洒落乙コンビニ。

川越市
04 /30 2017
川越   セーブオン


残念な焼きそばをいただいて、残念ながら胃袋殿が満足してしまったあと、川越城本丸御殿を攻略。
日本100名城スタンプラリーのスタンプを無事にゲットして・・・
と、メッセが届いた・・・・・・・え?
あら、自転車、返していない事になってる((((;゚Д゚)))))))
気もそぞろに御殿を観て歩き、慌てて先程自転車を繋いだサイクルポートへ向かうと、
あちゃー、しっかりロックしていなかったか・・・遅延料金(+200円)が発生してしまった(T ^ T)

このあと童謡「とおりゃんせ」の舞台となった
三芳野神社と富士見櫓を訪れ、

川越行 (98)

遊郭の残滓を味わって、
喜多院近くのサイクルポートに自転車を返して喜多院をじっくりと見て回り、
また自転車を借りて川越駅近くのサイクルポートに自転車を返して、終了。

自転車シェアリング、かなり使えますよ(^_−)−☆
サイクルポートも多いし。
自転車を返す時にロックしたかどうかの確認を怠らない事と
40分以内に返却、というルールを頭に入れておけば大丈夫。
改善して欲しい点を挙げるならば、サイクルポートが遠目からでも判る様な目印があれば尚良し(特にまつり会館近くのポート)。

川越行 (126)

で、川越駅前のセーブオンであります。
河井の生活圏ではお目にかかれないコンビニですが、昔はもっとあった様な・・・
こちらのお店は唐揚げ屋とメロンパン屋が併設
されている形態。
黒を基調としたコンビニも珍しいな、ここだけかな?

16:45訪店。

へえ、店内も黒なんだ・・・オサレコンビニやなぁ、
なんてぼんやり思いつつ、オム・・・オム・・・・・

オム、無いかぁ(>_<)
狙っていたんだけどなあ(T ^ T)


・・・仕方ない、何かオリジナリティがあるものをいただこう。

川越行 (127)

あら、おにぎり、半額になっているのがあるな。
じゃあ半額のから選ぼう( ̄ー ̄)
ツナマヨネーズと塩こんぶご飯(130÷2=65円)」を購入。
イートインでいただきます。

川越行 (129)

ではでは。

川越行 (130)

うん、塩こんぶご飯は塩気よか旨味が押すね。
セブンのほど味が強くないツナマヨが中に入っていて一口目でヒットしてくれます。
海苔はやや薄めで風味微弱。

川越行 (131)

ボリュームは普通、まあどんどんダウンサイジングしているファミマの直巻きタイプよりはあるかな。
3.5口で瞬殺。

接客は活気のあるおばちゃんがいい味出していましたが、河井の応対は別の方。無言でした。
セーブオン、近くに出来ないかなぁ。
なんて思いつつ帰途についた、河井なのでした・・・・が!!

今後ほぼ全ての店舗がローソンに転換されるらしい・・・何てこった。


つづく。




関連ランキング:その他 | 川越駅本川越駅川越市駅


スポンサーサイト

風情はあるんだが。

川越市
04 /29 2017
本川越   小峰商店


ミルキーウェイブでオムった後、まつり会館まで戻ってサイクルポートを利用、一路東へ。川越城を目指します。
前回訪れた時は南大手門跡から攻めたので、今回は西大手門跡(市役所辺り)から攻めます。
川越城の遺構は本丸御殿以外ほとんど残っていないのですが、中ノ門付近の堀が残っていまして、

川越行 (66)

川越行 (67)

前回に続いてそちらを見学。
郭町交差点も大手道の跡じゃないのかな、なんて思いながらペダルを漕いで到着。
ポートに自転車を置いて、川越城本丸御殿へ向かいます。
前回は休館日だったんだよなあ・・・

の前に、こちらへ。

川越というと鰻とか芋とか焼き団子とか色々ありますが、
いやいやいや!!
忘れちゃいけない「川越太麺焼きそば」ヽ(´▽`)/!!

詳細は長くなるので前回訪れたみどりやのレビューをご参考くださいませ<(_ _)>

川越行 (70)

B級グルメとしてブランド化される前から営業しているのって、多分みどりやとここくらいじゃないのかな。
15:05訪店。

「やきそば大もり(380円)」をオーダーして窓際のテーブル席に座り、店内を見渡します。

川越行 (74)

いやあ、素晴らしい風情だヽ(´▽`)/

川越行 (73)

駄菓子もある、っつーか、元々駄菓子屋か(*゚ー゚)>テヘヘッ
焼きそばの麺も売っていますね。
先客は若者3人組。どうやら旅人の様ですな。

川越行 (75)

川越行 (72)

あ、並で良かったなぁ!連食出来ないじゃないか・・・ついいつものクセで(^_^;)

8分で竣工。
どうやらまとめて作っていたみたいで4人分一斉に出て来ました。

川越行 (77)

うーん・・・
これ、うーん・・・・・

ではでは。

あー、やっぱり。
学校給食の焼きそばみたいな・・・

川越行 (78)

そばめしのそばみたいにブチブチに切れています。
作り置きを温め直したのかなぁ、そんな感じ。
若き旅人たちからも会話が消えた・・・

川越行 (79)

この時点でテンションは奈落の底なのですが、何とかレビューしてみます(>_<)
麺は断面がスクエアの太麺で実際の長さは不明。
コシ無く伸び無くフワフワな口当たりで、ソースの味は染みています。
味付けは見た目よりは薄めで胡椒が効いていますね。
卓上にある七味唐辛子やソース、胡椒でカスタマイズしていく塩梅。
特に七味唐辛子を駆使して何とか食べ続けます。
具はほぼキャベツのみ。これは川越太麺焼きそばの基本スタイル。
一度も啜る事無く、完食。

ボリュームは大盛りなりにありました。
ま、安いんだよ、安いんだけどね。うーん・・・

川越行 (76)

川越太麺焼きそば、なかなか魅力的なコンテンツだと思うんだけど、うーん。。。
河井は、他のお店をお勧めするかな。


つづく。




関連ランキング:焼きそば | 本川越駅川越市駅



【オムの細道:304】 朝日のようにオムやかに。

川越市
04 /28 2017
本川越   ミルキーウェイブ


津ヶ原だんごで焼き団子をいただいたあと、北西へペダルを漕いでまつり会館近くのサイクルポートへ向か・・・う、と・・・うわ、
人だらけだ(>_<)
前に訪れた時はおばちゃんばかりだったけれど、客層に幅が出たね・・・若いカップル、多いなあ。
遠足らしい中学生もそこかしこで出会うし。
街並みも変わった様な・・・オサレなお店が増えたな。

で、サイクルポートが見当たらない((((;゚Д゚)))))))
まつり会館の前にいたおっちゃんに聞いて、何とか発見。

川越行 (14)

40分以内に返さないと超過料金が掛かるシステムなんだけど、
焦るなあ。なんだか落ち着いて町巡り出来ない(^_^;)

ここから歩いて北上、観光スポットから外れていきます、が
むしろこの辺りの方が町歩きするには楽しめそうだな。

川越行 (15)


川越行 (18)

鄙びた横丁の看板やプラッシーの乙な看板を見つけるたびにニヤニヤしながら立ち止まる河井を、不審そうにチラ見しながら若いカップルが追い抜いていきます(T ^ T)


あれかな?
車が多いな・・・点数の割には人気ありそう。店の壁に大きく引き延ばされて貼られているのは、

川越行 (41)

ソニー・クラークの「クールストラッティン」のジャケ。
ベタだけど、やっぱいいよね、このジャケ( ̄ー ̄)
14:15訪店。

入口近くの対面カウンターに通されて座り、メニューを・・・あった( ̄ー ̄)
一番人気と書かれた「オムライス(750円)」をオーダーして店内を見渡します。

川越行 (45)

BGMはJAZZ、ホットなヤツ。
これがシックな内観にハマっていますね(^_−)−☆

川越行 (46)

中は見えませんが左に厨房かな?その右、入口付近にカウンターがあり、右にはテーブル席。
右手前は出丸の様に突き出ていて、日当たり良好。そこにもテーブル席が配置されています。

川越行 (47)

客は半分くらいの入りですが、昼のピークを過ぎたって感じですね。
時間帯によってはかなり混みそうな印象。
客層は良さげ。
常連さんが多いかな、ホールを切り盛りする奥様?と軽く言葉を交わしたりしています。

川越行 (48)

10分で竣工。

川越行 (49)

オムが横向きにサーブされましたが、皿に描かれたロゴが奥に配されているのでこれが正しい置き方なのでしょう。
薄焼き玉子の巻きオムですな。なかなか雄大なる体躯。
これにサラダが相対する構図。

川越行 (51)

ではでは。

薄焼き玉子は底まで巻かれてそこそこの厚みがあり、ぷるんとした食感。
薄焼きながら存在感はあります。

川越行 (52)

ライスはケチャップライスでよく炒められていて熱々。
そして、具沢山だヽ(´▽`)/
具はマッシュルーム、玉ねぎ、ピーマン、ベーコン?ハムかな?
ピーマンは彩り程度ではない入りで、苦味を効かせるオトナな味わいを演出しています。
バターが結構効いているかな?ややこってりな塩梅。
多分ここ、ナポリタンも美味しいと思いますよ(^_−)−☆

川越行 (50)

サラダはキャベ千がメインで軽くフレンチドレッシングが上掛かり。
キャベ千がしっかり細い、ってのが、いいね。
順調に完食。

驚きを感じるタイプではなく、要所を抑えたオムでしたね。
ボリュームは多めかな。人によってはガッツリに感じるかも。
具沢山だしサラダも乗って、このボリュームで750円はお得だと思いますよ(^_−)−☆
接客は、何だか良くわからないのですが、上手く回っていない印象。
客は常連さんが多そうでしたし、繁華街からは離れている立地。
観光客向けではなく、地元民が密かに楽しむお店とお見受けしました。

結構大物のライブなんかも催されているらしく、夜も楽しめそうですね(^_−)−☆
地元民が羨ましいなあ、心底( ̄ー ̄)

川越行 (53)

店を出たあと、東明寺へ。
北条氏康が足利、上杉連合軍を夜襲で粉砕し、関東の覇権を握るきっかけとなった「日本三大奇襲(夜戦)の一つ、河越の夜戦は、
特にこのお寺の領内で激闘が繰り広げられたとか。
いやいや、まだまだ観光資源、眠っていそうだな川越は( ̄ー ̄)

この後、テクテクとまつり会館のサイクルポートへ戻り、
いざ、川越城へ。


つづく。


タイトルはソニー・クラークの演奏で好きな曲インスパイア。




関連ランキング:カフェ | 本川越駅川越市駅



川越名物「喧嘩だんご」。

川越市
04 /26 2017
本川越   津ヶ原だんご店



川越行 (1)

川越、であります。

何年か前に訪れた事があるのですが、肝心の川越城本丸御殿が休館日でして(調べておけよ河井
今回はそのリベンジと、あとは焼き団子とか太麺焼きそばとかオムとか色々な諸々を胸に抱いて(ほぼ食い物だな河井)
鼻息荒くやって参った次第。

川越行 (3)

今回は自転車シェアリングを使ってみます(^ー゚)ノ
川越以外だと金沢市でも使われているらしい、レンタサイクルの新形態。
40分という時間内に各サイクルポートで貸し借りを済ませれば1日200円で使い放題、というシステム。
本川越駅にある観光案内所で軽く説明を受けて(とても親切に教えていただきました)マップを貰い、すぐ近くのサイクルポートへ。

川越行 (4)

クレジットカードを持っていた方が登録は楽ですな。
初めての作業、ちょい四苦八苦しましたが無事借りられました(^_^;)

一路向かったのは、こちら。
地元では「成田山だんご」「喧嘩だんご」と呼ばれて親しまれてきたお店です。
創業は安政年間(1854〜1860)という超老舗らしい。
和菓子屋だともっと老舗のお店がありますが、団子屋としては川越で現存する最古のお店じゃないかな、どうかな。
13:35訪店。

中からおばちゃんが出てきました。
「焼き団子(80円)」を2串オーダー。
気持ちの良い応対、有難や。
川越の優しさに触れましたヽ(´▽`)/

川越行 (10)

ではでは早速。

甘くない醤油団子ですな。
団子はほどほどの大きさで不揃いなのが4個刺さっております。つまり手作りだ。

川越行 (11)

食感は好みの硬めで、実に香ばしいねぇヽ(´▽`)/
炭火で焼いているからかとても香ばしい!!
冷めていても香ばしいのだから、焼きたてならばもっと美味しいだろうな。
瞬殺。

いやあ、河井の好みど真ん中な団子でしたね(^_−)−☆

因みに「成田山だんご」「喧嘩だんご」の名は、
成田山川越別院の門前で団子屋が2軒、並んで営業していた事に由来します。

川越行 (9)

150年にも及ぶ永い永い喧嘩の末、こちらが勝利した訳ですが、喧嘩相手が居なくなるのも寂しいもの。
近年閉店されたもう一軒のお店(藤倉)の団子もいただきたかったなぁ・・・


さて、オムるか( ̄ー ̄)


つづく。




関連ランキング:和菓子 | 本川越駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ