いずれにしても当たり外れはありそう。

富山市
11 /24 2016
小泉町   四川乃華


[a:16000065,すし玉]で軽くつまんだあと、こちらへ。

IMG_8014.jpg

へえ
入口、立派やなあ・・・
何だか[a:13019621,横濱家]みたいな・・・・・

IMG_8015.jpg

とか思いつつ階段を上がり、

IMG_8016.jpg

14:20訪店。

中央の円卓に通され、メニューを。
店名に四川と付くからには四川なんだろう、とさして考える事もなく「[b:激辛担々麺](980円)」
と「[b:ライス](320円)」・・・って、ライスお高くないか(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
と一瞬躊躇しつつもオーダーするとお姉さん、
「サービスで小ライスがつきますが」
おお、それは嬉しいね( ̄ー ̄)ニヤリ
で、それも付けた上でライスオーダー。
お姉さん、硬直してました(。-_-。)・・・
あとはオススメの「[b:生春巻き](980円)」
弟の一推し「[b:大海老のマヨネーズ6本](1430円)」をオーダーして店内を見渡します。

雰囲気ありますねぇ。
各テーブルの間隔は広く取られていてリラックス出来ます。
奥には半個室も並んでいて、デート使いに良さげな印象。
ランチタイム終盤ゆえ、客はまばらでした。

IMG_8017.jpg

先陣を切るは生春巻き。
薄いライスペーパーがもちもち。
野菜はややパサつくな。

ここで気づいた、ああ、またやらかした( -_-)
少し腹を開けておいて、帰りに[a:16000790,今庄そば]あたりを攻めるべきだった・・・

IMG_8022.jpg

エビマヨは美味しいのと微妙なのと。
皮パリで海老ホクなのと、
皮グニュで海老ボリなのと、ってどうしてこうなった((((;゚Д゚)))))))

IMG_8018.jpg

担々麺は辣メインで麻はあるのかな?
芝麻醤みたいな風味はあるけれど、四川としてはむむむ・・・・
つか、そこまで辛くないし。

IMG_8019.jpg

麻のシビシビがズギュゥゥゥンと突き抜けるマラマラな展開を期待してライスを準備していたのですが、消化不良なり。

IMG_8021.jpg

つか、メニューでエビマヨや生春巻きを勧めているんだから、

IMG_8020.jpg

まあ、つまりはそういう事なのだと・・・
見抜けなかった河井のミスだなと・・・
淡々と完食。

CPは低く感じましたが、半個室もあるし席間は広いし、デート使いは出来そう。
女性客が多かったのも頷けますな。

接客は良い人とそうでもない人と。

いずれにしても当たりハズレはありそうなお店だなと感じました。
弟は「味、落ちたな」って言ってたけれど、多分、夜はもーちょいちゃんとした物を出すのかもしれないな。
アレだ、インド&ネパールカレー屋のランチとディナーの違いみたいな。
そういうの、あるかもしれない(゚- ゚ )
むしろ四川を名乗らずにアジアンなネーミングにした方がいいんじゃないか、
いっそカオマンガイとかフォー出しちゃえ、なんて思ったりしました。

この後、

IMG_8030.jpg

延喜式内社を2つ回り、

IMG_8044.jpg

IMG_8052.jpg


IMG_8066.jpg

高岡のディープスポットに出くわしてドキドキしながらブラブラ。
神社の裏には何故かこういうスポットがあるんだよな。
こういうのを共に愉しめる兄弟であります(*゚ー゚)>テヘヘッ


つづく。




関連ランキング:四川料理 | 小泉町駅西中野駅堀川小泉駅


スポンサーサイト

ここに入るなら「かわはぎ」は必食。

富山市
11 /24 2016
南富山   すし玉


帰省二日目。
父の車で田舎へ向かい、祖母とご対面。
頭がはっきりしていてびっくり&安堵。
「忘れられとるかも、と思っとったわ」
って言ったらばあちゃん、
「あんた、馬鹿け」
って言われて嬉しかった(^_^;)
ここで弟と合流。
仕事が待っている父と別れ、墓参りを済ませ・・・

んじゃ、飯食うか(´・Д・)」
しかし、候補が色々あって悩む2人・・・
[a:16001680,新三陽]で思い出のカニチャーハンなんてどうだろう、
[a:16000630,麺類食堂]も捨てがたい、
[a:16006382,おやたま食堂]でTKGもしてみたい、とか何とか・・・

結局、弟が「カワハギが美味いんだ」とオススメするこちらへ向かいました。

道中、弟がポツリと、
「でも美味しい中華もあるんだよな」
すかさず河井、
「んじゃ、連食すりゃいいじゃねーか」
「お、その手があったか」
食べる量を微調整出来るのが回転寿司の特色。
連食には持ってこいのジャンルですな(^_−)−☆
13:50訪店。
IMG_8001.jpg

IMG_8004.jpg

流石の混雑ながら、幸運にも空いていたカウンター席へ並んで着席。

オススメのボードに書かれていた、
[b:活甘エビ
活アジ]

IMG_8008.jpg

をオーダーしつつ、

IMG_8009.jpg

[b:ノドグロ、アジ、タイの3点盛り]、
弟イチ押しの[b:カワハギ]
それから田舎に帰ると必ず食べる[b:バイ貝]

IMG_8012.jpg

あとは[b:焼き穴子]をシェアして〆。

IMG_8010.jpg

カワハギが秀逸でしたね。
やるじゃねーか、弟よ( ´ ▽ ` )ノ
ちょこんと乗った肝が決め手だな。
肝の旨味が口内を席捲しつつ、身は鮮度を感じるプリプリ感。
これはまた味わいたいね( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_8007.jpg

あと甘エビも良かった。
富山といえば白海老が有名だけれど、河井は甘エビの方が好き。
富山湾は底が深く、故に甘エビが生息しやすい場所。
だから、甘エビが非常に鮮度の良い状態で流通するのです。
このねっとりしたトロけるような甘旨さ、東京じゃあこの価格では絶対に味わえないですよ(^_−)−☆
富山の回転寿司屋でオススメされていたら、是非食べていただきたいですね(゚Д゚)ノ

IMG_8011.jpg

そして、バイ貝。
硬すぎず適度なコリコリ感だったのは、包丁を入れてあるからかな?
田舎に来ると必ずいただく故郷の味ですが、ここでいただけて良かった・・・
あとノドグロも悪くなかったな(まあ焼いた方が美味しいとは思うけれど)。

IMG_8005.jpg

お会計は2人で4000円ちょい。
シャリはやや小さめでしたが接客は威勢良く、笑顔も適切。
文句の出ないお店でした。


つづく。




関連ランキング:回転寿司 | 南富山駅南富山駅前駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ