強力、中本。

立川市
05 /17 2017
立川南   蒙古タンメン中本


立川に中本がオープンしたと聞いて、いつかは行かねばならぬ、と思っていました。
むふふ、久々の中本だなあヽ(´▽`)/
中本、河井は秋津店にちょこちょこ通っていた事があります。
2、3年前の冬、背後に並ぶ若いカップル達に見守られながら、
五目蒙古タンメンで汗溜まりの中、轟沈(完食はしました)して以来のご無沙汰となります。

食べログ5 (48)

・・・お、空いていそうだ。
19:45訪店。

券売機で「蒙古タンメン(800円)」
「半ライス(120円)」の食券を購入。
入口至近のカウンター席に座ってお兄さんに食券を渡し、店内を見渡します。

食べログ5 (49)

当然ながら真新しい店内は清潔感あり。
奥に長い構造で厨房とカウンターが仲良く奥へと伸びていますが、手前にはテーブル席もあります。
んで、活気あるね、やっぱり( ̄ー ̄)

食べログ5 (50)

客はほぼ満席の入り。そのうち並ぶんだろうな・・・
BGMは絢香。

お、紙エプロンあるのか、それは嬉しいね(^_−)−☆
と取り出したるは、

食べログ5 (51)

ティッシュだった∑(゚Д゚)
・・・勘違いしました(^_^;)
券売機の上に見つけて取りに行き、装着したところに竣工。
時間にして7分くらい。

食べログ5 (52)

むふ( ̄ー ̄)
真っ赤なビジュアル、お久しぶりですm(_ _)m

ではでは。

食べログ5 (53)

野菜の旨味が染み出したスープはマイルド、甘味も感じますな。
辛さはピリ辛ですが麻婆は・・・あ
・・・来た来たこの辛さ、改めてお久しぶりですm(_ _)m

食べログ5 (55)

麺は角の無い中太麺でシコモソとした食感、スープの持ち上がりは良いですな。
具の野菜はそこそこのクタり具合ですが、豚肉はパサパサではありませんでした。
時折ニンニクの風味が鼻腔を抜けていきます。

汗腺に潜む砲撃手達はファイエルの合図を待っていますが、河井の手は動きません。
まだだ・・・まだ早い。
つか、出来ればファイエルしたくない(^_^;)
順調に完食。

いや、
む し ろ こ こ か ら だ ! ! !

食べログ5 (54)

半ライスの上に前もってちょい乗せしていた麻婆でプチ麻婆丼を愉しみまあうっ、、、
やっぱ辛いわ(^_^;)
その勢いでガツガツと飯を掻っ込んだあと、
具の野菜を乗せてスープを掛けて・・・

Oh!!Yes!!ヽ(´▽`)/

うおォン

ここで河井の溶鉱炉が火を吹きました・・・そして、ファイエル。
汗を噴き出しつつ、ついつい完食&完飲。

食べログ5 (56)

接客は爽やかで活気あり、お見事。
河井の前に居たお兄さんの応対が非常に気の利く接客で、上手いタイミングで気をひく一言、巧いなあ、って思いました。
お兄さんのスキルが高かったのか、中本のコーチングが素晴らしいのかは分かりませんが、
秋津店でも嫌な気持ちになった事は一度もなかったんだよなぁ。
中本では接客でそうそう嫌な思いをしない、という安心感。
これって、お店にとってとても重要な事じゃないかな。
お陰で気分良く店を後にする事が出来ました。

つか、気付けば満席。並びも出てるよ・・・やっぱこうなるよなあ(^_^;)
並ぶのも並ばれるのも苦手な河井、今日入れたのは幸運だったみたいですね。




関連ランキング:ラーメン | 立川南駅立川駅立川北駅


スポンサーサイト

【オムの細道:309】 西立川の夜を優しく照らす銀の星。

立川市
05 /15 2017
西立川    銀星


20173 (4)

以前この辺りをぶらついた際、こちらにオムがある事は確認しておりました。
安心して訪れられる、ってのはありがたい事。

20173 (5)

情報を元に訪れてみたらオムが消えてた・・・
なんて経験、オムハンターにはよくある事ですからね(´・ω・`) ショボーン

20173 (6)

19:30訪店。

おっちゃんが柔和な表情で「いらっしゃい」。
入口近くの4人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めます。
「ランチは夜もオーダー出来るからね」
とおっしゃっていただけましたが、

一応考えるフリをして、
やがて「オムライス(800円)」をオーダーして店内を見渡します。

20173 (10)

そこそこ広い店内は年季こそ入ってはいますが清潔感あり。よく手入れされている印象。
壁に貼られた大きな中国の地図がイイ味出しています( ̄ー ̄)ニヤリ

カウンターは無くテーブル席のみで、4人掛けテーブルが6卓、整然と並んでおります。
左奥には小上がりもあるかな?
厨房は奥。

客は母子連れと学生と常連っぽいサラリーマンが数人。年齢層はバラバラですな。

20173 (9)

BGMは日本を訪れた外国人に何をしに来たのか聞いて、出来れば密着する番組。
なお、各卓に灰皿が置かれているので全席喫煙可と思われます。

20173 (11)

9分でオム竣工。

ほう。

20173 (14)

葉巻型の巻きオムですが、中華食堂のオムにしては玉子に厚みがありそうだ。
これに搾菜と中華スープが付き従います。

ではでは。

20173 (15)

玉子はハードながら厚みあるねぇ( ̄ー ̄)
ふわっと仕上げてあり、しっかりと巻かれています。

20173 (16)

ライスはケチャップライスで炊き上がりは問題無し。
見た目ほど味付けは強くなく、上に掛かったケチャップに存在意義を与える味加減。
具は豚肉と玉ねぎ、ごく少量。ちょっと物足りないかな。

20173 (13)

搾菜はコッテリしていないので、オムの口直しには最適(^ー゚)ノ

20173 (12)

中華スープはサッパリしていてこちらも口直しという役柄をキッチリ演じてくれます。
淡々と完食。


20173 (17)

ボリュームはそれなりにありましたね。
具の少なさからしてCPは微妙ですが、玉子は中華食堂オムのスタンダードの倍は使われていたと思います。

接客は柔らか。
おっちゃんがホール担当で奥様が調理担当なのかな?
それとも日によって調理とホールが入れ替わるのかな?
立川駅界隈で中華食堂というと、四つ角飯店(いつも並んでいて入りづらい)と五十番(ちょい高級感ある)くらいしか見当たらなくなってしまいました。
少し歩けば双葉食堂や福来軒もありますが、近場だとこのくらい。
ここ10年くらいの間にどんどん店を畳んでしまい、河井は間に合わなかった・・・

20173 (19)

なぁんてしんみりしながら駅へと向かう河井なのでした。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 西立川駅東中神駅



一本取れるほどの技のキレが欲しい。

立川市
05 /03 2017
立川   つけそば専門 一本勝負



食べログ3 (337)

立川駅周辺で評価の高いラーメン屋さんを攻め続けた河井、いよいよ最後の砦、マシマシへ向かいぐはああああっっ・・・
めっさ並んどるっ!!!

(T ^ T)

で、こちらの券売機の前に立ちました。
19:30訪店。

券売機で
「特つけそば大(950円)」の食券を購入。
「特」は具が2倍になるとか。
中程のカウンター席に座りお姉さんに食券を渡すと、
甘味、辛味、酸味が入りますが苦手なものがあれば抜きます、との事。

「あ、大丈夫っす」
と言って店内を見渡します。

食べログ3 (338)

席はカウンターのみ。
入口近くだから寒いわな(2017.2月のレビューです)。

食べログ3 (339)

客は3人。マシマシだけ異常だな(^_^;)
井の庄が2/3の入りで、もう一軒は・・・
アレアレアは店内が見えないからアレだけれど
、ここは壮絶だよなぁ(^_^;)
ノーガードで延々と殴り合っているみたいな緊張感が漂っています。

食べログ3 (340)

あ、あつもりも良かったな(*´-`)
なんて思っているところに、

食べログ3 (341)

10分で竣工。
青梅の麺楽に似た顔をしていますな。

ではでは。

食べログ3 (342)

んー、ちょっとぬるいな。
だからなのか別の理由なのか、甘味も酸味も辛味もあるにはありますが、そんなに来ない。
麺楽みたいな驚きは感じず、なんか、フツーだ(´-`)

食べログ3 (343)

麺には星が見え、ツルツルした喉越しでモニュモニュした食感。
具はメンマ、チャーシュー、ナルトがそれぞれ細切りで麺によく絡みます。あと、刻み葱。
チャーシューは風味あるね(^_−)−☆
メンマは細く歯ごたえあり。
ナルトのモソモソ感、三者三様。

中盤は一味唐辛子や酢を投入して、
淡々と完食。

抜くより足すサービスも欲しいな、
なんて思いつつ、割らずにスープを飲んでみたらあらあら、かなり酸っぱいわ∑(゚Д゚)
味が麺に乗らない、って事なのかな?
いや、さっき酢を入れたからかも(^_^;)
魚介系の旨味と酸味が花開き、美味し。熱々で温まりました。

クセになるほどのクセが無かったというか、
青梅の麺楽のような丸長テイストなんだけれど、麺楽と比べると大人しいかな、わな。

接客は殺伐としていて息苦しい。
焦る気持ちは解るけれど、客に見せたらイカンと思うな、そういうところ。
まあ、新店なので評価は控えました。

ますます延びるマシマシの行列を尻目に、
トボトボと店を後にしたモヤモヤな河井なのでした。


で、この二カ月後に再訪したのですが、甘、辛、酸よりも旨味が出てくる塩梅に。
ブレかもしれませんが少しずつ変化しているのかもしれません。




関連ランキング:つけ麺 | 立川駅立川南駅立川北駅



ふりかけ四天王の誘惑に、君は耐えきれるか。

立川市
04 /22 2017
立川    丸幸


この日、仕事終わりに目指したのはこちら。
立川駅周辺ラーメンランキング13位タイ、☆3.51(2016.11現在)となっております。

食べログ1 (718)

フツーの街角の老舗っぽいラーメン屋、ってな外観、
げにそそりますな( ̄ー ̄)
19:35訪店。

やや手前のカウンター席に座り、メニューをチラリ。
ラーメン大(650円)」
「ライス小(160円)」
をオーダーして店内を見渡します。

食べログ1 (719)

外観から想像していた通りの内観、であります。
リーマンのちょい呑み客が多いかな・・・
なんて思いつつセルフの水を汲みに行くと、結構な大きさの本棚に、マンガがずらり。

食べログ1 (722)

こういうお店の定番、「サラリーマン金太郎」から「バガボンド」、、、
おやおや「自殺島」があるとは( ̄ー ̄)ニヤリ
「ちはやふる」まであるよおいヽ(´▽`)/
出版社も掲載誌もジャンルもバラバラやなあ・・・こりゃ店主、相当の読み手と見た(^_-)-☆

食べログ1 (724)

6分で竣工。
こちらのラーメンは八王子ラーメンなので刻んだ玉ネギが乗っかっています。
油膜の向こう側から鶏が香りますね。
ライスは小サイズだな(ま、小ライスだからな)・・・

ではでは。

食べログ1 (723)

麺は軽くウェーブがかった中細麺で、やや硬めの茹で上がりは河井好み。
スープは醤油の風味がキリリと立っていて甘すぎず適度な酸味あり、コクと旨味も味わえて余韻はスッキリ。
やや強めの塩気を除けばバランスの良いお味に仕上がっています。

具はメンマ、チャーシュー、ちょび海苔1枚。
そして刻み玉ねぎたっぷり。
メンマは結構入っていて大振り、食感のアクセントをもたらしてくれますな。
チャーシューは大振りのスライスされたものでホロホロに煮込まれていますね。
箸でリフトすると崩れてしまうのは好みではないけれど、脂身がトロけてスープとの相性はめちゃ宜し。
たっぷり入った玉ねぎは苦味を感じず、スープによく馴染みますなぁヽ(´▽`)/


さて、
卓上に置かれた「ご飯のお供」は、

食べログ1 (721)

瀬戸風味、のりたま、たらこ、ゆかり。
なんと4種類ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

食べログ1 (725)

卓上がさぁ、ご飯食え!って言ってるよね!
ああ、食ってやるぜ!食ってやるともっ!!ヽ(´▽`)/!!!
ライスの炊き上がりも良いねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
当然全種類制覇して、
完食。

ライスがもーちょい安ければなぁ(^^;)
この盛りで160円か・・・
対してラーメンのボリュームは大盛りなりにはありました。これでこの味で650円ならば満足である(`・ω・´)キリッ
が、ライスがなあ(引きずるねぇ河井)
美味しいんだけれど、美味しいが故に、
バラエティに富むふりかけ群が魅惑的であるが故に、

もっと食べたぁい(*゚ー゚)>テヘヘッ

接客は雰囲気通り、こういうところのこういうもの。
でも居心地は良かったですよ(^_−)−☆
漫画を読みつつちょい呑みも可能(餃子とかは無くメンマとチャーシューくらいしかありません悪しからず)だし、
〆にラーメン、って使い方も出来る。
使い方さえ心間違えなければ、(特に立川駅の北東にお住まいの方に)断然オススメ出来る一軒、ってのが総評。




関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川北駅立川南駅



新幹線だろうか、人工衛星だろうか。

立川市
04 /19 2017
立川   麺屋はやぶさ


雪が降った日の仕事帰り・・・

食べログ1 (703)

立川駅からそう離れていない、暗くて細い迷宮の様な路地を、

食べログ1 (704)

小刻みなピッチで歩く河井の姿がありました。

食べログ1 (705)

ウィザードリィみたいな路地も、食べログ地図でマッピング済み(^_−)−☆

食べログ1 (706)

難なく立川のディープダンジョンを抜けるとこちらの灯りが見え、安堵。
こちらは立川駅周辺ラーメンランキング13位タイ、☆3.51(2016.11現在)という評価。
立川のつばさ家の初代店主のお店、でしたっけ?

「つばさ」と「はやぶさ」・・・

もしやオーナー、新幹線好きなのか!??
なんて考えつつ店の前に立ちます。

食べログ1 (707)

左が入口か。
19:35訪店。

すぐ脇の券売機で手早く「ラーメン(670円)」と「ライス(100円)」の食券を購入し、
中ほどのカウンター席に座って、お姉さんに食券を渡し「全部普通」をコール。
肩ロースかバラかを択べるとの事で「肩ロース」をお願いして店内を見渡します。

ほぼ満席の客の入り、人気ありますなぁ。
2000年代初頭の懐かしい洋楽が流れる店内は奥行きが無く、
横一文字にI字カウンターが横断して、その向こう側に厨房というレイアウト。

昔懐かしな構造だなぁ。
是政橋と府中競馬場の間に在った炭鉱ラーメン(だったっけな?)とか、
(テーブル席もあったけれど)矢野口駅前に在った「丸源」とか、
あと、南多摩に在った天童ラーメンのお店や所沢駅前に在った担々麺のお店もこんなだったな。
街道沿いのラーメン屋さんにこういうレイアウトのお店、多かった記憶があります。
清潔感はあり、テーブルはスベスベですが、その功績の半分くらいはお客さんでしょう。
みんな丼を上げ、テーブルを拭いて「ごちそうさま」と一声掛けて店を出て行きます。
田無のヒムロクもそうだけど、こういう客が付いているお店は、大概美味い。
これ、ラーメン屋あるあるじゃなかろうか( ̄ー ̄)ニヤリ

食べログ1 (709)

4分で竣工。速いねぇ。
色身は濃いな。
やや遅れてライスが並び、

ではでは。

食べログ1 (708)

醤油がしっかり効いた味わいですが、鶏油も主張しているし、豚骨が力強いね。
コラーゲンを纏った唇がプルンプルンしてきましたよ(^_−)−☆(キモいよ河井
つばさ家より豚骨の効きは強めに感じますが、バランスの良いスープだと思います。

麺は家系らしく短い、激しくウェーブがかった平打ち中細麺。
シコブツな歯応えで持ち上がり上々、力強いスープに負けていません。

にぐはピンク色だ( ̄ー ̄)
っはは!!
うんめぇ!にぐ、うんめぇなぁおいヽ(´▽`)/
味付けはスープより弱いのでいまいち解りませんが、つーか、食感の悩ましさ。
歯が喜んでいます( ̄ー ̄)

ほうれん草はつばさ家よりは少なめかな?でもそこそこはありますな。
海苔はつばさ家と同様にスープと合うねぇ(^_−)−☆
当然ながらライスにバウンドさせてーの、着地。
・・・まだだ、お楽しみは最後に取っておこうぜ(^_-)-☆
速やかに麺を食べ尽して・・・


さ て こ こ か ら だ ! !

唐辛子をライスにライドオン!
スープをレンゲでライスに・・・2回、3回、4回、、
えええいとどめの5回目っ!!(゚Д゚)ゴルァ!!!


うん、
美味ぁい(∀`*ゞ)エヘヘ

ライスの炊き上がりも硬めで宜し。
ちょい、唐辛子とライスとのマリアージュが弱いかな?
でもぐいぐいとハイペースで・・・
一気に完食。

ボリュームは並なりにちゃんとありました。
接客は威勢あり活気あり嫌味無し。
バランスのよい家系、ってな印象。

「つばさ」と「はやぶさ」・・・
新幹線繋がりの店名とばかり考えていたんだけれど・・・人工衛星、かもしれないな(゚- ゚ )
すると次のお店の店名は「ひまわり」だろうか、「こうのとり」だろうか・・・
新幹線繋がりだとすれば「つばめ」とかありそうだな。
飯系に力を入れた「みずほ」なんてのもいいな( ̄ー ̄)ニヤリ
大穴は「日本海」だな・・・


食べログ1 (710)

とかなんとか身勝手な想像を膨らませつつ家路を急ぐ河井なのでした。




関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川北駅立川南駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ