自転車、っぽさは無いけれど。

品川区
08 /17 2017
大森海岸   珈琲自転車


オム&蕎麦蕎麦った河井、第2の目的地である延喜式内社の磐井神社へ。


20175月 (224)

それほど大きなお社ではなかったもののよく手入れされていて、氏子さん達に大事にされている印象。

20175月 (222)

こちら、元々は敏達天皇の時代に建てられた古社。
日本三代実録に武蔵国の八幡宮の総社とされた記述の残るお社ですが、中世の戦乱で焼亡。
江戸時代に再興され、鈴ヶ森八幡として崇敬され、現在へと続きます。


20175月 (231)

敷地内にある末社の壁には料亭っぽい店名が朱で刻まれていて、
この界隈が以前は花街だった事を伺わせていますな。

その後、路地裏をふわふわと漂いつつ、汗ダラダラてまこちらへたどり着きました。
14:35訪店。

奥のカウンターの中から初老の店主が控えめな声量で「いらっしゃい」。
入口寄りのテーブル席に座り、メニューを眺めます。


20175月 (251)
20175月 (252)

軽食もありますが最低限のラインナップ、ってな印象。
アイスコーヒー(500円)」をオーダーして店内を見渡します。


20175月 (248)

軽くレトロな雰囲気を醸し出す店内は・・・
中々にヤニっていますね(^_^;)
タバコの匂いが苦手な方にはオススメ出来ませんな(^_^;)


20175月 (249)

こちら、元々は自転車屋だったらしく、故に店名が「自転車珈琲」らしいのですが、
自転車っぽさは皆無。
どこかに自転車をインスパイアさせる小物とかあってもいいんじゃないか、
なんて思うけれど、むしろ皆無の方が面白いのかもしれないな(^_^;)
フリはあれどオチは無し、ってのもハマればアリだわな( ̄ー ̄)

エアコンの効きは良し。


20175月 (250)

Wi-Fiは入っているのですが、PC利用はお断りの様です。
・・・タブレットはどうなんだろう?
とかひらめいてモヤモヤし始めた頃に、

1分で竣工。


20175月 (253)

おお、強い。
酸味が出しゃばらずコクと共にやって来ます。
苦味は控えめで舌先に残るくらい、
故にスッキリした飲み味。

あ、でもじわぁんと長く残るな。


客は終始河井のみ。
BGMは歌謡曲、globe、TUBEと懐メロな流れ。

接客は適度に放って貰っている感じ。
カウンターとは離れていたからかもですが、居心地は良かったです。
ただし、重ねて申し上げますが、
喫煙可を謳っているお店ですので、タバコの煙が苦手な方にはオススメ出来ません悪しからず。




関連ランキング:喫茶店 | 大森海岸駅大森駅平和島駅


スポンサーサイト

大森まで来た甲斐があった? 春菊天そば400円。

品川区
08 /17 2017
大森海岸   甲斐そば



20175月 (170)

布恒更科でもりそばをいただいたあと、
蕎麦のあとに蕎麦ってどうなんだ!?
なんて思いつつ、元々狙っていたこちらへ向かいました。



20175月 (206)

20175月 (207)


同じビルに入っている丼物屋に後ろ髪引かれつつ、
13:55訪店。

券売機にて「春菊天そば・うどん(400円)」の食券を購入してカウンターへ向かい、
蕎麦、温かいので」とコール。
生そばなので時間は少々かかる、という旨を了承してテーブル席に座り、店内を見渡します。


20175月 (208)

そこそこ草臥れた感のある店内は、奥の厨房に面してカウンターが設けられ、手前にはテーブル席が並んでいます。


20175月 (209)

清潔感はそれなりにはありますかね。
時間の微妙さもあるのでしょう、客は半分の入り。


20175月 (210)

調理師免許証を見やると、本籍が山梨県・・・・・なるほど(゚- ゚ )


20175月 (211)

4分で竣工。
丼一面、緑だ( ̄ー ̄)


ではでは。


20175月 (212)

蕎麦は伸びやか、柔めの茹で上がり。
春菊天は風味ありますな。春菊の苦みって、傍に合うよねぇヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
衣のサクサクも良し、つゆに浸ったドロドロもまた良し( ̄ー ̄)ニヤリ

つゆも甘味の強いチープさを感じるものではなく、酸味と旨味が程よく立ったもの。
刻み葱の刻みが甘く、繋がっているのはご愛嬌(*゚ー゚)>テヘヘッ
もしかしたらこういう飾り包丁の一種なのかも・・・
なんて前向きに考えつつ瞬殺。

蕎麦のボリュームもなかなかありましたね。
春菊天もたっぷり入っていたし、これで400円はお安いなあ( ̄ー ̄)
布恒更科のもりそばが900円だったから余計に安さを感じたかもしれません(^_^;)
まあ布恒更科の後だから蕎麦の評価はやや辛めかもしれませんが(^_^;)
接客も無理矢理な活気じゃなく自然、声も出てるしエコーもあるし、
笑顔もあり愛想も良し。つまり文句無し。


つづく。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 大森海岸駅大森駅平和島駅


濃くまろ、なつゆ。

品川区
08 /17 2017
大森海岸   布恒更科


入舟でオムったあと、行きがけに気になっていたこちらへ。
結構お高めという情報が入っていましたので立ち寄るつもりはなかったのですが、外観が良かったので(容量の問題で外観の写真が載せられません事、申し訳なく(´・ω・`) ショボーン)・・・

いやいや、近くで見るとまた一層風情のある外観、たまらんねヽ(´▽`)/(容量の問題で外観の写(ry(´・ω・`) ショボーン)
13:20訪店。

右奥のテーブル席に座り、メニューを・・・


20175月 (192)

20175月 (193)

た、高いね(^_^;)
まあ、この後もあるからね(^_^;)
「もりそば(900円)」をオーダーして店内を見渡します。


20175月 (199)

外観に違わず年季の入った内観。
自然光のみの光量なのでやや薄暗いですが、しっかりと清潔感あり。


20175月 (198)

んでもって、アーチ状の天井がなんともモダンですなあ。


20175月 (194)

客は半分の入り。ほぼ皆さん地元民&近くで働いている方々と思われます。


20175月 (195)

卓上には天かすが置かれていますな。

BGMは無し。


20175月 (196)

先につゆと薬味が竣工して、
そこから暫く待ち・・・


20175月 (200)

13分で蕎麦竣工。
ほっほぉ!(@_@)
つゆ、聞きしに勝る真っ黒ぶりですなあガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
盛りはやや多めに見えますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。


20175月 (203)

更科ですが灰白色を帯びた蕎麦はパラリとしつつ瑞々しいね( ̄ー ̄)ニヤリ
蕎麦本来の甘味を軽く感じさせますな。


20175月 (202)

つゆは見た目通り、濃いねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
辛い、ってよりは濃厚って感じかな?コク深くほろ苦さと円みを感じるもの。先っぽちょん浸けで食べ進めます。


20175月 (197)

薬味は刻みネギ、ワサビ、大根おろしでいずれも瑞々し。
それらを合間合間に挟みつつ、ペースアップ。
つゆが薄まってきた頃合いで大胆に浸けてみましたが、やっぱり濃ゆかった(^_^;)
蕎麦を数本つゆに浸けずにいただいたりして調整しつつ、
瞬殺。


20175月 (204)


20175月 (205)

蕎麦湯は熱々。ランチタイム後半ゆえに良い白濁具合。
出汁の風味が小さく花開いて美味しくいただきました。

河井的には900円はお高めなのですが、ボリュームはまあまあありましたので満足出来ました。
接客はまあそつ無し。
ただ、クロックスは適度に洗った方がいいと思うよ(^_−)−☆
なんか、色々台無しになっちゃうから(^_^;)


つづく。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 大森海岸駅大森駅



【オムの細道:322】 祖母より年上のオム。

品川区
08 /15 2017
大森海岸   洋食入舟


大森海岸駅へ颯爽と降り立、

つ予定が、品川から快速?に乗ってしまい京急蒲田(^_^;)


20175月 (165)

いっそ蒲田でオムろうかとも思いましたが初志貫徹。
で、大森海岸駅に・・・・・ああっ!!このホームの短さたるや!


20175月 (167)

た、たまらんっヽ(´▽`)/
軽く身悶えしながら駅を出ると、真夏日である(^_^;)


20175月 (169)

5月中旬の28度(2017.5月のレビューです)と8月中旬の28度は違うから・・・
暑さに身体が慣れていない分つらい・・・
汗を掻き掻きこちらへ向かいます。

おー、布垣更科、いい外観だなあ( ̄ー ̄)

・・・おっとこちらも負けてはいないな。
こちらは創業大正13(1924)年。ウチの祖母より年上だ(^_^;)
旧びた外観ながら、どことなく凛とした感。
12:55訪店。

入口近くの2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めてニヤリ( ̄ー ̄)
単品もあるけれど、野菜も食べないといかんだろう(`・ω・´)
お姉さんに「オムライス、サラダ付き(970円)」をオーダー。
このオム、ネットで調べたところどうやら創業当時より在ったらしく、味も当時のままだとか。
まあネットの情報なので真偽のほどはわかりませんが・・・
確かならば、ウチの祖母より年上のオム、って事になるな(^_^;)


20175月 (178)

コーヒーと紅茶がセルフサービスとなっておりまして、
河井はアイスコーヒーをチョイスしました。


20175月 (182)

うむ、苦い(^_^;)


20175月 (183)

直ぐに竣工したスープはさっぱりとしたジャガイモのポタージュ。
ふう、と一息ついて、店内を見渡します。


20175月 (179)

20175月 (180)

小さなスクエアの店内はテーブル席のみ。
先客は常連っぽい年配のお一人様2人。
奥にも席があるようで、サラリーマンのグループが隣の小径を抜けて出て行きます。


20175月 (181)

そこかしこに昭和を感じさせる拵えがあって、見飽きませんなヽ(´▽`)/


20175月 (184)

10分でオム竣工。
「大変お待たせしました」の一言が添えられました。
白い楕円の平皿にはオム&サラダ。
左奥から右手前にかけてオムは斜に構え、サラダが右奥で寄り添います。

ではでは。


20175月 (186)

先ずはサラダからいきますか。
ドレッシングは自家製かな、心地良い酸味。
レタスと胡瓜メインだけれど幾つか香味野菜も使われていて、瑞々しさがありますな。


20175月 (185)

さて、オムだ(^_−)−☆
ライスはややパラリとしたタイプでよく炒められたケチャップライスですが、酸味は表立たず甘味と旨味がメインの味わい。
ゆえに上に掛かるケチャップの酸味が活きてきます。

20175月 (187)

具は玉ねぎと鶏肉かな。厚みある玉ねぎがシャクシャクした食感で心地よいアクセント。甘味がよく出ていますね。
豚肉は少なめ。
玉子はふっくらと焼かれた薄焼きタイプでライスとの密着度高し。
完食。

ボリュームはやや少なめかな?
シンプルなんだけれど、甘みや旨味を巧く引き出しているなぁ、って味わい。
まぁ具の貧弱さは否めませんが、味のバランスが取れたオム、堪能させていただきました。
でも単品オーダーだったら評価は少し変わったかも。
160円ほど値が上がりますが、サラダを付けた方が満足度は高いと思います。

つーか、ね。
「昔ながらのオムライス」ってよく見かけるけどさぁ、これが「それ」ですわな。
ふわとろだったり、チーズ入りだったりする「昔ながら(略)」ってどこがどう「昔ながら」なのか、小一時間問い詰めたい(`・ω・´)キリッ
とかボンヤリ考えつつ(きっと暑さのせいだ)、


つづく。





関連ランキング:洋食 | 大森海岸駅大森駅


大井町を大いに味わう、味わい過ぎる。

品川区
11 /07 2016
大井町   牛八


[a:13001867,ブルドック]でオムったあと、界隈をぶらぶらしつつ予定どおりこちらへ向かいました。

IMG_7233.jpg

駅の真ん前なんだけど、この一角だけ再開発から取り残されているらしく、不思議な光景(゚- ゚ )
ジグソーパズルの完成品に、1ピースだけ違うのが嵌っている様な(^_^;)

IMG_7234.jpg

横断歩道を渡り、店の前に立った河井、10秒ほど外観を眺めた後、
両手を腰に当てて、静止。

IMG_7235.jpg

うわー
これは、入りにくいなあ(^_^;)
店内、見えないし・・・

IMG_7236.jpg

やたらめったらPOPが貼られているし・・・
稲城長沼の[a:13080044,クレソン](の裏口)とは趣きは違えど、入りにくさは同じくらいだ(^_^;)
ま、入るけどね(^ー^)ノ
15:55訪店。

店内はこれまた壮絶だ。
汚ナシュランに認定されるだけはあるな(;゚Д゚)
とりあえず中程まで進み、カウンターの前に立ち、メニューを眺めます。
どうやらスタミナカレーを推しているみたいですが、
こちら、牛友チェーンの生き残りと聞いております。
ならば牛丼を食べないといかんだろ(´・Д・)」
で、間を取って「[b:牛丼カレー中](750円〕」をオーダー。
中国語訛りのある店員さんが「甘口と辛口、どっちにしますか」
それに「辛口で」と答えて店内を見渡します。

IMG_7237.jpg

先客はお兄さん1人。
左に厨房があり、それに面してI字カウンター、右の壁に沿ってI字カウンターが設けられていますが、
間の通路は狭いので実際に使えるのか甚だ疑問です(^_^;)
鞄を床に置くのは憚られたので、ペンギンが卵を抱く様に両足で挟み込んで待ちます。

IMG_7238.jpg
IMG_7239.jpg

あれ、かなり膨れてきたな、お腹( ゚д゚)
ブルドッグのオム、効いてきたぞ・・・

3分で竣工。あ、やらかした・・・
これ、ヤバいかもしれない。

IMG_7240.jpg

隣の兄ちゃんが食べてたの、小だったのか・・・
小を頼むのは嫌だという本能が作用して、
牛丼チェーンの普通盛りくらいのボリュームを頼む感覚で中をオーダーしたのですよ。
[b:に、し、て、は、]お高めだな、
と、一瞬頭をよぎりはしたのですが・・・

結構ボリュームありそうだ。
牛丼のアタマ、一人前は優にあるぞ、これ。

IMG_7241.jpg

そして、牛丼のつゆがダクなのは、相掛けの場合は嬉しくないなぁ(^_^;)

ではでは。

先ずはカレーから攻めるか。
ふむ、辛いっちゃあ辛い、か。
でも基本コク押しのマイルドなカレーだ。
辛味は、豆板醤のような・・・いや違うな、マリーシャープス?ハバネロ??
それ系の風味を感じます、って・・・あー、やばい。
[b:もうキツくなってきた(^_^;)]
ブルドックのオム、かなり効いてるわ。

IMG_7243.jpg

牛丼は甘めな味付けで、牛肉は柔らかく煮込んでありますな。
松屋や吉野家の牛肉よりほんの少し厚みがある様に感じますね。
玉ねぎの厚みは良いね、つゆの旨味が染み込んでいて美味しい、
[b:とか言ってる場合じゃない]、本気でヤバくなってきた・・・

と、ここで店員の兄ちゃん、
[b:「牛丼カレーには味噌汁が付いてきまーす」]

IMG_7242.jpg

伏兵、赤だし登場。
具はワカメのみで、塩気強めだがまあ飲めるな、
[b:って汁気は満腹への最短距離だ((((;゚Д゚)))))))]

気がつけば既に食熱は開放されていて汗はダラダラ滝の如し。
しかしエアコンがガンガンに効いていたのは助かりました。

IMG_7244.jpg

残り僅かにして、スプーンが止まる、まるでリタイア寸前の競歩選手みたいに。
リズミカルとは程遠い、ストップアンドゴーを繰り返す綱渡り。
食べログを始めて、ここまで追い詰められたのは初めてだ・・・
しかも、今回は自己責任だ(。-_-。)
んでもって、二日酔いだ(何してんだ河井
己の愚かさを嘆きつつ味噌汁を啜り、
なんとか、完食。

もー、入らんわぁ(ー ー;)
ブルドックのオムが効いたなあ・・・
ボリューム的にはマシライスマシマシよかキツかった。
頭が、働かない(*_*)
店員さんに言われるがままに800円を支払い
店を出て、
あれ?
辛口は50円増しとかなのかな(はい、そうでした)
ボリュームは中にしては多かったかな。
見た目以上にライスの裾野(両端ですな)は広かったです。

接客は悪くなかったな。
中華系のお兄さんはずっと動き回っていて仕込みをしている様に見えました。
その間にも水の注ぎ足しをしていただいたり、ちゃんと客を見ていましたね。
狭いからお兄さんとの距離が近く感じましたが、おかげでリラックス出来ました。
クリンネスはアレでしたが、カウンターは拭かれていましたし、
もはや店の年季に抗いようがないのかもしれません。

この後は大井蔵王権現などお参りしながら街歩きしつつ、帰りは渋谷のしぶそばでもやっつける計画だったのですが、無理無理&無理(ー ー;)


もう、帰る(ノД`)
ヨタヨタと横断歩道を渡り、駅へと向かう河井なのでした。




関連ランキング:カレーライス | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅


【オムの細道:263】 夏の終わりのビッグオム。

品川区
11 /05 2016
大井町   ブルドック


IMG_7215.jpg


大井町。
綺麗に開発されてしまった駅前を少し歩けば、

IMG_7216.jpg

IMG_7217.jpg

未だ昭和の香り遺る界隈に出くわします。

IMG_7218.jpg

更に一歩入れば・・・

IMG_7219.jpg

おおおおガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

街道に寸断された細い通りの、更に細い路地!!!
三茶デルタ地帯に似ていますが、こっちの方が昔ながらの雰囲気を残していますね。
曇天の薄暗さがまた似合うなあ・・・
で、見える、見える、

IMG_7220.jpg

こちらの大きな看板が(((;゚Д゚)))
この外観だけで飯3杯はいけ、、、

IMG_7221.jpg

いやそれは無い(*゚ー゚)>テヘヘッ
15:25訪店。

お、空いてる!!ラッキー(^_-)-☆
ランチにしては遅い時間、しかも台風の影響でぐずついた天気がもたらした幸運なのかどうなのか。
おばちゃんにカウンター席を促されて座り、
メニューノールックで「[b:オムライス](?円)」をオーダー。

IMG_7223.jpg

薄暗い店内は、油ギッシュな喫茶店の様な・・・
何屋なんだか判らないカオス具合(^^;)
おばちゃんはダミ声だし・・・
厨房のお兄さんは中国語だし・・・
雨のせいで外が暗いのも手伝って、時間すら判然としなくなってしまいそう。
もはや異空間、です(^_^;)

IMG_7224.jpg

先客はまばらながら、若い女性のお一人様も居たりしますね。
清潔感は微妙かな・・・
水は水道水でした。
まぁ、それもここの雰囲気に合ってはいます。

IMG_7222.jpg

BGMはやや大きめのジャズボーカル、
と店員さんの会話。

6分でオム竣工。
さてさて、こちらのオム、ケチャップアートがランダムに施されるのですが、
河井のオムには何が書かれてい・・る

IMG_7225.jpg

・・・のだろう、読めないぞ(@_@)

IMG_7226.jpg

あ、

逆、ね(^_^;)

IMG_7227.jpg

「夏」かあ。
中華系のお兄さんが作ってくれたからかな。
やるじゃん、兄ちゃん(^ー゚)ノ

オムはマクラ形・・・そうだ、忘れてた。
ガッツリなんだっけ、ここ(*゚ー゚)>テヘヘッ
まあ、このくらいならば大丈夫だろう。

IMG_7228.jpg

悠然とスプーンを構えます。

ではでは。

あー、懐かしい味。
お店の雰囲気に合った、昭和の香り漂うオムであります。
玉子は意外ときめ細かい仕上がり、薄焼きながら存在感ありますね。

IMG_7229.jpg

それに包まれたライスはバターの効いたケチャップライスで、水気を飛ばしてありしっとり系、炒めムラ無しお見事なり(゚Д゚)ノ
具は鶏肉、マッシュルーム、玉ねぎ。
鶏肉はそこそこ入っていて、シコシコした食感が楽しいアクセントをもたらします(^_-)-☆
奥に掛かっているソースは、デミ?いや、ハヤシか?
トマトが使われていて、炒めた小麦粉のほろ苦みが効いています。自家製かなぁ?
味変にはなるけれど、同じトマト系だから飽きは来るな。
しかしスプーンは止まる事無く、
完食。

お会計は900円。
ボリュームは確かにありましたね。腹7.8分くらいかな(個人差はあります)。
[b:そりゃあこの後ああいう展開になる訳だ(^_^;)]

ガッツリだけど、リーズナブル、ってワケでもないかな。
王子の[a:13017469,そふりっと]ならばここのオムより少しボリュームでは劣るけれど、サラダとドリンク付きで900円だし。

IMG_7231.jpg

まあこの雰囲気はなかなか味わえませんな( ̄ー ̄)ニヤリ
こういう昭和の風情に目が無いガッツリ好み方には文句無しにオススメできるお店であります。

五郎さんもこの道を歩いたんだなぁ、なんて思いながらブラブラしつつ、

IMG_7232.jpg


つづく。




関連ランキング:洋食 | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ