おかえりなさい。

稲城市
01 /30 2016
稲城長沼  なかむら


[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/40422380/,一福]を出た後・・・

IMG_3094.jpg

つい、入ってしまいました(あ、予想通りですかそうですか(^_^;))。

稲城長沼駅が高架化する前、稲城長沼の駅前に立ち食い蕎麦屋がありました。
「そばうどん」
という白い暖簾が掛かるだけで看板は無く、店名は最後まで判らずじまいでしたが、
友人の家で呑んだくれた翌朝の帰りがけによく使わせていただきました。
いつもかけそばとミニカレーだったな(^_^;)
しかし再開発の煽りを受けて、いつの間にか閉店。
更地になった跡地の前で「ああ、もう食べられないんだな」、と落胆したのですが・・・・・

復活した、
との情報を得ましたからこれは行かねばならぬ(゚Д゚)ゴルァ
と、思っていたのです。
以前営業していた場所はロータリーの一部になっているかな?
その向かいに新店舗がちょこん、と在りました。
18:00来店。

入るとすぐに立ち食いカウンターが真一文字。
衝動で入ってしまったため、何も決めていない(;´Д`)
あ、そうか、カレーがあったな、ってもう入らないってば胃袋に( TДT)
かけそばは250円か・・・
しかし、なんとなく、物足りない。

で、「[b:たぬきそば](270円)」をオーダー。
20円しか違わないのは良心的ですね(^ー゚)ノ
どこぞのNREだかNREだかにこちらの爪の垢を煎じて飲ませたいものです(^ー゚)ノ

真新しい店内は横長で、手前にカウンター、その向こうに厨房。
以前のお店とほぼ変わらないレイアウト。
うん、復活したんだなぁ・・・・
しみじみ、浸ります。

先客は2人、食べている間に2人来店。
厨房内にはおっちゃんとおばちゃんが並び立ち、どちらもほんわかした柔らかい物腰。
美しいお姉さんとおばちゃんが切り盛りしている、って印象が残っていましたが・・・辞めちゃったのかなぁ。
ま、昼と夜では違うのかもしれませんがね(河井は昼しか入った事が無いので)。

IMG_3098.jpg

一味と七味が備え付けてあるのも変わらないなぁ。

2分で竣工。
蒲鉾が2切れ入っているのは嬉しかりけり。
ま、ピッタリくっついていたから・・・恐らく本当は1切れがデフォかもしれません(^_^;)

ではでは。

IMG_3097.jpg

蕎麦は柔らかい茹で上がり。
揚げ玉はクリスプ感が足りないかな。
つゆは塩っぱくて奥行きは無いかな。
とまあそういうお味なワケですが、これでいい。
今の俺にお似合いなのはこういうもんですよ(^ー゚)ノ
完食。

味に特筆すべき点は特に無い。
でもね、こういうお店が稲城長沼に在る、ってのは何だか嬉しい。
しかも接客も柔らかく、和む。
何だかホッとするお店。
この、「ホッ」って、とても大事だと思うんだ。
だから客足は途切れないのでしょう。

愛されるお店、
愛されるべきお店、
いつまでも、いつまでも。


なかむら

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:立ち食いそば | 稲城長沼駅稲城駅


スポンサーサイト

稲城長沼駅前中華食堂。

稲城市
01 /29 2016
稲城長沼  一福



IMG_3093.jpg

[a:13045015,コメダ]でカツサンドをやっつけた後、丘を東に下ります。
予定は稲城長沼駅前の[a:13048989,三来軒]。
PCを開くとたまにぼーっと見てしまう、[a:http://tokyodeep.info/,東京DEEP案内]にも出てたっけ。
もうかれこれ5年以上は宿題となっているお店・・・・・

で、し、た、がっ!!!


IMG_3100.jpg

[b:やってない(T . T)]
定休日だろうか、それとも・・・
角のケーキ屋も店を辞めたみたいだし、再開発の手は確実に伸びている様だし・・・

IMG_3099.jpg

・・ううむ、心配だ(ー ー;)

一方[a:13173266,なかむら](つか、こういう店名だと初めて知りました(^_^;))は、やってますな(^_−)−☆

IMG_3094.jpg

でも、「飯物が食べたい」と胃袋殿が申します。
[a:13063598,龍華]は定休日だったし、[a:13049889,ドラゴンボール]にするか、
と決断しかけた河井の眼に、こちらの黄色い看板が飛び込んできたのです。

IMG_3095.jpg

17:40来店。

カウンター席に座り、メニューを眺めます。
うん、軽く行こう(´・Д・)」
店主に「[b:チャーハン](650円)」をオーダー。
そういえばなかむらにカレー、あったよな・・・
と思い出しつつ店内を見渡します(^_^;)

年季は入っておりますが、カウンターはスベスベですな。
客は常連のおっちゃん2人。店主にワイワイ話しかけております。
しかし、変わらないなぁ。

こちら、実は10年くらい前に一度入った事がありまして、
その時は麻婆定食をいただきましたが、極めて日式な麻婆だった記憶があります。
その時は老店主ともう一人おっちゃんが厨房に入っていたっけ。
この店主がそのおっちゃんだったかまでは憶えていませんが、代替わりしたのかな?

4分で竣工。
ふんわりした見た目ですな。
with中華スープ。

ではでは。

IMG_3096.jpg

ラードの甘旨味がメインですな。
ライスには色ムラ無く、パラっとよりはフワッと寄りな塩梅。
具は玉子、チャーシュー、メンマ、グリーンピース。
メンマは柔らかく、故に食感のアクセントにはならないな。
後半はやや塩気が顔を出します。
スープは塩気強め。
完食。

うむ、ボリュームは普通なんだけど意外にお腹が膨れたな。
ラードがかなり効いていたからかな?
まあ、コメダのカツサンドをやっつけてからいい感じで時間が経っているから、満腹中枢が作動し始めてはいるでしょう。
塩気強めなのはきっと、客層に合わせたものじゃないかな。
先客は身体を使う仕事の方に見えましたし。
接客は物腰柔らかで愛想良し。

この通りには肉屋や本屋や養老の瀧や喫茶店が在りましたが、今は昔。
シャッターの方が多くなりました。
矢野口や南多摩は一足先に再開発されましたが、
じゃあ栄えているのかと言えば、どうだろう?(まぁ、地価は上がったんだろうけれど)
稲城長沼にとっての正答とは、何だろう??

なんて思いながらお店を後にした河井なのでした。


つづく。


一福

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:中華料理 | 稲城長沼駅稲城駅


820円なのはこういう理由か。

稲城市
01 /28 2016
南多摩 コメダ珈琲店


この日は稲城図書館へ本を返しに行く予定だったのですが、なんだかんだで14時。
うーん、今から出掛けても開いている店は少ないな・・・
うむ、出発時間を遅らせよう。
で、図書館で時間を調整してから稲城長沼まで歩いて、
再開したらしい立ち食い蕎麦屋[a:13173266,なかむら]と宿題店の[a:13048989,三来軒]を狙おう、と目論みます( ̄ー ̄)ニヤリ

が、
図書館へ向かう坂を登っている間に、気が変わった( ゚д゚)
ここまで登ったなら、こちらまで足を延ばしてみよう、って(゚Д゚)ノ
図書館で本を返して、更に登る、登る。
図書館への用事が無ければ、決してここまで歩かないだろうな(^_^;)
坂を登り切った先にこちらが見えてきました。

IMG_3081.jpg

河井、人生初コメダと相成ります。
16:40来店。

さて、メニューを眺めます。

IMG_3082.jpg

IMG_3084.jpg

IMG_3083.jpg

IMG_3085.jpg

IMG_3086.jpg

確か、これは押さえておかねば、って何かに書いてあった様な朧げな記憶が浮かんだのですが、
しかし、高いなあ、

うーん

高ぇなあ(^_^;)

水を持って来た店員さんがオーダーを聞きたそうに立っていましたが、
「ご注文が決まりましたらお呼び下さい」
と言い残して去っていきました。ごめんなさいm(_ _)m

うーん、

・・・いや、シロノワールには逃げたくない。
やっぱり、初志貫徹(`・ω・´)キリッ

「すいませ〜ん」
反応が無い・・・

「す、い、ま、せーーん」

反応が無・い・な(T . T)
仕方無い。
周りの客の注目を浴びつつツカツカと厨房の前まで歩いていって、
「[b:カツサンド](820円)」をオーダー。
「辛子はお付けしますか」
「お願いします」という遣り取りを経て戻りつつ店内を見渡します。

清潔感ある店内は天井が高く、開放感あり。
各座席にはそれぞれ適度な仕切りがあり、周りは然程気になりませんね。
時間も時間だからか先客はまばら。
打ち合わせのサラリーマンやマッダームのグループ、お年寄りや若者のお一人様と、客層は様々です。

6分で竣工。

ああ
820円なのはこういう事か・・・

IMG_3091.jpg

[b:でけぇ(^_^;)]
連食は出来るだろうけど、2軒は無理かなあ、
と戸惑いつつも、ワクワクは止まらない。

IMG_3088.jpg

IMG_3089.jpg

IMG_3090.jpg

初めてSLを見た子供の様なテンションで写真を撮りまくり、

落ち着き、

ではでは。

IMG_3087.jpg

3つに切られたカツサンドの手前の塊を上からギュウッと押し潰し、
それを紙ナプキンで挟んで、ガブリ。
カツは熱々で、チキンかな?柔らかいですな。
肉質はまあ、それなり。
そこまで期待していなかったから、落胆は無い。
衣は揚げたてらしく熱々でサクサクだ。
間に挟まるはキャベツの千切り、つかコールスローかな。
甘辛いソースとマヨがやや控えめに使われていますね。
パンはちょい粉っぽい感じ。

IMG_3092.jpg

真ん中の塊はコールスローがたっぷりインしているため、更に暴力的な厚みを有しております(^_^;)
油断すると崩壊するぞ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
こちらはマヨがメインの味付けで、こちらは辛子を感じますが軽微。
端の塊とは様相が異なるのも嬉しい変化(ま、味付けのムラなのでしょうけれど)。
むう、なかなか手強いな、と思いつつも変わらぬテンポで食べ進め、
完食。

安いのか高いのかよくわからないな。
カツサンド、と考えると、安いのかもしれない。
でもチキンカツサンド、と考えると、どうかなあ。
カツサンドにコーヒーを付ければ優に1000円を超えてくる訳で、安いとは思えないのだ。
味の満足度も高くはないし。
[a:13078267,ロマン]のカツサンドがこのボリュームで820円だったら狂喜乱舞するだろうけれど(^_^;)
ま、通常サイズの胃袋の持ち主ならばこれで充分でしょう。

シェアするものだとすれば、誰が真ん中の塊を取るかでいざこざが起きるかもしれないな、
なんて思いながらお会計。
うん、内税だ(^_−)−☆
勢い良く店を飛び出し、すっかり陽が落ちた坂を東にグングン下りて、稲城長沼駅前へ向かいます。

IMG_3093.jpg


つづく。


コメダ珈琲店 稲城向陽台店

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:コーヒー専門店 | 南多摩駅稲城駅


【オムの細道:204】 お茶目な店主が作る、愛しのオムライス。

杉並区
01 /28 2016
桜上水  栄龍


【オムの細道シリーズ】



三茶からの帰り道に[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/40392430/,あずまや]でたこ焼き&レモンサワーをいただいたのですが、何だか消化不良( -_-)
何か喰っていくか、
と思えどもモヤモヤと決まらない・・・

少し足を延ばすか、と、こちらへ向かいました。
こちら、オムライスが人気と聞いておりまして(^_-)-☆

お、おう・・・

IMG_3128.jpg

なかなかナイスな看板やな( ̄ー ̄)ニヤリ
19:45来店。

おっと、先客無し(゚- ゚ )
カレーの香ばしい匂いと寡黙な店主が会釈でお出迎え。
店主は会釈と同時に何かを発した様に見えましたが、何と言ったか聞き取れず。
いらっしゃい、にしては短い。
恐らくは「いらっしゃい」を極限まで簡略化した、[b:「ぃぁぃ」]じゃなかろうか、
なんて思案しながら正面のカウンター席に座ってメニューを・・・

IMG_3131.jpg

ん、あった(´・Д・)」
「[b:オムライス](750円)」をオーダーすると、店主は無言で手際良く調理を始めました。

L字カウンターが右奥の厨房を囲むように配置され、テーブルは左の壁沿いに小さいのが2卓、
でも奥のテーブルは使われていないかも。
・・・椅子が壊れている様に見えるので(あくまで見えただけですが)。
BGMはテレビなのですが、多分店主が観るためのものでしょう、そういう配置、
[b:ってな事は些事だ(゚Д゚)ノ]
片隅にもう一台テレビがあるのですよ。
で、何故か店の前を映す防犯カメラの映像が流れています・・・
食い逃げが多発している、とかなのかな?
ううむ、掴みどころの無いお店だ(^_^;)

IMG_3134.jpg

左の壁に貼られたメニューには「愛しのオムライス」「いけてる♪マーボ豆腐ライス」「疲労回復★レバーニラ炒めライス」なんて書かれていて、

IMG_3133.jpg

調味料の瓶には[b:「2ん29しょうゆ」]・・・


・・・ああ、ニンニクしょうゆか(゚- ゚ )
店主、意外とお茶目だな( ̄ー ̄)ニヤリ
何だろう、嫌いじゃない、こういうの( ̄ー ̄)ニヤリ
ニヤニヤしながら待ちます。

IMG_3130.jpg

6分で竣工。
ほう、美しいじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ
with中華スープ。

ではでは。

IMG_3129.jpg

あら、美味しい。
玉子は適度な厚みがあり、内トロ。
火の通り、いいじゃない(^ー゚)ノ

IMG_3132.jpg

ライスはしっとりな塩梅でソースのスパイシーさが効いていますが、甘味もあるのよ。
よって、甘旨スパイシー。チャーシューの煮汁でも入れているのかな?
具は玉ねぎ、豚肉、ナルトで、それぞれ細切れ。
ナルトが[b:「ウチは中華屋だよ」]ってアピールしています。
こういうね、ルーツが判るオムは河井好み。
歯応えを残した玉ねぎがアクセントとなっています。

中華スープは塩気やや強め。
後半は塩気が蓄積し始めますが、スプーンは止まらず完食。
水を一気に呷って、タンッとコップを置いてお会計。

ボリュームはそこそこ。
接客は無愛想な感もあるけど、たまに出会う人嫌いな店主による突き放した感じは無い。
そこはかとなく気にされながらも放って貰ってる感じ。
食べている途中で話しかけられるのが苦手な河井には、この距離感はむしろ気楽でした。
10年近く前の話ですが・・・
府中の川崎街道沿いにある[a:13055763,ラーショ]の近くに開店したばかりのラーメン屋でラーメンをいただいたのですが、
食べている間ずーーっと店主に見られていた事があります。
恐らくこちらのリアクションが気になって仕方がなかったのでしょう。
その気持ちは解るけれど、あれは苦痛だったなぁ(^_^;)
案の定、すぐに潰れてしまいました。

適度に放っておいて欲しい、でも気にしても貰いたい、
という捻くれた河井には。
こちらの距離感、しっくり来たのであります。
次回は是非、カレーをいただきたいですね。

IMG_3135.jpg


栄龍

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 桜上水駅下高井戸駅松原駅


微妙に満足してしまった・・・。

世田谷区
01 /26 2016
下高井戸  あずまや


仕事帰りに「つぐ散歩」していた時に気になったお店です。
19:15来店。

先客無し。
カウンター席に座り、メニューを眺めます。
実は「たこ焼き丼」を狙って入ったのですが、

IMG_3124.jpg

IMG_3126.jpg

IMG_3123.jpg

IMG_3125.jpg

あー、酒飲みたい(゚- ゚ )

・・・状況が変わったΣ(°д°lll)ガーン

「[b:たこ焼き6個](390円)」をオーダー。
ソースはたくさん種類があるな・・・
スタッフのお気に入りからメニューに加わった、とか何とかの「[b:一味マヨ]」で決めよう( ̄ー ̄)ニヤリ
あと「[b:レモンサワー](350円)」をオーダー。
オムリタン!そういうのもあるのかΣ(゚Д゚)ガーン
・・・とか思いつつ店内を見渡します。

こじんまりとした店内は、右に厨房があり、それに面してカウンター、奥にテーブル席が少々。
外に面してテイクアウトコーナーもありますね。
と、奥のドアから店主っぽい関西弁の兄ちゃんが出て来て店員のお姉さんと談笑し始めました。

IMG_3122.jpg

やがて竣工したレモンサワーは、甘い。
そして、薄いなぁ(T . T)
んー、蛇足だったか・・・
先述通り先客は無く、後客も無し。

12分でたこ焼き竣工。

ではでは。

IMG_3127.jpg

ふわふわな仕上がりのたこ焼きで、明石焼きみたいなトロトロ具合です。
熱い・・・・
熱いぜ、こんちくしょうヽ(´▽`)/

ソースはまんま一味&マヨ味。
シンプルな味なので、中に入っている葱や紅生姜の風味をほぼダイレクトに愉しめますね。
タコは大きく弾力かなりあり。

しかし、これ・・・一口で逝ったら死ねるな(^_^;)
猫舌自慢はしばし待つが吉(^ー゚)ノ
もしくはたこ焼きの上部に穴を開け、外気に当たる表面積を増やすのもアリだ(河井はそうしました)(^ー゚)ノ
淡々と完食。

うむ、何だか微妙に満足してしまったな(゚- ゚ )
とはいっても、お腹が満足したワケでは無いんだけれど。
たこ焼き丼とオムリタンは次回にしよう。
グラスに半分残っていたレモンサワーを一気に飲み干してお会計。
接客は、まぁ、普通、かな。
お姉さんの接客は良かったと思います。


つづく。


あずまや

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:たこ焼き | 下高井戸駅桜上水駅松原駅


どうしたんだろう。

世田谷区
01 /26 2016
三軒茶屋  香麗屋


この日は[a:13006109,じゃじゃ麺]をいただこうと、ぐんぐん南下。
もうすぐ目的地だ、ってところで、
あ、定休日確認してなかったな(゚- ゚ )


[b:・・・げ、
つようびだガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!]

今日は月曜日。
諦めきれずに店の前まで歩き、現実を直視( TДT)
涙をこらえて元来た道を引き返し、こちらへ向かいました。

IMG_3075.jpg

こちら、オサレな壁と店名のデザイン、
それに天ぷらが乗ったカレー、ってのが気になっていたのです。

うむ、どっから入ればいいのだ(^_^;)
あ、奥か。
18:55来店。

がらあんとした内観だな・・・
どことなく殺風景にも感じます。
で、客の若いサラリーマンが椅子に座っています。
店の人は居ません・・・・・

・・・あ、出て来た(゚- ゚ )
券売機で「[b:豚天ぷらカレー](950円)」の食券と

あれ?
大盛りのボタンが無い・・・

お店のおっちゃんに聞いてみます。
「あの、大盛りにしたいんですが」
「はい。」
「あ・・・・・じゃあお願いします」
微妙に噛み合っていないが、大盛りはタダって事でいいのかな。
戸惑いながら店内を見渡します。

時間が早いからか先客は1人のみ。
逆「へ」の字なカウンターが厨房を覆う様に設けられ、テーブル席は無し。
カウンターはスベスベですが・・・
乱雑な厨房を眺めていると、なんだか不安になります(゚- ゚ )
床の配線を見ていると、なんだか心配になります(゚‐゚*)
何故、オープンキッチンにしたんだろう・・・

待っている間に先客は帰り、河井1人に。
ああ、心細い・・・
BGMで流れるホイットニーの暖かい歌声だけが、心の支えでした・・・

IMG_3076.jpg

6分で竣工。
ドリンクが付く、との事でアイスコーヒーをお願いすると、店主は厨房の奥に消えました。

さ、寂しい・・・

ではでは。

IMG_3077.jpg

粘度の高いカレーは酸味が効いていて、
スパイスが蠢動した後にコクがやって来て、
ほろ苦みと共に余韻を形成する欧風な味わい。
しかし余韻は長くは続かず、ライスが進む味わいではないですな。
具はインゲンが見えますが後入れらしく、食感はしっかり残っています。
あとは刻んだ玉ねぎも見えるな。
豚天は噛み応えあり。
衣は薄く、ルーに浸ったところはどんどん剥がれていきます。
ライスは保温したやつかな・・・
茶色い部分がありましたが、カレーに混ぜ込むと何とか大丈夫な具合になり、辛うじて食べられる塩梅に。
[b:こういうライス、大の苦手なのです(ー ー;)]

IMG_3078.jpg

脇には既製品らしき胡瓜の漬け物。
あ、らっきょうもあった。
侘しく完食。

IMG_3079.jpg

コーヒーが無言でサーブされたあと、店主は厨房からすら消えました。
やや薄いものの、サービスなので納得は出来るかな。

ちょっとやさぐれ感を感じますね。
なのにここ、なまじ外観がいいから余計に期待しちゃうんだよな。

松本の[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/4390295/,弁天本店]でも同じ様な展開がありましたが、
あちらは立派な外観でめっちゃ昭和な内観、味は普通の蕎麦屋のそれ、って感じで内観は河井好みだったから納得出来た。
でもこちらは、そういう「上がる」部分が無かった・・・
豚天だから美味しかった、ってワケでもなかったし。
天ぷら入りカレー、東青梅の[a:13068963,夜鳴屋]で先日いただきましたが・・・流石は蕎麦屋、衣は剥がれませんでした。
それに、意外性があった。
ううむ、
一度、蕎麦屋で修行された方が宜しいのではないでしょうか。

彼は、何故飲食業という「接客業」を志したのだろう・・・
そう思いながら「誰もいない」お店を後にした河井なのでした。


香麗屋

夜総合点★★☆☆☆ 2.3



関連ランキング:カレーライス | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅


テリー・ファンク見参!なお店に河井継之助見参!。

昭島市
01 /25 2016
中神  ミルリーフ


人生2度目の中神。
前回は・・・全く記憶が無かったので・・・・・

実質初めてだ(^_^;)
中神駅周辺をリサーチした結果、最も河井の興味を引いたのが、こちらでした。

店の名前はミルリーフ。
多分、競馬好きな店主だ。
そして情報を集約すると、プロレスと相撲が好きな店主だ。

IMG_3102.jpg

お店はすぐに見つかりましたが、その前にちょっとぶらつこうか。

IMG_3106.jpg

パチ屋とコンビニが興を削ぐけれど、それ以外はゴチャっとしていてなかなかイイ街並みだ( ̄ー ̄)ニヤリ
郵便局の並びの角のお店がすんごくイイ感じなんだけど、どう見ても営業してないな( -_-)
因みに南口から真っ直ぐ伸びる広い道、
[b:東京都道152号中神停車場線]っていう道なのですよ。
「停車場」ってのが、イイやねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_3104.jpg

駅のホームから見えたお店のネオン広告に映ったタンメンがちょっと気になっていたのですが、

IMG_3105.jpg

改めて確認してみると、750円かあ(ー ー;)

・・・こちらへ向かいます。

IMG_3112.jpg

あ、やっぱり( ̄ー ̄)ニヤリ
年季の入った看板には、馬のデザイン。

店主の息子が東中神で「ミルジョージ」というハヤシライス屋を営んでいる、

そんな妄想を抱きつつ、
11:00来店。

豆タンクみたいな店主が、良く通る声で「いらっしゃーい!」。
カウンター席に座って、メニューを眺めます。

IMG_3107.jpg

ポークカレーならばワンコインか・・・軽く悩んで、
「[b:ウインナーカレー](550円)」をオーダー。
店主がカレーを温め始めるのを横目で見ながら店内を見渡します。

如何にも昭和の喫茶店、ってな店内にh・・・

[b:
・・・こ・れ・か。

( ゚д゚)]

IMG_3111.jpg

[b:「テリー・ファンク見参!」]
って書いてある、って事は初参戦時のポスターかな?
スタン・ハンセンにブルーザー・ブロディ、ジミー・スヌーカ、ハーリー・レイス、
ファンクスにテッド・デビアス・・・
馬場に鶴田に天龍、阿修羅原といった、ハズレ無しの錚々たる面々が並んでおります。
いやあ、懐かしいなぁヽ(´▽`)/
ブロディも馬場も鶴田も原も、鬼籍に入ってしまった・・・・・ああ、鶴田の墓参り、今年こそ行かなきゃな(`・ω・´)キリッ
あとは佐渡ヶ嶽部屋のカレンダーも飾られていますね。

チーン
という音がしましたが、気にしないフリ( ゚д゚)
BGMはNHK総合テレビ。

IMG_3108.jpg

4分で竣工。
とろみありそうなカレーの脇には千切りキャベツが添えられ、

IMG_3110.jpg

福神漬け、紅生姜、キューちゃんは取り放題な趣向。

ではでは。

IMG_3109.jpg

とろみあるカレーは油分多めで刺激は強くなく、
適度なコクがメインで、旨味の余韻は長い。
とろみ強めのカレー特有の、喉に引っかかる様な粉っぽさや塩気はそれほど感じません。
微かなほろ苦みが効いた、円やかな一杯、
ですが、ちょい温めが弱いかな。
合間に千切りキャベツを挟みつつ食べ進めます。
ウインナーはフニャフニャしてるな(^_^;)
多分、チーン、は、これ由来だと思いますが、これは蛇足だったかな。

河井がガッついている間、店主は下拵えに追われていました。
ぼーっとされると居心地が悪いし、話しかけられるとカレーに集中出来ないので、河井的には正解だ(^_−)−☆
スープはワカメスープ。
完食。

ボリュームは普通。
カウンターよりも窓際のテーブル席の方がマッタリ出来そうですね。
味はさて置き、
こういうお店が駅前にある中神という町は大好きだなあ( ´ ▽ ` )ノ

IMG_3103.jpg

また、ブラブラしたいと思います。


ミルリーフ

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:カレーライス | 中神駅東中神駅


どっちが好きかと問われたら、どっちも好きだと答えるよ。

世田谷区
01 /23 2016
三軒茶屋  來來來


2015.11訪問


仕事帰りに[a:13004530,東京餃子楼]を狙いましたが、混んでいて断念(2015.11月のレビューです)
ならば、と支店の[a:13111322,茶沢店]へ向かううちに気が乗らなくなってきた(ー ー;)
今日は疲れた・・・
慣れない店は何がどこにあるかが分からないから余計疲れる(ー ー;)
頭がぼんやりしている・・・

すると、河井の視線の左端に引っ掛かった黄色く光る看板が、
[b:来い!
来い!
来い!]

って手招きしているではないですか。
[b:おお、ここに在ったか来来来(_ー_)逆ニヤリッ]
しかし、人気店だ・・・どうせ満席だろう、
と店の前から店内を眺めると、
空きがある、じゃないか( ´ ▽ ` )ノ
昨日もちゃんぽん食べたけど、このチャンス、逃す手は無いよな河井(^_−)−☆
19:10来店。

[b:って、めっちゃJAZZだよおい( ゚д゚)]
こじんまりとした中華食堂な店内に流れるは音量大きめのJAZZ。
戸惑いながら(人気店だとは知っていましたがそこまでリサーチしていなかったのです)カウンター席に座る、
前に「[b:ちゃんぽん](900円)」をオーダーして座ります。

つか、しかも音響いいじゃねーかヽ(´▽`)/
低音が響くねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_2953.jpg

右にガラスで仕切られた厨房があり、これに面して5席ほどのI字カウンター、
通路を挟んで左にはテーブルが2卓?3卓?というこじんまりした店内です。
あ、横道坊主のサインがある!(◎_◎;)
シブいなぁ、店主(^_-)-☆

客は9割の入り。
常連っぽいグループがテーブル席、サラリーマンがカウンター席と棲み分けられています。
しかし、兄ちゃん、一つ一つ作ってるのか・・・
時間、掛かるかな?

隣の紳士の皿うどんが竣工。
おお、いい盛りだねぇ(^_−)−☆
写真撮ってるから食べロガーかもしれないな。

JAZZのリズムに横揺れしながら待ちます。
隣の紳士がそんな河井を暫く眺めていましたが、やがて皿うどんを親の仇みたいに混ぜ始めました。

IMG_2954.jpg

13分で竣工。
うず高く積もった野菜の山に、破顔ヽ(´▽`)/
スープはやや黒っぽい白濁具合で、[a:13013105,長崎]のとはまた違うな。
こっちの方が河井の知ってるちゃんぽんだ。

ではでは。

甘味が軽くジャブを繰り出したあと、塩気と旨味が絡み合いながら進出します。
長崎と比べると明らかに濃いめだけれど、まあこんなもんじゃないだろうか。
具は玉ねぎ、キャベツ、もやし、イカゲソ、蒲鉾?ナルト?豚肉、海老。
蒲鉾では長崎に軍配が上がりますが、海老は結構入ってますね。
麺はフェットチーネみたいな断面の中太麺で、
ちゃんぽんらしく、ややモチっとふわっとな食感。長崎のよりは好みだな。

中盤に差し掛かり胡椒を振り掛けると、合うわぁこれ( ´ ▽ ` )ノ
で、酢と辣油を立て続けに投入するとああああああもう止まらない衝動・・・

[b:うおォン]

IMG_2955.jpg

・・・ああ、完飲(^_^;)
汝、完飲する勿れ〜(^_^;)

ちょい高いけれど、納得だ。
[b:長崎とどっちが好きか]と聞かれたら、
[b:どっちも好きだ]と答えますね。
どちらも甲乙つけ難い(^_^;)

接客は大将の愛想良く元気良く文句無し。
お陰で機嫌良く店を後にする事が出来ました。

店を出ると5人待ち・・・危なかったなあ(^_^;)シバカリーに続いて運がいいな、河井(^_−)−☆
長崎もそうですが、早めの夕食遣いがオススメでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2015.12再訪


で、年末にまた訪れました。
18:45来店。

しかし勢い余って「[b:そぼろチャンポン](1100円)」をオーダーしてしまった(ー ー;)
皿うどんはまた次回だな(ー ー;)

IMG_3407.jpg

6分で竣工。

こちらの具はキャベツ、キクラゲ、人参、玉ねぎ、ブロッコリー、海老、イカ、筍、豚肉、うずらの卵2個。
普通のちゃんぽんより具がかなりグレードアップしていますね(^_−)−☆
豚肉が美味しいけれど少ないな(^_^;)

IMG_3408.jpg

しかしブロッコリーも合うんだねぇ、これ!!
ちゃんぽん、恐るべし(^_^;)

確かに美味しかったけれど、1000円を超えるとなるとちょい怯むな(^_^;)
次回三茶を訪れるのはいつになるやら分かりませんが、その時こそ皿うどんをいただこうと思います。


來來來

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ちゃんぽん | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅


ALWAYS 三軒茶屋の夕日。

世田谷区
01 /23 2016
三軒茶屋  長崎


三茶での日々、意外に早く終わりが来そうな気配(実際にはまだ続いたのですが)。
・・・後悔しないチョイスをしないといけないな(`・ω・´)キリッ
うん、こちらでちゃんぽんいっとこう(`・ω・´)キリッ
で、仕事終わりに向かったのですんはあああああぁぁぁっ!!!

IMG_2929.jpg

・・・エエわぁあああああああヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
横丁の角の昭和のちゃんぽん屋・・・一言で表すなら、
[b:ALWAYS三軒茶屋の夕日]、みたいなヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
ま、とうに夕日は沈んでいるけどな河井(゚- ゚ )
18:35来店。

カウンターの角の柱がある席に座り、
さて、

IMG_2930.jpg

IMG_2931.jpg

皿うどんにするかちゃんぽんにするか、
・・・・・迷うなぁ( -_-)
・・・15秒ほど頭を垂れて、やがて顔を上げた河井の目に迷い無し。
「[b:ちゃんぽん・半ライス](900円)」をオーダー。
何となくライスを付けてみました(´・Д・)」

先客は2人で常連さんらしく店主と会話を楽しんでいます。
そこにサラリーマンの若者が来店して、皿ごとラップにくるまれたチャーハンお持ち帰り。
お持ち帰り!そういうのもあるのかΣ(゚Д゚)ガーン
しかも若者が持ち帰ったチャーハン、かなりボリュームあったけれども大盛りかな?
チャーハンの単品なんてメニューに無いけど、と思った河井でしたが、
厨房の壁にチャーハン系のメニューがいくつか貼り出してありましたよ(^ー゚)ノ
ほう、明太子チャーハンなんてのもあるのか・・・

IMG_2935.jpg

あ、キタナシュランなんだ、ここ。
北川景子も来たのか・・・
どこに座ったのかな・・・・・
ここに座ったりしたのかなヽ(´▽`)/
つか、煮込みも美味しそうだな。
常連さんは正油ラーメン食べてるのか。
正油ラーメン、ってチョイスが常連だよな。

IMG_2932.jpg

とか色んな事を考えているウチに、6分で竣工。
ほお、薄味っぽい、品のある乳白色。
こういう顔したちゃんぽんは未知だな・・・

ではでは。

麺は角の無い丸い麺で、プルプルとまではいかない食感。
こういう食感、余り好きではないけれど、確かにちゃんぽんの麺です。
具はキャベツ、蒲鉾、ナルト、もやし、イカ、キクラゲ、豚肉、アサリ、海老。
蒲鉾、風味あるねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
島原の[a:http://tabelog.com/nagasaki/A4203/A420302/42000560/dtlrvwlst/4458805/,姫松屋本店]でいただいた郷土料理、具雑煮に入っていた蒲鉾を思い出しました。
多分、同じものじゃないかな。
スープは仄かに甘く、
滋味、というほど旨味は来ないが塩気も来ない。
両者のバランスがいいな。
で、具材の風味(特に蒲鉾)を味わえるってぇ寸法だ。

IMG_2933.jpg

ライスはちょい柔らかめですが、半ではないボリュームが素晴らしいじゃないの( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_2934.jpg

しかもお新香がたっぷり付いて来ましたぜヽ(´▽`)/
これとちゃんぽんの具&スープを挟みつつ貪ります。
おう、エンジン掛かっちまったな(^_^;)

この薄味なスープ、味変は慎重を期さねばならない(゚Д゚)ノ
酢をレンゲにちょいと垂らしてスープを掬っていただくと、
合うねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
辣油はライスに垂らしていただきます。

辣油の可視化

ってメモ書きしてある(自分でも意味解りません┐(´д`)┌ マイッタネ)から、かなりテンション上がっていたのでしょう(^_^;)
これもまた合うねぇ(_ー_)逆ニヤリッ
完食&完飲。

IMG_2936.jpg

半ライスが半ライスじゃなかったのは素直に嬉しいですな(^_−)−☆
しかもたっぷりお新香付き。
ノーマルなちゃんぽんと100円しか違わないのに、このボリューム、エクセレント(^_-)-☆
麺量はやや少なめながら、埋没野菜も結構あったのでちゃんぽんのボリュームにも満足。
ちゃんぽんビギナーな河井、これが本場の味かは判りませんが、美味しかったのは間違いない。
接客は明るく声出しも良く、気さく。
おっちゃんは弟子なのかな?大将との遣り取りに時たま敬語が混じっていました。

客層を見るに、きっとこちらはこの後がピークなのでしょう。
18時頃が狙い目かもしれませんね。


長崎

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ちゃんぽん | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅


あすたまにあーな:⑪ 個室である事こそが長所。

西東京市
01 /23 2016
田無  桜の藩


久々に早めのランチタイム。
ならば狙える(^_−)−☆
素早く食べログを開き、「ランチ15」タグをチェックして、こちらをチョイスしました。
こちら、日本各地の駅前テナントに出店しているチェーン店で西洋レストランシステムズが運営している様です。
14:20来店。

結構混んでるな(^_^;)
流石は日曜のアスタ。[a:13094532,ココス]なんて8人待ちだったしな(^_^;)
奥の6人掛けの個室へ案内されて、メニューを眺めます。

IMG_2545.jpg

IMG_2544.jpg

食べロガーとしては、お店限定メニューを狙うべきなのでしょうが・・・
税込で1000円を超えるのでちっとも気が乗らない。
ならば、日替わり、かぁ。
「日替わりは何ですか?」
「三色丼とたぬきうどんです」

気が乗らないな( -_-)
結局「[b:鯖の味噌煮定食](863円)」をオーダーして店内を見渡・・・

せないわな、個室だし(*゚ー゚)>テヘヘッ

やや薄暗い照明に照らされた店内はママさんグループと子供で賑わっている、様に感じます、耳で。
BGMは琴と喧騒。

隣のテーブルでは若いカップルが随分待たされている様子。
これは時間、掛かるかな?と思っていましたが、

IMG_2547.jpg

5分で竣工。

「あ、大盛りって頼ん・・・」
「あ、そちら大盛りです」
「ああ・・そうですか・・・・・」


うう・・・

ではでは。

IMG_2552.jpg

鯖の味噌煮は皿とサイズが釣り合わないですが、骨がほぼ無くて食べやすいですね。
ちょい温いですが、塩っぱめな味付けでご飯は進みますな。

IMG_2548.jpg

まあ、ご飯は茶碗から少しだけ顔を出しているかな、くらいの盛りですが(T . T)
ご飯の炊き上がりはちょっと柔らかめ。

IMG_2550.jpg

小鉢の切り干し大根はやや甘めで味付けは濃いめ。
如何にも居酒屋のお通しみたいなお味。

IMG_2549.jpg

お新香は梅エキスに漬けたっぽい大根。

IMG_2551.jpg

味噌汁は麩とワカメ。
完食。

お上品な雰囲気作りを目指している個室居酒屋、ってのが総評。
やや塩っぱめな、如何にも居酒屋ランチ、ってなお味でした。
ボリュームは連食に適したもの。
接客はちょっと、いやかなりワタワタしていましたが、忙しかったのかな?
混んでいるとはいえ満席ではなさそうだったけれど、スタッフの数が足りないのかな?それとも??
厨房の声が丸聞こえな席だったので・・・ちょっとなぁ・・・・・

ま、個室である事に意味を持つシチュエーションならば使える、かもしれません。


桜の藩 田無アスタ店

昼総合点★★☆☆☆ 2.8



関連ランキング:居酒屋 | 田無駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ