アスタまにあ〜な:②。

西東京市
06 /29 2015
田無  東秀


2015.2訪問

うーん、

決まらない( -_-)
何を喰らうべきか、決まらない( -_-)
こういう時は、「取りあえず」なアスタに入ってしまおぅ。

うーーん、

決まらな(ry
巡って巡って最後のお店がこちらでした。
店員さんの「いらっしゃいませどーぞー」
の声にじりじりと引きずられる形で、
14:55来店。

ランチは15時までだからまだ間に合うな(^_^;)
でも、食指が動かない(゚- ゚ )
30円お得、とか微妙過ぎて惹かれない(゜-゜)
この辺りは日高屋のそれと似ているな。
うーーーん、

単品、だな(`・ω・´)キリッ
んで、麺よか飯だ(゚Д゚)ノ
昔在った担々麺があればライス付けて食べたかったなぁ・・・
辣のみで決して美味しくはなかったんだけれど、妙に中毒性があったんだよな(゚‐゚*)
メニューから消えて、一時復活したんだけれど味が変わっていて、
ペースト状の辛味噌が河井に合わなかったんだよな( -_-)
とか思い出しつつ、丼物に目が向きます。
麻婆か中華かスタミナか・・・

うーーーーん・・・・・


ボタンを押して店員さんを呼び、

スタミナ焼肉丼(604円)」を「大盛り(108円)」でオーダー。

広い、ですね(@_@)
こんな広々とした東秀、初めてかも。
店内中央には仕切りのあるテーブルカウンターが置かれ、
その周りにはテーブル席が衛星の如く並び、
入り口脇にはI字カウンター。
客層は家族連れと年配女性のお一人様がメインで4割の入り。
BGMはJPOPのチープなインストアレンジ。
それが何となくうらぶれた感を醸し出します。

8分で竣工。
うーん、
まあ、こんな感じだろうな。
with中華スープ。

ではでは。

IMG_0586.jpg

うん、
いかにも東秀の炒め物、ってお味。
味付けがオイリーなのは、もはや伝統と言って良いのかもしれない(゜-゜)
具は豚肉、玉ねぎ、ニンニクの芽で、輪切りの唐辛子が点在しています。
よって、ほんの少しピリ辛な塩梅。
生姜とニンニクと塩気で食べ進む展開です。

河井が学生の頃は学生で賑わっていましたが、現在のこちらは河井の人生の先輩方が大半。
うーん、この違いは何故だろう?
立地や時間帯の影響は当然あるのでしょうが、果たしてそれだけなのかな。

ご飯はちょい柔らかめな炊き上がり。
中華スープは、鶏ガラっぽい風味のあるやや甘めのもの。まあそれなり。
淡々と完食。

ボリュームはそれなり。
接客は多分に機械的ですが私語は聞こえなかったので、[a:13126566,分倍河原のお店]の30倍は良かったですね(^_−)−☆
ただ、日高屋と比べるとお得感に欠けます。
落ち着いて手軽に食事したい方にはオススメ出来る、かな。


中華東秀 田無店

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:中華料理 | 田無駅


スポンサーサイト

【オムの細道:147】夜の伊勢丹は穴場だね・・・いや、あれ?どーなんだろ。

立川市
06 /29 2015
立川 京の洋食工房 MOLLette 立川伊勢丹店


【オムの細道シリーズ】



夜の伊勢丹は穴場だな( ̄ー ̄)ニヤリ
グランデュオやルミネのレストラン街は人まみれなのに、こちらは適度に空いていました。
この日はイセタンダイニングでオムろうと決めていたのですが、
既に閉店作業?を始めていた?ので何だか気まずい(ー ー;)
するとこちらのショーケースにオムがありました(^_−)−☆
ほう、ジェノバ風オムライスとな?
何となく味は想像出来ますが・・・そのタイプ、食べた事ないな( ̄ー ̄)ニヤリ
19:45来店。

中程のテーブル席に通され、一応メニューを眺めると・・・あら、色々種類がありますね。
オムに力を入れているお店だったのか・・・
BMは・・・して・・・・・た(*゚ー゚)>テヘヘッ
いやあ、忘れてました(^_^;)
デミを筆頭に湯葉とかビーフシチューとか、色々あるぞ!??
・・・いや、
迷うな河井、最初にピンと来たのを頼もう(゚Д゚)ノ

ってことで「ジェノバ風オムライス(1000円)」をオーダー。

店内はテーブルのみで、丁寧な仕切りがありますね。
客は1組居ましたがすぐに出てしまい貸し切りになりました。

4分で竣工。速いな・・・・・ちょっと不安(゚- ゚ )

IMG_0997.jpg

想像通り、バジルの香りが漂います。
円形の乗せオムですな。
上にはドライトマトを戻したようなトマトが掛かり、周りをバジルソースが囲んでおります。

ではでは。

IMG_0998.jpg

玉子はリバースタイプでトロは無くフワフワな塩梅。
卵のボリュームは結構あります。
ライスはパラっとした塩梅で、トマト風味の薄味。
具はマッシュルーム。キノコがもう一種使われているかもしれません。
チーズも入ってるな。でも肉系はナッシング。
ライスに色ムラがあるのは残念なところ。
スープはあっさりしたトマトコンソメスープで、
井之頭五郎の言葉をチョイト拝借するならば、
「トマトとトマトがダブってしまった」状態。
瞬殺。

ボリュームは普通。
味も想定の範囲内。
だからちょい高く感じますかね・・・
しかし、伊勢丹、穴場ですよ。
実際、グランデュオより高い訳でもないしね。
他が伊勢丹に入っている店舗並に高くなったのかもしれませんが。

・・・・ん?
これって・・・
「伊勢丹」の質が落ちてきて、グランデュオやルミネに並ばれた、とも解釈出来るな(゚- ゚ )
ま、いずれにせよ
こういうところはちょっとお高め、ってのは間違い無い(`・ω・´)キリッ

接客は丁寧で良かったですよ。
でももう一度訪れたいか、と問われれば・・・・

うーん、
って、なるな(゚- ゚ )


京の洋食工房 MOLLette 立川伊勢丹

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:洋食 | 立川北駅立川駅立川南駅


灰緑なお店であさりチャーハン。

武蔵野市
06 /28 2015
吉祥寺 みんみん


ジョンヘンリーズ スタデイでオムったあと、予定していたお店へ向か・・・・・・うっわ!!!

サトウ:の行列半端ねぇガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
交差点の向こうまで渡っとるがなΣ(゚Д゚)ガーン
小ざさもこれに負けてないな・・・・
そんな行列の競演をすり抜けてハモニカ横丁へ進入。
さて、どこかな・・・・・あれか( ̄ー ̄)ニヤリ
覗いてみると・・・・・

空いてた(゚Д゚)ノ
15:05来店。

入口近くのカウンター席に腰を下ろしながら「あさりチャーハン(720円)」をオーダー。

店内は左に厨房、右にテーブル。
厨房に沿ってI字カウンターが伸びます。
灰緑色に塗られたカウンターがいい味出してますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
タイル貼りの厨房もハマってます。
そんな店内を眺めていたら、クーピーペンシルを思い出しました。
子供の頃、図工の時間で使ったな。
河井は30色入りのを使っていて、その中に灰緑があってお気に入りだったっけ。
でもって大体クラスに1人くらい60色入りのを持っているヤツがいるのですよ(^_-)-☆
で、珍しい色のを借りたりしてたっけな。
でもさ、
あれ・・・全部使いきった人っているのかな(^_^;)

客は8割の入り。
店員は6人。
多いな、と感じましたがテイクアウトの客がひっきりなしに来るので妥当の様です。
店内の客の回転は速く、常に動いていますね。
それを店主らしき人が巧く回している感じ。店内に心地良いテンポが生まれています。
ミトヤのホール担当はここも訪れた方がいいと思うな(`・ω・´)キリッ
たまに中国語が飛び交いますので、そっち系のお店の様ですね。
客のオーダーはチャーハンと餃子、餃子とビール・・・・・・
つまりは餃子を中心に回っている塩梅。
餃子も頼めば良かったか。。。。
いやいや、
餃子を頼んだらビールも呑みたくなるのが人情ってものだ(゚Д゚)ノ
連食にビールは禁じ手なり(`・ω・´)キリッ
BGMはありませんが、厨房の活気が代わりになっていますな。

7分で竣工。

IMG_0976.jpg

アサリ、見えますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
チャーハンの傍には搾菜が控えております。

IMG_0977.jpg

with野菜スープ。

ではでは。

ご飯はパラっと感じながらももちゃっとした炒め具合で薄味。
これにアサリがヒットすると[b:じわあっ]とそれ由来の風味が立ちます。
合うね、アサリ( ̄ー ̄)ニヤリ
具は玉子、アサリ、グリーンピース。
グリーンピースは硬めでGOOD(^ー゚)ノ
んでもって脇にドンと添えられた厚みある搾菜が好アシスト。
しかし炒めスキルは今一つ( -_-)
炒めムラが数カ所ありましたしね。
野菜スープはキャベツが美味しかったです。
瞬殺。

ボリュームは普通。
接客はホールのおばちゃんがモタついていましたが、それをみんなでフォローしていましたね。
そういうチームワークとテンポがが良い雰囲気と健康的な活気を生み出していました。

次回は餃子&ビールもいただきたいです(^_-)-☆


みんみん

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 吉祥寺駅井の頭公園駅


【オムの細道:146】 I Don't Know What オム Is。

武蔵野市
06 /27 2015
吉祥寺 ジョンヘンリーズスタディ


【オムの細道シリーズ】



週末の井の頭公園なんて行くもんじゃない。
Long Ago And Far Awayデートで訪れたなぁ、なんてthat old feelingに浸る暇は無い。
人だらけだからなΣ(゚Д゚)ガーン
まぁそりゃそーだ・・・今日はGWの始まりを告げる週末なのだから( -_-)
んでもって狙っていたペパカフェ・フォレストの店の前には、案の定20人くらい並んでいるワケですよ( -_-)
心の中のリトル河井が叫んでる・・・
Let's get lost!!って(゚- ゚ )
人波を掻き分けて渡ったばかりの井の頭池をまた渡り返し、人波をまた掻き分けて北口へ向かいます。
ラーメン屋ばかりの一角に、
モア、スクラッチ、まざあ・ぐうすとシブ~いお店が立ち並ぶ一角が現れました。
こちらはその中の一軒。
どうも階下のモア、向かいのスクラッチとオーナーが同じ様ですね。
そしてそのオーナー・・・jazz好きなら知らない人は居ないあの「メグ」のオーナー、寺島靖国氏の様ですね(後で知ったんですけどね
店名を直訳すると、

ジョン・ヘンリーの書斎。
ジョン・ヘンリーは日本で言うところの「山田太郎」みたいな、ありふれた名前らしい(と後で調べたんですけどね
ま、つまりは「とある誰かの書斎」って事でしょうか。
狭く急な階段を上って3階へ上がり、カランカランとドアを開けたのでした。
14:20来店。

奥の窓際のテーブル席に座り、メニューを眺め・・・あった( ̄ー ̄)ニヤリ

クールな女性店員さんに
ランチの「明太子と麦みそのオムライス(997円)」をオーダー。
セットのドリンクはアイスコーヒーをお願いして、店内を見渡します。

IMG_0972.jpg

我ながらいい席を択んだな( ̄ー ̄)ニヤリ
年季の入った、雰囲気の良いお店ですな。
窓は汚れていますが、薄汚れたフィルタを通して眺める吉祥寺の路地、ってのもまた乙。

先客は3人で何れもお一人様の若い男女。
待っている間にカップルや女子のグループが来店。みな若いですね(^_^;)
会話を漏れ聞くと、ネクタイの結び方がどうのとか新人研修がどうのとか。
みな新社会人かぁ・・・
いい店知ってるじゃないか、若いの( ̄ー ̄)ニヤリ
店内にはカウンターは無く、右奥に厨房がある様ですな。
奥の壁には書斎宜しく洋書やら洋酒が並んでいます。
BGMはビッグバンドJAZZやら70’sの洋楽やらキャロルキングやらナットキングコールやら雑多ですが、いずれも趣味が良い。
これは有線じゃなくて1曲1曲CDで流しているな?
雰囲気の良いショットバーで有線のジャズが流れていると少し凹む河井・・・こういう趣向、好きであります( ̄ー ̄)ニヤリ

8分で竣工。

IMG_0973.jpg

ほうほう(゚- ゚ )
円い平皿の中心に、円いオム。
上には明太子が乗っけ盛り。
その上を大葉と刻み海苔が彩り、外縁をレタスで囲んでおりますね。
withカップスープ。
スプーンを手に取り、

ではでは。

IMG_0974.jpg

ライスは胡麻が掛かった白米か・・・
これに明太子を適宜ライスに合わせつつ食べ進める展開。
まぁ、オムライスと名乗っているからにはオムライスである(`・ω・´)キリッ
玉子はふんだんに使われていて厚みがあり、トロは無いけれどフワはあります。
麦味噌はレタスに回し掛けられていてドレッシングの様な立ち位置ですが、
優しく全体に影響を及ぼしていますね。
玉子がややオイリーなのと、ライスが柔らかめでダマになっていたのがマイナスポイント。
大葉がサッパリさせてくれますがリセットするまでには至らず、スープも使ってオイリーな余韻をやり過ごしつつ完食。
アイスコーヒーはしっかり濃かったです。

ボリュームは喫茶店にしては多め。
ま、連食の妨げにはなりませんでしたが。
しかし、こういうオムもあるのか・・・まだまだ河井、オムを知らないなぁ(^_^;)

因みに灰皿が備え付けてありましたので、喫煙可と思われます。

IMG_0975.jpg

さて・・・・ 胃袋殿のDaybreakにはまだ早いな・・・


つづく。

タイトルはチェット・ベイカーに馴染みのあるスタンダードな楽曲インスパイア。


ジョンヘンリーズ スタデイ

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:バー | 吉祥寺駅井の頭公園駅


餡使いの巧いお店にハズレ無し。

西東京市
06 /27 2015
田無  黄河


ああ、決まらない。
15:00を過ぎると、途端に選択肢が狭まるのが田無クオリティ
未訪店がだんだん減っていくのは嬉しくもあり、悲しくもありますな(^_^;)
この日はギャンブルしました。
営業時間が分からないけれど、試しに行ってみるかとこちらへ。
細い路地へ入ると・・・ありました。
昭和な佇まい、河井好みなり( ̄ー ̄)ニヤリ
と同時に、入りにくいという矛盾( -_-)
・・・・暖簾、出てるな(゚- ゚ )
お客は・・・いるな(゜-゜)
・・・・15:15来店。

座っていたのは客じゃなくて店主でしたΣ(°д°lll)ガーン
「や、やってますか」
「いらっしゃいませ」

という微妙に噛み合わないやり取りを経て入口近くのカウンター席に座り、
壁に貼られている色褪せた短冊メニューを眺めます。
オムは、無いか・・・
オムがあるという情報があったのですが・・・他の店だったかもしれないな(^_^;)

うーん・・・・

挨拶代わりの「中華丼(750円)」を「大盛り(不明)」でオーダー。

朱が褪せてオレンジになったL字カウンターがいい味出していますね(^_−)−☆
テーブル席は無く背後の通路も狭い、こじんまりとした店内です。
壁際に雑誌が積まれていたり、幾分ごちゃっとしてはいますが、
カウンターも床もベタ付き無し。
待っている間に常連さんが2人別々に来店し、店主とユルい会話を楽しみつつ呑み始めました。
改めてメニューを見上げると、ラーメンはワンコインですね。
定食ものは800円くらいで収まり、麻婆丼やカツ丼といった丼物もあります。
BGMは昔のドラマの再放送。

8分で竣工。
沢庵と中華スープが付いて来ました。

ではでは。

IMG_0654.jpg

具は白菜メインで玉ねぎ、人参、ピーマン、キクラゲ、少々の豚肉とエビ、そして[u:ウズラの玉子](^_−)−☆
それぞれ適度な歯触りを残した火の通り。
店主、なかなかやるな(^_−)−☆
餡は醤油ベースで、酸味と旨味のバランスが取れています。
胡椒が効いているのかスパイシーさも感じますね。
だからか、最後まで飽きずにいただけました。
ご飯は悪くない炊き上がり。
中華スープは生姜遣いの上手さを感じるお味。
完食。

ボリュームは大盛りにしてはやや少ないか(あくまで河井的には、です(^_^;)
お会計は850円。大盛りは100円増し。CP的には悪くないと思います。
だってここ、雰囲気こそユルいですが、悪くないお味でしたから。
立地は全然宜しくないですが、しぶとく残っているって事はそう言う事なのでしょう。
常連さん達が何となくお酒に慣れた感じだったので、歓楽街の匂いがしました。
以前はこの辺りに歓楽街があったのかもしれません。
この界隈はちょうど田無駅と田無神社の間に位置していて、大きな呉服屋や喫茶店が点在しています。
大きな呉服屋がある通りは旧くに栄えた、もしくは旧くから栄えている通り、というのが河井の経験則。
この辺りは以前(駅前に大型商業施設ができる前)、メインストリートだったのかもしれませんね。

なぁんて思いを巡らせつつ店を後にした、河井なのでした。


黄河

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 田無駅西武柳沢駅


鉢形城巡りのお供に。

大里郡寄居町
06 /26 2015
寄居  伊勢屋


[a:11016102,今井屋]を出て[a:11014213,つばき]まで歩く道すがら、


IMG_0787.jpg

[b:食べログにも載っていない真新しい和菓子屋発見!!!]
[i:何故こんなところに!?]
という寂しい立地に[b:「すいーつらぼ 伊勢屋」]と描かれた大きな看板がでーんと。

思わず入ってしまったのは食べロガーの悲しい性、といったところでしょう(^_^;)

店内に入るとショーケースがお出迎え。
右手にある調理場、あいや「らぼ」から壮年の店主が出て来ました。
「[b:みたらし](100円)」
「[b:赤飯おにぎり](100円)」
を購入。

その後、つばきでオムって満腹になってしまい、
データ量に到達したスマホ宜しく重い足取りでヨタヨタと鉢形城へ向かいます。
途中、今井屋に貼られていたカレンダーで気になっていた[a:11025353,肉のみねぎし]を見つけましたが、

[b:もう、入らない( TДT)]

無念の通過・・・

やがて道は下り坂になり、川にぶち当たりますと、

IMG_0797.jpg

川の向こうに見えてきました鉢形城ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
その雄姿をまじまじと眺めつつコンビニに入り、レモンジーナを衝動買い。
[b:なぜ、炭酸を択んだんだ河井Σ(°д°lll)ガーン]

と己を激しく責めつつも一気に飲み干し、気合充填。
橋を渡ると、緩やかな上り坂が延々と続きます・・・
城を右手に見つつ歩き続け・・・・・[b:おお!!!!!!!
・・・土塁、立派に残ってるじゃないのヽ(´▽`)/]
アドレナリンがケチャップみたいにドバッと出ました。
史料館を訪れてじっくり鑑賞&一休みして、
一路、大手へ向かいます。
城巡りにおいて、まず[b:大手門からclimb onする]のが河井スタイル。
やはり正面玄関から入るのが礼儀といふものですから(`・ω・´)キリッ
そして、虎口。
(虎口についての参考資料は[a:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%8E%E5%8F%A3,こちら](^ー゚)ノ)
昔・・・・
二条城の枡形虎口で取り乱し、ひとしきりその虎口の素晴らしさを語ったあと、
満面の笑みで振り向いた先にあった、
従姉妹と叔母の呆れ顔が忘れられません(T . T)

大手に到着。いやー、歩いたなあ(^_^;)
ここで、お腹に少し、空きが出来た(゚‐゚*)
前方には御誂え向きに休憩所が在ります(^_−)−☆
・・・・ここでいただくとしよう。

IMG_0851.jpg

包みを開けて・・・・

IMG_0852.jpg

ではでは。

たっぷり付いたみたらしは・・・甘、じょっぱ美味いな。
団子は硬めで焦げ目の香ばしさを堪能出来ます。
城巡りには柔らかくて伸びのある団子よりも、こういうタイプの方が風情が出ると思います( ̄ー ̄)ニヤリ
しかし、お茶が欲しいな・・・
とか思いながらペットボトルの水をグビグビ。

IMG_0855.jpg

赤飯はちょっと潰れてしまった( -_-)
まあ、それだけ歩いたという事か・・・
お、美味い!
やや硬めで噛むごとにもちもちもっちり。
塩気がやや強めに効いているのもいいね(^_−)−☆
これは、歩き疲れていた河井の身体が塩を欲していたから、って可能性もありますがね(^_^;)
豆は硬めで河井の好きな食感。
瞬殺。

安くも高くもない価格ですが、この味ならば納得。
元気、復活(゚Д゚)ノ

ひとしきり虎口を愛でたあと、じっくりと城を味わい尽くした河井なのでした。

IMG_0868.jpg

で、帰り道。
肉のみねぎしの手前の古い建物をチラッと見て・・・・もう一度見て、立ち止まりました。
看板は外されていましたが[b:「伊勢屋」の跡がくっきりと浮かび上がっていたのです!]
帰って調べてみたら、やはりそうでした。
こちら、50年以上続く老舗の様ですね。
鉢形城の一の曲輪手前で無情にもスマホの電源が切れてしまい、この時は写真を撮れなかったのですが、
行きに偶然撮っていたので旧店舗の写真もUP・・・・・出来なかった( -_-)
2kbの罠、か( -_-)

しかし、寄居・・・実に歩き甲斐がある町でしたね。
今井屋のレビューでも書きましたが、モータリゼーション前の細い道がそこかしこに残っているのです。
もしかしたら、秩父歩きよりも愉しめるかもしれませんよ(^_−)−☆

IMG_0800.jpg


伊勢屋

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:和菓子 | 寄居駅玉淀駅


【オムの細道:142】 寄居でオム。

大里郡寄居町
06 /25 2015
寄居 つばき



【オムの細道シリーズ】


今井屋でタレカツ丼をいただいた後、一路こちらへ向かいます。
しかし・・・遠いなぁ(゚- ゚ )
でも、寄居駅周辺でオムれるところ、かなり調べたんだけど・・・ここしか無さそうだから仕方ない( -_-)
途中、偶然見つけた和菓子屋で団子と赤飯おにぎりを衝動買い。

IMG_0787.jpg

城で食べよう(^ー゚)ノ
なあんて気楽に思っていたのです、この時は・・・

やがて、踏切の向こうにこちらが見えて来ましたよ(^_−)−☆

IMG_0788.jpg

おおお・・・ちょっと、これは・・・勇気が要るな(゚‐゚*)
昭和4、50年代のドライブインみたいな外観。

IMG_0789.jpg

入口前に車が横付けされているので、先客は居そうだ。
少し、安堵。
1回、大きく深呼吸して、

13:25来店。

先客、無しガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

自然光が照明代わりの薄暗い店内で、カウンターの白だけが目立ちます。
カウンターへ通されて座り、使い込まれたメニューを眺め・・・・・・あった(^_−)−☆
店主に「洋食屋のオムライス(900円)」をオーダー。

すると店主が「嘘でしょ!??」ってな表情で、

「オ、オムライスですか?」

・・・さも、ありなん。
店主はきっと、河井が「旅人」だという事を察知していたのでしょう。
実はこちら、今井屋まるい食堂と並ぶ「寄居カツ丼御三家」の一軒。
だから、こちらの名物であるカツ丼系をオーダーすると思っていらした様ですが・・・・すいません、
河井、オムの旅人なのです<(_ _)>

・・・数秒後、落ち着いた店主が
「チーズかかりますけど大丈夫ですか」
その言葉にかぶせる様に奥様が、ニッコリ笑って
「ピザみたいなのよ!」

河井は微笑をたたえながら「大丈夫です」

・・・と答えましたが「どんなだろう!?」
と思いつつ、店内を見渡します。

店内は年季が入ってますねぇ。天井の高さが開放感を生んでいます。
右に白いカウンターが奥へと伸び、その中に厨房。
左には小上がりが3卓。こちらは広くスペースが取られていて、座敷の様な役割もしそうです。
清潔感は、微妙かな(^_^;)
まあ薄暗さが河井の心理に影響を及ぼしている、ってのはあります。

5分で竣工。
「真ん中にチーズ入ってるから」
「熱々だから気をつけてね」

と奥様が

にこやかに頷きつつ、
あ、これ、やっちまったな
と思っていました・・・・・

IMG_0790.jpg

軍艦島みたいな形状の巻きオムは、薄焼き卵ごと型で成型された様なフォルム。
薄焼き卵では覆いきれないのか、赤いライスが端から見えています。
つまり、米密度高し(゚Д゚)ノ
今井屋でカツ丼をいただいてから30分以上経過して、既に満腹中枢が作動し始めていたのですが・・・
カツがオイリーだったからか想定外の満腹感。
そんなところに、このオムだ。

・・・準備万端で寄居に臨んだのに、
2回戦で敢え無く散るのか河井・・・・・

つか「いせや」で買った団子と赤飯が3回戦の相手として待機しているぞ河井Σ(°д°lll)ガーン
硬直した河井の目の前に、
「はい、これもどうぞ」
と奥様がキュウリの漬物をサーブしてくれました。

ではでは。

ライスはケチャップでしっかり味付けされていて、具は玉ねぎと豚バラ。
よってポークライスですな。
豚バラはたっぷり入ってますねぇ。
そして予想通り、米密度、高し(^_^;)
コンビニおにぎりとは対極に位置するギッチリ感。
チーズはオムの中心部に入っていました。
アツアツ、トロトロです。
ソースは独特だなぁ、裏漉ししたジャガイモの様な舌触り。
トマトも入っていますが、味のメインではありません。
カレーみたいな・・・でも辛くはない。
味は軽いコクが来るくらいで、それほど主張しません。
ライスの味が強めなので、これはこれで丁度良い塩梅、だろうか。
キュウリの漬物は素朴なお味で、口内をリセットするのに役立ちました。
淡々と完食。

ボリュームは・・・やはり結構ありましたね。
いやー、満腹だぁ(^_^;)

満腹になっちまった・・・・

こちらのボリュームもさる事ながら、今井屋のかつ丼が計算違いに効いています。
やはり揚げ物は河井にとって鬼門だな(^_^;)

接客は良くも悪くも田舎の食堂みたいな感じで、河井的には悪く無かったです。
お二人に見送られながら店を後にして、

うへぇ、これから城に登るのかΣ(゚д゚lll)
団子とおにぎりを片手に、大きな溜息をついて・・・
・・・やがてよたよた歩き始める、河井なのでした。


つばき

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:洋食 | 玉淀駅寄居駅鉢形駅


寄居の「100年食堂」で名物のタレカツ丼。

大里郡寄居町
06 /23 2015
寄居  今井屋


2015.4訪問


河井の隣を颯爽とすり抜けたつがいのツバメが、駅のホームの階段を1秒で上っていきました。

埼玉県大里郡寄居町。

IMG_0770.jpg

今日は久々に城巡り。
北条氏邦の居城、鉢形城を目指します(`・ω・´)キリッ

それともう一つ、目的が。
秩父のわらじカツ丼を筆頭に、埼玉県西部には玉子を使わないかつ丼文化が存在するのですが、
こちら寄居町もまた然り。
その代表的なお店がこちらなのです(^ー゚)ノ
レビューを読んでみると、醤油系のタレかつなのかソースかつなのかいまいち判りません。
なんだかワクワクするじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ

駅の南口を出ると、鄙びた町並みがお出迎え。
右には・・・閉店したショッピングセンターでしょうか、巨大な建物の廃墟がでーんと横たわっております・・・

IMG_0775.jpg


IMG_0771.jpg

駅前の観光案内所(風情あります)に立ち寄ったあと、
細い路地を巡ったり、ひとしきりブラブラします。
車が入っていけない幅の路地の奥に飲食店があったりして、モータリゼーション以前の日本を体感しているかのよう。
地図を見ないで本能の赴くままに歩き回った後、我に返り(゚- ゚ )
スマホで食べログの地図を開いて現在地を確認。
改めてこちらへ向かいました。

うわあ、

IMG_0777.jpg

見えてきた!!・・・多分アレだろ?うん、やっぱそうだ( ̄ー ̄)ニヤリ
いやぁ、素晴らしい外観。

IMG_0779.jpg

鄙びた佇まいの中に、どことなく凛とした雰囲気。
白い暖簾が心地よさげに舞っています。
美しい・・・
こちら、創業は明治40(1907)年。つまり100年以上続いている超老舗!!
まぁ建物は創業当時のものではないでしょうが、旧びた中に気品の様なものが感じられるのはそういう事なんでしょう。
ひとしきり愛でたあと、ニヤニヤしながら通りを渡りました。

12:40来店。
お!!やっぱ混んでるわΣ(°д°lll)ガーン
と思いきや客が河井と入れ替わりでドヤドヤと退店。一気に席が空きました。
あら、ナイスなタイミング(^_-)-☆
時間をつぶした甲斐があった( ̄ー ̄)ニヤリ(プラス志向だな河井)
4人掛けテーブル席に座り、メニューを・・・・・・むむ(゚- ゚ )
かつ丼、確か800円だったと記憶していましたが、値上がりしていたか・・・
かつ丼(850円)」をオーダーして店内を見渡します。

4人掛けテーブルが4卓のみのこじんまりとした店内は、
外観同様に相当な年季が入っていますが、清潔感がありますねぇ。
丁寧に使いこまれた印象、好印象ヽ(´▽`)/
厨房の奥からドンドンと肉を叩く音が聞こえてきました。
胃袋殿が反応しますが、それをお茶で宥めます(^_^;)

IMG_0781.jpg

最近こういう本当のお茶、なかなか飲む機会が無いなぁ。
それにこういう湯呑みで飲む機会もほぼなくなった。

・・・ん?
「肉のみねぎし」のカレンダーが掛かっていますね。
って事はそこから仕入れているのかな?
後で訪れてメンチカツでも食べてみよう(^_-)-☆(しかし、その想いが叶う事はなかったのであった・・・)

5分で竣工。

IMG_0783.jpg

フタ付きだ( ̄ー ̄)ニヤリ
が、フタが浮いていて、隙間からカツがチラリ・・・これは健全なチラリズムだ( ̄ー ̄)ニヤリ
フタの上にはお新香の小鉢。これも何だか可愛いな(^_^;)
フタを開けると、
カツはやや小振りながら2枚イン。

IMG_0784.jpg

カツでご飯が見えません(^_^;)
IMG_0785.jpg
・・・・・以上。キャベツとか、無し。
カツ、メシ、オシンコ。至ってシンプル。
1枚をフタの上に避難させて、

ではでは。

衣はやや厚めでクリスプな食感。
表も裏もタレがかかっているので、タレにくぐらせてあるのが判ります。
肉と衣が分離し易いのが難点でしょうか。
肉は思ったより厚みがありますね(@_@)
福井のソースカツ丼みたいに薄いのが2枚だと思っていましたが・・・
筋切りもしっかり為されていますし、問題ないお味。

さて、タレだ。
恐らく醤油ベースだろうとは思うのですが、ソースの様な味噌の様な甘コクな旨味が口内に広がります。
軽くほろ苦みもありますね。これは衣由来かなぁ?
味は濃厚にも感じますが、多分・・・タレが濃いんじゃなくて衣のラードが影響しているんじゃないかと思います。

ご飯は美味しい炊き上がりでGOOD(^_-)-☆
お新香は胡瓜と大根でパリパリ。
浅い漬かりの糠漬けで、これは美味しいヽ(´▽`)/

IMG_0786.jpg

瞬殺。

接客は良くも悪くも大らか。
奥様の笑顔は素敵でした(^_-)-☆

ボリュームはそこそこ、
だと思っていたのですが、流石は小振りとは言えかつ2枚。
衣の厚さも手伝ってか、腹持ちがすこぶる良いのですよ。
これが後々、ボディブローの様に効いてくるのです・・・・・


つづく。


今井屋

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 寄居駅玉淀駅


人生とは連続連鎖するジレンマの消化である。

西東京市
06 /22 2015
田無 ラーメンくれは


結構アップダウンあるんだね( -_-)
食べログの地図を見ながら田無駅から南へ歩き続けているのですが、冬なのに汗ばんで来た(2015.3月のレビューです)(ー ー;)
地図じゃ判らないもんなぁ、高低差(^_^;)

・・・あの坂を上れば、店が見える。
そう心に言い聞かせつつ坂を上れば、ほらね(^_−)−☆
「らーめん」と書かれた小さな白い看板が見えて来ました。
20:20来店。

入口脇の券売機の前に仁王立ち。
くれは式台湾ラーメン、気になるなぁ。
熊本のもっこす的なのも気になるし、油そばもあるのかぁ・・・
いやいや、先ずは基本からだ。
左上の法則、発動(゚Д゚)ノ
お、「人気ナンバーワン」と書かれてますね( ̄ー ̄)ニヤリ
それで行こう。
味玉ラーメン(800円)」の食券を買い、
入口近くのカウンター席が空いていたのでそちらに座り、
店員さんに食券を渡して店内を見渡、
すほどの広さではないですな(^_^;)

8席ほどの逆L字カウンターのみで、テーブル席はありません。
厨房はカウンター内に在ります。
こちら、以前は替え玉無料だったそうですが今は30円。
まあ、でも、安いよね(^_-)-☆
客は6人。
店主と談笑している常連っぽいおっちゃん以外は皆無言で丼に向かっています。
男女比は半々で女性にも入り易いお店の様ですな。
水はセルフなのですが・・・給水器が端の席のその向こうにあるのです。
通路が狭いし、汲み辛いなぁ(^_^;)
でも、汲んでおいた方が良いですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

6分で竣工。
灰茶色のタポタポスープから、フライドガーリックの香りがふわあと漂います。
具はチャーシュー、玉子、海苔、フライドガーリック、刻みネギ。

ではでは。

IMG_0679.jpg

麺は縮れある細麺で、存分にシコシコしやがります。
パツンと切れる歯切れも心地良しヽ(´▽`)/
スープはドロっとドロドロ濃厚豚骨でよく絡む、絡む、
いや、絡まない方がおかしいくらいのドロリッチ
豚骨の臭みを少しだけ感じますが・・・・
正直、臭みの無いクリーミーな豚骨に飽き飽きしていた河井、望むところであります(゚Д゚)ノ
納豆だってくさやだって、臭みの向こうに旨味があるんだ。
つかむしろ、臭み込みの旨味だ。
そろそろ豚骨の臭み、復権してもいいんじゃないかと思うんだけど、どうでしょう(^_^;)

とまれ、とめどない旨味に為す術もなくドロドロ流されて替え玉コール(゚Д゚)ノ
替え玉の代金は最後のオーダー時に支払うシステムとなっております。
取り敢えず100円玉をカウンターに置いておこう。
チャーシューは3枚入っていますがペラペラにて候。
ここで待機させておいたフライドガーリックを本格的に絡めてみると、
ぼわあぁ
・・・・と、
ガーリックの暴威が口内を蹂躙します(^_^;)
ああ・・・これは、替え玉せざるを得ない。

味玉は・・・・おお、うめぇなおい(゚Д゚)ノ
黄身、トロトロだ。
黄身をレンゲ上でスープに合わせてミニつけ麺、とかやってみたりしつつ、完食。

スープは麺に絡みに絡んでほぼ無くなりました。
替え玉は頑張って3回が限度かな(物理的に)。
喉が乾くので水は必須(゚Д゚)ノ
待っている間に汲んでおいたほうが良いです間違い無い(`・ω・´)キリッ

腹はまぁまぁ満たされましたが、ガッツリ行きたい方にとってはジレンマでしょう。
まぁ、人生とは連続連鎖するジレンマの消化ですからね、そうそう上手くはいかないものですよ(^_-)-☆

接客は普通、かな。どうかな。
ま、余り期待しない方が良いでしょう。
女性店員さんは頑張っていました。

駅から結構離れているので、初訪以来なかなか足が向きませんが・・・
だからこそ並ばずに食べられるお店なのかもしれませんね。


ラーメンくれは

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ラーメン | 田無駅


【オムの細道:141】 デミグライスでオムライダー。

西東京市
06 /21 2015
田無  邑



【オムの細道シリーズ】


以前、田無神社を訪れた折に見かけてから気になっていたお店です。
日曜なのでランチを休んでいるかも・・・
と不安でしたが、やってました( ´ ▽ ` )ノ
13:40来店。

カウンター席へ通され、ランチメニューを眺めます。

IMG_0742.jpg

IMG_0743.jpg

開店以来つぎ足しているデミグラスソースを使ったデミグライスとやらを推していますね。
その中から、
ふわとろチーズオムデミグライス(810円)」を「(150円)」で、
これに「サラダ(162円)」も付けちゃおう(^_−)−☆
サラダは数種類から択べ、河井はコブサラダをチョイス。
サービスでデザートかスープが付きます、との事で、スープをいただきませう。


IMG_0744.jpg

さほど時間を置かず竣工したサラダとスープですが、サラダはなかなかのボリューム(^_-)-☆
これで162円ならばお得じゃなかろうか。
レタス、玉ねぎ、水菜、千切りの人参、プチトマト半個、あとポテサラ。
鮮度はそこそこ。
ドレッシングはサウザンとオリーブオイルかな。
ポテサラはコンビーフが入ったタイプで、これはビールが呑みたくなるな(^_^;)
スープは、印象無し。

オサレな店内ですな。
目の前の本棚にはdanchu、深夜食堂、酒関連の本、仮面ライダー関連の本。
仮面ライダー好きな店主なのかな?
BGMは爽やかオサレなアコギのインスト。

5分で竣工。

IMG_0746.jpg

円形の乗せオムですな。
やや左奥に配置されたオムにはドロっとしたダークブラウンのデミグラがかかり、その裾野は手前まで広がっています。
オム上にはクリームと、パセリぱらり。
withカップスープ。

ではでは。

IMG_0745.jpg

ライスはややボソッとした、ピラフの様な塩梅。
ベーキライスを意識しているのかな。
淡く茶に色づいていてビーフエキスみたいな味わいがあります。
これは・・・・・・・・微妙、だなぁ。オムライン、ギリギリです(^_^;)

河井がオムライスとみなす条件として挙げているのは、

・料理名に『オムライス』と付くもの

なのですが、
この他に、

・ライスにひと手間加わっているもの
・「オム」という呼称が使われているもの


という条件を2つとも満たしたものを「オムライス」とみなしています(あとは[b:最小限の独断と偏見])。
こちらの料理は
[b:「オム」]デミグ「ライス」だし、[b:ライスにひと手間加わっている]。
[b:だから、これはオムであります(`・ω・´)キリッ]

デミグラはドロっとしたタイプで、玉ねぎ、マッシュルーム、トマトも入っていますね。
肉は見えないけれど味はします。
酸味、コク、旨味の順に濃厚に展開しますが、トマトの酸味がぐいぐい来るので複雑味は感じない仕上がり。
つまり、こってり酸味、な塩梅。
玉子はスクランブルエッグタイプで確かにふわとろ。
チーズがコクと塩気を補完しますが、この塩気は余計だな。
完食。

こってりさも相まって、お腹は結構膨れましたね。
1000円を超えましたが、普通盛りならば1000円は超えませんし、あのサラダを付けなければ勿体無い気がします。
そこにちょっとしたジレンマを感じますが、CPが悪いとは言えませんな。
あと、チーズ、要らないかなぁ。
チーズを使ったオムには何度も出会いましたが、みーんな塩気が強いんですよね。
確かに玉子との相性もいいし、コクを強力にサポートしてくれるのですが・・・・
塩気の引き算が出来れば、面白いオムになりそうなのですが。

とまぁ色々書きましたが、
田無駅界隈で15時まで(ラストオーダーは14:30)営業している貴重なランチ処として、チェックしておいて損は無いと思います。

会計のために立ち上が・・・・・・・うっわ!!!Σ(°д°lll)ガーン!!!!!!
この光景に全く気付かなかった河井もアレですが・・・

壁に仮面ライダーのフィギュアがズラーーーーっと並んでいます!!!!
これは、壮観だなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
その下の棚にキープボトルが並んでいますが、どっちが主役やねーんヽ(´▽`)/

という軽いツッコミを頭に浮かべつつ、財布を取り出す河井なのでした。




昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:居酒屋・ダイニングバー(その他) | 田無駅西武柳沢駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ