【オムの細道:252】 結婚式場でオム。

青梅市
08 /30 2016
東青梅  スイート・プラム レストラン


暑い・・・
うだる様に暑い( -_-)・・・

因みに「うだる」を感じで書くと、「茹る」。
「ゆだる」が転訛して「うだる」になったみたい。
暑いワードだなぁ( -_-)・・・・

IMG_6439.jpg

そんな中、こちらへ向かいました。
河井の中で、長らく課題となっていたお店。
青梅市に在る唯一の結婚式場、「スイート・プラム」が運営するレストランであります。

IMG_6451.jpg

地下へ向かう入口がぽつんとあって、

IMG_6440.jpg

その階段を下りていくとだんだん話し声が、

大きくなって、

IMG_6450.jpg
IMG_6441.jpg

ショーケースのお出ましだ( ̄ー ̄)ニヤリ
飾り気のない、公共施設の食堂みたいな入口ですな。
オムは・・・・

IMG_6442.jpg

あったヽ(´▽`)/
鼻息荒く、13:50訪店。

券売機にて「[b:ハヤシオムライス](600円)」と、
「[b:ランチドリンク](100円)」の食券を購入すると、お姉さんがお出迎え。
食券を渡すと「お席に座ってお待ちください」との事で、中程のテーブル席に座ります。

IMG_6443.jpg

が、直ぐに立ち上がり、ドリンクコーナーへ。
14:30までは100円で利用出来るのだとか。
コーラを飲みつつ店内を見渡します。

IMG_6445.jpg

自然光に照らされた店内は、建物自体に年季が入っているからか、レトロな雰囲気。
スタッフの(特にお姉さんの)制服もまた雰囲気を盛り上げてくれます(^_-)-☆
だからかすこぶるリラックス。なんの緊張感ももたらしませんな。
客は7割の入りで、河井が最年少だ(^_^;)

IMG_6444.jpg

BGMは人畜無害のイージーリスニング。

IMG_6446.jpg

5分でオム竣工。
むむ、小さいな(゚- ゚ )
ハヤシの海に浮かぶ、オムの小舟といった趣き。

IMG_6447.jpg

型で軍艦型に成型されたライスにケチャップで迷彩塗装が施されています。
うん、逆に目立つな(^_^;)

IMG_6448.jpg

そして、スプーンに巻かれた紙ナプキンに品を感じますなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
それを解くにつれて、徐々に高まるテンション。

ではでは。

IMG_6449.jpg

ライスは炊き込みタイプでブイヨンっぽい旨味を感じます。
ああ、しかし、なんてコトだガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
成型されて時間が経ってているからなのか、
外側のライスが硬くなっているのは激しく残念だ(ー ー;)・・・
河井、嫌いな食べ物はほぼ無いのですが、この手のはすこぶる苦手なのだ(T . T)
具はドライトマトみたいなのが見えるくらいかな?

ハヤシはコクが豊かなタイプでトマトっぼさは感じず。
塩気やや強めな味わいながらなかなかに本格的な味わい。
具は煮込まれた牛肉と玉ねぎ。

玉子は薄焼きのリバースタイプで表面のとろとろを愉しめるくらいの厚みはありましたよ。
瞬殺。

ボリュームは少なめ。
大盛りは50円増しですが、オムに行使出来るかは不明。
ライスの状態さえ良ければ・・・というのが総評。
ちゃんとしたレストランのお味をこの価格で味わえるのは、間違いなくお得だと思うのですが・・・。

こちらも青梅市役所の食堂同様、牛丼屋じゃない方の松屋系列らしいですな。
しかし向こうよりも「近い」接客で好感が持てます。
その辺りがこの客の入りに反映しているのかもしれません。
少なくとも、市役所の食堂よりは居心地が良かったですね。




関連ランキング:定食・食堂 | 東青梅駅河辺駅


スポンサーサイト

早い時間の訪問が吉と出そう。

青梅市
08 /29 2016
河辺  多古都 野上店


ここのところ(2016.6月のレビューです)蒸し暑かったのに、今日は涼しいな・・・

チャンスだ( ̄ー ̄)ニヤリ
で、遠出したのですが・・・いやいや、動くと暑いがなΣ(°д°lll)ガーン
すぐに後悔しましたが、もうここまで歩いたら後には引き返せない・・・
流した汗が勿体無いから( ノД`)

で、さらに汗を垂れ流しつつ、こちらの店の前に・・・

IMG_6238.jpg

魔法の黄色い靴・・・(゚- ゚ )・・・・・・

あれ!?
店、変わった!??ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

IMG_6239.jpg

あ、でもショーケースにはこちらの店名が見えるな。
隣の伝説の唐揚げ屋も気になりつつ、
15:45訪店。

あら、太巻き売り切れか( ゚д゚)
以前お花見オフでこちらの太巻きに出会ったのですが、食べたんだか食べてないんだか思い出せないくらいに酔っ払っちまいまして
その記憶の確認もしたかったのですが、また次回に持ち越しだな(*゚ー゚)>テヘヘッ

河井のチョイスは
「[b:いなり](70円)」
「[b:山菜おこわ](350円)」
「[b:草大福](100円)」。

戻る途中にある、先日使った公園でいただくとします。

ではでは。

IMG_6241.jpg

先ずは山菜おこわからいただきませうかね。
おこわはムラあり、結構硬めな食感。
確かに[b:「お強(おこわ)」]だな(^_^;)
まぁおそらく、作ってからそこそこ時間が経っているのでしょう。
朝に作って夕方には売り切る、そんなお店なのだと理解しました。
具は山菜いろいろ。
この山菜、アレだな、山菜そばとかに入ってる奴だな(゚Д゚)ノ ァィ
味付けは控えめ、噛んでいると口内にじんわぁりと旨味が広がります。
で、たっぷり入ったガリが箸休め。

IMG_6240.jpg

転じていなりは濃いめの味付け。
中は白飯、胡麻も無くシンプルの極み。
ジューシーなお揚げの味でいただくいなりだ。サイズは普通、河辺の伊勢屋のそれよりは一回り大きいですな。

草大福は甘さ控えめの餡子がたっぷり入っております。
餡は粒とこしの間、軽く粒を感じるくらい。
餅はおこわと同様にやや硬さを感じますかね。
素朴という言葉がよく似合う味わいだ。
完食。

応対いただいた兄ちゃんは丁寧で愛想良し。
暑さでクタクタにヨレた河井に差し出された、冷たいお茶、
ありがたや、ありがたや<(_ _)>
多分、今回はこちらの実力を味わいきれていないどろうな・・・
涼しくなったらまた訪れたいですな、今度はもーちょい早い時間に。




関連ランキング:和菓子 | 河辺駅東青梅駅


小野神社、のちクリエ。

多摩市
08 /29 2016
聖蹟桜ケ丘  カフェ ド クリエ


折角の聖蹟桜ヶ丘、陽射しも弱まったし、ついでに小野神社を目指し

たのですが、歩き始めた途端に陽射しは増してマシマシに
うあああ((((;゚Д゚)))))))
でも、行く、って決めちゃったし・・・ここで退いたらモヤモヤする(´・Д・)」

IMG_6395.jpg

お、この道、石畳じゃないか!?
しかも、くねっているし、脇に水が流れているし・・・これは、古い道っぽいぞ(^_−)−☆
と歩いてみたら、これが暑い。
石畳に反射する兇悪な陽射しの無情なる挟撃に、身体はあっさりと白旗を揚げ、
汗とアブラがマシマシ(T . T)
やがてこんもりとヤサイ、じゃなくて木が茂った中に朱塗りの、
あれ?朱塗りだったっけ?
以前は茶色だった気がしますが・・・だからか本殿、前回訪れた時より立派に感じますな。

IMG_6401.jpg

こちらは武蔵国一宮とされる神社で延喜式内(論)社。

IMG_6402.jpg

IMG_6405.jpg

IMG_6410.jpg

氷川神社を一宮とする説もありますが、まあこの辺は時代によっての各社のパワーバランス次第だったりしますな。
どこの国でも比較的よく見られるやつです(^_^;)

IMG_6412.jpg

IMG_6417.jpg

IMG_6423.jpg

IMG_6428.jpg


改めてぐるりと巡ってみると末社も多いな、門も二つあるし。
南門の鳥居に平成25年に建てられたという銘があるから、その時に本殿を朱塗りにしたのかな、
なんてひとしきり見て歩きました。

あ、小野神社をおとずれるなら
古い道の手前にある「『一ノ宮渡し』碑」周りも押さえておきませう。

IMG_6436.jpg

この地の北に多摩川を渡るための渡し舟が出ていたことを示していますが、河井がみていただきたいのは
「神奈川県水量標識」。
かつて多摩市が「神奈川県」の属していたことを示す、貴重な歴史資料であります。

風が出てきて幾分暑さも和らいだ、
とはいえ・・・

うん、涼もう( ゚д゚)

駅へ向かい、改札前のこちらへ。
確か、元はハーゲンダッツだったっけ、ここ。
15:15訪店。

レジで「[b:アイスカフェラテtall](380円)」をオーダー。
「ガムシロップはお付けしますか」
「いや、いいっす」
という遣り取りを経てお会計、
したら直ぐに竣工。
美しきお姉様方の連携プレー、鮮やかなり。
いやあ、手際良いですなぁ(^_−)−☆

ではでは。

IMG_6437.jpg

おー、ミルキー。
こりゃまた随分とラテラテしてるな。
スッキリした飲み口にコクと苦味の余韻・・・

ま、飲みやすいわな、うん。

エアコンの効きは良し。
改札前のお店なので客層は雑多ですが、特にうるさくも感じませんでしたね。
食べログの下書きをまとめつつ気力を回復して、家路につきました。




関連ランキング:カフェ | 聖蹟桜ケ丘駅


蕎麦居酒屋、ですな。

多摩市
08 /27 2016
聖蹟桜ケ丘   武くら


んあああああ、決まらなーい(T . T)
炎天下の中、狙っていたお店にことごとく振られる河井( -_-)
[a:13160292,神谷]のコロッケは売り切れだし
[a:13179338,ソ・バーカロ]も閉まってる・・・

そして、豚キムチ納豆炒め定食が記憶に刻まれていた[a:13046151,来々来]は、味噌ラーメン屋に変わっていたガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
ラーメンはなるたけ控えたいし、
[a:13024028,シェーキーズ]には遅すぎた( -_-)

うーん・・・
狭まる選択肢。

IMG_6384.jpg

で、こちらの前へ。
ふむ、日替わりの小海老天そば800円か(゚- ゚ )
13:55訪店。

席に座ると「ぃらっしゃい!」の挨拶と共に野沢菜が出て来た( ゚д゚)
どうやら信州推しなお店っぽいな。
居酒屋の店員さんみたいな威勢の兄ちゃんに「[b:日替わり](800円)」を「[b:大盛り](50円)」でオーダーして店内を見渡します。

IMG_6388.jpg

昼光色の照明が照らす明るい店内は清潔感あり。
左手前には大きめの対面カウンターが2卓ほどあり、厨房は奥。
右奥にはテーブル席が幾つかありそうでこちらが喫煙ゾーンとなっているみたい。

客は7割の入りで、落ち着いた年齢のご夫婦とお一人様がメイン。
一人呑みのおじいさんも見えますな。

店員さんに活気がありますね。蕎麦屋っつーか居酒屋のそれみたいな活気。
蕎麦屋、と思って入ると面喰らうかもしれません。
BGMはよくある邦楽の和風インスト。

IMG_6389.jpg

5分で竣工。
幅広&底の深い器に蕎麦こんもり。
小海老天が輪を描き、中央には大根おろしが鎮座。
蕎麦つゆが少し入った蕎麦猪口と薬味が添えられております。

ではでは。

IMG_6390.jpg

蕎麦はよく締められた機械打ちの二八、って印象で硬めの食感。
茹でが足りない様な硬さでしたが浸っているつゆのお陰か徐々に良化していきます。
蕎麦の風味とかはそれほど感じませんな。
小海老天は6尾。
うち2尾がキメラ化(くっついていました)しているのは残念ですが、ぷりぷりな食感は良し。
尻尾がサクサクなのは心地良し。
野沢菜はやや浅めの漬かり。東京仕様だろうか(゚- ゚ )

IMG_6391.jpg

薬味のネギは少なめで風味弱く、山葵は印象薄し。
まぁその分大根おろしの辛味は良かったのですが。

つゆは色身が薄いですが関西風にしては昆布が来ないから単に薄口なだけかもしれない。
塩気がやや立つ辛めの塩梅。

中盤あたりで蕎麦湯がドン、と無造作に置かれました(゚- ゚ )

IMG_6392.jpg

蕎麦にはつゆが掛けられているのにつゆの入った蕎麦猪口があるのが不思議だったのですよ。
大盛りオーダーのせいなのかと思っていたのですが、蕎麦湯を味わうためなのかな?

蕎麦の端切れはやや多めで残念。

IMG_6393.jpg

蕎麦湯は白濁したもので河井の趣味ではなかった。
淡々と完食。

週末だからなのか、結構客の出入りは多かったですね。
ただ、店のレイアウトはグループ客目当てに思えるのですが、入って来るのはお一人様ばかり。
何だか勿体無い気もしないでもないですが、夜はまた違う顔をみせるのかもしれないな。
接客も蕎麦屋ってよりは活きの良い居酒屋のそれだし。

さて、折角の聖蹟だ・・・小野神社へお参りしに行くか( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_6394.jpg


つづく。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 聖蹟桜ケ丘駅


【オムの細道:251】 聖蹟の隠れオム。

多摩市
08 /26 2016
聖蹟桜ケ丘   Life


【オムの細道シリーズ】


・・・・時は来た(´・Д・)」

いつか行かねばと思いつつ、つい後回しにしていましたが、
ようやく、

・・・ようやく、重い腰が上がった(`・ω・´)キリッ
全力で向かおう、[a:http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13186663/,全力油そば]へ!!!!!(゚Д゚)ノ(ぇ

IMG_6360.jpg

暑い暑い中、みるみるうちに汗だくになりながら京王線のガード下へ。

IMG_6361.jpg

麺創研の行列を横目で見ながらお店、の・・・・・・・・前、あれ?

IMG_6362.jpg

・・・閉まってるよ(゚- ゚ )!!?

IMG_6363.jpg

土曜日の12:15に閉まってる、なんて有り得るだろうか?
全力に取り組んでいるならば、開けなきゃいかんだろ、土曜の昼は(゚Д゚)ゴルァ
これは、嫌な予感しかしない(ー ー;)・・・
次に来た時は味噌ラーメン屋になってたりして(*゚ー゚)>テヘヘッ
(2016.8月現在では掲載保留になってますな・・・もしかすると、このとき既に閉店していたのかもしれません)
で、久々に聖蹟桜ヶ丘へ向かいました。

IMG_6364.jpg

しっかし、暑いなぁ。
ムシムシするし陽射しは強いし、風は無い( -_-)(2016.7月のレビューです)
とボヤきつつ、川崎街道を西へ。
向かうは、こちら。
こちら、どうやらオムがあるらしいので( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_6365.jpg

・・・む
ランチのイーゼルが出ていないが・・・
メニュー変わりました、って書いてあるし(゚- ゚ )・・・
もしや、負の連鎖が続くのか(;´・ω・)??

ええい、ままよ!

12:40訪店。
人当たり良さげな店主が笑顔で「いらっしゃいませ」。
ああ、入って良かった(^_^;)
中程のテーブル席に座り、お冷とメニューを貰います。

呑みメインのお店かな?つまみメニューが多いな。
オム・・・オム・・・・・あった!!
ああ、入って良かった(^_^;)
「[b:ふわとろオムライス](850円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_6373.jpg

真新しさを感じる店内は奥に厨房があり、それを囲むようにL字カウンター、
中程にはテーブルが並び、手前では皿や小物を販売しているみたい。
スッキリした印象ですが、殺風景ではなく、調和が取れている印象。
中央の動線を境にクッキリと色分けされているのもオサレ。

IMG_6375.jpg

先客は無く貸し切りでしたが、何だか落ち着くな・・・

IMG_6372.jpg

しかしこんな所にこんなお店があるとはね(^ー゚)ノ
当に知る人ぞ知る、だな。
なんて思いつつお冷をいただくと常温。すいーっと身体が吸収していきます。

BGMは「ととねえちゃん」。

IMG_6376.jpg

10分でオム竣工。

IMG_6377.jpg

半球状のオム、最近は[a:13176486,マザーリーフ]でも出会いましたが、オサレな感じでんな\(^o^)/
オム奥にはグリーンサラダとマカロニサラダが控えます。

ではでは。

IMG_6380.jpg

大きめにカットされた鶏肉のシコシコした食感が愉しいね。
淡く赤く色づいたライスはややもちゃっとしたタイプで薄味、軽くバターが効いているかな?
トマトの酸味は軽く、甘味と同じくらいの主張。
この味付けだと上にチョボっと乗っかったケチャップに存在意義が生じますし、鶏肉の旨味も味わえる、
って寸法だ。

IMG_6381.jpg

具は鶏肉と玉ねぎ、シンプル。
玉子はリバースのふわとろで、クリームっぽいコク強めの円やかなタイプ。

IMG_6378.jpg

グリーンサラダはレタスとプチトマトのみ、とシンプルの極みですが、美味しい。
あっさりとした酸味のフレンチドレッシングが迷惑にならない程度の掛かりでGOOD。
マカロニサラダにはリンゴが入っていて、アッサリ&さっぱりでオムの合間にいただくにはちょうど良い塩梅。
ゆっくりと完食。

標高が高いからか、見た目に比してボリュームありましたね。
まあ連食の妨げにはならない程度ですが(*゚ー゚)>テヘヘッ
特別な何かがある訳じゃないですが、ゴテゴテした味付けじゃないスマートなオム、って印象。

こちらは近場の人が昼に夜に愉しむお店、なのでしょうかね。
駅から微妙に離れているし、街道に近いとは言え人通りの少ない細い道に面していて、街道を歩いていても気づかないような立地。
なかなかに厳しい場所に思えますが、居心地は良かったし、応援したくなりますね(゚Д゚)ノ
接客も穏やかでお店の雰囲気に合っていましたし、故に気分よくお店を後にすることが出来ました。
ご馳走様でした<(_ _)>


つづく。




関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 聖蹟桜ケ丘駅


おにぎり界の「誉れ」となるには未だ途上。

立川市
08 /26 2016
立川 穂まれや


出勤時にいつも見かけ、かなり前から気にはなっていたのですが、
何となくお高い印象があって後回しになっていたお店。

IMG_6143.jpg

この日は、気まぐれました(´・Д・)」
11:10訪店。

や、やっぱ高いよな((((;゚Д゚)))))))
ショーケースに迂闊に近付いて、声掛けされたら去り辛い、
ってのもあり、詳しくは見ていなかったのですよ、ショーケース。
早足で通り過ぎる際のチラ見くらいで(。-_-。)
安いのはいねえが、安いのはいねえが、
となまはげの鬼さながらにショーケースを眺めるものの、
梅さえも170円か、
逃げ場、無し((((;゚Д゚)))))))

・・・腹を括ろう。
うむ、無難に行こう(´・Д・)」

1番人気
と書かれた「鮭おにぎり(190円)」と
2番人気
と書かれた「高菜明太包み(200円)」を購入。

接客はキュートでした(´・Д・)」
駅のホームでいただきます。

IMG_6144.jpg

ではでは。

先ずは高菜明太包みから。

IMG_6145.jpg

裏までしっかり巻かれてはいないのは葉っぱのサイズ的に仕方が無いのかな?
ご飯はふっくらしていてやや柔らかめな炊き上がり。

IMG_6146.jpg

明太は沢山入っていますな。
高菜の塩気は軽めで明太子とバランスを取っているのかな?それほどクドくは感じません。
3口で完食。

3口、か・・・

IMG_6147.jpg

おにぎりは、こちらも具の鮭たっぷりイン。
鮭はフレーク状で塩気は軽め。
やはり炊き上がりは柔らかめでふっくらとは感じますが、水っぽくも感じるな。
こちらも3口で完食。

・・・うーん、高いよな。
これならば価格帯がほぼ同じな心亭の方がクオリティ面でまだ満足出来ますし、
権米衛の方が安くてボリュームありますな。
おにぎりってシンプルだから、甲乙って残酷に付いちゃう。
勿論個人差はあるでしょうが、自ら「誉れ」と名乗るほどではないと思うなあ・・・
まあ、
だから「穂まれ」なんだろうけれど(^_^;)




関連ランキング:おにぎり | 立川駅立川南駅立川北駅


30年振りの小僧寿し。

青梅市
08 /24 2016
河辺   小僧寿し


日本海側で育った河井にとって、全くといって縁がなかったのですよ、こちら。
こういうテイクアウト専用の寿司屋、田舎では「じんずし」や「芝寿し」といったローカルチェーンが幅を利かせていましたので。
東京の母の実家に毎年のように訪れていた折にテレビから流れていたのが、小僧寿しのCM。
だから河井にとっては「東京」ってイメージがあります。
遠い昔に一度だけ食べた事がありましたが・・・前出の2社に比べると、うーん、という体験。
それに田舎は海の物には事欠かなかったし、回転寿司屋も美味しかったしね(^_^;)
以来足を運ぶ事はありませんでした。
で、
(ネタが切れてきた事もあり)
寿司屋だけに(^ー^)ノ)
30年ぶりくらいに訪れてみたのです。

IMG_5947.jpg

あ、ネタのくだり、蛇足ですか?( ゚д゚)
15:00訪店。

550円均一の丼ものを狙った、の、ですが・・・
ち、小さいな(^_^;)

うーん
何がいいんだろう・・・

まかない云々、とか言うネーミングは、なあんか気にくわないのだ。
まかない=美味しい、みたいな使われ方している事、多いけれど・・・
まかないだから美味しいんじゃなくて、まかないの中にもたまには美味しいものがある、ってもんじゃないのか本来は?
モヤモヤするのでまかない丼、スルー。
オホーツク丼は・・・オホーツクで獲れたもので作られているのだろうか?
オホーツク丼と名乗っているからには、そうだろう
と断言できる世の中ではないわな。
でもってカニマヨ丼はこの中ではちょい劣って見えるな。

結局は、
人気、って言うからには人気なんだろう、
という根拠が有りそうで無い根拠に従って、
「[b:人気丼](550円)」をチョイス。

さて、どこで喰らうかな。

IMG_5948.jpg

ほう、目の前に公園があるなんて、おあつらえ向きじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_5949.jpg

ではでは。

IMG_5950.jpg

具材は海老、イカ、サーモン、トロサーモン、小柱、ビンチョウマグロ、エンガワ、甘海老、ネギトロ、とびっ子、沢庵、胡瓜、ガリ。

・・・うーん(゚- ゚ )
別段、鮮度の良さとかは感じないけれど、そこまで期待はしていなかったからダメージはほぼ無い。
故に、目くじら立てるほど悪くはない。
バラエティには富んではいるしね。
ただ、ビンチョウマグロはちょっと微妙。
ボリュームは連食向き。
瞬殺。

何が良かったのかと問われると、難しいな。
ネタが10種類以上あって550円、という点は評価できるだろうか。
まあ、スシロー5皿分よりはお得かな、でも6皿分だとどうだろう、
というのが総評。
まぁ安い回転寿司チェーンよりは(ネタの)由来がしっかりしてそう。
ちよだ鮨の方がクオリティは高いけれど、
こういう丼ものがちよだにはないので正しく比較は出来ないかな(ちよだの方が価格は高めだとは思う)。
接客はそつ無し。

少なくとも、昔食べた時よりは美味しくなっているとは思いますよ。




関連ランキング:寿司 | 河辺駅


その吹きさらしに用がある。

足立区
08 /23 2016
西新井  西新井ラーメン


ポニーを出た河井、

IMG_6347.jpg

う~む、物足りぬ(゚- ゚ )
が、ここらが退き時か・・・

IMG_6349.jpg

大師前駅の無人のラッチを抜けてホームへ上がると、ちょうど電車が来ていました。
途中の北千住辺りでもう一軒行こうかな、なんて考えているうちに終点の西荒井駅に到着。
を渡って北千住方面のホームへ下りてふう、と息を吐き、両手を腰に当てて周りを見・・・











吹きさらしじゃねーかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

向かいのホームに見えるは吹きさらしの・・・ラーメン屋か??

階段を上がって、下りて、店の間へ。
おおお

IMG_6353.jpg

おおおおおおおお
吸い込まれる様に、
14:50訪店。

IMG_6354.jpg

おばちゃんに「[b:ラーメン](450円)」をオーダー、して、

はたと気が付いた(゚- ゚ )
さっき、かどやでラーメン食べてた事に(*゚ー゚)>テヘヘッ

俺はラーメンレビュアーじゃない、オムレビュアーなんだ・・・

そう自分に言い聞かせながら待ちます( -_-)

IMG_6355.jpg

厨房を、というか店舗を、だな。ステンレス製のL字カウンターが囲んでいます。
椅子は無く、立食。
先客は4人。
サラリーマン、ブルーカラー、おばちゃんに学生とバラエティに富んだ客層が、この店がいかに駅利用者に愛されているのかを証明してくれていますね。

IMG_6356.jpg

4分で竣工。
壁が無い、って、イイなぁ。
ちょっとしたアウトドア気分だ。

IMG_6357.jpg

ではでは。

IMG_6358.jpg

醤油ベースのスープは鶏ガラを感じつつマイルドでトゲトゲしさは感じません。
油分は吹きさらし故かな、やや多め。

IMG_6359.jpg

麺は縮れある中細麺でシコシコした食感。
具はメンマ、ワカメ、チャーシュー、ナルト、刻み葱。
ナルトは厚みあり心地よい歯ごたえ。
メンマはやや甘くノスタルジックですが、先ほどのかどやのラーメンのそれよりは控えめ。
チャーシューも厚み適度にあり、しっとり。
ボリュームはさっきのかどやよりあるな。

つかね、何よりもこの風情!!!
おばあちゃんの巧みな平ザル捌きも雰囲気を盛り上げます。
ニヤニヤしながら完食。

これは是非とも冬に味わいたいなあ・・・
寒さに耐え切れず、軽く足踏みしながらいただく、熱々のラーメン。
丼からもうもうと立ち上がる湯気の中へ、顔を突っ込んでいただくワケですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

この趣きは、少なくとも東日本では絶滅危惧種だ・・・
でもね、昔は結構見られた風情だったのですよ。
河井が体験しただけでも高崎駅(ホーム上じゃなかったかも)、小淵沢駅、富山駅、糸魚川駅、直江津駅、名古屋駅、米原駅には在った風景。
使い捨ての容器で貰って、待合室や車内で食べる、なんて事も出来たものだ。
糸魚川駅の木造の、無人の待合室でいただいた、かけそば。
美味しい、美味しくない、って物差しでは測れない。ただただ、浸った。
冬の富山駅、尋常じゃない寒さにさらされながら、
1番ホームの立山そばでいただく蕎麦。
蒲鉾にあしらわれた「立山」の文字を見て、「ああ、帰ってきたんだ、故郷に」って思ったものだ。
忘れ得ない、記憶。
それも、今は昔、だ。

数年前の旅路では延岡駅で出会ったっけ。
・・・・・あ、閉店してる( ゚д゚)

淋しいなあ・・・

この風景は、この情緒は、永遠にここにあって欲しいなあ。
そう心から願いつつ電車に乗り込む河井なのでした。


タイトルはサンボマスターインスパイア。






関連ランキング:ラーメン | 西新井駅大師前駅梅島駅


時間が合えばマッタリ出来そうな純喫茶。

足立区
08 /23 2016
大師前  ポニー


[a:13053355,かどや]を出た河井、どこかでちょっと落ち着きたくなりました。
大通りに出ると、向かいに何だか良さげな喫茶店っぽい外観が・・・

IMG_6335.jpg

・・・(検索中)・・・しかもレビュー無いじゃないか( ゚д゚)
一番槍、いただきます(´・Д・)」
14:20訪店。

といきなり店主、
「すいません、3時で閉店なんですが」

マジすか・・・
この日が早仕舞いなのか通常運転なのかは分かりませんが、まあ仕方無い。
ゆっくりも出来ないが、引き下がるのも嫌だ。
「大丈夫っす」
と答えて中程の壁際の4人掛けテーブル席に座り、

IMG_6344.jpg

メニューを軽く眺めて、
水出しだという「[b:アイスコーヒー](380円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_6337.jpg

IMG_6342.jpg

自然光を取り込んだ店内には年季と清潔感が同居している感。
ところどころに小物が置かれていて、
大概そういう類は純喫茶の雰囲気にそぐわない事が多いのですが(旅先の土産の「通行手形」とかね)
こちらのは雰囲気を増している様に感じますな。
店主の趣味の良さを感じます。

IMG_6339.jpg

1分で竣工。
クラッシュアイスとは意外だった( ゚д゚)

ではでは。

キンキンに冷えたアイスコーヒーは水出しっぽい柔らかい苦味で、雑味少なくスッキリした飲み味。
クラッシュアイスだからボリュームは少なめですが、380円ならば文句は無いかな。

BGMはチューリップのち中島美嘉の「WILL」。
この曲はこういうお店でもハマるんだなぁ、良い楽曲だわ・・・

IMG_6345.jpg

閉店直前という時間故か、結局最後まで河井の貸し切り。
落ち着けませんでしたが、時間が違えばより愉しめただろうな、とは思えましたね。

IMG_6343.jpg

メニューにはカレーやゲティなどの軽食やトースト類のほか、
ホットケーキ(パンケーキじゃないところがまたイイ)なんかもあって、いろいろ楽しめそうな予感。
あとは足立区レビュアーの皆さまにお任せします<(_ _)>

さて、帰るか。

IMG_6347.jpg


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 大師前駅西新井駅江北駅


存在感半端ない甘味食堂。

足立区
08 /22 2016
大師前   甘味かどや


河村屋で角煮いなりと干瓢巻きをいただいた5分後・・・

IMG_6325.jpg

こちらの店のかなり手前に立ち、微動だにしない河井の姿がありました( ゚д゚)
素晴らしい外観なのは知っていましたし、画像も見た事がありましたが・・・

IMG_6326.jpg

いやー、実物は写真で見る以上に凄い((((;゚Д゚)))))))
東村山のひの食堂以来だな、このインパクト・・・
どこかのお店でも使った気がする例えだけれど、
はっぴいえんどのアルバムジャケットに使われていそうな、そんな雰囲気を醸し出しております。
むう、入るのが怖い・・・

IMG_6327.jpg

と、仲の良さそうな母娘が通い慣れた感じで入っていきますよ( ゚д゚)
よし、この流れに乗ろう(´・Д・)」
14:05訪店。

カキ氷をいただこうとBMしていたのですが、この日はむしろ寒かった(^_^;)
草団子を食べそびれた分、腹にはまだまだ空きがある。
ならば飯物で攻めようではないか(`・ω・´)キリッ
焼きそばはかなりレビューされているから面白みが無いかな・・・で、
「[b:ラーメン](500円)」をオーダー。

IMG_6328.jpg

外観に違わず、ベニヤ張りの内観もまた素晴らしい・・・

IMG_6330.jpg

改装したのかな、開放感があり、清潔感もありますよ(^ー^)ノ

IMG_6329.jpg

昔はテイクアウトにも対応していたのでしょうか、道路に面して売店として使われていた様なスペースもありますね。
(どうやら期間限定で大判焼きを販売しているらしいです)
客はまばらですが、こういう日の入りだから参考にはならないでしょう。
先ほどの母娘は焼きそば小とラーメン×2人分をオーダー。
合わせ技!その手があったかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

と思うと同時に、ボリュームは少ないだろうと予測が立ちました(^_^;)

6分でラーメン竣工。
あー、そうそう、こういうの!
こういうお店で出て来るラーメン、ってな河井の勝手なイメージそのまんまのお姿。
ニヤニヤしながら箸を割ります。

ではでは。

IMG_6331.jpg

透明度の高い淡い茶色のスープは塩気と旨味がのたり、のたりと来る薄味。
滋味、、、ってワケでもないんだけど、優しい味わい。
麺は縮れある白っぽい中細麺で、柔らかめな茹で上がりはクラシカルなこちらの雰囲気には合っています。
具はメンマ、チャーシュー、ナルト、刻み葱。
メンマはペラペラで甘い味わい。
チャーシューも負けじとペラペラでしたが、しっとりしたノスタルジックな歯触り、このラーメンには正解だ。
んでもってナルトは、その存在こそが大事である(´・Д・)」
様式美、と、言っていい(゚Д゚)ゴルァ

ボリュームはやはり少なめ。
瞬殺。

おばちゃんとお姉ちゃんの柔らかい応対は良し。
ワンコインのラーメンですが、ボリュームや具材など考慮に入れると安い!とまでは感じませんでした。
ただ、手頃な価格なのは間違いない。
そしてこの風情はなかなか味わえませんよ(^ー^)ノ
んでもって、その風情にピタリとハマる一杯でした。
オムが無いのは残念極まりないですが、また訪れてかき氷なんぞいただきたいものです。


つづく。




関連ランキング:たい焼き・大判焼き | 大師前駅西新井大師西駅江北駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ