑞々しく酸味は控えめ。コッテリしたオムの口直しにぴったりです。
完食。

IMG_0207.jpg

ボリュームは普通かな。
しかしコッテリしているから確かに、おっしゃる通り腹持ちがいいね(^^;)

接客は丁寧。
おっちゃん、一緒に呑んだら面白そうだな、ってな印象を持ちました。

このあと有明を目指したのですが、あらら、大盛況なご様子・・・また次回、だな。
・・・ん???

なんか、面白そうな坂、発見( ̄ー ̄)ニヤリ
とりあえずそっちに行ってみよう( ̄ー ̄)ニヤリ


つづく。




関連ランキング:中華料理 | 多磨霊園駅白糸台駅武蔵野台駅


Hinohara, Mon Amour.

西多摩郡檜原村
12 /24 2016
奥多摩   カフェ せせらぎ


[a:13203621,かあべえ屋]で買った梅おにぎりを頬張りつつバスを待っていた河井、
しかし、バスが来ない・・・

あ、もしや・・・・・ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
やっぱり(^_^;)
16:01発の便、平日ダイヤだった・・・
休日ダイヤだと、16:40か(^^;)

IMG_9199.jpg

・・・じゃ、あそこ行ってみよう。
かあべえ屋に向かう途中に気になる看板が出ていたんだよね(^_−)−☆

IMG_9190.jpg

と、村役場の中へずんずん入って、、、暗いなあ、
ってそりゃそうだ。
土曜だから既に役所は閉まっている訳だ(^_^;)
でも、奥は明るい。

IMG_9200.jpg

ほえー
まさかこんな趣味の良さげな店が、役場内に在るとはね( ̄ー ̄)ニヤリ
16:05訪店。

品の良い初老のマスターがお出迎え。
窓際のテーブル席に通され、メニューを眺めます。
レアチーズケーキセットは売り切れとか。
「[b:アイスコーヒー](400円)」をオーダー。

IMG_9204.jpg

ウッディな店内は温かみのある照明に照らされていて、暗い役場の中でここだけが異世界のよう。
BGMはサラ・ヴォーン。
これがぴたりとハマる、そんな雰囲気だ。

IMG_9201.jpg

でも河井の脳内にはPIZZICATO FIVEの「Tokyo, Mon Amour」の3:00辺りからのメロディーが流れていました。




あゝ・・・贅沢な時間・・・・・

IMG_9205.jpg

2分で竣工。
ではでは。

IMG_9207.jpg

うん、軽やかだ、苦味軽やか。
酸味、コクに甘味も感じますねぇ。
いやぁ、美味しいよこれヽ(´▽`)/

IMG_9202.jpg

窓の向こうは暮れなずむ渓谷が映し出されていて、
手前にはひまわりの種が置かれた台が設置されています。
きっと野鳥を愛でる事が出来るのでしょうが、生憎その気配は無し(^_^;)

IMG_9208.jpg

あ、水も美味しいわこれ。
この水でコーヒー淹れてるのか・・・然もありなん(^_-)-☆

オスカー・ピーターソンのご機嫌なアドリブが延々と続く中、店を後にしました。

IMG_9210.jpg

ここで過ごしたのは20分少々でしたが、いやぁ、何とも贅沢な時間を過ごさせてもらいました・・・
旅の終わりに相応しいお店でした。
バスの時間を間違えたのはむしろ、正解だったな(*゚ー゚)>テヘヘッ
いつかまた、訪れたいな。そう思わせてくれる愛おしいお店でしたね。
って、後で調べてみたらこちらの店主・・・
銀座では知らない者はいないであろうお店(みゆき、がどうとかなお店)の創業者、みたいですよ!?
・・・ならば、然もありなん( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_9209.jpg

すっかり冷え込んだ檜原村に別れを告げ、颯爽とバスに・・・え!??


あれ?

Σ(゚Д゚)ガーン

バスの後ろにバス、の後ろにまたバスが連なっています。
増便されて、さらに増便されたのか・・・っつーか、それでも超満員じゃねーかΣ(°д°lll)ガーン
秋の行楽シーズン、侮っていた・・・

[b:いやあ、今回は「侮って」ばかりだったな(*゚ー゚)>テヘヘッ]

途中の停留所からも客がどんどん乗り込んで、ぎゅうぎゅう詰めの鮨詰め。
スーパーのタイムサービスの胡瓜詰め放題のビニール袋もかくや、である(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
右に左に揺りに揺られてゆり揺られ、京急の如くバスは走り、やがて、
とっぷり暮れた武蔵五日市駅のロータリーに滑り込んだのでした。


おしまい。




関連ランキング:コーヒー専門店 | 奥多摩


檜原村にひとつだけのミニスーパー。

西多摩郡檜原村
12 /23 2016
奥多摩   かあべえ屋


[a:13010254,たちばな家]で掟破りの開花丼オーダーをかました後、村役場を通り過ぎてこちらへ向かいました。

IMG_9191.jpg

こちらは全日食チェーンのお店でオープンしたのは2016年7月。
まだ出来立てホヤホヤなお店ですな。
スーパーやコンビニが無かった檜原村にとっては、悲願ともいえるお店であります。
15:50訪店。

実は河井、淡い期待を持っていたのですよ。
ノーオムであるとの村からの公式回答を得ていましたが・・・

ここならあるいは、オムがあるんじゃないか、って(´・Д・)」


無かったぁ(T . T)
・・・折角だから何か食べよう(´・Д・)」

IMG_9192.jpg

この時間にはもう値下げされているのですな。
「[b:手巻きおにぎり 梅](98-20+税)」と
「[b:なっちゃんオレンジ](93+税)」を購入。

コンビニにしては一回り安いよな。
品揃えも食料品が多かったし、スーパーとコンビニの中間くらいの立ち位置なのかな?
この時はそういう事、解らなかったのですが、こちらはコンビニではなくて「ミニスーパー」というジャンルに属するお店の様です。

IMG_9193.jpg

イートインもありましたが、バスの時間が迫っていた事もあり、バス停でいただくとします。

IMG_9195.jpg

ではでは。

IMG_9196.jpg

梅はペーストタイプですな。
ご飯の炊き上がりはそこそこ。
ややドライに感じるのは値下げ品ゆえかどうか分かりません。
ボリュームは普通。
4口で完食。

なっちゃんは、、、なっちゃんである(´・Д・)」

旅の締めくくりにはちょっとアレでしたが、まあ仕方ない。
バス停に貼られた檜原村の紹介POPを見ながら時間を潰します。

しかし、日が暮れると一気に冷えてきたな。
上着を着込んで・・・それでもまだちょっと寒い(^_^;)
昼間はむしろ暑かったのにな・・・檜原村を侮っていたか。

IMG_9194.jpg

なんて思いながらバスを待つ河井なのでした、が!!(◎_◎;)


つづく。




関連ランキング:その他 | 奥多摩


手打ちラーメンが名物のお店で開花丼。

西多摩郡檜原村
12 /23 2016
武蔵五日市   たちばな家


[a:https://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/61509975/,味付きこんにゃく]をいただいた後、歩いて本宿の春日神社へ。

IMG_9160.jpg

裏のケヤキを仰ぎ見てお願いすると、願いが叶うらしいですよ(^_−)−☆

IMG_9162.jpg

IMG_9166.jpg

曙橋の角の道祖神を過ぎたあたりでこちらが見えて来ました。
15:15訪店。

おばちゃんがニッコリ笑って「いらっしゃいませ」。
奥のカウンター席に座り、メニューを眺めます。
こちらは手打ちラーメンが名物なのですが、あゝ、飯物が喰いたひ( ゚д゚)・・・
無性に喰らいたひ( ゚д゚)
で、「[b:開花丼](800円)」をオーダーして店内を見渡します。

真新しさ残る店内は清潔感あり。
左に小上がりが3卓、中央に6人掛けテーブル席が2卓、
厨房は右にあって奥の窓際には6席ほどのカウンターが設けられています。
客は時間帯のせいかまばら。
熟年夫婦がのんびり過ごしております。

IMG_9170.jpg

しばらく窓の向こうの景色を眺めていましたが、
いつしか片平なぎさのサスペンスドラマに、どハマり。

IMG_9172.jpg

7分で竣工。
おっほぉ!!肉、たっぷりやねぇヽ(´▽`)/
これにお新香と味噌汁が付いて来ました。

ではでは。

IMG_9173.jpg

出汁の甘味が露払いした後、たっぷり乗っかった厚みある豚肉の旨味が横溢しますぜ( ̄ー ̄)ニヤリ
飴色の玉ねぎにも旨味がたっぷり染み込んでいますな。
カツ丼と比べると開花丼は、肉の旨味が外へ滲み出るから、玉ねぎの旨味もまた格別なのであります(^_−)−☆
玉子はややハードな火の通り。
ご飯の炊き上がりは良いですね。麺類がウリなお店でこういうクオリティのご飯に出会えると嬉しさひとしお。

IMG_9175.jpg

味噌汁も美味しいなあ、麹が違うのかな?

IMG_9174.jpg

んでもって糠漬けの漬かり具合や良し。
完食。

IMG_9176.jpg

いやあ、ちゃんと美味かったわ(^_−)−☆
脂が苦手な方にはオススメしにくいけれども、豚肉がしっかりとメインを張っていてげに河井好み。
やっぱ開花丼の主役は牛or豚肉ですからね。
味噌汁やお新香も手抜き感無く、それぞれ楽しめましたね。
お新香の小皿に描かれていた蟹の絵柄もまたキュートでした。

こちらは手打ちラーメンがウリなお店なんだけど、
こういう「ウリ以外のメニュー」もちゃんと美味い、
ってのはこのお店のポテンシャルの高さを表しているな、と思った次第。
接客は無難。まあ、ローカルな風情は味わえるかな。

さて、いよいよこの旅を締めくくるとしましょうか。


つづく。




関連ランキング:ラーメン | 武蔵五日市


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ