東印度、ってよりは東アジア、って感じのカレー。

品川区
11 /19 2017
不動前   東印度カレー商会


この日は研修で不動前駅。


20177 (107)

まぁ、しっかりと予習は済んでおりますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

いや、仕事の、じゃなくて、オムの、ね( ̄ー ̄)ニヤリ
さぁて、先ずは腹ごしらえだ・・・・



・・・あれ(゚- ゚ )

えええええええええええええええええガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

夏休みのため通常営業を休止・・・・っておいおい、まだ7月だけどー
ボンジュールカフェ・・・気ままやなぁ(;´・ω・)


20177 (109)

あー、あああ・・・・・・はぁ。

そしてアミティはまだ営業していないな・・・
結局、代替のオム処は見つからなかったのである(´・ω・`) ショボーン


20177 (110)

で、こちらへ。
11:40訪店。

中程のカウンターへ座り、メニューを眺めます。


20177 (111)

メニューはシンプル。
上々豚カレー(中辛)と上々スパイシー豚カレー(辛口)、
そして何故かマグロ漬け丼Σ(°д°lll)ガーン

エアコンの効きに不安を感じたので辛いのは控えましょう。
「上々豚カレー(900円)」を「ライス」で、「ライス大盛り(100円)」でオーダーして店内を見渡します。


20177 (112)

奥に長細い店内はカウンターのみ・・・と、
店主が、
「大盛りの量はご存知ですか?」
ふむ・・・知らんな(゚- ゚ )
「これくらいになるんですけど」
と、実物をみせてくださいました。
ラグビーボール型に成形されたライスの小山が3つ見えます。
「あ、全然大丈夫っすよー」

客は3名。男性ばかりですが年齢層はまちまち。テイクアウトの客もちらほら見えます。
おじいちゃんがルゥのみテイクアウトをオーダーしていたのが印象的。

3分で竣工。


20177 (113)

ではでは。

サラッとしたダークブラウンのルゥは、スパイスを感じさせながらも酸味とコクとほろ苦みがしっかりと主張する味わい。
なんか、もっと、、、店名からしてスパイスがぶわぁっと来る、みたいな展開を予想していま
したが・・・
どこか欧風を想起させる様なアプローチ、意外なり。
辛さは控えめで、これならば辛口でも良かったかも。


20177 (115)

具は玉ねぎ、人参、ジャガイモ、豚肉。
玉ねぎやジャガイモは1/4カットが使われていたりとワイルドな入り。
その分具材それぞれの風味を感じられ、飽きが来ませんでしたね。
まあ玉ねぎはくっついていて食べづらかったですが(^_^;)


20177 (114)

豚肉も適度に柔らかく、へへへ。
げに肉肉しいぢゃないか( ̄ー ̄)

ライスはジャポニカで炊き上がり充分なクオリティ。
ボリュームはなかなかにありましたよ。

チャイは粉っぽいというか粒っぽいというか、まぁ食後にぴったりなサッパリ感。
一気に完食。

洗練された、とか緻密な・・・ってタイプのカレーではなく、
お店の雰囲気と相まって、肩肘張らずに美味しくいただけるカレーでしたね。
「美味しく」ってのが、肝ですな( ̄ー ̄)ニヤリ
印度、って感じよりは欧風ベースなカレーに感じましたね。これを洋食寄りと捉えるならば東アジアなカレーと言えるかもしれません、
ボリュームは大盛りなり。研修中眠たくはならなかったですな、そんな塩梅。

接客は物腰柔らか。
ライス大盛りゆえ省エネ運転だった河井に「ルゥ足しましょうか?」なあんて仰る優しさ、ありがたや。
ありがたく足していただきました。




関連ランキング:カレーライス | 不動前駅大崎広小路駅目黒駅



スポンサーサイト

どうも運が無いなぁ。

品川区
11 /19 2017
五反田   おにやんま


研修が終わり、帰途に就く・・・・・道すがら、
向かったのがこちら。
以前から狙っていた、うどんの名店( ̄ー ̄)ニヤリ
この時間ならば空いているだろうという思惑もありました。

おお・・・
これまた、なかなかに草臥れた外観ですなぁ・・・


20176 (103)

ま、こういうの、むしろ河井好みである( ̄ー ̄)ニヤリ
で、外観に合わせたようなボロボロの券売機と対峙。
ふむう・・・
左上の法則、発動(゚Д゚)ノ ァィ(その店のオススメメニューは券売機の左上にある事が多いとかいうアレ)!!!
左上はぶっかけ冷、か。
「鳥天ぶっかけ冷(420円)」の食券を購入して、
16:40訪店。

セルフの水を汲んで店内を見渡、

す前に15秒で竣工、って速っガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
食券を購入した瞬間から調理しているのかな?
それとも・・・見込み茹で、かな??

ではでは早速。


20176 (104)

うどんはピロっとしたきしめんみたいなタイプで伸びが、、、あれ
伸びないな、伸び・・・てる!?
伸びてるから伸びないのか、ってちょっと何言ってんだか分からなくなりそうだけれども(*゚ー゚)>テヘヘッ
見込み茹での見込みが見込み違いだったとか、だろうか・・・
コシもないな、ちょっとモソっとしています。
ツルツルと喉越しは悪くないんだけれど・・・これがここの本気のうどんなのだろうか?
いや、多分、違うだろう。

しかし鳥天はね、美味い( ̄ー ̄)
ほぼ冷めていたけれど、下味バッチリてジュースィーやね!!
大振りなのが3個入っていて食べ応えもあります。

つゆは関西系で出汁感強め。
いりこの風味が強めに効いているけれど、温でいただいた方がよりバランスの取れた味わいになりそう。
とかいいつつも完飲しましたが(^_^;)
つまりはレベルが高いです。
しかしうどんの出来がなあ・・・

ネギは普通。
瞬殺。

ボリュームはちょい少なめ。

改めて店内を見渡すと、厨房をぐるりとカウンターが囲む構造でテーブル席も椅子も無いですな。
清潔感はそこそこ。
まぁ年季が入りまくっていますから、それに抗いきれない部分はありそう。
大井町の牛八を思い出しました。
客はサラリーマン数人、食べている間に4人来店。回転は早いですな。

接客はTGSのそれ以上ではない、爽やかさとかとはご縁がない感じ。

こちら、店舗を増やしつつあるみたいですが、その弊害だろうか、下ブレに出会ってしまったみたい(T ^ T)
本当の実力を味わいたかったなぁ。
どうも河井はTGS、もといTGU運が悪いのかもしれないなぁ。




関連ランキング:うどん | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅



【オムの細道:331】 ナポりたくもオム。

品川区
11 /19 2017
五反田   プランタン


20176 (90)

雨烟る五反田に降り立ちました。
今日は研修、

の前に、先ずは腹ごしらえだ( ̄ー ̄)
で、こちらへ向かいました。


20176 (91)

おお、いい感じの純喫茶みたいな外観・・・
そこはかとなくバブリーな香りも漂っていて、それがまたいい風情を醸し出しておりますな( ̄ー ̄)
11:45訪店。

奥の方から奥様かな?
「いらっしゃあい」
「奥へどうぞー」

言われた通りに奥のテーブル席に座り、メニューを眺めます。


20176 (94)

リサーチはしていたのですが、実は・・・この時、未だ迷っておりました。
こちらはナポリタンが名物、しかもコンビーフピラフなる魅惑のメニューもあるでよヽ(´▽`)/
うむう、どちらも気になるのだ・・・しかし、
ここまで来てオムらないとかあり得ないわさ(`・ω・´)
オムライス(700円)」をオーダーして店内を見渡します。


20176 (92)


20176 (93)

ブルースやカントリーミュージックが流れる店内は、
かなりゴチャゴチャしていて清潔感はちょいアレですな(^_^;)
先客は半分の入り。


20176 (95)

直ぐに味噌汁が竣工しましたが、手を付けず。


20176 (96)

6分で竣工。
おぅ、大きいな( ̄ー ̄)


20176 (98)

結構デカ盛りなお店と聞いていましたが、どうやら確かなようです。

ではでは。


20176 (99)

ほほう!!(◎_◎;)
・・・ナポの美味しいお店はオムも美味い、
これ「河井あるある」なのですが、こちらもその法則に合致しますな。
ライスはチキンライスで、よく炒められていて色ムラ無くパラっとした仕上がり。
先に軽く甘味が主張し酸味、そして旨味が口内を制していきます。
んでもって、添えられた沢庵が不思議と会うんだな・・・何でだろ!??

味付けが濃すぎないので上に掛かっているケチャップが活きてくる展開。
具は鶏肉と玉ねぎでライスに比して少なめ、
っつーかライスが具に比して多め、というべきかもしれません(^_^;)
ハムの破片も見えましたがこれはイレギュラーかも。


20176 (100)

いやあ、ボリュームあるわ(^_^;)
飯能の長寿庵のオムくらいあるかな?
まあタベルナ・ラ・グロッタのオムよりは少ないか。
中盤には飽きが来ましたが、味噌汁や沢庵でリセットしつつ食べ進めます。


20176 (97)

味噌汁に手をつけなかったのは、この為です( ̄ー ̄)
玉子は薄焼きながらふんわりした仕上がり、
とはいえこのライスの前ではひとえに風の前の塵に同じ。

オムに掛かるケチャップで緩急を付けつつ、
ゴールドフィンガーのテーマが流れ始めたところで完食。

なかなかボリューミーなオムでしたね。
河井的には軽くならばもう一軒いけるかな、ってな具合(重いのは無理め)
もーちょい具があれば、とは思いましたがこれで700円ならば文句は出ませんな(^_−)−☆
接客は壁を感じない感じのもの、フレンドリーというか何というか。

つーか多分ね、コンビーフピラフも美味しいと思うよ、うん。
店主の炒めスキルの高さを感じたオムでした。




関連ランキング:喫茶店 | 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅



美味さ、飛び散る&飛び散る。

品川区
11 /19 2017
戸越    龍輝


戸越銀座をぶらつく一行、次はこちらへ。


2017戸越銀座 (29)

明るいおばちゃんが応対してくれました。
「焼き小籠包4個(400円)」を購入。


2017戸越銀座 (30)

鶏&デリで唐揚げを買い、コンビニでビールを買って、プチ呑みと洒落込みました。

ではでは。


2017戸越銀座 (32)

熱々ではないのは分かっていますが・・・プチュっ

あ、汁が飛んだ、勢い良く飛んだ∑(゚Д゚)!!!

・・・お恥ずかしい(^_^;)
うん、肉感あり。
皮はカリカリが残っていて食感が愉しいね(^_−)−☆
残りの1個もいただきます・・・プチュっ

あ、汁が飛n(ry

一度ならず二度までも・・・・・ああ、お恥ずかしい<(_ _)>

熱々だったら(猫舌には自信がある河井にとって)拷問に近い食べ物だったでしょう。
このくらいの熱さでちょうど良し。

さて、ビールを飲み終えた一行、
戸越駅から西馬込駅へ向かい、池上本門寺へ。


2017戸越銀座 (40)

つづく。





関連ランキング:担々麺 | 戸越駅戸越銀座駅戸越公園駅


とりでりはべり、いまそかり。

品川区
11 /19 2017
戸越   鶏&デリ


戸越銀座をぶらつく一行、こちらに目をつけました。
イートインもあり、ビールもあるけれど満席。
ビールはコンビニで調達する事にして、

「骨なしモモ100g(270円)」
をテイクアウトでオーダー。


2017戸越銀座 (32)

焼き小籠包を買い、コンビニでビールを買って、プチ呑みと洒落込みました。

ではでは。


2017戸越銀座 (33)

3.5切れってところかな?
うん、柔らかくてジューシー。
ハワイで有名らしいアロハ醤油で漬け込んであるそうですが、クドくは無いな。
肉本来の味とバランスが取れた味付け。
衣の厚みは然程でもなく良心的。
えへへ、ビールに合うよヽ(´▽`)/
瞬殺。

特に欠点の無い、よく出来た唐揚げでしたね。
日本唐揚協会が主催している「からあげグランプリ」の東日本味バラエティ部門で金賞を受賞しているそうですが、なるほど、と思える一品でした。


2017戸越銀座 (31)

あ、そー言えば河井、カラアゲ二ストだった、忘れてた(^_^;)

タイトルは思い付き。


つづく。




関連ランキング:からあげ | 戸越駅戸越銀座駅戸越公園駅


豚肉巻き飯串焼き。

品川区
11 /19 2017
戸越    とんたん


洋食工房 陶花でオムったあと、戸越銀座をぶらつきます。
そこかしこに商店街のマスコット、戸越銀次郎の人形が立っていますね。
ほう、この赤い玉をさわると恋愛運が上がるのか。。。。

ま、まあ、アレだ、ついでにね、
御利益とかは無いだろうけれどさ、ついでにな、
触っておこう、ついでにね(*゚ー゚)>テヘヘッ

この日は暑くなるとの予報でしたが、風の冷たい曇天模様。
寿々木へ行こうと思っていましたが、かき氷にはちょい涼し過ぎるな(^_^;)(2017.6月上旬のレビューです)
で、こちらへ立ち寄りました。


2017戸越銀座 (23)

おお、この匂い!うな重を思わせるこのタレの匂い、たまらんヽ(´▽`)/
13:25訪店。


2017戸越銀座 (25)

ふーむ、メディアに何度も紹介されている様ですな。
そういう記事がベタベタ貼られていてちょい興醒めます・・・
「すみませーん」と呼ぶとにこやかにお兄さん登場。
「肉巻きおにぎり(250円)」をオーダー。

こちら、創業昭和8年の帯広豚丼専門店。
帯広豚丼は同じ年に「ぱんちょう」で産声をあげたのですが、
こちらがいつからそうなったのかは分かりません。


2017戸越銀座 (26)

4分で竣工。
おにぎり、っつーか肉巻き飯串焼きですな。
きりたんぽみたいな形の飯に豚肉を巻き、串に刺してタレを付けて焼いたもの。
お店の前でいただきます。

ではでは。


2017戸越銀座 (27)

豚肉は薄いな。
味付けは豚丼のタレ味で、アッサリめなお味。


2017戸越銀座 (28)

ご飯は硬めに炊かれていて圧縮されている感じ。
焼いた香ばしさは感じられず。
瞬殺。

まあボリュームからすればCPは低いですが、観光地価格だとすれば妥協出来る範囲内、でしょうか。
でも、このお店の本領は、これじゃないんだろうな・・・


2017戸越銀座 (24)

なんて思いつつ、
つづく。




関連ランキング:丼もの(その他) | 戸越駅戸越銀座駅戸越公園駅


【オムの細道:330】 戸越銀座でぷるオム。

品川区
11 /19 2017
戸越銀座   洋食工房 陶花


2017戸越銀座 (2)

急遽この日は戸越銀座へ。

戸越銀座駅で従姉妹とその友人と合流、戸越銀座の商店街をぶらついたあと、池上本門寺へ向かう予定。


の前に!!
先ずは、オムらせていただきます( ̄ー ̄)
河井のチョイスはこちら。


2017戸越銀座 (6)

12:30訪店、、、って、げぇー!!
満席とは・・・侮ったか(;'∀')


2017戸越銀座 (8)

2017戸越銀座 (9)

待ちがいないのでとりあえず待・・・つ事もなく、すぐにお姉さんが和やかにドアを開け、
片付けが終わったとの事ですぐに通していただけました。
12:33訪店。

窓に面したテーブル席へ通されて座り、メニューを眺め、
いくつかあるオム中から河井は「トマトケチャップオムライス(980円)」をチョイスして店内を見渡します。


2017戸越銀座 (10)


2017戸越銀座 (12)

清潔感のある店内は当然ながら満席の入り。
日曜のランチタイム故か、親子連れが多いな。
あら、待ちが出ているな、危なかった(^_^;)

厨房は店主1人で回しているので時間が掛かるだろうと予想していました。


2017戸越銀座 (11)

2017戸越銀座 (13)

サラダとスープをいただきつつ待ち、


2017戸越銀座 (14)

16分でオム竣工。
ほう、麗しい巻きオムですなぁ( ̄ー ̄)
ふうわりと仕上がった玉子がライスを優しく・・・と、
従姉妹の友人が両手で皿を持ち、オムを揺らしています・・・


2017戸越銀座 (17)

オムライス、ぷるぷるしますよ!」

・・・ホントだ、ぷるぷるしてる∑(゚Д゚)!!
河井も揺らしてみますと、

「おお!ぷるぷるする!ぷるぷるするね!!」


・・・7秒後、従姉妹の憐れむ様な視線を感じて我に帰りました。


2017戸越銀座 (15)

巻きオムですな。玉子は焦げ目無く、ふわっとした印象、実に麗し。
オム央より手前へと垂らされたケチャップは多めな掛かり。

ではでは。


2017戸越銀座 (18)

ほう、優しい。
玉子は厚みあり、ふわとろ具合実にお見事。


2017戸越銀座 (19)

具は玉ねぎとグリーンピース、マッシュルーム、鶏肉、それぞれたっぷりと入っております。
鶏肉はやや大きめの賽の目切りにてシコシコ、
玉ねぎシャクシャク、
マッシュルームはクリュクリュ、
グリーンピースは程よい硬さで河井好み。それぞれ違う食感で愉しいね(^_−)−☆
ライスはケチャップライスかな、赤みを帯びていて味付けは薄め、
ブイヨン由来の旨味がメインかな。

つか、ね、ケチャップ美味い。
ケチャップは酸味が控えめで甘味と旨味効いたもの。旨味を底上げしてくれますな。
完食・・・

・・・したタイミングで、
従姉妹のトマトソースオムライスが回って来ました(^_^;)


2017戸越銀座 (16)

イタリアンみたいな味わいがありますな。
ライスは多分同じもの。
薄めのライスにソースでアクセントを付けてバリエーションを増やす、
というのはフードコートなんかのオムと同じアプローチなんだけど、
こちらのは二段くらい高みに達していますな。完食。

接客は気持ち良し。
奥様でしょうか、笑顔が素敵で嫌味無く、動きもキビキビ。
愉しいひと時、過ごさせていただきました。

この後、戸越銀座をぶらつきます。


2017戸越銀座 (22)

つづく。




関連ランキング:洋食 | 戸越銀座駅戸越駅荏原中延駅


大森まで来た甲斐があった? 春菊天そば400円。

品川区
08 /17 2017
大森海岸   甲斐そば



20175月 (170)

布恒更科でもりそばをいただいたあと、
蕎麦のあとに蕎麦ってどうなんだ!?
なんて思いつつ、元々狙っていたこちらへ向かいました。



20175月 (206)

20175月 (207)


同じビルに入っている丼物屋に後ろ髪引かれつつ、
13:55訪店。

券売機にて「春菊天そば・うどん(400円)」の食券を購入してカウンターへ向かい、
蕎麦、温かいので」とコール。
生そばなので時間は少々かかる、という旨を了承してテーブル席に座り、店内を見渡します。


20175月 (208)

そこそこ草臥れた感のある店内は、奥の厨房に面してカウンターが設けられ、手前にはテーブル席が並んでいます。


20175月 (209)

清潔感はそれなりにはありますかね。
時間の微妙さもあるのでしょう、客は半分の入り。


20175月 (210)

調理師免許証を見やると、本籍が山梨県・・・・・なるほど(゚- ゚ )


20175月 (211)

4分で竣工。
丼一面、緑だ( ̄ー ̄)


ではでは。


20175月 (212)

蕎麦は伸びやか、柔めの茹で上がり。
春菊天は風味ありますな。春菊の苦みって、傍に合うよねぇヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
衣のサクサクも良し、つゆに浸ったドロドロもまた良し( ̄ー ̄)ニヤリ

つゆも甘味の強いチープさを感じるものではなく、酸味と旨味が程よく立ったもの。
刻み葱の刻みが甘く、繋がっているのはご愛嬌(*゚ー゚)>テヘヘッ
もしかしたらこういう飾り包丁の一種なのかも・・・
なんて前向きに考えつつ瞬殺。

蕎麦のボリュームもなかなかありましたね。
春菊天もたっぷり入っていたし、これで400円はお安いなあ( ̄ー ̄)
布恒更科のもりそばが900円だったから余計に安さを感じたかもしれません(^_^;)
まあ布恒更科の後だから蕎麦の評価はやや辛めかもしれませんが(^_^;)
接客も無理矢理な活気じゃなく自然、声も出てるしエコーもあるし、
笑顔もあり愛想も良し。つまり文句無し。


つづく。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 大森海岸駅大森駅平和島駅


濃くまろ、なつゆ。

品川区
08 /17 2017
大森海岸   布恒更科


入舟でオムったあと、行きがけに気になっていたこちらへ。
結構お高めという情報が入っていましたので立ち寄るつもりはなかったのですが、外観が良かったので(容量の問題で外観の写真が載せられません事、申し訳なく(´・ω・`) ショボーン)・・・

いやいや、近くで見るとまた一層風情のある外観、たまらんねヽ(´▽`)/(容量の問題で外観の写(ry(´・ω・`) ショボーン)
13:20訪店。

右奥のテーブル席に座り、メニューを・・・


20175月 (192)

20175月 (193)

た、高いね(^_^;)
まあ、この後もあるからね(^_^;)
「もりそば(900円)」をオーダーして店内を見渡します。


20175月 (199)

外観に違わず年季の入った内観。
自然光のみの光量なのでやや薄暗いですが、しっかりと清潔感あり。


20175月 (198)

んでもって、アーチ状の天井がなんともモダンですなあ。


20175月 (194)

客は半分の入り。ほぼ皆さん地元民&近くで働いている方々と思われます。


20175月 (195)

卓上には天かすが置かれていますな。

BGMは無し。


20175月 (196)

先につゆと薬味が竣工して、
そこから暫く待ち・・・


20175月 (200)

13分で蕎麦竣工。
ほっほぉ!(@_@)
つゆ、聞きしに勝る真っ黒ぶりですなあガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
盛りはやや多めに見えますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。


20175月 (203)

更科ですが灰白色を帯びた蕎麦はパラリとしつつ瑞々しいね( ̄ー ̄)ニヤリ
蕎麦本来の甘味を軽く感じさせますな。


20175月 (202)

つゆは見た目通り、濃いねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
辛い、ってよりは濃厚って感じかな?コク深くほろ苦さと円みを感じるもの。先っぽちょん浸けで食べ進めます。


20175月 (197)

薬味は刻みネギ、ワサビ、大根おろしでいずれも瑞々し。
それらを合間合間に挟みつつ、ペースアップ。
つゆが薄まってきた頃合いで大胆に浸けてみましたが、やっぱり濃ゆかった(^_^;)
蕎麦を数本つゆに浸けずにいただいたりして調整しつつ、
瞬殺。


20175月 (204)


20175月 (205)

蕎麦湯は熱々。ランチタイム後半ゆえに良い白濁具合。
出汁の風味が小さく花開いて美味しくいただきました。

河井的には900円はお高めなのですが、ボリュームはまあまあありましたので満足出来ました。
接客はまあそつ無し。
ただ、クロックスは適度に洗った方がいいと思うよ(^_−)−☆
なんか、色々台無しになっちゃうから(^_^;)


つづく。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 大森海岸駅大森駅



【オムの細道:322】 祖母より年上のオム。

品川区
08 /15 2017
大森海岸   洋食入舟


大森海岸駅へ颯爽と降り立、

つ予定が、品川から快速?に乗ってしまい京急蒲田(^_^;)


20175月 (165)

いっそ蒲田でオムろうかとも思いましたが初志貫徹。
で、大森海岸駅に・・・・・ああっ!!このホームの短さたるや!


20175月 (167)

た、たまらんっヽ(´▽`)/
軽く身悶えしながら駅を出ると、真夏日である(^_^;)


20175月 (169)

5月中旬の28度(2017.5月のレビューです)と8月中旬の28度は違うから・・・
暑さに身体が慣れていない分つらい・・・
汗を掻き掻きこちらへ向かいます。

おー、布垣更科、いい外観だなあ( ̄ー ̄)

・・・おっとこちらも負けてはいないな。
こちらは創業大正13(1924)年。ウチの祖母より年上だ(^_^;)
旧びた外観ながら、どことなく凛とした感。
12:55訪店。

入口近くの2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めてニヤリ( ̄ー ̄)
単品もあるけれど、野菜も食べないといかんだろう(`・ω・´)
お姉さんに「オムライス、サラダ付き(970円)」をオーダー。
このオム、ネットで調べたところどうやら創業当時より在ったらしく、味も当時のままだとか。
まあネットの情報なので真偽のほどはわかりませんが・・・
確かならば、ウチの祖母より年上のオム、って事になるな(^_^;)


20175月 (178)

コーヒーと紅茶がセルフサービスとなっておりまして、
河井はアイスコーヒーをチョイスしました。


20175月 (182)

うむ、苦い(^_^;)


20175月 (183)

直ぐに竣工したスープはさっぱりとしたジャガイモのポタージュ。
ふう、と一息ついて、店内を見渡します。


20175月 (179)

20175月 (180)

小さなスクエアの店内はテーブル席のみ。
先客は常連っぽい年配のお一人様2人。
奥にも席があるようで、サラリーマンのグループが隣の小径を抜けて出て行きます。


20175月 (181)

そこかしこに昭和を感じさせる拵えがあって、見飽きませんなヽ(´▽`)/


20175月 (184)

10分でオム竣工。
「大変お待たせしました」の一言が添えられました。
白い楕円の平皿にはオム&サラダ。
左奥から右手前にかけてオムは斜に構え、サラダが右奥で寄り添います。

ではでは。


20175月 (186)

先ずはサラダからいきますか。
ドレッシングは自家製かな、心地良い酸味。
レタスと胡瓜メインだけれど幾つか香味野菜も使われていて、瑞々しさがありますな。


20175月 (185)

さて、オムだ(^_−)−☆
ライスはややパラリとしたタイプでよく炒められたケチャップライスですが、酸味は表立たず甘味と旨味がメインの味わい。
ゆえに上に掛かるケチャップの酸味が活きてきます。

20175月 (187)

具は玉ねぎと鶏肉かな。厚みある玉ねぎがシャクシャクした食感で心地よいアクセント。甘味がよく出ていますね。
豚肉は少なめ。
玉子はふっくらと焼かれた薄焼きタイプでライスとの密着度高し。
完食。

ボリュームはやや少なめかな?
シンプルなんだけれど、甘みや旨味を巧く引き出しているなぁ、って味わい。
まぁ具の貧弱さは否めませんが、味のバランスが取れたオム、堪能させていただきました。
でも単品オーダーだったら評価は少し変わったかも。
160円ほど値が上がりますが、サラダを付けた方が満足度は高いと思います。

つーか、ね。
「昔ながらのオムライス」ってよく見かけるけどさぁ、これが「それ」ですわな。
ふわとろだったり、チーズ入りだったりする「昔ながら(略)」ってどこがどう「昔ながら」なのか、小一時間問い詰めたい(`・ω・´)キリッ
とかボンヤリ考えつつ(きっと暑さのせいだ)、


つづく。





関連ランキング:洋食 | 大森海岸駅大森駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ