孤軍奮闘。

調布市
10 /31 2016
仙川   モリバコーヒー


[a:13018789,キックバックカフェ]でオムったあと、うーん、どうするか。
腹にはまだ空きがあるんだけど、15時を回りそうな時間。
こうなると、開いているお店がぐんと減る(ー ー;)
急遽訪れる事になった仙川、リサーチも不足しているし・・・
取り敢えずどこかで休もう(´・Д・)」
食べログで検索を掛けると・・・モリバ、か。
つつじヶ丘から歩いて来た時に見かけたな。
聞いた事はあるけど、入った事は無いな、
ならば行ってみよう(^_−)−☆
駅の反対側まで歩き、
15:55訪店。

IMG_7032.jpg

先にレジで会計を済ませるスタイル。
ほう、安いねぇ。ドトールよりも安いかな?
「アイスコーヒーL」を頼んだら、
美しいおねいさんに期間限定の水出しアイスコーヒーを勧められたので、それにしませう。
「有機水出しアイスコーヒーL(320円)」をオーダーすると、おねいさん、
「345円になります」
あ、税抜きか・・・

ではでは。

IMG_7033.jpg

グラスは大きいね。
今の時代における中ジョッキよりも大きいんじゃないか?
けれど、氷が見事にギッチリ詰まっているからか、一口飲むごとの目減りが激しいな(^_^;)
水出しだから酸味控えめなスッキリした味わいなんだけど、
故にみるみる&どんどん薄くなっていく・・・けれど、
長居するならこの方が長くいられるな
だって氷が溶けるまでいられるから
って、ポジティブ過ぎるだろうか(^_^;)

ドトールとタリーズを足して2で割って価格をベローチェに近づけてみたのかな、
ってのが総評。
税抜きのマジックはオーダー時までは効くけれど、会計時にモヤモヤするんだよな(^_^;)

接客はおねいさんが笑顔を振りまき、孤軍奮闘。
人件費、削り過ぎじゃないのか?
まあその頑張りに1票投ぜねばならないな。

うむ、落ち着いたら、疲れが出た(ー ー;)
・・・帰ろう。





関連ランキング:喫茶店 | 仙川駅つつじケ丘駅



スポンサーサイト

【オムの細道:261】 キッズルーム完備のオサレカフェでオサレオム。

調布市
10 /31 2016
仙川  キックバックカフェ


IMG_7019.jpg

[a:13088977,なかむら]でベーコンを重ね着したあと、こちらへ。

IMG_7031.jpg

ほお、意外とデカい箱だ・・・そして、店員のお姉さん、明るいなあ( ´ ▽ ` )ノ
入口前でポカーンと突っ立っていたら、お姉さん、
眩しい笑顔をこちらに向けて、
「いらっしゃいませっ」
刹那、
[b:ズギュゥゥゥン]
という擬音が河井の左斜め後方に出現(^_^;)
陽射しといい、お姉さんといい、今日は射抜かれ放題だな河井(*゚ー゚)>テヘヘッ

14:05訪店。
厨房からもエコーが掛かります、活気良し。
河井を中程のテーブル席に通し、メニューを渡すタイミングでお姉さん、日替わりデリプレートを勧めます、

IMG_7021.jpg

が、やんわりと断ります。
河井の求めるものは、それではないのだ(´・Д・)」

カッと目を見開いてメニューをめくり・・・あれ?
あれあれ??オムが見当たらない・・・
ページをめくる指の震えが段々激しくなってきますぁぁぁああああああああったあああ!!!(ノд・。)
アラカルトにありました、アラカルトか・・・
聖蹟桜ヶ丘の[a:https://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/6140913/,カフェ]での悪夢がフラッシュバックします。
震える声でアラカルトからのオーダーは可能か聞くと、
O.K.との事、あ・り・が・た・やヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

決然と、「[b:デミオムライス](1100円)」をオーダー。
ああ、ようやくオムにありつける・・・
安堵の溜息を派手に吐きつつ、店内を見渡します。

IMG_7022.jpg

ダクト剥き出しで天井が高い店内は奥に長い構造。

IMG_7025.jpg


奥にはバンドセットが組まれているから、ライブなんかもあるのでしょうね。
BGMもなんか拘ってる感じの洋楽だし。

IMG_7024.jpg

客は半分の入りで、 ママさんグループや若い女性のソロ客メイン、
男性客もちらほらいるとはいえオサレな雰囲気、河井にはかなりアウェーである(。-_-。)
お、キッズルームがある!!
子連れだと入れないお店、多いから、こういう配慮はママさんたちにとってありがたいだろうなぁ。

IMG_7027.jpg

8分でオム竣工。
白っぽい玉子に覆われたオムの小山の周囲にはデミの森。

ではでは。

IMG_7028.jpg

玉子はリバースの薄焼きで、クリーミーなコクがメインを張ります。
ライスは胡椒が効いたバターライスかな、炊き上がりは上々だ。

IMG_7029.jpg

具は無し。
バターのコクと塩気が効いていて、デミ無しでもいける塩梅。

デミグラスソースはキノコたっぷりで爽やかな風味があります。
サワークリームが使われているだろうか。
ほろ苦味もあるけれど、軽めのコクと旨味がメイン。
深みとかそういうタイプじゃないな、しつこくないのがいい。
ライスの塩気が強めだから、これでバランスが取れています。
順調に完食。

ボリュームは普通。カフェ飯としてはやや多めかな?
具無しだし安くは感じないけれど、満足の落とし所はありましたね。
これで980円だったなら、もっと推せるんだけど(^_^;)
まぁ、素材にもこだわっているみたいだし、仕方ないのかな。

接客は明るく笑顔も素敵で、エコーもあり、水の継ぎ足しもスムーズで文句無し。
エアコンも適度に効いていて、居心地は良かったですよ。

IMG_7023.jpg


つづく。




関連ランキング:カフェ | 仙川駅


ベーコンをめくるとベーコン、をめくるとベーコン、という悦び。

調布市
10 /30 2016
仙川  レストランなかむら


IMG_6986.jpg

IMG_6987.jpg

うだる様な暑さ(2016.8月のレビューです)の中、目指したのはつつじヶ丘の[a:13129591,アゼリア](゚Д゚)ノ

IMG_6988.jpg

・・・は、夏期休業に入っていました(*゚ー゚)>テヘヘッ
暑い・・・・・
では、と向かった駅の反対側、狙ったもう一軒はランチを止めたのか?
閉まっています(*゚ー゚)>テヘヘッ
うーむ、全滅、よもやの( -_-)
しかし、また電車に乗って移動するのは何だか癪だ・・・
なあんて考えに凝り固まっていたのは、今思えばメダパニってたのか、或いはコンフュっていたのでしょう。
・・・歩くぞ、仙川まで(`・ω・´)キリッ(どうしてそうなった((((;゚Д゚)))))))

あ、いきなり登り坂だΣ(゚Д゚)ガーン
脇の旧道っぽい道に入ろう。

うむ、正解。上り軽減。
車のために作られたルートは距離の短縮が優先されていて、多少の高低差は考えないのだな、きっと(゚- ゚ )
と、この時思ったのですが、この経験が後に羽咋で活きてくるとはね( ̄ー ̄)ニヤリ

しかし、暑い・・・

IMG_6992.jpg

路傍の薬師如来に手を合わせつつ黙々と歩き続け・・・到着。

IMG_6996.jpg

仙川、[a:13078851,ぱんぷきん]や[a:13006586,魔女のカレー]を訪れて以来だ。

懐かしさを覚えつつ速足で駅前へ向かい、訪れた中華食堂

IMG_6997.jpg

IMG_6998.jpg
も、閉まってるのか(´・ω・`)

IMG_7001.jpg

次いで訪れたおにぎり屋は、それっぽいのがショーケースに見えないな・・・
えええい、ちょっと離れているが仕方ない、南下するぞ(゚Д゚)ノ

IMG_6999.jpg

途中、星乃珈琲店発見。
うむ、もしもの時はここに入ろう。

IMG_7002.jpg

陽射しはどんどん厳しくなり、足取りはどんどん重くなります。
途中、BMしていたこちらを通過・・・・・いや、
ええ外観だなあヽ(´▽`)/
そーいやこちら、ランチは14時までだったな。目的の店は通し営業だし・・・
ううううむ、この外観は、無視出来ない(゚Д゚)ノ
入っちゃえ(゚Д゚)ゴルァ
13:40訪店。

IMG_7003.jpg

外観から抱く予想にピタリとハマる内観だ( ̄ー ̄)ニヤリ
ちょっと薄暗いけれども。
右奥のテーブル席へ通され、メニューを眺めます。
こちらにオムが無いのはわかってる( -_-)

IMG_7006.jpg

ま、一応、探す(゚- ゚ )

やはり、無かった(。-_-。)
ハンバーグ系のメニューが並びますな・・・

で、メニューを閉じ、
ボードに書かれていたサービスメニューの「[b:ベーコンエッグ](800円)」をオーダーして水を飲、、、うんめええええ(ノд・。)
疲れた身体に沁みわたるぜええええヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
一気に飲み干し、
たら、奥様?が直ぐに注いで下さりありがたや<(_ _)>
こんな日、こんな状態には、何物にも代え難いサービスだ・・・

IMG_7004.jpg
IMG_7005.jpg

やや薄暗い店内は昔ながらの洋食屋、といった雰囲気。年季はビシバシ入っています。
中央に7席ほどのU字カウンター(味があるねぇ)が設けられ、
あとは4人掛けテーブルが5卓ほど。

先客は6名。
若い夫婦やガッツリ行きそうな学生、ガテン系の兄ちゃん、老夫婦、幅広い客層です。

IMG_7011.jpg

8分で竣工。
ごはん、少ないな(^^;)

ベーコンエッグはハムエッグみたいなものかと想像していたのですが、目玉焼きのようで目玉は無い。
黄身はクラッシュしてあります。
かといって卵焼きなのかというとそうでも無く、
黄身と白身はベーコンと共に独自に展開して皿一面を覆っております。

さながら、涎流るるパッチワーク。

左奥にかすかにサラダっぽいものが見えていますが、ベーコンエッグに埋もれているので全容は不明。
これに味噌汁、お新香、それと醤油差しが添えられています。
「殺風景だな」、という第一印象でしたが、
[b:その先にある悦び]を、この時はまだ知りようもなかったのだ( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。

IMG_7012.jpg

ベーコンはカリカリさ皆無のぷるぷるんとした触感でやや厚めのスライス。
玉子は2個使われていますね。
ベーコンの塩気で下味は充分。
「目玉焼きにはソース派」に長らく所属している河井ですが、何か使うならここは醤油で正解だ(゚Д゚)ノ
しかし、ご飯が少ない・・・味が増えると米不足に陥るは必定( -_-)
合間合間に数滴垂らし、味に変化をもたらす存在として利用しました。


ベーコンエッグで800円は高いんじゃないか、
と、思っていたのですよ。
いやいやいやいや、ベーコン、たッぷりでんがなヽ(´▽`)/

ベーコンをめくるとベーコン。
めくってもめくってもベーコン!!
あゝ、めくるめくベーコンエンドレス・・・
こいつはベーコンの十二単やぁアヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ(  ゚)ヒャヒャ(  )ヒャヒャ(゚  )ヒャヒャ(∀゚ )ヒャ

何故か脳内に空耳
が流れ始めました。
子供にせがまれてナゲットを割る内に段々とテンションが上がっていく父ちゃんの気持ち、今なら解るな

ってメモってありましたので、恐らくテンション上がりまくりで壊れていたのだと思われます(^_^;)

そしてベーコン層を突破すると、今度はサラダがお出ましだΣ(゚Д゚)ガーン
くっくっくっ畜生、まだまだ愉しませてくれる、ってのかい!!
やるねぇ、おい( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_7015.jpg

一口サイズのマヨスパを口に放り込んで、さて、後半戦だ。
レタス、美味しいじゃないの(^_−)−☆
ベーコンエッグによって適度に蒸されているような味わい。
広島風お好み焼きにおけるキャベツのそれだ。
さっぱりしたドレッシングはベーコンエッグの邪魔をしませんね。
この配慮はありがたい。

IMG_7013.jpg

ご飯の炊き上がりも悪くない。
ただいかんせん、量が少ない・・・まあこのあとオムるから、むしろこれで良かったとも言えますな。

IMG_7014.jpg

味噌汁は濃いめのお味で、最高気温38度なこんな日にはちょうどいい。
塩分を欲していた身体が喜んでいる。

お新香はキューちゃん。
瞬殺。

水の継ぎ足しも抜かり無し。こんな日には最高のおもてなしだ(ノд・。)
ボリュームは多くはなかったけれど、
ベーコンの積み重なりがもたらしたハピネス、いと素晴らし( ´ ▽ ` )ノ
次回は是非、ご飯大盛りにて臨みたいですな(´・Д・)」

あ、因みに8/19より値上がりする旨、貼り出されていました。
今回のCPは値上げ以前の印象である事、付記しておきます。


つづく。




関連ランキング:洋食 | 仙川駅つつじケ丘駅



豚豚からり、とん唐り。

青梅市
10 /29 2016
河辺   とんから亭


未訪店が残り少なくなってきたところでの新店、
って、否が応でもワクワクしますなあ
兎にも角にも訪れてみた河井であります

IMG_8338.jpg

ほう、カツ丼490円とな!?
あ、税抜きとな(゚- ゚ )・・・妖怪「500円またぎ」の仕業か・・・
ふむ、テイクアウト用の入口もあるんだ。
しっかし、グラッチェガーデンズ時代の面影、綺麗さっぱり無くなったなあ(^_^;)
まあそれだけ巧みなリニューアルという事なんだろうけれど。

IMG_8339.jpg

こちら、前の店と同様、すかいらーく系列の一業態。
2016.6月に1号店がオープン、という新しい業態で、こちらは3号店。
15:15訪店。

IMG_8347.jpg

店員のお姉さんに「お好きな席へどうぞ」と言われたので席を選びます。
店内はまた一層、グラッチェな面影は無くなっていて、
2人掛けテーブル席が多いな、カウンターも設けられていますね。
奥の2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めます。
店名通り、「豚」カツと「唐」揚げメインの店ですな。

IMG_8341.jpg
IMG_8342.jpg
IMG_8343.jpg
IMG_8344.jpg
IMG_8340.jpg


定食がメインの様ですが、カツ丼を始めとする丼物カツカレーもあります。
定食には特盛りってのがあって、150円+税でごはんとキャベツが2倍になるぜおい( ̄ー ̄)ニヤリ

ま、でも今日の胃袋殿は丼モノをご所望。
「[b:カツ丼竹](650円+税)」を「[b:大盛り](50円+税)」でオーダーして店内を見渡します。

IMG_8349.jpg

客は女性のお一人様1人。
やがて河井のみになりました・・・まだまだ認知されていないご様子。
BGMはオールディーズと誰かの話し声。

IMG_8346.jpg
IMG_8345.jpg
IMG_8348.jpg

グラッチェガーデンズは結構客が入っていた印象があるけれど・・・
まあ、昼下がりの井戸端会議に利用する人がメインだったろうし、滞留時間は半端なかっただろうしな。
逆にトンカツ屋で井戸端会議は開かれないだろうし。

しかし、待つなあ。
新店舗ゆえなのか、デフォなのか分かりませんが。

IMG_8350.jpg

12分で竣工。
一瞬「おおっ!」って思ったけれといやいやいや、

IMG_8351.jpg

底が高いなぁ(^_^;)
しかしカツの厚みはありそうだ。

ではでは。

IMG_8352.jpg

熟成肉、の様な旨味はあるな。
肉質は柔らかく、心地良い弾力もある。チキン?って一瞬思ったくらいに。
・・・チキン、じゃないよな(^^;)(ポークです)
衣は軽いね、カラッと揚がっていてサクッと噛み応えがあって、コッテリしない。
オレイン酸含有のヘルシー油を使用しているらしいけれど、その効果なのかな?

IMG_8353.jpg

玉子はハード&ソフト、極端。
白身は透明な部分もあるし、これはデフォではなく熟練度不足だと思いたい。
ご飯はまあ普通かな。炊き上がりは柔らかめ。

割り下の主張は少なく、河井にはやや味が物足りない塩梅。
肉を味わえという事だろうか?

玉ねぎは染み染みではなくシャキシャキした食感。
時間が掛かった割には煮込みが足りないような・・・
シャキシャキ感を楽しめ、って狙いだろうか?

三つ葉は風味弱し。
単調な展開、流石に飽きが来ます。
ピッチの外に誰かいないのか・・・
ここぞと言う場面で威力を発揮する様な奴は・・・

いたーーーーーヽ(´▽`)/!!!

IMG_8354.jpg

丼モノ界のスーパーサブ、漬物発見。あとは試合を作るだけだ(_ー_)逆ニヤリッ
ホイッスルが鳴るまで場を支配し続けた河井、
圧勝にて完食。

河井にとって鬼門といっていい揚げ物だったからか、お腹はそこそこ膨れましたね。
お会計は756円。
かつやよりちょいお高めでちょい美味しいお店、
というポジションを狙っているのかな?
まあ、先ずは何よりも先にコーチング、よろしくお願いします(´・Д・)」
まぁ、大盛りが50円+税、つまり54円ってのは嬉しいかな。牛丼屋だと100円以上は取られるからねぇ(^^;)

なお新店舗ゆえ、サービス点は考慮せず&やや評価が甘くなっている事、ご了承下さいませ。




関連ランキング:とんかつ | 河辺駅


【オムの細道:260】 西府でジェッットストリーーーォム。

府中市
10 /28 2016
西府  リンドバーグカフェ


この日はあいにくの猛暑日(2016.8月のレビューです)( -_-)

IMG_6948.jpg

余りの暑さにゲンナリしながら、谷保は国立飯店へリベンジを狙います(゚Д゚)ノ

IMG_6949.jpg

暖簾、出ているな(^_−)−☆
以前、20時前に訪れた時には閉まっていたから、中休みは無いのでは?という読みは当たっ


・・・ってなかったガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
・・・・・真っ暗、だよ?
誰もいないよ???(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル


・・・そっと後ずさりして、踵を返しました・・・・・。
その後はBMしていたお店にことごとく振られ・・・「徒労」という言葉を体感した次第(T . T)
むう、谷保に嫌われたか・・・撤退!撤退じゃあああっ(゚Д゚)ノ!!!

IMG_6950.jpg

IMG_6951.jpg

で、西府へ転進、

IMG_6952.jpg

こちらは営業していました♪( ´▽`)
15:00訪店。

美しいお姉様方が「いらっしゃいませ」。
カウンター席に座り、メニューを確認。
「[b:リンドバーグ特製デミグラスオムライス](980円)」をオーダーして、店内を見渡します。

IMG_6953.jpg

ダクト剥き出しな店内は右手前に厨房があり、それに面してI字カウンターが奥へと伸び、奥にはテーブル席が並びます。
天井が高く、清潔感あり。
あららら、オサレやねぇ((((;゚Д゚)))))))

IMG_6954.jpg

そんな雰囲気を盛り上げる様に、そこかしこにプロペラや飛行機の模型、ジオラマが飾られています。
こちら、実は元パイロットの方とCAの方が始められたお店。

IMG_6955.jpg

カレンダーも当然ながら航空会社のものです(^_−)−☆
視線を動かした先には何かしら飛行機にまつわるモノがありますね。
流れている映像もコックピットからの眺めだったりするし・・・
かなり拘っているなぁ、上っ面だけじゃない、ホンモノだ(゚- ゚ )
オサレ故に客はオサレっぽい女性が多いですが、航空マニアっぽいおっちゃん2人組も居らして何だかホッとします(*゚ー゚)>テヘヘッ

BGMはヘレン・メリルwithクリフォード・ブラウンのちブルーベック・フォー。
しかし河井の脳内にはオーケストラが奏でる「ミスター・ロンリー」が流れていました。



学生時代は受験勉強の合間によく聴きました、「ジェットストリーム」。
でも、最後まで聴いた事はほとんど無いと思う・・・だって、眠くなるんだもん(*゚ー゚)>テヘヘッ
23時台は津嘉山正種さんの「クロスオーバーイレブン」を聴いて、そのあと「ジェットストリーム」の城達也さんのオープニングナレーションを聴いて、
さて、寝る準備をしますかね、てな毎日だったっけ。懐かしいなぁ・・・

お店には店主っぽい方は見えず、女性2人で切り盛りなさっています。
常連さんとの会話も弾んでいますね、流石は接客の上級職を体感した方だ・・・

しかし、結構待つな・・・
まあ、飽きない内観だからやり過ごせますが。
エアコンは適度に効いていて過ごしやすし。

15分で竣工。
おうおう( ゚д゚)

IMG_6956.jpg

意外と豪快さんな、男っぽいオムやないかい(^_^;)
オムの後背にはキャベ千とフライドポテトが控えております。

ではでは。

IMG_6960.jpg

ライスはジューシー且つもちゃっとした塩梅。
トマトの酸味メインな味わいですが、爽やかな風味も感じます。バターも使われているかな?
具は鶏肉だから、チキンライスだ。大振りな賽の目切りでゴロゴロゴロリ。
見た目もそうだが、中身も実に豪快さんだ(^^;)
ソースはデミっつーかもはやビーフシチューみたいな。
コク深く、ビーフエキスがガッツリな味わいで肉片もたっぷり入っています。
玉子はフワフワなスクランブルエッグ状。

IMG_6958.jpg

フライドポテトは皮付きで結構なボリューム。
外側はカリッとした食感があり、中まで充分に火は通っています。
ビールと合わせるとちょうど良さげな塩味。

IMG_6959.jpg

キャベ千はかなり細く切られていて、トマトが一切れオン。
あっさり目のドレッシングが掛かっていて、箸休めにはうってつけだ。
ポテトをデミグラスソースにディップしたりしつつ食べ進め、
完食。

ボリュームは意外に悪くなかったですね、まあポテトで膨れたところはあるけれど。
多分、店主が居れば、また違った評価になったのかも。
接客はお美しかったですっヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
お会計は1058円。
・・・ああ、また[b:妖怪「千円またぎ」]が顔を出したか(^_^;)

何となく常連さんが多い様に感じました。
西府駅が開業して7年。
まだまだ開発途上な駅周辺ですが、こちらは根付きつつある様ですな。期待してます(^_-)-☆


・・・お送りしておりますこのレビューが、
美しくあなたの胃袋に溶け込んでいきますように・・・
・・・FC2がお送りしたオムの定期便、「ジェットストリーーーォム」。
夜間飛行のお供をいたしましたパイロットはわたくし、河井継之助でした。






関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 西府駅分倍河原駅


欲にまみれ、肉にまみれ、ネギにまみれる。

立川市
10 /26 2016
立飛  牛肉丼屋 和 ららぽーと立川立飛店


[a:13189974,星乃珈琲店]で落ち着きを取り戻した河井、鼻息荒く再びフードコートへ。
目指すはこちら。
も気になっていたのですが、なんか、もう、無性に肉りたい・・・
このまま肉を奪い去りたい(゚Д゚)ノ(え?
DEENの曲を小さく口ずさみながら、
14:55訪店。

あら、空いてる( ゚д゚)
フードコート全体が空いてるぞ?
この時間に来れば、良かったのか・・・少し先走り過ぎたのかもしれんな。
窓際の席を確保して、こちらへ。
並び無し。


他の方のレビューを拝見していたので不安でしたが、今日の店員さんは笑顔で応対、問題無し。
「[b:肉丼](890円)」に「[b:ねぎまみれ](120円)」をトッピングしてオーダーします。

IMG_6911.jpg

IMG_6913.jpg

3分で竣工。取りに行きま・・・あああああ

IMG_6914.jpg

・・・まみれをナメてたようだ(゚- ゚ )

IMG_6916.jpg

これは間違いなく、まみれているΣ(°д°lll)ガーン
まみれにまみれきっていやがるよ、こいつ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
その名称に、偽り無し。
ゴマ油とポン酢っぽい香りが、河井の胃袋殿を心地よく刺激します。

ではでは。

IMG_6918.jpg

ネギは何かに漬けられているのか?
ポン酢?かな?
そんな味がするしっとり具合。
で、
肉、柔らけぇなあヽ(´▽`)/
黒毛和牛の切り落とし肉らしいですが、肉厚。
ハラミみたいな印象でしたが、あとで調べてみるとサガリでした(*゚ー゚)>テヘヘッ
さっぱり和風な味付け、昆布ポン酢かな?そんな旨味を感じますな。
しかしご飯が出てこない・・・
肉深はかなり深いね!嬉しい肉深だぜおい♪( ´▽`)
その下にモヤシ層があって、その下に飯。

IMG_6919.jpg

飯はつゆだく、昆布ポン酢?だく、だ。
量は牛丼屋の並盛りくらいかな。
肉でメシを食う、じゃない、
肉、飯、飯、
じゃなくて、
肉、飯、肉、飯、肉、肉、飯だ。
河井的には飯大盛りでいい塩梅なバランス。
そしてネギはいつも傍にいる、
どころじゃないな、まみれてる。
常に、ネギにまみれる宿命だ。
だがそれが、心地良い。
肉にまみれ、欲にまみれ、ネギにまみれる。
まみれ三昧である。
まみれたがりには酒池肉林の境地だ。
いいじゃないか、たまにまみれても。
強権発動が常の絶対君主が、プライベートではドMだったりするのと同じじゃないか。

(ん!?)

とかよくワカラン事考えつつ、完食。

IMG_6915.jpg

あ、スープは焼き肉屋で出て来るようなタイプのアレでした。

ネギにまみれると1000円を超えるし、高いかと思っていたけれど、いやいや、
これならば満足、満足。
繊細さの欠片も無いサッパリ&ジャンクな味わいですが、
河井的にはアリでした( ´ ▽ ` )ノ

IMG_6920.jpg

うん、落ち着いた。

IMG_6921.jpg

胃袋殿も、落ち着いた。


よし、帰ろ。




関連ランキング:牛丼 | 立飛駅高松駅泉体育館駅


浮足立った陣形を立て直す。

立川市
10 /25 2016
立飛   星乃珈琲店


[a:13189282,ウフでう・ふ・ふ・ふ、]ったあと、
人の波に揉まれに揉まれ、混乱。
硬い表情で戸惑いに惑い、彷徨いに彷徨う河井の哀れな姿がありました・・・

あ、[a:13189966,レイチェル]って、ラケルプロデュースなのね( ゚д゚)
そんな中でもオムハンティングは欠かさない(^_^;)

IMG_6900.jpg

色々歩いてみたけれど、意外にオムあるな、ここ。
見つけただけでも5店舗ある。
いちばん難易度が高いのはキッズ向けのビュッフェスタイルの店だな((((;゚Д゚)))))))
まあ、どこを攻めるにせよ、また来なきゃいかんな。
そして、ああ、何だか休みたい。
人混みに磨り減らされた、我が心・・・

パトラッシュ、疲れたよ・・・
なんだかとっても眠いんだ・・・・・・・


閉じかけた視線の先に、こちらが見えたのであります。
14:20訪店。

IMG_6906.jpg

へえ、凝ってるな、内装( ゚д゚)

IMG_6908.jpg

[a:11034102,所沢]と[a:13141349,石神井公園](未レビュー)のお店も凝っていたけれど、こちらの方が勝っているんじゃないかな、この懲りよう。
日焼けしたお兄さんに入口寄りの2人掛けテーブル席に通され、メニューを眺めると、

IMG_6905.jpg

あら、ここにもオムあるのな!!(◎_◎;)
そういえば所沢のお店でオムったけれど、また違うタイプのオムだぞ・・・

いやいや、止めておこう。
オムの連食はご法度ゆえ(何度かやらかしてるけどな河井
笑顔がナイスなお兄さんに「[b:アイスコーヒー](420円)」をオーダー。

IMG_6907.jpg

あー、落ち着くわぁ♪( ´▽`)

IMG_6909.jpg

しかし、こちらもそうだった(登録済)けれど登録されていないお店、多いな。
まだまだ掘り出し甲斐がありそうだ、ららぽ(^_−)−☆

3分で竣工。
ではでは。

IMG_6910.jpg

軽い飲み口から酸味と苦味がじわあっと進出して余韻へなだれ込みます。
鼻から抜ける風味は心地良いな。
量はそんなに多くないから、雰囲気込みの価格なのでしょうな。

BGMは喧噪ながら、突出した音が無いからむしろ落ち着きます。
程よくマスキングが掛かっているような塩梅。
どうも人の波にかなりテンパっていたようだな・・・
[b:ここは居心地の良い、エスケープゾーンだ。]

接客はお兄さんが豊かな笑顔を振りまきつつスピーディーな動き、心地良し。

さて、落ち着いたところで、


喰らうか( ̄ー ̄)ニヤリ


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 立飛駅高松駅泉体育館駅



【オムの細道:259】 ららぽでオム。

立川市
10 /22 2016
立飛   デリッシュ ウフ


この日は[a:13177586,ABAN]でカナディアンプレートをいただこうと思い電車に乗って立川へ向かったのですが、
気が変わり立飛へ。

IMG_6889.jpg

遅れ馳せながら、ららぽを攻略させていただきますよ(´・Д・)」
因みに立飛、竜飛岬とは何の関係もありません。
立川飛行場の略語だったりします。

IMG_6890.jpg

夏休みだけれど平日だから空いているだろう、
なんて気軽に訪れた河井が浅はかだった((((;゚Д゚)))))))
人、人、人。
ああ、人だ。

IMG_6891.jpg

でも、これでも週末よりは空いているのだろう(ー ー;)
自分本来のスピードで歩けない、ってのは、どうもモヤモヤする(-_-)
そんなテンションで3階のフードコートへ向かいます。

IMG_6892.jpg

空いてい、
るように見えて、カバンやら水筒やら置いてあるな((((;゚Д゚)))))))

IMG_6895.jpg

カウンター席あった(´・Д・)」
確保して、こちらへ。
13:35訪店。

IMG_6893.jpg

6人待ちだからそんなに掛からないだろうと思いきや、
あ、家族分買うのね( ゚д゚)
読み違えたか(^_^;)

こちら、オムとパスタのお店なんだな。
で、トルコライスもあるな・・・オムにナポにバーグにサラダか。
ま、後がある。シンプルに行こう。

鉄板、じゃないか、ホットプレートの大きな奴かな?それで玉子を加熱していますね。

なんて観察しながら、
EPOの名曲を頭に浮かべつつ待ちます。

意外に早く列は進み、6分で河井のターン。
「[b:デミグラスソース](750円)」をオーダー。
大盛り無料との事で「大盛り」にしました。

・・・あ、後があるのに、つい(。-_-。)

IMG_6894.jpg

5分でオム竣工。
「滑りますのでお気を付け下さい」って言われたけれど、確かにトレイ、滑るな・・・
ちょっと怖いよ、これ(^_^;)
そろりそろりと席まで向かい、着席。

IMG_6896.jpg

うん、シンプルな見た目。
ラグビーボールの形に成形されたオムの周りにデミが展開。

ではでは。

IMG_6897.jpg

ふむ、ちゃんとデミしてる。
ちょい塩っぱいけれども。
ライスは炊き込みタイプでパラッパラな出来。

IMG_6899.jpg

皿に盛られてから時間が経っているのかやや温めな温度はちょい残念なり。
トマトの酸味少なく、軽い旨味がメインかな。
薄味だからパセリが効いてくれます。
具は鶏肉少々、あとマッシュルームっぽい欠片がありましたね。
玉子は厚みあるリバースされたものでふわっとしたもの。
低温で加熱するのは失敗も少ないだろうし、最近の流行りなのかも。
瞬殺。

ボリュームは大盛りっちゃあ大盛りかな、どうかな(^_^;)
構成がシンプルなので、何か付けた方が愉しめるでしょうね。
でもそうすると900円を超えてきます。
接客は普通、嫌味な点は無かったです。
ただ、トレイには改良の余地あり、かと思いますな(´・Д・)」


つづく。




関連ランキング:パスタ | 立飛駅高松駅泉体育館駅


つゆの分水嶺としても異端な、駅蕎麦としての用途を超えた、小矢部市民のソウルフード。

小矢部市
10 /21 2016
石動  麺類食堂


先日帰省したのですが(その時のレビューは下書きが溜まっているので2ヶ月後くらいに上げられるかと(^_^;))、
こちらに行きそびれてしまいました・・・
でも、上げておくべきお店(´・Д・)」
よって塩漬けレビューを仕上げてUPさせていただきます<(_ _)>
どうも経営者が変わったらしい、との情報を得ていますので、現在でもこちらで紹介するお味なのか不明なのですが・・・


小矢部市民のソウルフード、って何だろう?
と考えた時、白川精肉店のコロッケ(河井的にはハムフライの方が好きですが)と共に思い出したのが、こちら。
田舎に帰った時は、大概立ち寄るお店です。
高校時代は電車通学でしたので、しゅっちゅう食べておりました。
・・・家でケロッグチョコクリスピーをてんこ盛りで食べた後にテヘヘッ(*゚ー゚)>

こちら、駅のロータリー側に入口があるのですが、ホーム側にも狭い飲食スペースがあります。
石動駅は(2012年当時)特急の停車駅だったし、接続待ちの客が飲食出来るように設けられたスペースなのかな、
と当時は思っていたのですが、
停車するのは一部だけですし、用途はほぼ無さそうに思えます。

推測ですが・・・
昔の[b:「加越線」]の残滓ではなかろうかと思うのです。
河井が産まれる前ですが、
「加越線」という、石動駅から庄川町(現砺波市)を結ぶ私鉄路線が走っていました。
残念ながら1972(昭和47)年に廃線となりましたが、
・・・つまりはかつて、石動駅は乗換駅でした。
接続待ちの人も今よりはるかに多かったでしょうし、「ホームで駅蕎麦」という選択肢も多かったのではないでしょうか。
昭和30年代に創業したこの店は「乗換駅の駅蕎麦屋」としても繁盛していて、その名残がホーム側の飲食カウンターに残っているのかな・・・
と、(勝手に)思っておりますが、はてさて。

こちらの蕎麦(うどん)の特徴は、先ずは「赤巻き」。
まあこの界隈のうどん蕎麦には大概入っているのですが。
外見は赤色の蒲鉾ですが断面は白く、赤いラインが「の」の字に入った蒲鉾の事であります。
これね、地元に居た時はあまりに当たり前の存在過ぎて、
上京してきた当時はこの蒲鉾が全く手に入らなくて戸惑いました(^^;)
因みに、「板が付いた蒲鉾」は、東京に来て初めて知りました(実話です)。
東京の板わさよりも密度低めで味が強く、旨味がじわあっと溢れるのですよ。
炙ったらめっちゃウマイっすよ( ̄▽ ̄)日本酒にすこぶる合いますぜ(_ー_)逆ニヤリッ
これをいただくと「ああ、俺、帰ってきたんだな」って感じる。
そう、舌で感じる。そんな味です。
まあ、ここのトッピングはペラペラですけどね(^_^;)

そして、つゆ。
ここは昆布出汁がガッツリ効いた薄口、しかもみりんによって甘さが主張します。
これはもう、美味しいとか美味しくないとかじゃなくて、文化だと思います。
美味い不味いを一つのフィルタで確定してしまうのは、日本の多様な食文化にとって必ずしもプラスとは言えないのではないかなあ。
そう、思いませんか、食べログさん(^_^;)

明らかに東の富山駅の「[a:16000752,立山そば JR富山駅構内店]」とは違う味。
しかも西の金沢駅の白山そばよりも薄口なんです。

富山県はその中心部にある呉羽山を基準に呉東地区、呉西地区と分かれるのですが、
そこを境に「関東風」と「関西風」が別れる、ちょっと変わった土地柄なのです。
方言も呉羽山を境に東日本語圏と西日本語圏に分かれるらしいですし。
その理由は、恐らくは戦国時代まで遡ります。
当時呉西は一向宗、呉東は上杉家の勢力下にありました。
そして江戸時代になると呉西地区の大半が加賀藩領、呉東地区の大半は富山藩領。
同じ前田家ですが別藩でした。
つまりは約350年もの間、東西は別の文化圏に属していた訳です。
この辺りに味の違いが生まれたのでは、と推測しております。

そして石動はと言うと、もっと特殊。
元々は前田利家の甥、利秀が今石動城に拠り、石動は今石動6万石の城下町として発展しますが、
文禄2年(1593年)に早逝、
その後は加賀藩に組み込まれますがその後も代官が置かれ、
宝永7年(1710年)までは今石動町奉行が置かれ、砺波・射水両郡の郡奉行も兼ねた独自の権限を持っていたといいます。

と、長々と語りましたが(。-_-。)
つまりそういった過去の歴史が、この丼上に表れているのではないかと思うのですよ。

そしてそして、その推論を裏付けるのが、
「ミックス」。
高岡駅の今庄そばにはかけつゆに蕎麦とうどんが一緒に浮かぶ「ちゃんぽん」なるメニューがありまして、
一部では(蕎麦文化とうどん文化のフォッサマグナとして)かなり有名な存在なのですが・・・
ここにも同様のメニューがあるのです。それが「ミックス」。
因みに河井は食べた事がありません。
蕎麦は蕎麦で、うどんはうどんでいただきたい人なので(^^;)

まあ、そんなこんなで(郷土愛も込み込みで)、
東と西の文化が混在する「日本のイスタンブール」、小矢部市を象徴する一杯(えらく大きく出たな河井
駅蕎麦フリークにも、そうでもない方にも、
もっともっとクローズアップしていただきたいお店なのであります。

因みに麺はフガフガの蒸し麺で、茹では柔らかめ。
まあ味はアレだ、文化を食べると思っていただければありがたや(^_^;)

因みにこちら、朝夕は通勤客で賑わいますが、昼も近所で働いている方や車で食べに来る方で賑わいます。
とはいえ回転はとても速いので、待つ事はないでしょう。
まぁ竣工が速いので、店内で器を持ちながら立ち食いする事はあるかもしれませんが(何度かありましたので)。

まあ、それも文化だと思っ(ry

店が改築して立派になってしまったら・・・ちょっと淋しいな。
あの佇まいで、あの味だから、良いなぁとも思うのです。
いつまでも、いつまでも残っていて欲しい、小矢部市の文化遺産であります。
前述の通り外からでも利用出来るので、お近くを通った際には是非是非(´・Д・)」




関連ランキング:立ち食いそば | 石動駅



ビーフオーバーライス、みたいな。

青梅市
10 /21 2016
河辺   すき家


この日はついふらふらと[a:13180755,マシマシ]へ向かったのですが、最近食べ過ぎ気だ・・・自重しよう(´・Д・)」
で、方向転換。

IMG_7644.jpg

線路の下を通って[a:13123420,シェルパ]へと向かいましたが、

IMG_7645.jpg

「アボカド牛丼」のノボリにプロゴルファー猿の必殺技、「旗つつみ」宜しく絡め取られた河井です( ´ ▽ ` )ノ
15:35訪店。

IMG_7646.jpg

カウンター席に座りメニューをチラと眺め、
店員のお姉さんに「[b:アボカド牛丼ごはん大盛り](520円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_7647.jpg

清潔感のある店内は、右にカウンター、左にテーブル席が並びます。
ロードサイド店ゆえに、家族連れを意識した構造でしょうか、
テーブル席がやや多く感じますね。

時間も時間なので、客はまばら。

IMG_7648.jpg

2分で竣工。
メニューには
「アボカドにスパイシーなケイジャンソースをかけ、コールスローを合わせた新しい牛丼のスタイル」
と書かれていましたが、
コールスローにも掛かっているな、ケイジャン(゚- ゚ )
このスタイルがデフォなのかどうかは分かりません。
何となく、チキンオーバーライスを思い浮かべつつ、

ではでは。

IMG_7649.jpg

ケイジャンソースのスパイシーさはアボカドには合うね。

IMG_7651.jpg

でも牛丼とのマリアージュは、合うんだか合わないんだか(^_^;)
コールスローは、あれだな、
野菜にフレンチドレッシングを掛けた奴だ。
実は、
[b:すき家のフレンチドレッシングを牛丼に掛けると美味しい、]
という説がありまして、
偶然にも今それを試している訳であります( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_7650.jpg

で、これ、アリだわ(´・Д・)」
このコクと酸味がなんだかよくわからんウチにに巧く合ってしまうのな。
漫然と完食。

うーん、
この牛丼は、チキンオーバーライスの後追いに感じるな。
チキンオーバーライス風に牛丼を仕上げても、結局は本家たるチキンオーバーライスには敵わないのだ。
カレーうどんにおいて、カレーとうどんとのマッチングに小ライスが敵わない様に。
(つか、うどんよりもライスの方がカレーに合っちまったら「カレーライス、うどん付き」だがな)

ま、チキンオーバーライスに勝っちゃってたら面白かったんだけど、勝とうという気概は伝わって来ませんでした。

つまりは
[b:ニューヨークに憧れている牛丼]、が総評。

ボリュームは少なくなったのかな、容器が違うからそう思うのかな?
吉野家の大盛りよりは物足りない。
でも向こうは170円増しだから価格相応な盛り、と言えるかな。
まあアボカドとコールスローが入っているから満足は出来る。
その分肉は減っているとは思うが(^_^;)

接客は笑顔あり。すき家の中では心地良い接客に感じました。




関連ランキング:牛丼 | 河辺駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ