清き流れに住みかねて。

立川市
08 /17 2017
立川   清流そば 立川3・4番線ホーム店


終わりの見えないスクランブル。
ま、仕方ない事なんだけれど・・・・・・・・・って愚痴はここまでにして(*゚ー゚)>テヘヘッ

ま、そんなこんなでこの日もスクランブル。
青梅へ行って、その後また別の場所へいく予定。
昼飯は多分遅れる・・・出勤前に軽く腹に入れておくべきだろう。
なんて思いつつ南武線を降りれば、中央線が既に遅れているではないかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
で、接続時間が20分ほどかかる事に。
前もって早めに出ているので遅刻はしないんだけれど、仕方無いなぁ( ̄ー ̄)
普段あまり使う事のないこちらへ向かう時間が出来ちまったじゃないか( ̄ー ̄)
ならば行かないとなあ( ̄ー ̄)
立川駅は各ホーム上にTKGがある、という駅蕎麦フリークには悶絶モノのターミナル駅なのですが、
このホーム(中央線上り)は河井的に全くご縁が無く、数年ぶりの訪問となります。

券売機で「鶏そぼろ丼セット(500円)」の食券を購・・・あら、
5/31までSuicaで買うと大盛り30円引きか・・・
大盛り(100-30=70円)」の食券も購入して、
10:05訪店。

そば」をコール。
「温かいのと冷たいのどちらになさいますか?」
冷たいので

というやり取りを経て、店内を見渡します。


20175月 (154)

20175月 (152)

以前はもっと狭かった様に感じますが、気のせいかな。
最近中央線のホーム上の2店が「奥多摩そば」から「清流そば」へ名称変更して、その時にプチ改装された様ですな。
それまではね、「あじさい」の看板が残っていたりしたのですよ。
きっと紆余曲折があったのでしょうな。


20175月 (153)

2分で竣工。
ではでは。


20175月 (155)

麺はモソモソした、いかにも、な蕎麦であります。
でもよく締められていて水切りもしっかり為されていました。端切れも無し。
ワサビはあまり効かないので何度か追加投入。
つゆは印象無し。きっと、つゆとしての最低限の役割は果たしてくれたものと思われます。
瞬殺。


20175月 (156)

鶏そぼろ丼には小さめの生卵(やけに黄身が黄色いタイプ)が乗っかっています。
味付けは醤油がギリギリ要らないくらいの塩梅。
ご飯の炊き上がりは意外にも悪くなし。
ボリュームはミニなり。
完食。

接客は明るく動きもキビキビ。他のホームのお店よりも健康的に感じました。
もはや個性など感じぬNREなお店になってしまっているのは甚だ残念ですが、
店員さんの立ち居振る舞いは良し、と言ったところでしょうか。
店員さんのスキルに敬意を評しましてのこの評価、でありまする。
つまりは、NRE、もーちょい頑張れや・・・いや、頑張るな、かな?
というのが総評。

タイトルは 特に意味なし 何となく。




関連ランキング:立ち食いそば | 立川駅立川北駅立川南駅



スポンサーサイト

夢路へ誘う愛し恋しい坦々麺(期間限定)。

立川市
07 /23 2017
立川   いとし家


今度こそ青梅ラスト。
夜の立川も今宵限りか ・・・

とこの時は思っていたのですがそうでもなかったりします(^_^;)
明日はどこだ!?と日替わりで変わる勤務地、この頃はかなり疲れておりました(^_^;)

んじゃ、たま館、制覇しとくか(^_−)−☆
21:50訪店。

ここはライス∞という魅惑的なサービスがある、
あご出汁を使った家系ラーメンのお店。

2017年4月 (89)

・・・おや。
「期間限定 シビレ 濃厚 坦々麺」
とデカデカと貼り出されておりますね。
これだな( ̄ー ̄)(850円)

気の良さそうなお兄さんに食券を渡すと麺の硬さとシビレ具合を聞かれたので、
麺普通、シビレ強めでお願いしてカウンターの隅の席に座り、
店内を見渡します。

20175月 (145)

客は学生風のお兄さんが1人居ましたがすぐに河井の貸し切りに。
相も変わらずマシマシが客マシマシですな!
河井はラースクもたま館も夜しか訪れていないので分からないのですが、昼はどちらももっと混むのでしょうかね。

20175月 (146)

7分で竣工。
白髪ネギの峰に降るは胡麻雪。
それを囲む海は赤々。

ではでは。

20175月 (148)


とろみあるスープ、に溶け込んでいました花山椒。でもシビレは控えめかな?
芝麻醤というより胡麻ペーストみたいなコクがあります。
なんとなく永谷◯の、和田アキ◯がCMしていた煮込みラーメ◯?だかを思い出させるお味。
確かに濃厚だけれど、見た目ほどしつこくはない塩梅。
麺は縮れある中くらいの太さの麺でブリっとした食感。

20175月 (146)

具はわさあっと盛られた白髪ネギ、あとは刻みネギ、肉味噌の挽肉くらい。
後半は白髪ネギの繊維がかなり気になります。

淡々と完食。

20175月 (151)

い や む し ろ こ こ か ら だ ! ! !
ニヤニヤしながらゆっったりとした歩調で炊飯器へ向かった河井、
1回、2回、3回・・・・ええええい!!掟破りの4回盛り!!

20175月 (149)

営業時間終盤な事もあり炊き上がりは今ひとつでしたが、保温臭は感じず。
で、

そりゃスープと合うわなあヽ(´▽`)/
でも、もーちょいシビレが欲しいな

・・・お、あるじゃん( ̄ー ̄)
「シビレの素」なる小瓶から山椒を振りかければ、
あー、これこれ!!

でもシビレはあまり来ないな。
シビレより香りが立つタイプの花山椒だろうか?

とか考えつつ、再び炊飯器の前に立っていた河井であった。

辛くはないものの汗はファイエル。
多分、辛さとかではなくガッツリ逝ったが故の食熱由来かと思われます(^_^;)
完食。

あー、やらかした、満腹だよ(^_^;)
具には貧弱さを感じたものの、十二分に飯を喰わせてくれるお味、そしてライス∞!!!
愛し恋し、とまではいきませんでしたが、
これは、正義ですよ(`・ω・´)

接客は他の3店舗より良かったです。
声も出ているし、客としっかり向き合ってくれる誠実な応対、いと宜し。
ちょいツンなマシマシ、
日によってブレが激しい井の庄、
活気はあれどユルめの一本勝負、
これらと比べると、良い。
しっかし、
あー、やらかしたなぁ(^_^;)
ラストの二盛り、あれが効いたな。

明日は朝食、抜こう・・・
ランチも控えめにしよう・・・

大きな後悔と、大きな満足感、大きくなった胃袋。
それらを腹に抱えながら、ヨタヨタと駅へ向かう、河井なのでした。




関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川南駅立川北駅



コッテリと更けゆく、立川の夜。

立川市
07 /20 2017
立川  天下一品


青梅から異動した、
筈でしたが、

色々あってーの青梅勤務。
「いやあ、名残惜しいですなぁ」とか言っていた『最終日』、
の一週間後にまさかの青梅で「おはようございまーす」。

まあ、こういうのは、慣れた。
むしろ、また立川で夜食テロ(単独、被害は己のみ)が出来るなんて僥倖ではないかヽ(´▽`)/

で、
いとし家と迷った末、こちらへ。

2017年4月 (99)

21:50訪店。

カウンター席に座り、メニューをチラリ。
水を持ってきたお姉さんに「サービス定食並(800円)」を「こってり」でオーダーして店内を見渡します。

2017年4月 (104)

明るく照らされてはいるのですが、何となく暗い印象を持つのは何でだろう。
客は7割の入りで酔客が多いかな。呑み利用のグループも居ますね。

2017年4月 (105)

4分で竣工。
久々になるか、天一( ̄ー ̄)
さあて、俺をコッテリ踊らせてくれよ(^_−)−☆(どんな踊りやねん河井

ではでは。

・・・って絡まり過ぎだろこの麺∑(゚Д゚)!!!
ほぼ全部持ち上がってんじゃねーか(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

絡まりに絡まっている麺をほぐしにほぐ、し、
て・・・・・

2017年4月 (108)

麺は硬めの茹で上がりでコシあり。中河原よりタレの味を強めに感じますな。
このタッポタポな具合、好みである( ̄ー ̄)

メンマは甘味が強く、チャーシューはシットリしてますね。
つーか、ボリューム、こんなもんだっけ・・・
7啜りで完食。

絡まりが酷かった故に一口で啜る麺量が多くなっちゃったのかもしれませんが・・・っつーか、

2017年4月 (106)


む し ろ こ こ か ら だ ! ! !

スープをライスへ!
スープをライスへ!!
スープをライスへ!!!
トドメの辛味噌どおおおおぉん!!(*゚▽゚)ノ!!!

2017年4月 (109)

んんんまぁいヽ(´▽`)/
辛味噌のパンチは中河原よりも弱めに感じるなぁ、
まあスープの塩気とか風味とかによるのでしょうかね。
ライスの炊き上がりはパサつき気味、でもこのスープには合っている、のかも。
小さい茶碗ながら縁より上の盛りっぷりも嬉しい(かといって多くはないが)。
瞬殺。


ボリュームは、こんなもんかな?だっけ?
何だか少なく感じましたが・・・河井の胃袋が大きくなったのかなぁ?
前述した様に麺が絡まっていたので啜りに適していたのかも。

接客は卒無し。
竣工が早いのは立地故かな?
酔客が〆に使い易いスピード、そしてボリューム、なのでしょうか。
まあ、あともーちょいお安ければ、
というのはワガママでしょうか(^_^;)




関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川南駅立川北駅



デミは飯が進む。

立川市
06 /13 2017
立川    松乃家


この日食べたのは蕎麦とちゃんぽん。
つまり米粒を食べていない・・・
1日1度は米を食べねばテンションがだだ下がる河井、米を喰らわねばいかんのだ(`・ω・´)
で、こちらへ。
21:50訪店。

お、ワンコインフェアだヽ(´▽`)/
ちょくちょくやってくれるんですよね、これ。
今回はロースカツ系の定食がワンコイン。
食べた事の無い「デミかつ定食(500円)」
と「ライス大盛(50円)」
の食券を購入して入口寄りのカウンター席に座り、おっちゃんに食券を渡して店内を見渡します。

食べログ5 (343)

食べログ5 (345)


客はまばらな入り。
清潔感は微妙ですがカウンターはちゃんと拭かれていますね。

食べログ5 (342)

「松乃家」と「松のや」ってどう違うんだろう?
という疑問がありまして、それを解決したいという思惑もあったのですが、

食べログ5 (344)

掲げられたPOPには「松のや」と書かれていますね。
つまり名称が松乃家から「松のや」に変わりつつある、という理解で良いのかな?

食べログ5 (346)

6分で竣工。
あ、しまった・・・
チルドポークの味を確かめようとも思っていたのに、デミが掛かっている。
これではよくわからん┐(´д`)┌ マイッタネ

ではでは。

食べログ5 (348)

うん、よくわからんな(^_^;)
熟成された様な味がしないでもない、かな(^_^;)

食べログ5 (350)

つーか、上に乗っかった揚げ玉ねぎがなかなか良い仕事をしなさる( ̄ー ̄)
甘旨味を付与してくれていますね。
デミグラスソースはミートソースを思い出させる濃厚なコクと酸味。
デミとカツが合うとか合わないとかじゃなくて、
まあ合うっちゃあ合うんだけれども、
カツを楽しみたい、って方にはオススメ出来ないかも。
ただ、ご飯は進むお味( ̄ー ̄)
ドレッシングは使わずデミでキャベ千を攻略。
こうする事でキャベ千がおかずとして立ち上がって来ます。

食べログ5 (347)

ご飯はやや柔らかめな炊き上がりで良くも悪くも無し。松屋系にしては悪い方かな。

食べログ5 (349)

味噌汁はちょい薄いな。
完食。

接客は、おっちゃんの不思議な愛想の良さと、それ以外のスタッフのテンションの低さの落差がちょっと・・・
なんか、大丈夫、かなぁ(^_^;)

居心地は宜しくなかったです。




関連ランキング:とんかつ | 立川駅立川南駅立川北駅



ガーリックの効いた、淡麗塩。

立川市
06 /07 2017
立川南   でびっと


ダラダラと延びに延びたものの、青梅とも今度こそは離れる事になる。
前日に次男坊を攻めた河井、こちらも攻めておこうと訪れたのであります。

20175 (28)

こちら、以前ラーメンスクエアに入っていたのですね。
閉店扱いだった店舗が食べログ上で復活扱いになっていて、こちらとダブってしまっていますが・・・
リニューアルって訳でもないし、移転して戻ってきたって訳でもなさそうだし、
メニューも全然違うし、
前のお店とは別店舗と考えて良いと思うんだけど。

20175 (29)


20175 (30)

券売機の前で仁王立ち。
ふむ、色々あるな・・・左上の法則、発動!
「淡麗塩らーめん(720円)」の食券を購入して
21:45訪店。

厨房寄りの2人掛けテーブル席に通されて座り、すぐにやって来たお兄さんに食券を渡すと茹で加減を聞かれたので、
「普通」でお願いして店内を見渡します。

20175 (31)

ここには以前は「えび金」が入っていましたが、当時とレイアウトはほぼ変わっていない気がします。
赤から白へ基調が変わったくらいかな。

20175 (32)

客は半分くらいの入りですが、時間帯を鑑みると健闘しているのではないでしょうか。
同じくニューオープンした次男坊より健康的な活気がありますね。

20175 (33)

4分で竣工。
透明度の高いスープからは仄か、っほど仄かではないか、結構ガーリックが香りますな。

ではでは。

麺はほぼストレートな角の無い低加水の細麺。
ポキポキしつつコシも感じられる食感で、スープの熱により徐々にポキポキからシコシコへとシフトしていきます。

スープはうーん、やっばりガーリックが強く香るかな。あとは香味野菜かな。
でもって貝っぽい旨味が効いていますな。
塩気は突出せず、旨味がしっかりあるんだけれど後味はスッキリ、
といきたいところだがガーリックが効いています(^^;)
麺量はやや多めに感じますね。
瞬殺。

20175 (34)

口頭で「替え玉(150円)」を「硬め」でオーダー。
スープはやや薄まりますが、意外と強いね、ちゃんと持ち上がりますよ( ̄ー ̄)

ここで具に取り掛かります。
具はチャーシュー、メンマ、貝割れ大根、海苔1枚、刻み葱。

チャーシューは低音加熱されたタイプでしっとりした食感、肉の旨味をもたらします。
メンマはシャッキリした歯応えでこの皿のアクセントとなってくれますね。
何だっけこの風味・・・駄菓子屋を思い出す風味、ちょっと独特ですが面白いです。
刻み葱はしっかり風味あり。
貝割れ大根も風味ありますが、適度にいただかないと貝割れ大根の風味で口内が満たされてしまうので、
用量、用法を守っての摂取が肝要かと。
完食。

「淡麗」を謳いながらもニンニクの効きがやや強く感じられましたかね。これ、効かせ過ぎたんじゃないかな?
替え玉は150円ですが、麺量は多めなので割高感はそこまでは感じず。

接客は健康的な活気あり。この辺りは次男坊とは違うかな。
えび金や湯きりやほどのインパクトは感じませんでしたが、その辺りは今後に期待したいところ。

なお新店舗ゆえに評価はやや甘くなっている事、ご了承くださいませ。
そして本来はサービスの評価を控えているのですが、悪くなかったので評価させていただいた事、付記しておきます。




関連ランキング:ラーメン | 立川南駅立川駅立川北駅


凱風快晴。

立川市
06 /07 2017
立川南   次男坊 BLACK RED



20175 (1)

立川のラーメンスクエアに新店舗が2店オープンしました。
デビット伊東さんの「でびっと」と、
たまぞう系列の「次男坊」。

20175 (2)

以前、東日本を半月ほど巡った折に札幌の外れで「末っ子」という味噌ラーメンの美味しいお店に立ち寄りレビューを上げたのですが、
ラーメンの兄弟ものでシリーズ出来ないかな?
と思ってリサーチしたら小金井の次男坊を見つけてBMしたっけ。
ま、その思惑はあえなくボツになりましたが(三男坊は見つかりましたが長男が見つからなくて(T ^ T))・・・

20175 (3)

で、こちらの前へ。
入口前の券売機で「赤豚3辛(800円)」、「麺大盛り(100円)」の食券を購入して、
21:45訪店。

厨房から「お好きな席へどーぞー」って言われたので中央の対面カウンターに座ると、

しばらくして店員さんがスローモーな動きで食券を受け取りに来ました。

20175 (4)

真新しい店内は当然ながら清潔感あり。
客は半分の入り。この時間ならば健闘していると思います。

20175 (5)

入口近くに無料トッピングが4種類ほど置かれていましたが、面倒臭いので取りに行かず。
こういう趣向、最近よく見かけますが、何となく面倒臭いのだ(^_^;)
各卓に置いて欲しいわー。

20175 (6)

5分で竣工。

20175 (7)

赤富士だ・・・
丼の中には唐辛子で出来た「赤富士」がなだらかな稜線。

ではでは。

20175 (8)

とろんとしたスープは味噌ベース、つか豚骨が濃厚に下地を作っていますな。旨味とコクが押しに押します。

20175 (9)

麺はウェーブがかかり黄色味を帯びた角の無い中太麺。
持ち上がりは宜しくないですが、むしろこの味噌風味な濃厚スープには合っています。

具はチャーシュー、ほうれん草、もやし、刻み葱。
・・・っと、赤富士の下にキャベツが眠っておりましたよ(^_−)−☆
キャベツはパリパリ、もやしシャキシャキで程よいアクセント。
チャーシューはリフトすると崩れるか崩れないか、ってなとろんとろん。
1/3ほど食べ進んだところで赤富士を崩し、混ぜ込んでいきます。
辛さがぼわわわぁんと攻め立てますが、思ったほどではないか。
しかしこのラーメン、ライスとも合うよなあ・・・

と思った刹那、河井の背後から立て続けにライスオーダーの声が!!
それに釣られそうになるのを必死でこらえて・・・・・・・・・・・・
スープ半分残しで完食。

辛いは辛いのですが、汗はファイエルせず、うっすら滲む程度の寸止め具合(個人差はあります悪しからず)。

河井は基本の3辛でしたが、6辛まであるみたいですな(^_^;)(現在は7辛まであるみたいですよ)
辛さを欲する方は是非お試しくださいませ。

ボリュームは大盛りなり、かな?
麺はやや物足りない印象でしたが、キャベツはそこそこ入っていて、カサを増しました。
控えめを心掛けている夜ならば満足、かなー。

接客はややユルめでしたが新店舗故に採点を控えさせていただき、
また全体の点数もやや甘めな事、ご了承くださいませ。




関連ランキング:ラーメン | 立川南駅立川駅立川北駅



スリジャヤワルダナプラコッテに大漁旗はためくカリー+7種。

立川市
06 /02 2017
高松   シギリヤ


この日は色々あって夕暮れの立川。
少し憂鬱。
それを払拭したくてテクテクと北進、
前から気になっていたこちらへ向かいました。
何でも、ちょっと変わったスリランカ風カレーを出すお店だとか。
18:00訪店、

2017日向和田~沢井 (202)

っと、やってないな∑(゚Д゚)
休みなのか遅れているのか・・・うーん、どーすっかなあ(^_^;)
この辺りはあんまりお店が無いし・・・と、
暫し思案して、
振り返って、
あら、

2017日向和田~沢井 (203)

やってる。
焦らすなよぅ(^_^;)
18:05訪店。

カウンター席に座りメニューを眺めます。
野菜カリーが980円、これが最安だけれど、今日は憂鬱を吹っ飛ばしたい(`・ω・´)
「チキンカリー(1180円)」に「7種セット(100円)」をつけてオーダー。

2017日向和田~沢井 (204)

オーケストラジャズが流れる店内はこじんまり。
店主は電車好きなのかな、海外の電車のイラストが飾られています。
あら、鉄道模型のジオラマまであるし( ̄ー ̄)
卓上にはレーズンとスパイス。

2017日向和田~沢井 (205)

6分で竣工。
カレーとライスは別皿にて供されました。
で、7種。


2017日向和田~沢井 (206)

でけえ(^_^;)

カレーと同じ写真に収まらない・・・つかカレーよりデカい顔しとるがな(^_^;)
イカの塩辛、搾菜、福神漬け、紅生姜、らっきょう、漬物?、激辛ペースト、ってところか。

「激辛ペーストはかなり辛いので少しずつお使い下さい」
「辛さは卓上のスパイスで増せます」
「ライス足りなければお足しします」

ほお!ライス、足してくれますか、うへへへ( ̄ー ̄)
後顧の憂い、無しっ!!

ではでは。

野菜もたっぷり入ってますね。
インドカレー屋のベジタブルカレーってさ、ベジタブルと名乗るほどベジタブルっていないよなあ、
って思っていたりするのですが、こちらの方がむしろベジタブルであるよ、チキンカレーだけどもね(^_−)−☆

カレーはスパイシーなな様でいて、円やか。
ミルキーなコクがあって玉ねぎの甘旨味もベースにありそう。
辛さや塩気は控えめですが、トッピングで補強していく塩梅でしょうか。
とはいえこれだけでも結構いけるんだけれども、さて・・・
いきますか( ̄ー ̄)ニヤリ

先ずは、イカの塩辛と搾菜、漬物?
でいってみようか・・・っはあぁぁっ!!ヽ(´▽`)/!!!!!


・・・美味ぇ!!
美味ぇよ、これガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
なんだよこいつら!!相性抜群じゃねーか!!
特にイカの塩辛ったら、もう!

多分ねぇ・・・
このカリーとイカの塩辛、生き別れた兄妹だと思うのだよ(大丈夫か河井
DNAレベルだよこりゃあ!!!ああ、DNAレベルだともさっヽ(´▽`)/!!!!!


うおォン

あ、、、ライスが無い(゚- ゚ )


2017日向和田~沢井 (207)

・・・ライスを先ほどと同じ量いただきましたm(_ _)m

チキンは骨付きのが2本。これは普通かな、
っつーか、この濃ゆいメンバーの中ではどうしても難しい。
北村一樹と遠藤憲一とビリー・ボブ・ソーントンに挟まれた宮川一朗太みたいなチキンだ。


・・・いや、でも、そのキャスティングはむしろ面白そうだな・・・


さて、

全種類、逝っちゃおうヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

テンションMAXで投入、投入っ!投入っっっ!!!
スパイスとレーズンまで全部乗せました。

2017日向和田~沢井 (208)

アヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ(  ゚)ヒャヒャ(  )ヒャヒャ(゚  )ヒャヒャ(∀゚ )ヒャ

もう何が何だかわからんけれど恍惚・・・
恍惚の人、ここにありだな。
スリジャヤワルダナプラコッテに大漁旗がはためいているぜ・・・
遠い目をしつつ、完食。

ちょいと値は張るけれど、7種100円ですからね( ̄ー ̄)
付けないとか勿体無いですよ!
あー、ひっさびさに飯喰らってテンションアガったわー( ̄ー ̄)

だだ下がっていたテンションがだだ上がったので、全体的にちょっとおかしな文体になっている事、お許し下さいませ。

接客はベタベタせず、かといって疎でもなく、丁度良い距離感、いと素晴らし。
最後まで河井の貸し切りでしたが、居心地良かったです。

ちなみにライスは∞ではないのかもしれません。
店主が、河井が小食に見えたので盛りを少なめにした、と仰っておられました故。
ガッツリ行きたい方は先に「ライス多めで」と伝えるのが良いかも。
もしくは「俺、飯、喰うぜ( ̄ー ̄)」とアピールする出で立ちでの訪問をオススメします(どんなやねん


いやー、救われた。
飯喰らって救われた気持ちになるのも不思議だけれど、今日は何だか救われました。
ありがとう、ごちそうさま。




関連ランキング:カレーライス | 高松駅立川北駅立川駅


立川駅周辺高評価ラーメン店、制覇しました。

立川市
05 /26 2017
立川   立川マシマシ


立川駅周辺で評価の高いラーメン屋さんを巡っておりましたが、こちらが最後の砦。
こちらは立川駅周辺ラーメンランキング8位タイ、☆3.55という評価(2016.11現在)。
何度も訪れて、何度も断念しました。
だって、いつも並んでいるんだもん(T ^ T)

この日は日曜の夜。空いているかな・・・


空いて、たヽ(´▽`)/
嬉しい様なやらかした様な不思議な気分で券売機の前に立ち、
ラーメン中(750円)」の食券を購入して、
21:50訪店。


食べログ5 (379)

ニンニクの匂いが満ち満ちた店内、清潔感はそこそこ。
厨房をコの字カウンターが囲み・・・って、いつの間にか満席だ∑(゚Д゚)!!スゲーなおい(^_^;)
男子ばかりかと思いきや女子もいる。そーいえば河辺の秘密基地もそうだったな。


食べログ5 (380)

トッピングを訊かれたので「ヤサイ少なめ、アブラマシ」とコール。
ニンニクは聞かれず。卓上のでお好みで、って事か。


食べログ5 (381)

9分で竣工。
初めて野菜少なめを頼んでみましたが、こういうビジュアルになるのな。

ではでは。


食べログ5 (382)


アブラが河辺のよりややマイルドに感じるのは気のせいかな?気のせいかも(^_^;)
アブラによる破壊的な進捗、瞬く間にヤサイ粉砕。
勢いのままに麺へ取り掛かります。
麺はバツっとした平打ちの中太麺、これは河辺と変わらず。
チャーシューは河辺はやや斜めに崩す様にカットしていたけれど、こちらのはそうじゃなかったな。
故に河辺よりはやや硬く感じました。

中盤に差し掛かったところで、調子に乗ってニンニクを投入してみると・・・

あー、やべーヽ(´▽`)/
これはヤバいな・・・
河辺では勤務中にばかり訪れていたのでニンニクは入れなかったのですが、
これは入れた方がいいねぇ、本能に訴える感じヽ(´▽`)/
勢い良く完食。

あー、やらかした、ニンニク・・・
最後にスープを一口飲んだのがいけなかったかも。口の中ニンニク塗れにしちまったい(^_^;)

うん、ヤサイ少なめでいいな、河井は。
野菜、っつーかモヤシを延々と喰らっていると、どうしても飽きが来ちゃうのだ(^_^;)
キャベもやの比率がもーちょいキャベ寄りになってくれたらいいなあ。

接客は出来ている人と、出来ていない人と。
河辺のお姉さんみたいな接客が欲しいかな。




関連ランキング:ラーメン | 立川駅立川南駅立川北駅



強力、中本。

立川市
05 /17 2017
立川南   蒙古タンメン中本


立川に中本がオープンしたと聞いて、いつかは行かねばならぬ、と思っていました。
むふふ、久々の中本だなあヽ(´▽`)/
中本、河井は秋津店にちょこちょこ通っていた事があります。
2、3年前の冬、背後に並ぶ若いカップル達に見守られながら、
五目蒙古タンメンで汗溜まりの中、轟沈(完食はしました)して以来のご無沙汰となります。

食べログ5 (48)

・・・お、空いていそうだ。
19:45訪店。

券売機で「蒙古タンメン(800円)」
「半ライス(120円)」の食券を購入。
入口至近のカウンター席に座ってお兄さんに食券を渡し、店内を見渡します。

食べログ5 (49)

当然ながら真新しい店内は清潔感あり。
奥に長い構造で厨房とカウンターが仲良く奥へと伸びていますが、手前にはテーブル席もあります。
んで、活気あるね、やっぱり( ̄ー ̄)

食べログ5 (50)

客はほぼ満席の入り。そのうち並ぶんだろうな・・・
BGMは絢香。

お、紙エプロンあるのか、それは嬉しいね(^_−)−☆
と取り出したるは、

食べログ5 (51)

ティッシュだった∑(゚Д゚)
・・・勘違いしました(^_^;)
券売機の上に見つけて取りに行き、装着したところに竣工。
時間にして7分くらい。

食べログ5 (52)

むふ( ̄ー ̄)
真っ赤なビジュアル、お久しぶりですm(_ _)m

ではでは。

食べログ5 (53)

野菜の旨味が染み出したスープはマイルド、甘味も感じますな。
辛さはピリ辛ですが麻婆は・・・あ
・・・来た来たこの辛さ、改めてお久しぶりですm(_ _)m

食べログ5 (55)

麺は角の無い中太麺でシコモソとした食感、スープの持ち上がりは良いですな。
具の野菜はそこそこのクタり具合ですが、豚肉はパサパサではありませんでした。
時折ニンニクの風味が鼻腔を抜けていきます。

汗腺に潜む砲撃手達はファイエルの合図を待っていますが、河井の手は動きません。
まだだ・・・まだ早い。
つか、出来ればファイエルしたくない(^_^;)
順調に完食。

いや、
む し ろ こ こ か ら だ ! ! !

食べログ5 (54)

半ライスの上に前もってちょい乗せしていた麻婆でプチ麻婆丼を愉しみまあうっ、、、
やっぱ辛いわ(^_^;)
その勢いでガツガツと飯を掻っ込んだあと、
具の野菜を乗せてスープを掛けて・・・

Oh!!Yes!!ヽ(´▽`)/

うおォン

ここで河井の溶鉱炉が火を吹きました・・・そして、ファイエル。
汗を噴き出しつつ、ついつい完食&完飲。

食べログ5 (56)

接客は爽やかで活気あり、お見事。
河井の前に居たお兄さんの応対が非常に気の利く接客で、上手いタイミングで気をひく一言、巧いなあ、って思いました。
お兄さんのスキルが高かったのか、中本のコーチングが素晴らしいのかは分かりませんが、
秋津店でも嫌な気持ちになった事は一度もなかったんだよなぁ。
中本では接客でそうそう嫌な思いをしない、という安心感。
これって、お店にとってとても重要な事じゃないかな。
お陰で気分良く店を後にする事が出来ました。

つか、気付けば満席。並びも出てるよ・・・やっぱこうなるよなあ(^_^;)
並ぶのも並ばれるのも苦手な河井、今日入れたのは幸運だったみたいですね。




関連ランキング:ラーメン | 立川南駅立川駅立川北駅


【オムの細道:309】 西立川の夜を優しく照らす銀の星。

立川市
05 /15 2017
西立川    銀星


20173 (4)

以前この辺りをぶらついた際、こちらにオムがある事は確認しておりました。
安心して訪れられる、ってのはありがたい事。

20173 (5)

情報を元に訪れてみたらオムが消えてた・・・
なんて経験、オムハンターにはよくある事ですからね(´・ω・`) ショボーン

20173 (6)

19:30訪店。

おっちゃんが柔和な表情で「いらっしゃい」。
入口近くの4人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めます。
「ランチは夜もオーダー出来るからね」
とおっしゃっていただけましたが、

一応考えるフリをして、
やがて「オムライス(800円)」をオーダーして店内を見渡します。

20173 (10)

そこそこ広い店内は年季こそ入ってはいますが清潔感あり。よく手入れされている印象。
壁に貼られた大きな中国の地図がイイ味出しています( ̄ー ̄)ニヤリ

カウンターは無くテーブル席のみで、4人掛けテーブルが6卓、整然と並んでおります。
左奥には小上がりもあるかな?
厨房は奥。

客は母子連れと学生と常連っぽいサラリーマンが数人。年齢層はバラバラですな。

20173 (9)

BGMは日本を訪れた外国人に何をしに来たのか聞いて、出来れば密着する番組。
なお、各卓に灰皿が置かれているので全席喫煙可と思われます。

20173 (11)

9分でオム竣工。

ほう。

20173 (14)

葉巻型の巻きオムですが、中華食堂のオムにしては玉子に厚みがありそうだ。
これに搾菜と中華スープが付き従います。

ではでは。

20173 (15)

玉子はハードながら厚みあるねぇ( ̄ー ̄)
ふわっと仕上げてあり、しっかりと巻かれています。

20173 (16)

ライスはケチャップライスで炊き上がりは問題無し。
見た目ほど味付けは強くなく、上に掛かったケチャップに存在意義を与える味加減。
具は豚肉と玉ねぎ、ごく少量。ちょっと物足りないかな。

20173 (13)

搾菜はコッテリしていないので、オムの口直しには最適(^ー゚)ノ

20173 (12)

中華スープはサッパリしていてこちらも口直しという役柄をキッチリ演じてくれます。
淡々と完食。


20173 (17)

ボリュームはそれなりにありましたね。
具の少なさからしてCPは微妙ですが、玉子は中華食堂オムのスタンダードの倍は使われていたと思います。

接客は柔らか。
おっちゃんがホール担当で奥様が調理担当なのかな?
それとも日によって調理とホールが入れ替わるのかな?
立川駅界隈で中華食堂というと、四つ角飯店(いつも並んでいて入りづらい)と五十番(ちょい高級感ある)くらいしか見当たらなくなってしまいました。
少し歩けば双葉食堂や福来軒もありますが、近場だとこのくらい。
ここ10年くらいの間にどんどん店を畳んでしまい、河井は間に合わなかった・・・

20173 (19)

なぁんてしんみりしながら駅へと向かう河井なのでした。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 西立川駅東中神駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ