Hinohara, Mon Amour.

西多摩郡檜原村
12 /24 2016
奥多摩   カフェ せせらぎ


[a:13203621,かあべえ屋]で買った梅おにぎりを頬張りつつバスを待っていた河井、
しかし、バスが来ない・・・

あ、もしや・・・・・ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
やっぱり(^_^;)
16:01発の便、平日ダイヤだった・・・
休日ダイヤだと、16:40か(^^;)

IMG_9199.jpg

・・・じゃ、あそこ行ってみよう。
かあべえ屋に向かう途中に気になる看板が出ていたんだよね(^_−)−☆

IMG_9190.jpg

と、村役場の中へずんずん入って、、、暗いなあ、
ってそりゃそうだ。
土曜だから既に役所は閉まっている訳だ(^_^;)
でも、奥は明るい。

IMG_9200.jpg

ほえー
まさかこんな趣味の良さげな店が、役場内に在るとはね( ̄ー ̄)ニヤリ
16:05訪店。

品の良い初老のマスターがお出迎え。
窓際のテーブル席に通され、メニューを眺めます。
レアチーズケーキセットは売り切れとか。
「[b:アイスコーヒー](400円)」をオーダー。

IMG_9204.jpg

ウッディな店内は温かみのある照明に照らされていて、暗い役場の中でここだけが異世界のよう。
BGMはサラ・ヴォーン。
これがぴたりとハマる、そんな雰囲気だ。

IMG_9201.jpg

でも河井の脳内にはPIZZICATO FIVEの「Tokyo, Mon Amour」の3:00辺りからのメロディーが流れていました。




あゝ・・・贅沢な時間・・・・・

IMG_9205.jpg

2分で竣工。
ではでは。

IMG_9207.jpg

うん、軽やかだ、苦味軽やか。
酸味、コクに甘味も感じますねぇ。
いやぁ、美味しいよこれヽ(´▽`)/

IMG_9202.jpg

窓の向こうは暮れなずむ渓谷が映し出されていて、
手前にはひまわりの種が置かれた台が設置されています。
きっと野鳥を愛でる事が出来るのでしょうが、生憎その気配は無し(^_^;)

IMG_9208.jpg

あ、水も美味しいわこれ。
この水でコーヒー淹れてるのか・・・然もありなん(^_-)-☆

オスカー・ピーターソンのご機嫌なアドリブが延々と続く中、店を後にしました。

IMG_9210.jpg

ここで過ごしたのは20分少々でしたが、いやぁ、何とも贅沢な時間を過ごさせてもらいました・・・
旅の終わりに相応しいお店でした。
バスの時間を間違えたのはむしろ、正解だったな(*゚ー゚)>テヘヘッ
いつかまた、訪れたいな。そう思わせてくれる愛おしいお店でしたね。
って、後で調べてみたらこちらの店主・・・
銀座では知らない者はいないであろうお店(みゆき、がどうとかなお店)の創業者、みたいですよ!?
・・・ならば、然もありなん( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_9209.jpg

すっかり冷え込んだ檜原村に別れを告げ、颯爽とバスに・・・え!??


あれ?

Σ(゚Д゚)ガーン

バスの後ろにバス、の後ろにまたバスが連なっています。
増便されて、さらに増便されたのか・・・っつーか、それでも超満員じゃねーかΣ(°д°lll)ガーン
秋の行楽シーズン、侮っていた・・・

[b:いやあ、今回は「侮って」ばかりだったな(*゚ー゚)>テヘヘッ]

途中の停留所からも客がどんどん乗り込んで、ぎゅうぎゅう詰めの鮨詰め。
スーパーのタイムサービスの胡瓜詰め放題のビニール袋もかくや、である(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
右に左に揺りに揺られてゆり揺られ、京急の如くバスは走り、やがて、
とっぷり暮れた武蔵五日市駅のロータリーに滑り込んだのでした。


おしまい。




関連ランキング:コーヒー専門店 | 奥多摩


スポンサーサイト

檜原村にひとつだけのミニスーパー。

西多摩郡檜原村
12 /23 2016
奥多摩   かあべえ屋


[a:13010254,たちばな家]で掟破りの開花丼オーダーをかました後、村役場を通り過ぎてこちらへ向かいました。

IMG_9191.jpg

こちらは全日食チェーンのお店でオープンしたのは2016年7月。
まだ出来立てホヤホヤなお店ですな。
スーパーやコンビニが無かった檜原村にとっては、悲願ともいえるお店であります。
15:50訪店。

実は河井、淡い期待を持っていたのですよ。
ノーオムであるとの村からの公式回答を得ていましたが・・・

ここならあるいは、オムがあるんじゃないか、って(´・Д・)」


無かったぁ(T . T)
・・・折角だから何か食べよう(´・Д・)」

IMG_9192.jpg

この時間にはもう値下げされているのですな。
「[b:手巻きおにぎり 梅](98-20+税)」と
「[b:なっちゃんオレンジ](93+税)」を購入。

コンビニにしては一回り安いよな。
品揃えも食料品が多かったし、スーパーとコンビニの中間くらいの立ち位置なのかな?
この時はそういう事、解らなかったのですが、こちらはコンビニではなくて「ミニスーパー」というジャンルに属するお店の様です。

IMG_9193.jpg

イートインもありましたが、バスの時間が迫っていた事もあり、バス停でいただくとします。

IMG_9195.jpg

ではでは。

IMG_9196.jpg

梅はペーストタイプですな。
ご飯の炊き上がりはそこそこ。
ややドライに感じるのは値下げ品ゆえかどうか分かりません。
ボリュームは普通。
4口で完食。

なっちゃんは、、、なっちゃんである(´・Д・)」

旅の締めくくりにはちょっとアレでしたが、まあ仕方ない。
バス停に貼られた檜原村の紹介POPを見ながら時間を潰します。

しかし、日が暮れると一気に冷えてきたな。
上着を着込んで・・・それでもまだちょっと寒い(^_^;)
昼間はむしろ暑かったのにな・・・檜原村を侮っていたか。

IMG_9194.jpg

なんて思いながらバスを待つ河井なのでした、が!!(◎_◎;)


つづく。




関連ランキング:その他 | 奥多摩


手打ちラーメンが名物のお店で開花丼。

西多摩郡檜原村
12 /23 2016
武蔵五日市   たちばな家


[a:https://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/61509975/,味付きこんにゃく]をいただいた後、歩いて本宿の春日神社へ。

IMG_9160.jpg

裏のケヤキを仰ぎ見てお願いすると、願いが叶うらしいですよ(^_−)−☆

IMG_9162.jpg

IMG_9166.jpg

曙橋の角の道祖神を過ぎたあたりでこちらが見えて来ました。
15:15訪店。

おばちゃんがニッコリ笑って「いらっしゃいませ」。
奥のカウンター席に座り、メニューを眺めます。
こちらは手打ちラーメンが名物なのですが、あゝ、飯物が喰いたひ( ゚д゚)・・・
無性に喰らいたひ( ゚д゚)
で、「[b:開花丼](800円)」をオーダーして店内を見渡します。

真新しさ残る店内は清潔感あり。
左に小上がりが3卓、中央に6人掛けテーブル席が2卓、
厨房は右にあって奥の窓際には6席ほどのカウンターが設けられています。
客は時間帯のせいかまばら。
熟年夫婦がのんびり過ごしております。

IMG_9170.jpg

しばらく窓の向こうの景色を眺めていましたが、
いつしか片平なぎさのサスペンスドラマに、どハマり。

IMG_9172.jpg

7分で竣工。
おっほぉ!!肉、たっぷりやねぇヽ(´▽`)/
これにお新香と味噌汁が付いて来ました。

ではでは。

IMG_9173.jpg

出汁の甘味が露払いした後、たっぷり乗っかった厚みある豚肉の旨味が横溢しますぜ( ̄ー ̄)ニヤリ
飴色の玉ねぎにも旨味がたっぷり染み込んでいますな。
カツ丼と比べると開花丼は、肉の旨味が外へ滲み出るから、玉ねぎの旨味もまた格別なのであります(^_−)−☆
玉子はややハードな火の通り。
ご飯の炊き上がりは良いですね。麺類がウリなお店でこういうクオリティのご飯に出会えると嬉しさひとしお。

IMG_9175.jpg

味噌汁も美味しいなあ、麹が違うのかな?

IMG_9174.jpg

んでもって糠漬けの漬かり具合や良し。
完食。

IMG_9176.jpg

いやあ、ちゃんと美味かったわ(^_−)−☆
脂が苦手な方にはオススメしにくいけれども、豚肉がしっかりとメインを張っていてげに河井好み。
やっぱ開花丼の主役は牛or豚肉ですからね。
味噌汁やお新香も手抜き感無く、それぞれ楽しめましたね。
お新香の小皿に描かれていた蟹の絵柄もまたキュートでした。

こちらは手打ちラーメンがウリなお店なんだけど、
こういう「ウリ以外のメニュー」もちゃんと美味い、
ってのはこのお店のポテンシャルの高さを表しているな、と思った次第。
接客は無難。まあ、ローカルな風情は味わえるかな。

さて、いよいよこの旅を締めくくるとしましょうか。


つづく。




関連ランキング:ラーメン | 武蔵五日市


手軽に味わえる檜原。

西多摩郡檜原村
12 /21 2016
武蔵五日市  ひのはら陶芸館 ギャラリー・喫茶 やまびこ


払沢の滝からの帰り道・・・
行きがけに気になっていたのですよ。

IMG_9120.jpg

こちらのお店の前に置かれた、こんにゃく串が煮込まれた鍋( ̄ー ̄)ニヤリ
蒟蒻もまた、ジャガイモと並ぶ檜原村の名産品。
そりゃあ買わない訳にはいかんでしょうよ(^_−)−☆
「[b:味付きこんにゃく](100円)」を1串手に取り、
100円玉を傍の容れ物にチャリーンと入れたら、お店の方が店内からニッコリ笑顔で「ありがとうございまーす」
「いただきまーす」と返して、

ではでは。

IMG_9139.jpg

あ、うんめっ!
ぶりゅんぶりゅんした三角形のこんにゃく、ぷつぷつぷつんっ!ってな噛み応え心地良し。

IMG_9142.jpg

薄味の味付けながら、染み染みジューシーでありますなぁ。
密度が高くないから、出汁が染み入る余地があるんだな。
勢いのままに瞬殺。

うむ、手軽に味わえる檜原、ですな(^_−)−☆
ごちそうさまでした。

では、ここから歩いて本宿を抜け、たちばな家へと向かいます。

IMG_9143.jpg


つづく。




関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 武蔵五日市


出来たてだったらもっと楽しめそう。

西多摩郡檜原村
12 /20 2016
武蔵五日市  じゃがバーガー


[a:13043821,ちとせ屋]でドーナツに舌鼓を打ったあと、
うむ、我が胃袋殿、まだまだ空きがある( ̄ー ̄)ニヤリ
[a:13010254,たちばな家]へ行く前に寄り道しよう
と、払沢の滝へ向かう道を歩きます、

IMG_9119.jpg

が、滝には興味が無いので観る予定無し(^_^;)
普段着のおっさん1人で見るもんじゃないしな(。-_-。)

IMG_9121.jpg

やがて目的の、じゃがバーガー、と書かれたワゴン車が見えて来ました。

IMG_9123.jpg

檜原村のご当地グルメ、じゃがバーガーがいただけるお店であります。
14:35訪店。


IMG_9125.jpg

愛想の良さげなおっちゃんに「まだありますか」と尋ねると、
「ありますよぅ」とニヤリ。
それを聞いた河井もニヤリ( ̄ー ̄)
1.2秒ほどおっさん2人、見つめ合って( ̄ー ̄)ったあと、
「[b:じゃがバーガー](280円)」をオーダー。

IMG_9124.jpg

1分で竣工。
イートインスペースではカップルがキャッキャウフフしているな(^_^;)
・・・歩きながらいただこう(ー ー;)

ではでは。

IMG_9126.jpg

檜原村の特産品であるジャガイモを潰して鉄板で焼いたものがバンズの代わりに使われていて、
中には豚バラ肉とコールスローがサンドされています。
しかし、
うむむ、、、冷たいなぁ(^_^;)
温かかったらもっと楽しめただろうな。
完食。

面白いんだけれど、檜原村のジャガイモだから美味しい、
という風にはならないんだよな。
河井、全国各地のB級グルメを食べ歩いた時期があるのですが、あと一つ、インパクトが欲しいかなあ。
せめてホクホクな塩梅でいただきたかったな、というのが総評。

あ、
結構歩いてしまったな・・・払沢の滝に向かって(ー ー;)
みんなそっちへ向かうから、つい釣られてしまった・・・

行っちゃうか(´・Д・)」
道はウッドチップが敷かれていて歩きやすいですね。福島県の二本松城もそうだったな。
しかしダビスタ的には怪我しにくく馬体重の減りは少ないけれど、疲れがたまるんだよな・・・

しっかし、若いカップルと家族連ればかりだな
彼らをぐんぐん追い抜いて辿り着いた滝はおおおおおっ!!(◎_◎;)
侮っていた!!
いいね、滝ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
暫しマイナスイオンを浴びる、おっさん独り・・・


さて・・・


つづく。




関連ランキング:お好み焼き・たこ焼き(その他) | 武蔵五日市


檜原村に来ておいてここに立ち寄らないのはもったい無いね。

西多摩郡檜原村
12 /19 2016
奥多摩  ちとせ屋


大嶽神社へお参りした後、白倉停留所からバスに乗り、
払沢の滝入口バス停で降りた向かいにこちらが在りました。
14:30訪店。

IMG_9115.jpg

先客が2組いましたが、すぐに河井のターン。
豆乳も良さげだが、今日は固体で攻めたい気分(´・Д・)」
愛想の良いおばちゃんに「[b:ひのはらドーナツ](100円)」をオーダー。
「すぐ食べちゃいます?」
「はい、食べちゃいます(^ー^)ノ」
というやり取りのあと、すぐに竣工。

ではでは。

IMG_9116.jpg

・・・は?
なにこれ!?美味っ!!!(◎_◎;)!!!!
外のパリパリの悩ましさ、
中のもっちりの愛おしさ。

・・・侮っていた、侮っていたわガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
観光地の入口で営業している、手頃な価格のそこそこ美味しい食べ物なんだろう、
とか、思っていてゴメンナサイ<(_ _)>

IMG_9117.jpg

うんまいっすヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
おからでドーナツ作ったら、こんなに美味くなるものなのか?
それとも、ここのが突出して美味いのか!??
おからで作ったドーナツを初めて食べたので何とも巧く言えないのがもどかしいですが・・・

・・・美味しかったのは間違いない(゚Д゚)ノ
5口で瞬殺。

接客は皆さん明るく愛想良し、手際良し、心地良し、文句無し。
100円で味わえる檜原村、お手軽である上に美味しいと来たもんだ。
檜原村を訪れたならば、ここは絶対に外せませんよ(^_−)−☆

IMG_9118.jpg

さて、どうしようか。


つづく。




関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 奥多摩


多摩地区全自治体レビューコンプリート(´・Д・)」。

西多摩郡檜原村
12 /19 2016
武蔵五日市  深山


檜原村にオムが無い事は判っておりました。
というのも檜原村のHPに問い合わせた結果、オムが無い事が確定したからであります( -_-)
こんなどーしょーもない(しかし河井にとっては切実な)要望にお応え下さった職員の方には、感謝の言葉しかありませぬ。
ありがとうございました<(_ _)>

しかし、行かねばならぬ檜原村(´・Д・)」
で、

綿密にリサーチしました。
なにせ、移動手段はバス。
そして、便数は少ないガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

IMG_9006.jpg

先ずは武蔵五日市駅から藤倉行きのバスに揺られて40分、

IMG_9014.jpg

笹久保で下車してすぐの貴布祢神社へ。
こちらの狛犬、

山犬(狼)なのです( ̄ー ̄)ニヤリ
可愛らしいなぁ、おいヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
1体は残念ながら半壊していましたが( -_-)

IMG_9029.jpg

秩父やこの辺りは古くから山犬信仰が盛んな土地柄。
この後訪れた各所でも、家々の表に大嶽神社のお札が貼られているのを度々見かけました。
そういう地域限定の文化に触れる悦びたるやヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

IMG_9035.jpg

近くのカフェでコーヒーでも、と思っていたのですが、営業していませんΣ(゚Д゚)ガーン
暫く待ち、やがて来たバスで郷土資料館へ。

IMG_9053.jpg

IMG_9056.jpg

規模は小さいながらもなかなか凝っていて見応えありましたよ(^_−)−☆
そこから歩いてこちらへ向かいました。

IMG_9063.jpg

おお、風情あるねぇ・・・
13:10訪店。

って、待ちが出てるな(゚- ゚ )
1組だけだから待つか・・・
つか、他にお店無いしなこの辺り。

IMG_9065.jpg

中庭をぶらぶらしましたが、色々飾ってあって飽きないなぁ。

IMG_9066.jpg

IMG_9067.jpg

IMG_9068.jpg

IMG_9069.jpg

古いかき氷器やバブリーな香り横溢するバイクの広告を眺めながら過ごしているうちに、気付きました。
ここの敷居は、高くなさそうだな、って( ゚д゚)

10分後、お店から出てきた奥様?に「相席になりますが宜しいですか」と訊かれ、
それを快く了承して、靴を脱いで上がります。
13:15訪店。

手前のテーブルの前に胡坐を搔き、メニューを。
蕎麦も食べたいけれど、舞茸ご飯もいただきたい(´・Д・)」
で、どちらもいただける「[b:もりおまかせ膳](1300円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_9071.jpg

さだまさしが流れる店内は、古民家を改装した趣き。
オサレ、とか格式が、ではなくて、ほのぼのした雰囲気で居心地良し。

こんな小春日和の穏やかな日は・・・って、おいおい・・・
[b:ま、さ、に、今日ではないかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!]

IMG_9072.jpg

10分で竣工。
娘さん?に丁寧な料理紹介、いただきました。
へえ、野菜は自家栽培なのですか、楽しみだな(^_−)−☆

ではでは。

IMG_9073.jpg

蕎麦は手打ちかな、パラパラとした硬い細いタイプで、蕎麦の風味は立っています。
つゆは色味は濃いですがそこまで辛くなく、節の風味ほど良し。
薬味は美味しいな、ネギも自家製なのかな?
瞬殺。

IMG_9075.jpg

自家製という里芋の煮物・・・ああ、美味しいねぇ( ´ ▽ ` )ノ
味付けも濃すぎずいい塩梅。こりゃ、滋味だわい(^_−)−☆
合鴨のスモークは、げにスモーキー。うーん、これで酒呑みたいわ(´・Д・)」
添えられたレタスも鮮度抜群。

揚げと菜っ葉のお浸し、これ、美味しかった。
胡麻油が効いていて舞茸ご飯にピッタリ合いますな( ´ ▽ ` )ノ
舞茸ご飯は味付け控えめでどっさり入った舞茸の風味が楽しい&愉しい。
蕎麦湯をいただいて、ごちそうさま。

IMG_9076.jpg

蕎麦も美味しかったけれど、脇を固める面々の素朴な力強さよ!!!
特に舞茸ご飯はオススメですね。
[b:檜原村を味わえた、]そんな気がするくらいに満足出来ました。
お店が持つ雰囲気と、店主を始めとするスタッフ(ご家族かな?)の雰囲気、
それらにこの料理がピタリとハマっている様に感じました。

接客はバタバタ具合がむしろお店の雰囲気に合っている様な・・・
嫌味が無いからかな、アットホームな印象に落ち着きましたね。
高級感を求めると物足りないでしょうが、河井には居心地良いものでした。

この後、白倉集落まで歩いて、大嶽神社の里宮へ。
うへえ、傾斜キツいわあ((((;゚Д゚)))))))
ゼエゼエ・・・
こんな小春日和の穏やかな日に、喘ぎ喘ぐおっさんが1人・・・

ここで一句、
[b:喘いでも一人 河井]

と、尾崎放哉に怒られそうな句をひねりながら辿り着けば、ああ
疲れも吹っ飛ぶ眺望!!!!

しばしぽかぁぁぁぁん、、、と過ごして、
白倉バス停へ下り、村の中心部へと戻ります。

IMG_9114.jpg



つづく。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 武蔵五日市


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ