オートボイルドダンディ。

八王子市
07 /30 2015
八王子 竹の家


グリルエスエムを出た途端、眩しい陽射しが河井を襲った。

梅雨の切れ間、か。

昨夜痛飲したジムビームが身体から浸み出しては蒸発していく、そんな昼下がり。
心地良い昨日の代償を、今、鉛の様に重い身体が支払っている。
そんな俺が向かったのが、こちら。

IMG_1349.jpg

オートボイル・・・・・

今日の俺には、こういうお店がお似合いじゃないか・・・・と、思ってね。
13:55来店。

店内は意外に広く、昭和ならではの香ばしい雰囲気が横溢している。
左の壁に沿ったカウンター席に腰を下ろすと、
妙齢の女性店員が右手に水の入ったコップを持って近づいてきた。
やや背中を丸めた俺は、伏し目がちにこう、呟いた。

ラーメン、ノーチェイサーで」
「あ、お客さん、食券を買って貰えますか」


食券、か・・・
重たい身体を引きずる様にレジへと向かいながら、改めて壁のメニューを眺める・・・

IMG_1351.jpg

チャーシューメンには早過ぎる。

レジの前に立ち、改めて「ラーメン(580円)」と告げると、プラスチック製の旧びた小さな赤い札を渡された。

IMG_1350.jpg

それを親指と人差し指で弄びながら改めて席につき、辺りを注意深く見回した。

店内の左の壁に沿ってカウンターが奥へ伸び、
右手前には厨房、奥にはテーブル席が並んでいる。
どことなく、コニーアイランドのチャイニーズレストランに似ている。
あの店のチャプスイはどうしようもなく不味かったが、
今はそんな味すらも懐かしく思えるから不思議だ・・・
フッ、俺もヤキが回ったかな。そんな昔の事なんてとうに忘れていたはずなのに。
ほろ苦い思い出を紐解きながら、俺は奥から入口にかけてゆっくりと店内を見渡し・・・

視線が止まった。

IMG_1352.jpg

厨房の入口寄りにある、不思議な機械。
ほう・・・あれが、オートでボイルする奴か。
物珍しさを憶えながら、俺はコニーアイランドの観覧車を思い出していた。
あれは18年前の暑い夏の事だった・・・

と回想に耽る暇も無く、4分でラーメン竣工。
ちびた海苔が否応無しに哀愁を誘う。
「レンゲ、使いますか?」
「ああ、いただこう」

ゆっくりと、箸を構えた。

IMG_1353.jpg

麺は縮れに縮れた白っぽい中細麺。
シコシコした食感だが、縮れ具合が何となく即席麺を思わせなくもない。
そんなところが、またイイ。
このお店の醸し出す雰囲気の中ならば、それもまた、いやむしろイイ。

具はメンマ、チャーシュー、刻み葱、海苔。
濃い茶色味を帯びたスープは透明度低め。
油分はほぼ無く、味に奥行きは感じられないが・・・
鶏と豚が、さながら旧友から届いた手紙の様に顔を出す。
あの頃を思い出す、思い出させる、懐かしい味。

山田か・・・生きていやがったか、あいつ。
そうか、今はニューオーリンズに居るのか・・・・・あれ、
どんな顔だったっけ、山田・・・・・
そんな、どこかボンヤリした余韻。

「まあいいさ。昔の事ってのは忘れる為にあるんだ」
どことなく寂し気に、微笑む様に顔を歪めながら・・・・
メンマを突っつく。
たっぷり入ったメンマには醤油の味がしっかり浸み込んでいる。
かたやチャーシューは密度ある硬めの食感だ。
どちらも懐かさを醸し出す、使い込まれた懐中時計の様な一品。
完食。

これだけは間違いなく言える。
・・・雰囲気と味が合致した一杯だった。
「昔ながらの」と銘打っておきながら、実際はちっとも「昔ながら」じゃない料理、
そういう奴が、俺は嫌いだ。

そんな「昔ながら」なんて、
「ダイナマイトボディ」と銘打っておきながら、実はBカップなグラビアアイドルの写真集に等しい。
どんなに「加工」していても、俺の目を誤魔化せやしない・・・
・・・まあ、BにはBの良さがあるがな(^_−)−☆


とにかく一度、この雰囲気を味わっておくべきだろう。
八王子に来ておいてここのラーメンを食べないなんて、モグリと言われても仕方が無い。
コニーアイランドに来ておいてコニーアイランドドッグを食べない行為に等しいからな。

店を出ると、眩しい陽射しが河井を襲った。


・・・・梅雨の切れ間、か。


※ このレビューには一部、もしくはそれ以上のフィクションが含まれます事、ご了承下さいませ。


つづく。


竹の家

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 八王子駅京王八王子駅

スポンサーサイト

【オムの細道:163】 八王子駅界隈屈指の街の洋食屋で「ヘルシー」なオム。

八王子市
07 /30 2015
京王八王子 グリルエスエム


【オムの細道シリーズ】


・・・・そうだ、エスエムに行こう。
休みの前夜、西武国分寺線に揺られながら、そう決めたのです。

・・・あ、
健全な方のヤツです(`・ω・´)キリッ
五反田じゃなくて八王子ですから(`・ω・´)キリッ

妹の安産祈願のため子安神社で参拝したあと、甲州街道へ進入。
八王子駅の北を走る甲州街道にはアーケード街が在るのですが、この辺りが旧横山宿

IMG_1348.jpg

江戸時代における八王子の中心でありました。
その旧い街並みから一本、いや二本北を走る、これまた(恐らく)旧い通りに面した・・・
町の喫茶店みたいな佇まい。
・・・・いいですねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
キーコーヒーのロゴが入った看板がまたシブい(^_−)−☆
ワクワクしながら、
13:15来店。

河井の前を老店員さんが無言で通り過ぎていきます・・・・・・・・・・・・・・

特に指示も無かったので一番奥のカウンター席に座り、メニューを。
ベテラン落語家を思わせる店主っぽい方が「いらっしゃいませ」と会釈し、
店員さんに「水を出して」と指示を出します。
メニューをちらと見て、確認完了(゚Д゚)ノ
店主に「オムライス(830円)」をオーダーして店内を見渡します。

こじんまりとした店内はほぼ満席。
地元民が多い様に見受けられますね。
親子や夫婦、カップル、男性の一人客。
土曜日だから客層はいつもと違うかもしれませんが・・・
地元に根差した人気が無ければ、これだけの客は入らないでしょう。
随分と年季が入っておりますが、カウンターはスベスベ。
右に厨房があり、それに面してI字カウンターが奥へと伸び、
左の壁に沿って2人掛けテーブル席が並び、奥には4人掛けテーブル席が数卓ある様ですが全容は窺えません。

BGMは大河ドラマの再放送、より賑やかな客の喧噪・・・
と、ここで水が出て来た。
てっきり忘れられていると思っていましたが(^_^;)

・・・む(゚- ゚ )
カウンターの上に、オムの画像が載った三角柱の形をしたPOPが。

IMG_1339.jpg

「はちおうじヘルシーメニュー」!?・・・・・・ふむ、
どうやら八王子市が推進している運動の様ですな。
・1日の野菜摂取量(350g以上)の1/3がとれて、
・エネルギーが550~750kcalの範囲内

というのがその基準らしく、このお店ではオムライスが「ヘルシーメニュー」の様です。
ほほう、ヘルシー( ̄ー ̄)ニヤリ
今日の河井、ヘルシーらしいですよヽ(´▽`)/

入口寄りのカウンター席に目玉焼きが乗ったハンバーグが2つ竣工して、
カップルの女性が「わー、美味しそう!!」と声を上げております。
・・・今日の河井は「リア充爆発しろ」とか思いません。
至って冷静、菩薩モード。
むしろ大きなハンバーグとシズル音に心奪われておりますよ(@_@)(腹減ってるだけじゃねーか河井

IMG_1344.jpg

しかし、竣工待ちの客が多いな・・・・これはかなり待ちそうな予感( -_-)

・・・・という予感は当たらず(とは言え)15分で竣工。

IMG_1346.jpg

手前にオム、奥にはサラダ。カップに入った味噌汁が添えられました。
サラダがなかなかボリューミーですなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
流石は「ヘルシーメニュー」(^_-)-☆

IMG_1345.jpg

オムは薄焼き玉子の巻きオムで、ケチャップが中心を横断しております。

ではでは。

IMG_1347.jpg

ライスはロゼカラーでパラパラな炒まり具合。
コクと旨味が薄く主張する中に仄かな酸味が顔を出し、軽く胡椒が効いています。
キッチンたかぱんぷきんと同じ系統の味付け。
この味付けならば上に掛かったケチャップが活きて来ます(^_-)-☆
色ムラは少し有りましたが軽く焦げた様な食感もあり、美味しい焼き飯みたいな味わい。
具は鶏肉、マッシュルーム、ピーマン、人参、玉ねぎと多彩ですな(^_-)-☆
ピーマン、人参、玉ねぎは微塵切りにてイン。
鶏肉は胸肉で1センチ角の大きさのがゴロゴロ入っています(^ー゚)ノ
玉子はかなり薄焼きながら、ライスが薄味な事もあって玉子の風味は何とか感じますね。
サラダはキャベツ、レタス、人参、紫キャベツ、胡瓜、大根、セロリと多品目。
いずれも瑞々しさがあり、あっさり酸味のドレッシングが野菜の味を邪魔しません。
ん~、ヘルスィィィィ~~~~ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
味噌汁はワカメと豆腐が入ったもの。
んー、美味しいねぇぇ(^_-)-☆
満足の完食。

ボリュームはそこそこ。
800円を超えてきますが、このレベルのサラダが付いてこの価格ならばむしろ安いでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ
まあ玉子が弱いのとライスの色ムラといった欠点はありますがね。
肩肘張らずに食べられる良オムだと思います(^_-)-☆

接客は・・・・2人を足してイーブンパー、ってな塩梅。
でも、会計時の応対なんかを眺めていると・・・・多分、ただ朴訥なだけで悪気は無いとは感じました(^_^;)

会計時に壁の天井近くに掛けられた2枚の調理師免許証に目が行きました。
あ・・・ご兄弟なのか(゚- ゚ )

・・・・(;゚ロ゚)ハッ
イニシャルなんだ、SとMってΣ(゚Д゚)ガーン

洋食おがわが西八王子に移転してしまった今では、こちらが八王子駅界隈を代表する「街の洋食屋」と言えましょう。
ポークソテーや季節限定のカキフライも人気らしいので、また訪れてみたいと思います<(_ _)>


つづく。


グリル エスエム

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:洋食 | 京王八王子駅八王子駅


悪魔が囁く「超」老舗。

中野区
07 /28 2015
中野坂上 萬蔵そば 尾張屋本店


カフェデカリーを出て・・・・・

うん、まだ、入るな、腹に(゚- ゚ )

折角ここまで来たのだから、軽くもう一軒行っておきたい。
で、チェックしていたこちらへ向かいました。

IMG_1313.jpg

こちらは1936年創業の老舗。
「尾張屋」と名の付くお店は大きく分けて2グループありまして、
一つは雷門系の尾張屋(神田尾張屋もこちら)、
もう一つがこちらのグループ。
こちらはその本家筋にあたるお店だそうで、
雷門系の尾張屋とは発祥を異にしますが、暖簾会は同じなんだとか。
その系譜は江戸時代後半まで遡れるらしく、
初代はきしめんを商おうとして尾張国から出てきたものの、江戸では受け入れられずにそば屋に転向したのだそうな。
どことなく高級感漂う店構えと鮮やかな紺の暖簾に、老舗としての威厳が顕れている様な気がします。

IMG_1325.jpg

14:45来店。

感じの良い店員さんに「どこでもどうぞ」と言われたので、中程の2人掛けテーブル席に座りメニューを眺めます。

IMG_1318.jpg
IMG_1317.jpg
IMG_1314.jpg
IMG_1315.jpg

うん・・・やはり若干お高めだな(^_^;)
丼物は軒並み1000円を超えて来ます。
周りには高級そうな美術品が置いてあるし・・・・・ん??

IMG_1316.jpg

食欲の悪魔のささやき・・・って、何だこれ(@_@)
・・・河井の事か!?(違
といった残念なやり取りを脳内で繰り広げたあと、

店員さんに、
普段より3音下げの低音で、デザート代わりの「もり一枚(609円)」コール。
お茶をすすりながら店内を見渡します。

老舗らしい落ち着いた雰囲気を漂わせておりますね。
だからか客層も落ち着いた感じの方ばかり。年配女性のお一人様が多いかな。
あとはタイ料理について取材する人される人。
壁は・・・

IMG_1319.jpg
何だか凄い事になってるな(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル・・・

8分で竣工。

IMG_1320.jpg

お、ウズラだ!

IMG_1323.jpg

田舎ではよく見かけたこの趣向、東京では余り見掛けない気がしますね。
東と西の違いの一つなのでしょうか?

ではでは。

IMG_1321.jpg

蕎麦はやや白味を帯びた細麺で瑞々しさがあります。
食感は若干硬めで喉越し良好。
星は無く更科っぽい形ですが、蕎麦の風味はしっかり感じますね。
つゆは黒くて辛め。
返しがしっかり主張した後に節がガツンと効いた、メリハリのあるもの。
細麺だしどっぷり浸す類じゃあござんせんね(^_−)−☆
ちょんと付けてズズッ、ちょん付けズズッ、とテンポ良く啜っていきます。
山葵もネギも風味がありますが、ネギは切りたてでは無さそうだな。
後半はウズラの卵を投入しつつ、するんと完食。

デザートは別腹、とはよく言ったものですな(違
蕎麦湯は薄めでしたが、
むしろこういうお店でドロドロポタージュな蕎麦湯が出て来たら、不粋な気がしないでもない。

ボリュームは普通に感じましたが、
河井の胃袋の状態(ランチ3軒目)からしてやや少なめと判断すべきでしょう。

食べログの評価は低いですが、いやいやどうして、ちゃんと味わえる蕎麦でしたね。
まあ、期待しないで臨んだからかもしれませんが(^_^;)
どちらかと言うと判官贔屓に分類される河井ですが、今回はそうでもないです。
(少なくともかけ蕎麦に関しては)少し高いくらいでしたので、CP的にも満足。
接客は品がありつつバタ臭さもあります、良い意味で(^_−)−☆

ふう、満腹だ・・・
腹ごなしにちょっと歩こう。
南下して初台から京王に乗ろう。

あわよくば加賀でかき揚げ蕎麦を、なんて下心があったりしましたが、やはり無理でした(^_^;)

で、改札を通ったところで・・・
あゝ・・・無情なり、人身事故を告げるアナウンスがガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
結局、府中まで2時間掛けて帰る羽目になる、

裏目、裏目の河井なのでした・・・。


萬蔵そば 尾張屋 本店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 中野坂上駅中野新橋駅西新宿五丁目駅


柔らかな午后。

中野区
07 /27 2015
中野坂上  カフェ デ カリー


フランキーアンドトリニティーを出た後、そのまま並びのこちらへ入っていきました(*゚ー゚)>テヘヘッ
14:15来店。

IMG_1311.jpg

あら、先客無し。
そして河井を独特の香辛料の匂いが包み込みます。
人の良さそうな店主がお出迎え。
手前のカウンター席に座り、振り返って背後の壁に掛かったメニューを眺めます。
カレーは6種類で一律800円。
「辛口」と書かれたナスとパプリカの挽肉カレーが気になりますが・・・・

この頃はまだ辛いものに抵抗がありましてね(^_^;)
むむむ・・・

結局、「中辛」と書かれた「[b:野菜たっぷりカレー](800円)」をオーダー。
大盛り無料なので「大盛り」でお願いします(`・ω・´)キリッ
セットのドリンクはアイスコーヒーをチョイスしました。
あ、前の店でもアイスコーヒーだったな、とやや後悔しつつ店内を見渡す、通常運転の河井です(o´・ω・`o)ノ コンニチワ

清潔感のある白壁の店内は奥に長い構造で、左に厨房、
それに面してI字カウンターが奥へと延び、右の壁に沿ってテーブルが並びます。

IMG_1309.jpg

すぐにミニサラダ竣工。
キャベツに彩り程度の人参細切りが入った簡易なもの。
たっぷりとフレンチドレッシングが掛かっていますが、酸味が強くないからくどくはありません。

5分でカレー竣工。
それほど盛りは多くありませんが、野菜はたっぷり入ってますね( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。

IMG_1310.jpg

ルーは野菜でとろみを出しているのかな、シャパとトロが分離している感じ。
具は蓮根、南瓜、インゲン、里芋、人参、茄子、ブロッコリー・・・おっと、蒟蒻まで入っているのかΣ(°д°lll)ガーン
でも、違和感は無いねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
それだけルーに存在感があります。
甘味がちょいと出て、すぐに酸味が軽く絡み、びょよよーんとスパイシーな風味が突出して、ほろ苦い余韻。
一緒に食べる野菜次第では味がかなり変化する、これ、ちょっと愉しい(^_-)-☆
辛さは中辛なり、かな?
秋津の中本の五目蒙古タンメンで玉砕した河井に、次回は辛口を攻めてみよう、と思わせる程度。
ボリュームは微妙。ガッツリな方は大盛り必須でしょう。
食べ終えてから汗がぶわあっと来ました・・・
アイスコーヒーでクールダウン(^ー゚)ノ
完食。

店主は話好きな方なのか気を使う方なのか、時事ネタを振られ、
話しながらスプーンは進み、
気がつけば完食。
気を遣っていただいたのかもしれませんが、
正直、もーちょい集中したかった、なぁんて(^_^;)(いや、でも、お気遣いありがとうございます<(_ _)>)

絶賛!とまではいかないですが、この味でこの価格で800円。
ボリュームは大盛りにしては微妙ですが無料だし、野菜もしっかり採れる。
だからCPは良いと言えます(^_−)−☆
コーヒーは前の店と比べると薄めで量も少なめに感じました。

[b:高層ビルが建つ「副都心の副都心」みたいなこの街で、]
[b:ほっと一息つけるカレー屋だなあ、]というのが総評。
職場の近くに在ったらきっと通っているでしょうね(^_−)−☆

次回は辛口を味わいたいと思います。


つづく。


カフェ デ カリー

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:カレーライス | 中野坂上駅西新宿五丁目駅西新宿駅


【オムの細道・162】 きっとまだ、入口なんだ、ここは。

中野区
07 /27 2015
中野坂上 フランキーアンドトリニティー


東中野の駅を出て南へ。
緩やかなアップダウンを楽しみつつ中野坂上へ向かいました。

目当てはこちら。
【オムの細道】における、宿題店の一つと位置付けているお店の一つです。
混雑を避けて14時くらいの到着を狙いましたが、思惑通り(^_−)−☆
階段を下りて・・・
13:55来店。

ってほぼ満席だよおいΣ(°д°lll)ガーン
思惑通りに行かなかったな、河井(ー ー;)
しかも配膳されていない客が多いなぁ。食前なのか、食後なのか、どっちだろう・・・
柔らかい物腰のお姉さんに、唯一空いていた中程の2人掛けテーブル席に通されます。
水と共にメニューを持って来た店員さんが、
「ドルフィンオムライスがオススメです」
ならばそれにしよう(^ー゚)ノ

と思いつつもメニューは眺めておこう(^_^;)

IMG_1301.jpg

ほほう、色んなオムがありますな・・・
こちらのオムライスには
開き
包み
まぜ
ドルフィン

と4つのタイプがあるみたい。

へぇ、和風あんかけオムライスなんてのもあるな・・・
特製ドルフィンオムライスにも惹かれましたが、いうても初訪問。
やはり素直に店員さんのオススメに従いませう(*゚ー゚)>テヘヘッ
ドルフィンオムライス【ドリンク、ミニサラダ付き】(950円)」をオーダー。
ドリンクはアイスコーヒーをお願いしました。

メーヤウを思い起こさせる(あそこも地下だったな)薄暗い店内はそれほど広くありません。
この日は蒸し暑い一日でしたが、そのせいかドヨっとした空気が漂っています・・・
まぁエアコンは効いていたので暑くはなかったですが。
カウンターは無く、2人掛けと4人掛けのテーブル席のみ。狭い間隔で並んでおります。

客が次々と席を立ち、お会計。
どうやら皆さん食後だったみたい(^ー゚)ノ
客の年齢層は低めで、女子率高め。
河井の両脇はお美しい女子2人組。
どちらも会社の人間関係の愚痴と黒い噂話で大いに盛り上がっていて、ちょっとゲンナリします(^_^;)

5分で竣工。

IMG_1303.jpg

画像では何度も見た事がありますが、実物はまた一段と美しい・・・
赤みを帯びたライスにオンザオムレツ、これが「ドルフィン」

IMG_1304.jpg

オム上にはケチャップで「Franky」と描かれていますね。
スプーンを刺し・・・・・おわっΣ(°д°lll)ガーン
刺した先から、とろとろっと流れ落ちますぜ!!!!
くぅ〜〜〜っ!!唾液腺をビンビンに刺激しやがるなヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
不器用な河井にしては珍しく、綺麗にオムレツを割り広げて・・・

ではでは。

IMG_1306.jpg

玉子は前述の通りトロトロな塩梅で、クリームたっぷり。
でもってライスがしっかり主張しつつ玉子を受け止めます。
ライスはケチャップライスでやや硬めな炊き上がり。
具は刻んだ玉ねぎとハム、とオーソドックス極まりないですが、甘味と旨味のバランスが良いですね。
味を足していって、濃ゆさでどうにかしよう、
ってオムライス、多いのですが・・・こちらは違う。
クドくなる遥か手前で、玉子とライスの味のバランスが計算されていますね。
やや足りない酸味は上に掛かっているケチャップで補完可能。
オムと一緒に容器に入ったケチャップも付いて来たのですが、河井は使いませんでした。

IMG_1307.jpg

付け合わせの野菜はあっさり塩味。これがオムにハマるねぇ( ´ ▽ ` )ノ

IMG_1302.jpg

サラダはキャベツ、水菜、コーンでそこそこのボリューム。

IMG_1305.jpg

アイスコーヒーはなかなか濃いですね。
瞬殺。

いやあ・・・・・

きっと、まだ入口なんだ、これは、
という期待感に包まれております、河井ったら。
もっと色んなオムをいただきたい(^_−)−☆
・・・お店の策略にハマっていますね。
でもこれは、ハマりたい。

玉子のインパクトだけじゃなく、
土台となるライスがしっかりしている、ってのが大きいですね。
ボリュームは多くありませんが、この味でサラダとコーヒー付きで950円ならば納得。

河井のテリトリーからはちょい微妙に遠いのですが、
また訪れてみたいという気持ちにさせてくれますね。

接客は初々しさを感じさせながらもソツが無い。
厨房のお兄さんも会計時に出て来て爽やかな挨拶、文句無し。

IMG_1308.jpg

このお店の底を味わいに、また訪れなければなりません(`・ω・´)キリッ


つづく。


あ、ちなみにこちら・・・スマホ(ドコモ)の電波が届かなかった事、付記しておきます。


フランキーアンドトリニティー

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:オムライス | 中野坂上駅西新宿五丁目駅西新宿駅


小ざさの最中がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!。

武蔵野市
07 /25 2015
吉祥寺 小ざさ


とある業者さんが差し入れてくれたのです、小ざさの最中。
行列嫌いな河井、こんな事でも無ければ永遠にありつけない可能性、大、であります!!
当然いただきました(`・ω・´)キリッ

白餡と黒餡の2種類いただきます。

ではでは。

IMG_0701.jpg

先ずは白餡から。
ほお、粘度高し。でも歯にくっ付かないな。
甘さは控えめで、これならば何個でも食べられそうな気配( ̄ー ̄)ニヤリ

黒餡は粒餡で、はらはらと粘度少ないタイプ。
へえ、餡によって全く違う顔を見せるか( ̄ー ̄)ニヤリ
甘味がストン、と軽やかに落ちていきます。
爽やかさの様なものを感じる甘味で余韻もしつこくありませんね。

一方皮は薄く、ただただ柔らかく、
餡を味わう為の仲立ちに徹してくれています。

うーん
確かに、美味しいわ、これ(^_^;)
そりゃあ行列も出来るわいな。

瞬殺。

派手な演出も小手先の変化も無い、で・・・・

真っ当に美味い。
こういうお店がちゃあんと評価され支持されている、ってぇのは、何だか嬉しいですね(^_-)-☆
白餡も良かったけれど、河井は断然黒餡派ですな(`・ω・´)キリッ
行列に並ぶのがダメな河井にはもうご縁が無いかもしれませんが・・・
並ぶのが苦にならない方ならば一度お試しあれ(^_-)-☆


小ざさ

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:和菓子 | 吉祥寺駅井の頭公園駅


やっぱ天然ものに限るね。

立川市
07 /25 2015
立川  はなまるうどん


そう言えば、
はなまるでカレー、食べた事ないじゃないか
で、こちらへ。
10:30来店。

お盆を持って注文口に並びながらメニューを確認。
カレーセット(530円)」にしようと思った次の瞬間、「小」という文字が目に飛び込んで来ました・・・
うどん、小かぁ( -_-)
「[b:カレーライス](380円)」を「[b:増量](100円)」しよう(゚- ゚ )

店内には女性の一人客が多いな・・・・・あれ、
河井の前に並んでるおばちゃんが、注文口の前で硬直しています・・・
い、今からオーダー決めるのかΣ(°д°lll)ガーン
10秒・・・・・・20秒、1、2、3・・・・・・・・・
先手、3回目の考慮時間に入ります・・・
店員さんが引きつった笑顔で3回目の「何になさいますか」を発したところで、ようやくオーダー。

河井は前述の通りカレーライスを増量でオーダーして、
1分で竣工。

トッピングは取らず、
・・・嗚呼、おばちゃんシケイン、再び。
レジで待っている間に小銭くらいは用意しておけーい( ゚д゚)
うーん、リズムが大幅に狂ったな・・・・・・いや、待て。
河井だってビギナーだった時はこんな感じだったじゃないか(゚- ゚ )
・・・いや、まぁ、ここまでじゃないにせよ(^_^;)
ああ、俺も東京に染まっちまったな・・・

あいや、讃岐に染まっちまったな・・・・・
会計を済ませてスプーンを取り・・・

・・・リトル河井が囁きます。
[b:天かす、掛けてみようか、河井]
って。
[b:何となくフライドオニオンみたいだし]
って。

men党さん仰るところの[b:「油分」]を補給して中程のテーブル席に座り、

ではでは。

IMG_0939.jpg

うん、マイルド・・・の中に意外にも辛さを感じますね!
しかし、単調だ。
ただ辛さのみが突出して、周囲との連携が取れないまま消えて、コクに飲み込まれる展開。
銀英伝に例えるならば、グエン・バン・ヒュー
・・・まではいかないな、ウィレム・ホーランドってところだ(解らない方はスルーでお願いします
序盤から喉にクドさがヒットしますので、塩気は結構あるのかも。

ルーは、多いな。
で、ライスは増量したにしては少なめ。何にも考えずともライスが余ることは無い。

うーむ、つまらん( -_-)
カレーはね、タクティカルであるべきだ(゚Д゚)ノ
最初の2.3口で味を知り、
その間に全容を観察してライスとルーの量を把握、
微調整を繰り返しつつ、最後の一口を黄金比率でフィニッシュすれば勝ちだ(何に?

そういう意味ではつまらないカレーでしたが、この天かすはアリですな(^_−)−☆
こちらのお店、養殖もの(既製品っぽい揚げ玉?タイプ)もあるけど、
天然もの(お店で出たっぽいリアル天かす)もあるのですよ
西国分寺店には無い(カレーも無いな)ので、お店によって在ったり無かったりするみたいですが。
養殖ものはすぐにブヨブヨになる(特にはなまるのはエゲツない)けれど、
天然ものは軟弱じゃない。
身がギュッと引き締まった、しっかりクリスプ。
[b:いやー、やっぱ天かすは天然ものに限るねぇヽ(´▽`)/]

とまあ、色々脇道に逸れてしまいましたが、
カレーについて総括すれば、
[b:「この時間ならばC&Cで朝カレー食べた方がいいですね」]となります(`_´)ゞ




関連ランキング:うどん | 立川駅立川南駅立川北駅


【オムの細道:161】 スープと共に味わうオム。

国立市
07 /24 2015
谷保  カツミ軒



【オムの細道シリーズ】


夜の谷保に初めて降り立ちました。
目的地へ行く前に辺りをブラついてみます。
谷保マーケットというイカした場所に出くわして一瞬興奮MAXに陥りましたが・・・
時間帯もあるのでしょうが、シャッター下りまくっていますね(^_^;)
BMしていた[a:13135380,うどん屋]が体調不良で休業されていたり、ちょっと淋しいです( -_-)
おっと、
ダイヤ街!??良き名じゃ!!ヽ(´▽`)/!!!

・・・も閉まっているなぁ( ノД`)
・・・・こんな顔もあったのか、谷保には。近くに住んでいながらちっとも知らなかった。
そうやってブラブラしつつ目的地へ向かうと、真っ暗な公園。
あれ?確かこの辺りなんだが・・・
その傍らに、煌々とこちらのネオンが煌いていて、
なんだかホっとしたのです。
開け放たれた戸をくぐり、
19:55来店。

カウンター席に座り、メニューを確認。

IMG_1293.jpg
IMG_1292.jpg

・・・あった( ̄ー ̄)ニヤリ
しかし、
ここに来たならば、
名物のラーメンをチョイスするのが定石。
それは、解っているのだ・・・

河井の心は千々に乱れます。

3秒後(にしては速くないか河井)
厨房内のおばちゃんに「オムライス(750円)」をオーダー。

年季の入った店内は狭く、8席ほどのI字カウンターのみ。
その向こうに厨房があります。
外にテーブルが2卓、アクティブな状態で置かれているので、混雑時にはそちらも稼働するのでしょう。
カウンター上にはニンニク、胡椒、酢、醤油、辣油、七味、中濃ソース、
あと唐辛子かな?辛そうな赤いやつが入った瓶が備え付けられておりますね。

先客は居ませんでしたが、オーダー直後に常連さん夫婦が来店してラーメンと餃子ををオーダー。
と同時におばちゃんに呼ばれた店主登場。
常連さんと会話を弾ませつつチキンライスを炒め始めます。
壁には色んな有名人の色紙が飾られておりますな。
そう言えばこちら、[b:YOUさんの親戚]だって情報があったっけ(゚- ゚ )

改めてメニューを見ると・・・・・・

IMG_1294.jpg
IMG_1295.jpg

へぇ!!
店の前の公園のテーブルで食べることも出来るんだ(@_@)
ちょっと面白そうだな( ̄ー ̄)ニヤリ
でも真っ暗だから夜は無理だな( -_-)
BGMはケンミンショーと地元ディープな谷保の近況談義。

12分で竣工。

IMG_1298.jpg

おやおや、なかなかに雄大な体躯( ̄ー ̄)ニヤリ
ガッツリ喰らう予定ではなかったんだけど(^_^;)
ボテっとしたオムの上にはチョボっとケチャップがディップ。
これに中華スープが付いて来ました。

ではでは。

IMG_1297.jpg

玉子はハードタイプの薄焼きで、底まで巻いてありますな。
具は豚肉と玉ねぎですが豚肉は飾り程度。
ライスはケチャップライスで、パラパラでムラ無し。炒めスキルの確かさは感じます。
味付けは薄味なので掛かっているケチャップには意味がありますね。
玉子もライスも水気少なめなので、徐々に口の中がモソモソし始めます。
終盤にはケチャップを使い果たしてしまい、同時に飽きがやって来た(゚- ゚ )
ここで、中華スープだ(゚Д゚)ノオリャアア

IMG_1296.jpg

透明度は低いですが、すっきりアッサリ美味しいね(^_-)-☆
スープを味わい、オムを頬張る。
これがここでのオム喰らいの最善手、ですな( ̄ー ̄)ニヤリ


しかし・・・・気になるな、「辛そうなやつ」(゚- ゚ )(結局また飽きた)

ちょっと摘んでみよう・・・・・・・だっ

でゅえやあぁあああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!


・・・・こ、これ、


唐辛子だ(見た目通りだな河井

酸っぱい唐辛子だ(B級ホラー映画みたいなベタ展開だな河井

これは失敗した・・・・(しかも「ちょっと」と言いながら結構乗せたよな河井


・・・自爆しつつ完食。

ボリュームはそこそこありましたね。
あと、胃袋が熱いです\(^o^)/バカヤロウ

接客は普通の中華食堂なそれ。
水が温かったのはちょい残念。
正直オムライスは微妙でしたが、中華スープの美味しさを鑑みれば、
メニューにオススメと書かれていたラーメンやチャーハン辺りのオーダーが妥当なのでしょうね。
次回はラーメンを公園でいただきたいと思います。


カツミ軒

夜総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:中華料理 | 谷保駅


海鮮丼という名のめかぶ丼。

西東京市
07 /23 2015
田無 磯丸水産


こちらが新しくオープンしたのは知っていました。
最近よく見かけるな、という印象がある24時間営業の居酒屋さんですが、
店の前に丼物メニューが貼り出されておりまして・・・
ほほう、ランチか( ̄ー ̄)ニヤリ
14:20来店。

カウンター席に通され、ランチメニューを。
メニューにはちょくちょく「名物」と書かれていますが・・・
河井の経験では、
「名物」が多い店は大概・・・なんだよなぁ(ー ー;)
店のイチ押しは「海鮮こぼれ丼」の様ですな。
でも、確かにこぼれるような写真の見た目だけれど、厚みがピロピロだという情報を得ているからなぁ、
税込みだと妖怪「千円またぎ」が顔を覗かせる価格だし。
うーん・・・・・熟慮の末、
店名が入っているから、という理由で
海鮮磯丸丼(830円)」を「ご飯大盛り(105円)」でオーダー。

真新しい居酒屋だな、って店内です。
客は2人。
店員さんの方が多く、盛り上がりっぷりでも上回っていますね。
何故だろう、アウェー感があります(^_^;)

2分で竣工、速いねぇ。
ゴマが、わっさぁぁ~・・・っとかかっていますな。

IMG_0934.jpg


ではでは。

味は、付いてるか。
醤油を掛ける前に味見して良かった(^_^;)
酢飯はやや甘い塩梅で、炊き上がりは悪くないですね。
具はまぐろ、イカ、イクラ、ツブ貝?、めかぶ、あとはワサワサとゴマ。
まぐろはスジと軟骨入りで面白味無し。
イカはイカ以上ではないがイカ以下でもなく、イカである(`・ω・´)キリッ
イクラはイクラの味がして、ソツの無いパフォーマンス。
ツブ貝は風味無く、食感を楽しむだけのツール。
めかぶはかなり入っていますね、
つか、めかぶの味しかしねぇヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
ゴマも沢山掛かっていて・・・

・・・うん、
つまりはめかぶの旨味とゴマの香ばしさがメインでイクラが隠し味、
合間に他の具の食感を楽しむ丼なり(゚Д゚)ノ

粛々と完食。

ボリュームは大盛りなりにはありましたので、先ずは満足。
接客は24H営業のお店のアイドルタイム、ってな雰囲気で、お疲れ様です<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
「水産」と名乗る割には水産物が・・・ってのが総評。
これで大盛り930円、と考えるとかなり割高に感じます。
CP面だと府中のやまけい、立川のまぐろ市場辺りに周回遅れにされちゃう感じ。
味ならば町のお寿司屋さんのちらしランチには到底敵わないし、1000円を切るお店も増えて来たからなぁ。

・・・まあ、24時間いつでも開いていて、竣工時間が速いという利便性は、アリでしょう。


磯丸水産 田無北口店

昼総合点★★☆☆☆ 2.6



関連ランキング:居酒屋 | 田無駅


【オムの細道:160】 鶴が舞う中華食堂でオム。

西東京市
07 /23 2015
西武柳沢 多摩爺


【オムの細道シリーズ】


西武柳沢、初上陸であります。
河井、「せいぶやなぎさわ」だとばかり思っていましたが、
「やぎさわ」なんですね、お恥ずかしい( -_-)・・・

駅を降りると・・・おおお!いいねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
これはドキドキする町並みだ・・・
駅前にそこそこ人は居るのに、どこにでも見掛けるチェーン店が無い、ってのが新鮮だ!!(゚Д゚)ノ!!!!
最近、こういう町並みに飢えていたんだな、と実感しました河井です(o´・ω・`o)ノ コンニチワ
[a:13089147,宮殿]という名の細い間口の喫茶店が、まぁた只者ではない雰囲気を醸し出していますねぇ。
これはブラブラ歩きたくなるな・・・(;゚ロ゚)ハッ
いや、今は目的地へ急がねば!
早仕舞いしてしまう可能性だってありますからね(`・ω・´)キリッ

IMG_1257.jpg

ほう。
老舗の中華食堂である事を全身で表現していますな。
中の灯りに暗く映し出されたショーケースには、古ぼけたサンプルが並んでいます。

うーん・・・たまらんねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
辛抱たまらんねぇぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

・・・入るかねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
20:40来店。

扉を開けると、そこは昭和モダンな中華食堂。
振り返れば、緑色のプラ製飲み物メニューが。

IMG_1267.jpg

いいねぇ・・・・暫し、心奪われます。
やがて奥から出て来たおばちゃんに促されるように壁際のテーブル席に座り、メニューを確認。
ちょい値上がりしていましたが、ありました( ´ ▽ ` )ノ

IMG_1260.jpg
IMG_1258.jpg

おばちゃんに「[b:オムライス](800円)」をオーダー。
麦茶を飲みながら店内を見渡しま・・・・・・・え?

ええええ!???


IMG_1261.jpg

鶴だ、
壁に鶴が舞っているガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
何だこの店、底が知れない(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

店内は十二分に年季が入っていますが、テーブルはスベスベで床もベタつきません。
丁寧かつ誠実な仕事ぶりが伺えますな。
厨房が奥にあり、それに面して3席ほどのカウンターが設けられていますが、
使われているかどうか怪しいところ。あとはテーブル席。
「鶴」寄りのテーブルには金属製の黒い仕切りの様な飾りの様な衝立が置かれ、情緒を盛り上げます。

IMG_1262.jpg

ワクワクMAXにて後座候( ´ ▽ ` )ノ
先客は無し。結局最後まで貸し切り状態でした。
BGMは1990年代前半の邦楽ヒット曲のインスト。

8分で竣工。
む?何だか中華食堂のオムっぽくないな・・・という、違和感。

IMG_1263.jpg

薄焼き玉子の巻きオムで、型押しされたようなライスのフォルムが玉子上から見て取れます。
スプーンにケチャップがインしているのはご愛嬌(^ー゚)ノ
奥にはサラダが盛り付けられていて、
with中華スープ。

ではでは。

IMG_1265.jpg

ケチャップライスはしっとりしたタイプで、味付けはそれほど濃くはないですね。
具は鶏肉と玉ねぎで玉ねぎシャキシャキ。鶏肉は胸肉かな、ゴロゴロ入っております。
玉子は薄焼きタイプながらふんわりとした厚みがあって・・・
この点が、薄焼きの限界を極めんとする他の中華食堂のオムとはちょっと違う。

IMG_1266.jpg

サラダはキャベツの千切り、胡瓜のスライス2枚、トマト1切れ、レモンスライス、パセリ。

IMG_1264.jpg

中華スープは昔懐かし醤油ラーメンのそれ。
するんと完食。

ボリュームはそこそこありましたね。
野菜もあるし鶏肉もしっかり入っていたので、割高には思わなかったです。
次回は酢豚ラーメンとか、攻めてみませうかね( ̄ー ̄)ニヤリ


そして、こちら。
後で調べていて知ったのですが・・・

河井、「たまじい」
だとばかり思っていましたが、
「たまや」
なのですね、お恥ずかしい( -_-)


(有)多摩爺

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 西武柳沢駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ