【オムの細道:133】オムと10円。

昭島市
05 /31 2015
拝島「芳楽飯店」


【オムの細道シリーズ】


仕事帰り。
何となく拝島で下車。
再開発なのか、街のど真ん中がぽっかりと何も無い。
どうやら大きな道が出来る様ですが・・・何だか寒々しいな(´・_・`)
戸惑いながら食べログを開き、今日の獲物を探します。
道に迷いながら・・・・
19:30来店。

手前のカウンター席に座り、メニューをチラッと確認。
うえっへっへっへ( ̄ー ̄)ニヤリ
右の口角をクイっと上げ、そのまま静止。
2秒後、真顔に戻って店主に「オムライス(650円)」をオーダー。

先客は中年男性1人。
年季の入った店内には清潔感が漂います。
右にL字カウンターがあり、その中に厨房。
左にはテーブルが3卓並んでいて、それを仕切る様にメニュー板が掛かっています。
くぅーっ!!素晴らしき昭和の中華食堂。
こりゃあたまらんねヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー


って、あれ?
さっきの客、厨房で玉子を焼いているんだが(゚- ゚ )
ああ、店員さんだったのか(^_^;)
息子さんかな?
・・・じゃあ、これ、貸し切り状態じゃないか(゚- ゚ )
BGMはネプリーグ。

店主が飯を炒め、息子?が玉子を焼く。
そして奥様?が中華スープをサーブして一旦戻り、

6分で竣工。
おお、麗しいな(^_-)-☆
カラフルクラシカルな楕円の平皿には標高の高い乗せオムが鎮座。
オム上にはケチャップが垂らされ、オム脇には福神漬けが寄り添います。

ではでは。

IMG_0552.jpg

お、玉子に厚みがあるな。
中華食堂のオムは基本薄焼き玉子ですからね、厚みがあるのは珍しいのですよ。
トロは無いけどフワがありますね。

IMG_0551.jpg

ライスはケチャップ風味で甘味と酸味が穏やかに立ち上がり、
それを塗り替える様にコクと旨味が寄せ、そのまま余韻。
味のバランスが良いです。
味付けが濃くないから、ケチャップの存在に意味がありますね。
福神漬けも単調になりがちな展開に変化をもたらす存在として活用出来ました。
具は玉ねぎと鶏胸肉かな?なのでチキンライスですな。
肉はゴロゴロ入っています。
鍋底に押し付けたのか、はたまた揚げたのか、サクッとした食感もありますね。良い一手間です。
玉ねぎも歯応えを残してあって好アシスト。
標高が高いから意外にボリュームがあります。
オムに隠れていて気付きませんでしたが、皿には店名と電話番号が描かれていました。

IMG_0553.jpg

お店の歴史を感じつつ、満足のフィニッシュ。

千円札を渡し、350円のお釣り・・・あれ、
10円玉が余分に入ってるから360円だぞ?
怪訝そうに顔を上げた河井におばちゃん、ニコニコしながら「それ、サービスだから」

えー!?
なんじゃそりゃあΣ(゚Д゚)ガーン
な、な、何だかすいません(^_^;)
大きく「ごちそうさまっ」と挨拶してお店を後にした、河井なのでした。

タイトルはサマセット・モームの「月と六ペンス」から・・
って、これも原型留めていないな(^_^;)
ひねり過ぎてるなぁ、最近(ー ー;)

芳楽飯店

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 拝島駅


スポンサーサイト

メガです。

青梅市
05 /31 2015
河辺「マクドナルド河辺店」


何となくこちらの界隈へ足が向きました。
この界隈にはファーストフード系のお店が揃っているのですよ。
さて、幸楽苑かケンタかマックか・・・

15:25来店。

レジで待ち構える店員さん。
ああ、この構図か(ー ー;)
先客のレジ待ちを期待していましたが、
淡い目論みは泡沫と帰し、
笑顔でオーダーを督促する店員さんとエンカウント。
目の前が、フィールド画面から戦闘画面へと変わった。

ああ、その笑顔、

その笑顔が、理不尽だ。
頼むからゆっくり選ばせてくれ・・・・・

・・・あ、

メガマックセット(790円)」をコーラでオーダー。
すかさず店員さん、「今ならチキンナゲットが100円にてご提供・・」
「ならばいただこう、マスタードで(`・ω・´)キリッ」

レジ前で暫し待ち、
ポテトとコーラと番号札を受け取ってテーブル席を確保。

IMG_1055.jpg

外観もですが、綺麗な店内ですな。
客はちらほら。

ではでは。

うん、マックのフライドポテトはやっぱ好きだ(´・Д・)」
揚げたてだったのもラッキー( ´ ▽ ` )ノ
やめられない止まらない指数ではかっぱえびせんより上回っている気がします。
夢中で貪っているところにメガマック&チキンナゲット竣工。

IMG_1058.jpg

先ずはメインのメガマックから攻めよう。

IMG_1057.jpg

標高は、こんな感じ。

IMG_1059.jpg

IMG_1060.jpg

上からギュッと潰して、
紙ナプキンで挟んで、リフトアップ・・・

IMG_1062.jpg

・・お、おおお・・・心地良い重みΣ(゚д゚lll)
薄っぺらいとは言えパティが4枚挟まっております。
構造を上部からリズミカルに説明すると、
バンズパティパティ中バンズパティパティバンズ時々チーズピクルスたまに玉ねぎ。

改めて、
ではでは。

頬張る、
と言うか、前歯で削っていく展開。
相変わらずジューシーさは皆無ですが、
肉とペッパーとチーズ、時々ピクルスというシンプルなお味で肉肉しさは味わえますな。
ムフフ・・・メガ、メガメガ
モグモグならぬ、メガメガ喰らいますヽ(´▽`)/
脳内BGMは、こんな感じ。



ああ、終わった・・・
完食。

IMG_1063.jpg

で、ナゲット。

IMG_1064.jpg

前よりクリスプになったような気がするけれどどうかな?
肉も変わったな。
ま、色々あっt(自主規制

しかしこれ、
マスタード、ってほど辛くはないよね(´・_・`)
もーちょい辛さが欲しいけれど・・・子供の口には合わなくなるからだろうか。
コーラは氷ギッチリ。
完食。

うん・・・・
決して安くは無いですな。
これだけ支払えば大門はちのこでガッツリいけるし、丸孫だって愉しめちゃいますからね。
接客はスマイルも挨拶もエコーも文句無し。
動きもキビキビしていて良かったです。

水で粘る厨房の群れを掻き分けて店を後にする、河井なのでした。


マクドナルド 河辺店

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:ハンバーガー | 河辺駅

≪オムの脇道:--≫ 東海地方発の金沢カレーでオムカレー。

東村山市
05 /30 2015
新秋津「金沢ロイヤルカレー絆 秋津店」

2015.1月初訪


新秋津。
以前から気になっていたんですよね、この新しい建物。
年末に前を通った折に数軒の飲食店の看板が見えまして、ロックオン。
サイゼリヤと太陽のトマト麺はレビュー済みだから、やよい軒へ行こうか、
なんて思いつつ後日、仕事終わりに訪れてみると・・・

IMG_0475.jpg

・・・金沢ロイヤルカレー絆!?
そんな看板、年末には出てなかったぞΣ(゚Д゚)ガーン
金沢カレーロイヤル、って事か?
んで絆?なぜ絆?
店名で「絆」とか「愛」だのを語るお店は好きではない河井、微妙な胡散臭さを感じつつも店頭のメニューを眺めると・・・
オムカレーがあるな(^_-)-☆
ハントンカレーなるものもあるぞ( ̄ー ̄)ニヤリ
しかし、ちと高いなハントン・・・
あ、ハントン、ってのはですね、
ハントンライスのハントンかと思われます。
ハントンライスはオムライスの一種で石川県金沢市発祥の歴史あるご当地グルメ。
ザックリ説明すれば、
ケチャップライス(またはベーキライス)に薄焼き玉子を乗せ、その上に白身魚のフライを乗せ、その上にタルタルソースをかけたものですが、
エビフライを乗せたデミグラスソースを使うお店もある様です。
でも個人的には、白身魚のフライ&タルタルのコンビネーションこそがハントンライスの肝だと思うんですけれどね(^_^;)
発祥は1960年代後半、
ジャーマンベーカリー(現在は山崎パン傘下のパン屋として富山&石川県に店舗を展開)が金沢市の繁華街である片町に
「ジャーマンベーカリーグリル」をオープンするにあたり、
目玉商品として考案された料理です。

・・・・話、ズレ過ぎましたね(^_^;)

ハントンMで880円か・・・
以前食べたすぎの実(ジャーマンベーカリーに勤務されていた方が独立したお店。未レビュー)のハントンは600円台だったしなぁ・・・ちょっと手が出ません(゚- ゚ )
オムカレー(770円)」にしよう(`・ω・´)キリッ
金沢カレーの店でオムカレーレビューっすか?
せめてカツカレーっしょ?
とか言われそうですが、食べたくなったから仕方無い(`・ω・´)キリッ
この日のランチはハンバーグと豚天盛り合わせだったから揚げ物かぶっちゃうし(´・_・`)
20:30来店。

カウンター席に座り、水を持って来た店員さんにオムカレーをオーダー。

黄色を基調とした店内ですな。
オープンしたてだからか、客は8割の入り。

3分で竣工。
オム上にはマヨとケチャが網掛けに掛かっております。
先割れスプーン、
キャベツの千切り、
銀のステンレス皿、
とろみある黒っぽいルー。

金沢カレーの様式は整えてありますな。

ではでは。

IMG_0477.jpg

とろみあるダークブラウンのルーはフルーティな甘味と酸味を感じますが、
それを円やかなコクが押し流し、ほろ苦みと共に余韻を形成します。
辛さは胡椒主体で後半にピリピリと刺激が来る塩梅。
ゴーゴーカレーよりはカレーの市民アルバのカレーに似てるかな。
具は挽肉くらいしか判りません。
オムは厚みがあり思ったよりボリューミー。
ふわとろでカレーとよく絡みます。
マヨケチャはそこそこ主張するくらいで思ったより気にならないです。
と、思っていたのですが、
後日ノーマルなカレーをいただいて気づきました。
実は甘味と酸味が強いルーだな、って。
なのでマヨの円やかさはかなりルーに影響を及ぼしていると思われます。
一気に完食。

ボリュームは大盛りなりにありましたね。
接客はオープンしてからまだ日が経っていないので初々しい・・・イイネ(^_−)−☆
まあ、今回は「サービス」の採点を見合わせておきます。

調べたところ、岐阜県大垣市にあるライフプラスワンという会社が起こした事業の様ですね。
積極的にFCを募集しているので、こちらのお店はFCかもしれません。
食べログを検索すると、金沢ロイヤルカレー創大須店や金沢ロイヤルカレー絶品伏見店
がヒットしました。
ネーミングがちょっとアレな感じですが、
恐らく系列店かと思われます。
しかも全て東海地域なんですよね。
よって「東海地方で産まれた金沢カレーのお店」と呼ぶのが相応しいかな、金沢には無さそうだし。
因みに、こちらのオープニングスタッフの求人広告の連絡先がコメダ東村山店でした。
よってコメダに近い会社なのかもしれません。


・・・・で、
先日(2015.4月)またオムカレーをいただいたのですが・・・・・
ライスがダマになっていてルーを弾く様な絡み具合が気になります(゚- ゚ )
オムレツもオムレツと言うよりはちょっと厚めな薄焼き玉子みたいな形状で、白身が分離しててろてろだったり。
うーん、一回りレベルが下がった感があります( -_-)
他にも色々言いたい事がありますが、危険なので止めておきますよ(^_−)−☆
本部からの助っ人が東海地方に帰ってしまった、とかなのかなぁ。
それとも調理人のレベル差がまだ大きくてこの日はハズレだったのかな・・・
いずれにせよちょっと残念なオムカレーでした。
接客は、女性スタッフはちゃんと「接客」していましたが・・・
服装も姿勢も「なっていない」人が居たのが気になりました。
田舎の食堂や個人店ならば解らんでもないですが、
この立地&このテナント&この店舗形態にはそぐわないですね。
違和感しかなかったです。
なので雰囲気も悪い意味で「ユルく」感じました。
正直、ここが正念場だと思うので・・・意識改革からしっかり始めて頑張っていただきたい。
北陸出身者として、金沢の名が汚されるのは忍びないのです(しかも東海出身の会社にね)( -_-)

なので評価は当初付けていた点数より下げました(でも、甘いです)。

総合・・・・☆3.3→3.0
味・・・・・☆3.5→3.0
サービス・・☆2.9
CP・・・・・☆3.3→3.0



金沢ロイヤルカレー絆 秋津店

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:カレーライス | 新秋津駅秋津駅


フォォォォォォッッ!!!

新宿区
05 /30 2015
大久保「ベトナムちゃん」

大久保。
タイ料理屋にベトナム料理屋、インドネシア料理屋。
また随分東南アジアな街でんな、
なぁんて思いながら、街を巡る。
あ、トルコ料理屋もあるな。
って、ペルー料理屋まであるのか(^_^;)
これ、新大久保まで足を延ばしたら世界一周出来ちゃうんじゃないかな・・・

記念すべき900軒目はこちらを択びました。
・・・何故ベトナム料理なのか、って?
いや・・・特に大した理由は無かったりします(ー ー;)
大久保駅界隈でオム漁りするにあたり、連食候補としてリストアップしていたお店であります。
フォーが余りにもフォォォォッッ!!
でプルシェンコだったのでキリ番に使わせていただいた次第。

地図からして、総武線三鷹方面の先頭車両に乗るのがベスト、
という予測は見事に当たりました。
電車を降りたらすぐ階段、
それを下りたら改札だ。
河井、今日は戦術が冴えている( ´ ▽ ` )ノ
と思ったのも束の間、

・・・無いな(ー ー;)
どうやら一本外れた道に入ってしまったみたい(ー ー;)
しかし、もと来た道を戻るのは性に合わない(゚Д゚)ゴルァ
んじゃ、ついでに街をブラブラ歩くか(^_−)−☆
で、冒頭の感想に至るワケであります。
大久保駅の東口まで歩き、駅南の界隈をジグザグに分け入りつつ、
ようやくこちらへ辿り着きました。
汗ばみながら13:50来店。

うわー、オサレ、ですなぁ。
見事に女子率100%。
若い女子、年配の女子、あるいはもしくは美魔女。
アウェー感、極まっている((((;゚Д゚)))))))
ひ、怯みながらも通された2人掛けテーブル席へ座り・・・
メニューを眺めていると、何だか落ち着いてきました。

ランチは3種類。
日替わり、
牛肉しゃぶしゃぶフォー、
鶏肉のフォー、

というラインナップ。
ベトナム料理はほぼ初心者な河井、
先ずは無難に攻めておこう、と
女性店員さんに
鶏肉のフォーセット(900円)」をオーダー。

店内はオサレさを醸し出しつつ現地の食堂の様な雰囲気を漂わせている様な気がします。
ま、行った事が無いから「気がします」としか言い様がないのあります(^_^;)
厨房ではベトナムの方らしき男性が調理していて、ベトナム語が飛び交っていますね。
客は前述の通り女性ばかりで8割の入り。
ランチタイム終盤ですが、待っている間にも次々と女性客が来店します。
流石に人気店ですな。
男性客、来ないかな・・・仲間が欲しいな(゜-゜)
と切実に思っているところに、

3分で竣工、って速っΣ(゚Д゚)ガーン

IMG_1179.jpg

お盆の真ん中にフォーが鎮座。
その周りには揚げ春巻きや生春巻き、モヤシ、レモンと唐辛子?、ニョクマムが衛星の様に展開しております。

ではでは。

先ずはフォーから入りますか。

ほおおぉ!!

フォーって、こんなに美味しいものなのかΣ(°д°lll)ガーン

IMG_1183.jpg

透き通る平たい麺は歯切れと喉越しの良いプルプルでシコシ・・・・・
・・・プルシェンコだ(゚Д゚)ノ(は?
口内は熱きスケートリンクと化し、プルシェンコがその中を縦横無尽に舞っ(略
フォーは久米川のらいすぺ~ぱ~でいただいた事があるくらい(他にもあるかも)なのですが、
いやはや、フォーに対する認識が一回り変わりましたね。
具は鶏肉とモヤシ、パプリカ、レモングラスなど。
スープは鶏ガラベースで軽い塩気にじんわりと旨味、レモングラスでスッキリした味わい。
パクチーも効いています。
勢いのままに半分くらい食べ進めたところで、
さて、
サイドメニューを攻略しませう( ̄ー ̄)ニヤリ

生春巻き、でかいなぁ、おい。

IMG_1182.jpg

丸々一本、しかも太い。
こいつぁ太ぇ野郎だ(?
タレに先端を付けて、齧る。

IMG_1185.jpg

薄いライスペーパーは薄さを感じさせぬもっちり具合。
いや、むしろこの薄さだからこのもっちりなのか?
タレは砕いたピーナッツが入った甘い辛いコク味噌な味わい。

揚げ春巻きは小振りでチキンティッカみたいなのが2本。
大根と人参の膾とレタスが添えられております。

IMG_1180.jpg

ガリリと噛みますと、具はみっちり詰まっていて存外に肉肉しい。
ハーブっぽい何かが爽やかな余韻を演出します。

IMG_1184.jpg

ニョクマムを付けなくてもいけますが、
折角だからニョクマムをたっぷり付けてレタスで巻いていただきました(^_-)-☆

IMG_1181.jpg

フォーに追いモヤシして、レモン?と唐辛子みたいな奴を投入し、
さあ、後半戦だ(`・ω・´)キリッ
酸味がプラスされてガラっと変わりましたな。
ここで備え付けのレモングラスが入ったラー油みたいな調味料を少し投入。
おお、きりりと味が締まりますなヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
その余波をかって掃討戦。

あ、

今、

俺、

噛んではいけないものを噛んでしまった気がする(゚- ゚ )
しかし吐き出す選択肢を選ばず、
そのまま食べてしまう食い意地の悪さが、惨劇の始まり。

ブワっっと、来た。

・・・アカン、これ、アカン奴や。
全身の汗腺が一斉に開き、
汗が噴き出し始める。
なす術浮かばず、絶望に身を任せ・・・

いやいやいやいや逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
中和せねば中和せねば中和せねば中和せねば中和せねば中和せねば中和せねば中和
反射的にスープを飲む河井。
レンゲを持つ手が、丼と口との最短距離を、シャトル便さながらに往復し始める。
ああ、美味いスープ美味い辛い美味い辛い辛い
美味い辛い中和せねば美味い辛い中和せねば辛い

・・・完飲(゚- ゚ )

後で調べてみたら、ピッキーヌの様ですね。
無知とは恐ろしいものよのう、河井よ(ー ー;)
ボリュームは汁を完飲してしまった事もあり、腹7分くらい。
でも春巻きも2種付いてくるし、フォーもそれなりにボリュームがありました。
色々食べられるのが嬉しいやね(^_−)−☆
味も加味すれば・・・
素晴らしいCPだな、というのが素直な感想です。

しかも会計時、100円引きになりましたぜヽ(´▽`)/
13:00以降の来店だと100円引きになるそうです。

接客は明るく、店内に活気をもたらしていましたね。

舌の真ん中をジンジンさせながら次のお店へと向かう、河井なのでした。


つづく(でもUPはきっと4ヶ月後)。


ベトナムちゃん

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ベトナム料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


《再訪》清清しいほどに高CPな、「等身大の和菓子屋」。

所沢市
05 /29 2015
小手指「だんご美好」


以前の記事はこちら(^ー゚)ノ
久々の小手指、
久々にこちらへ足が向きました。
14:00来店。

いやー、

奥さん、
焼き団子、50円ですよヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

消費税値上げ&小麦価格高騰の昨今にあってこの価格を維持するとは・・・。

なので、つい買い過ぎました。
・・・という言い訳を前もって用意しておきませう( ̄Д ̄)ノ
焼き団子」を2本と、
海苔太巻き(330円)」
おこわおにぎり(200円)」を購入。
税込価格なのも嬉しいでんな\(^o^)/

いつもの公園のベンチに座り、

ではでは。

太巻きは相変わらずのボリュームなり(写真撮り忘れました( TДT))
具は玉子、干瓢、胡瓜、でんぶ。
これも前回と変化なし。
太巻きを頬張りながら、
ああ、やっぱり買い過ぎてしまったなと苦笑いする河井です(o´・ω・`o)ノ コンニチワ
太巻きじゃなくて「焼きそば(220円)」にしておけば良かったかな(そういう問題ではない
IMG_1157.jpg

おこわおにぎりは、価格から判ると思いますが2個入りパック詰めです。

IMG_1155.jpg

炊き上がりは柔らかく、半分餅の様になっていて、
良い方向へ解釈すれば餅の弾力も味わえますな。
この手のおこわにしては、具は多めに入っていて、
筍や蒟蒻、山菜、人参といった具材を愉しめます。

IMG_1158.jpg

厚みも充分にありますねぇ。

IMG_1159.jpg

あけぼののおにぎりの2個分はありそうなボリューム。
しかも密度があるから見た目以上に腹に溜まりますぜ(^_-)-☆

IMG_1160.jpg

焼き団子は相変わらず大振りで香ばし美味し。

IMG_1162.jpg

完食。

いやあ、
また、炭水化物祭りを開催してしまった(ー ー;)
消費税が上がってから初めて訪れましたが・・・うん、
やっぱCP面では頭一つ抜けているな、という感想を抱きましたね。
小手指にお住まいの方は実にラッキーですよ。
こういうお店が「我が街」にある、という事が、ね(^_-)-☆

《《再訪》》 ワンコインで海鮮丼を。

府中市
05 /27 2015
府中「やまけい」

以前の記事はこちら(^ー゚)ノ

2015.1再訪

カエダマバリカタの呪文を3回唱えたあと、
何故か隣のこちらへ吸い込まれていきました。
15:30来店。

奥のレジで「海鮮丼(490円)」「しゃり大盛り(50円)」をオーダー。
大盛り、無料じゃなくなったか・・・
いや、それよりもお前さ、替え玉3回した後だよな、
と、推敲しながら突っ込んでいる河井です\(^o^)/バカヤロウ

以前の店は鰻の寝床みたいな構造でしたが、こちらはスクエアな構造。
だからなのか前より広く感じますね。
待ちが3人いましたが、以前よりも客の捌き方に淀みを感じませんでした。

4分で竣工。
天然マグロ、イクラ、アオリイカ、サーモン、甘海老&ガリというラインナップは変わらず。

ではでは。

IMG_0543.jpg

アオリイカは細かい切れ込みが入っていて食感は悪くない。
サーモンは細切れ。
甘海老は相変わらず風味乏しいな。
マグロは筋張っていますね。
イクラはどこまでもイクラだ。
瞬殺。

うーん、3歩進んで3歩下がった印象ですな。

消費税が上がってもお値段据え置きな点は評価したいですね。
ま、大盛り無料ではなくなりましたので、河井にはダメージですが(´・_・`)
味は大差無し。

サービスや雰囲気は少し良くなった様に思いますが、総合評価は変わらず。

サービス・・☆3.1→3.2
雰囲気・・・☆3.0→3.1
CP・・・・・・☆4.0→3.8

《《再訪》》 夜の顔を、未だ知りません。

府中市
05 /26 2015
府中「武蔵野うどん」


前の記事はこちらへどうぞ(^ー゚)ノ

2015.2再訪


2年以上経っての再訪となりました。
14:30来店。

久しぶりに来てみたら中央の大テーブルは撤去され、3席ほどのカウンターに。
テーブル席の向きも変わっていました。
ランチメニューも変わっていますね。
定額で数種類から択べる仕様になっています。
「白海老のかき揚げ天丼」「カツ丼」「親子丼」のいずれかと、
「もり(うどん冷、汁は温)」「かけ」「ツケ(うどんも汁も冷)」いずれかを択びます。
河井のチョイスは、
丼ランチセット(900円)」の
白海老のかき揚げ天丼」と「かけ」のセット。
あと「ランチグラスビール(100円)」も勢いで頼んじゃえヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

直ぐに竣工したビールは、コップだな(゚- ゚ )

IMG_0556.jpg

まあ、100円だからこんなもんだよな・・・むしろ妥当か(^_^;)
クイっとグラスを空けて、店内を見渡します。

先客は5人。
ランチタイム終盤にも関わらず、相変わらずの人気ですな。
つか、食べログの点数がガツンと上がってるしね( ̄ー ̄)ニヤリ
河井が初めてレビューを上げた時は☆3.2くらいだった記憶がありますが、今は☆3.55(2015.5現在)
しっかし、
2010年・・・5年前か。
初々しいレビューだな・・・文体もちょっと違うし、ちょっと恥ずかしくなるな( -_-)
しかも、未だにタイトル通り、夜の顔を知らないと来たもんだ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

10分で竣工。
む、丼、小さくなったかな?
いや、普通盛りだからかな?
withサラダ。

ではでは。

IMG_0557.jpg

うどんは相変わらずムチムチだ(^_-)-☆
つゆは変わらず塩気と旨味が品良く立っている塩梅。
ここのうどんに関しては・・・やっぱり河井は「もり」より「かけ」が好きですな。
つゆもうどんも、どう言えばいいかな( -_-)
ツケよりも角が取れて、まぁるい感じがするんですよね。
・・・ニュアンス、しか無い説明だなぁ(^_^;)
言葉が足りなくてスイマセン<(_ _)>

一方、かき揚げは衣が薄いタイプ(あ、話逸らした)。
小麦粉(かき揚げ)で小麦粉(うどん)を食べる様なタイプとは対極に位置するかき揚げですな。
白海老の弾力を味わいつつパリっとした衣の食感も味わえる、ってぇ寸法だ( ̄ー ̄)ニヤリ
千切りの牛蒡や人参がつなぎの役目を果たしているのかな。
んで、
茄子としし唐、さつま芋の天ぷらまで付いてくる幸せっぷり+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
こいつぁ嬉しいやねヽ(´▽`)/
・・・でも、相変わらずだなぁ(ー ー;)
ご飯の炊き上がりがいまいち。
硬い塊のぐにゅうん、という食感に、一度だけですが遭遇。
好き嫌いがほぼ無い河井にとって、この食感は唯一に等しい天敵なのです( -_-)
たま~にこういうのに当たるんだよなあ、ここは。
完食。

ちょっと残念な邂逅となってしまいました。
CPの良さは相変わらずですが・・・
ご飯のクオリティをもーちょい頑張っていただけると、
安心して通えるんだけれどなぁ。

味・・・☆3.7→3.5
総合・・☆3.7→3.6

気兼ねしてしまうカレーバイキング。

府中市
05 /26 2015
府中「カラチ」

以前の記事はこちら(^ー゚)ノ


・・・よし!やってるな(^_-)-☆
以前、開いているはずの時間に訪れたら閉まっていたので、もしかしたら閉店したんじゃ、
と不安でしたが「リニューアルしました」とPOPが貼られていますね。
13:15来店。

店内は大して変わってないな。
つかテーブル、ちょい汚いな(・_・;
眉間に皺を寄せた南アジア系のおっちゃんが、
「バイキングデスカ」
河井「バイキングです」
おっちゃん「んん」

・・・ん?(・_・;


・・・・・・いざ(^o^)/

とりあえずはチキンカレーからいただこう(`・ω・´)キリッ
あと白インゲンのカレーもいってみようか。

IMG_0929.jpg

深呼吸して・・・・

ではでは。

チキンカレーの具は・・・挽肉、かな。
かなりシャバいタイプで旨味が押すタイプですな。
ナンに合いそうなタイプです。

白インゲンのカレーには英語で「ブラックアイドピー」
って書いてある(゚- ゚ )
ブラックアイドピーズ、ってバンドがいるけれど、アレって白インゲンのカレー達、ってネーミングだったのかΣ(゜д゜lll)
(と、この時は思ったのですが、調べてみると大豆に似たアメリカ産の「黒い目の豆」といわれる豆の事らしく、よくわからない・・・)
爽やかな酸味がメインを張りますね!
これは、面白いな。
パキスタンっぽいな、何となく、わかんないけれど(´・_・`)

さて、落ち着いた(゚- ゚ )
生野菜やら色々取って、野菜カレーとダルカレーもよそっちゃおうヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
2回戦は野菜カレーでプレイボール。

IMG_0930.jpg

こちらは、ガッカリ( -_-)
具がジャガイモと人参しか見えない・・・
味はトマト主体の甘味と酸味の後ろに辛さも効いていますね。
こちらのルーは唯一ドロっとしたタイプ。
緑色の野菜も欲しかったなあ・・・
色味も悪いし、そもそもこの具材で「野菜カレー」って名乗っちゃうんだ、って印象。
以前はカブやカリフラワー、ブロッコリーなんかも入っていたが・・・

ダルは・・・
汁、だなこれは(゚- ゚ )
こちらも酸味が効いていますが、ちょっとショボく感じるな・・・
水で伸ばした様な味の薄さを感じます。
ナン向けな味かなぁ。

仏頂面のおっちゃんが
「ナンできましたー」
ナンは多分円形だったものを4等分にカットしたもの、なんじゃないかな。
薄くモチモチとサクサクが同居していますね。
焼き立てなのも手伝って美味しいです(^_-)-☆
生野菜は相変わらずパサパサでしたが無いよりはマシ。
パコラはインド式天ぷらと説明書きがありました。
イモ、だな。
モサモサクリスプな食感。
タンドリーチキンは一欠片のみで印象は薄いですが、それなりに美味しかったと思います。

補充は期待出来ませんね・・・
ライスは他の客がアピールして補充されましたが、
タンドリーチキンの補充を頼んだお姉さんは断られていました。
チキンカレーも無くなりかけていましたが、
結局、河井が居た1時間弱の間で自主的に出てきたのはナンだけでした。

3回戦はチキンカレーで無難にフィニッシュ。

IMG_0931.jpg

ラッシーは濃厚で甘味控えめ。

IMG_0932.jpg

うむ、満腹(^_-)-☆
味は大きく変わりましたね。
前よりパキスタンっぽさが増したかな?
まあ、作る人によるのでしょうが。

実はレビューに起こしてはいませんが、前のレビュー以来何度か訪れていました。
毎回店員さんが違ったし、味も違いましたね。
さて、次に訪れた時はどういう変化が見られるか(と、この時は思っていました)・・・

ワンプレートランチ500円も継続していますが、多分540円なのでご注意あれ。

接客は監視されている様で落ち着かなかったです。
河井のメモには「秋子姉さんが・・・」
と書かれていました。
恐らくは「巨人の星」関連のワードと思われます。
クリンネスは悪化したかな。
テーブルに1枚膜が貼られている様な感じ。

いつもの様に1000円札を出すと、秋子姉さん、

「はぁ?」みたいな表情のあと、
「やれやれだぜ」みたいな表情(こっち方面は表情豊かだなおい)に変わり、
仏頂面で「1080円」

あ、値上がりしたのか・・・
まあ、価格は良い。

しかし、
もう、訪れないだろうな。
お気に入りの場所が無くなってしまった寂寥感を漂わせながら、店を後にする河井なのでした。(T . T)

新所沢に遺された、貴重な街の洋食屋。

所沢市
05 /25 2015
新所沢「キッチンサン」

以前の記事はこちら(^ー゚)ノ

久々にこちらを訪れました。
14::35来店。

今日は、兎にも角にも肉をやっつけたい気分だったのです(`_´)ゞ
メニューをじっくり眺め、
IMG_0469.jpg
IMG_0467.jpg
IMG_0472.jpg
IMG_0471.jpg
IMG_0470.jpg
IMG_0468.jpg
IMG_0466.jpg

やがて溌剌と「ハンバーグと豚天盛り合わせ(648円)」をオーダー。
税込み表記なのは嬉しいでんな\(^o^)/
先客は2人でサラリーマンと男子学生。

8分で竣工。
おお、
見立て通り、やっぱりガッツリだヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
ハンバーグも大きめですが、豚天ほそれ以上だな(@_@)
さながら朝青龍と白鵬の如し。
(日馬富士はまだまだ)

両雄並び立っています。
その間に割って入る行司は、キャベツ千切り乃助。
時間一杯、待った無し。

ではでは。

IMG_0473.jpg

ソースはどちらも同じですね。
円やかなコクにケチャップの酸味が軽く効いたもの。
ハンバーグは箸で切れる柔らかさ。
豚肉かな?
粗挽きタイプで粗みじんに切られた玉ねぎが好食感を演出します。

豚天も柔らかいですが、こちらは箸で切れません。
衣は厚めで、肉が柔らかい故かどんどん剥がれていきます(ー ー;)
ただし、ボリュームは満点。

キャベツを合間に挟んで食べ進めます。
ライスの炊き上がりは良好。
ワカメの味噌汁が実に合いますな♪( ´▽`)
満足のフィニッシュ。

特別ななにかは感じませんが、このボリュームでこの価格ならば文句無し。
所沢のガッツリストを気取る御仁であれば、ここはキープしておいて損は無いでしょう(^_-)-☆
まあ、タバコの煙が大丈夫な方、という条件は付きますが(´・_・`)
あと、ハンバーグと豚天に掛かるソースが違っていたらなお良かったですね。
とまれ、
新所沢に遺された、貴重な街の洋食である事は間違いないでしょう。

《再訪》 【オムの細道:124】河井的、河辺のランドマーク。

青梅市
05 /23 2015
河辺「はちのこ食堂」


【オムの細道シリーズ】



前回訪問時の様子はこちら(^ー゚)ノ


2014.12月再訪

寒波の中、こちらへ向かいました。
しっかし、寒いなぁ(´・_・`)
府中より2度くらい寒い気がします(ー ー;)
15:45来店。

この日はCP抜群の「焼肉定食(480円)」をいただこうと思っていたのですが、
・・・・いやぁ、

2度目の訪問で出会えるとは何たる天運っ( ´ ▽ ` )ノ
日替わりメニューにたまにある、という情報は得ていたのです。

テーブル席に通され座りながら「オムライス680円)」を「大盛り(不明)」でオーダー。

6分で竣工。

IMG_0355.jpg

奥行きがありますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
標高も高いな・・・なかなかボリューミーな予感がします。
withサラダと味噌汁。

ではでは。

IMG_0356.jpg

玉子は薄焼きタイプですが、フワフワ感がありますね。
ライスはよく炒まっていて色ムラ無し。
味は塩胡椒メインの薄味で、上に掛かったケチャップを使って丁度良い塩梅。
具は玉ねぎと豚肉で、つまりはポークライスですな(^_-)-☆
具の量は少なめ。
まあライスが大盛りだから少なめに感じるのだろうと思います。
んでもってボリューム、ありますぜヽ(´▽`)/

サラダはポテサラで、あっさり美味し(^_−)−☆
ポテサラの底には千切りキャベツが敷いてありました。
味噌汁はワカメと豆腐。
淡々と完食。

ボリュームは満足出来るものでしたが、会計は830円。
むう、やっぱり150円増しか。
(閉店した方の)大勝軒も150円だったし、ラーメン天海は250円増しだったし・・・

どうも河辺は河井に優しくないな(^_^;)
ま、こちらはしっかり大盛りだから納得できますがね。


オム味・・・️☆3.2

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ