福生ドッグ初体験。

福生市
03 /18 2017
福生   ブレッドガーデン


食べログ1 (417)


一度は食べておきたい、
って思いましてね、福生ドッグ。
福生駅から近いこちらへ向かいました。
11:25訪店。

食べログ1 (418)

美しいお姉さま方が笑顔でお出迎え。
売り場の中心部に、アルミホイルに包まれた福生ドッグがドドンと積まれていますよ( ̄ー ̄)
ああ、でも隣のドッグもいいなあ・・・目移りするわあヽ(´▽`)/
・・・あいやいや、初志貫徹(・Д・)ノ
「福生ドッグ(356円)」を購入して店を後にします。

さて、福生ドッグについて説明しておかねばなりますまい。

こちらは2011年に産声を上げたご当地グルメであります。
福生市内に在る大多摩ハムか福生ハムで製造されたソーセージを、各店が焼き上げたバンズで挟み、
味付けはサルサソースやネギ味噌など、各店のオリジナリティが試されるという趣向。
因みにソーセージの長さは16cm、直径は23mmと決められています。
これは福生市内を通る国道16号線と2(ふっ)3(さ)という語呂に因んだものだとか。洒落が効いていますな( ̄ー ̄)

食べログ1 (419)

駅のホームでいただきました。

ではでは。

食べログ1 (420)

こちらはサルサソースですな。これとソーセージの肉肉しさがメインを張るお味。
バンズには玉ねぎの微塵切りがクリームチーズと共に敷かれています。

しっかし、ソーセージの存在感、半端ないね( ̄ー ̄)
それに反比例するかの様なクリームチーズの存在の希薄さはちょい残念。

パンはパリパリ感は無かったけれど、出来立てならばパリパリしていそうですな。
カレーパンみたいなもちぃっとした食感で、肉肉しいソーセージの風味を受け止めています。
瞬殺。

まあ、食べ応えはあったな。
つか、ソーセージの存在の大きさよヽ(´▽`)/!!!
とにかくソーセージの美味しさが際立っていましたね。
バンズがこの美味しさを受け止めつつ更に高みへ向かったならば、すんごいの出来ちゃうんじゃないかな(^_^;)

なんて事を思いつつ、職場へ向かう河井なのでした。




関連ランキング:パン | 福生駅東福生駅牛浜駅



スポンサーサイト

眠らない店、志茂志茂鮫、もとい、鮪。

福生市
03 /12 2017
牛浜   福実 志茂店


仕事終わりにこちらへ向かいました。

食べログ1 (313)

牛浜もまた、福生に似た街並みだな。
スナックの佇まいもなんとなくアメリカンだし( ̄ー ̄)ニヤリ

食べログ1 (314)

なんて思いつつ大きめの商店街(ここも味があるな)を横切って大きな通りに出れば・・・

食べログ1 (316)



食べログ1 (317)

おお、派手やなあ(^^;)
遠目からでも分かる存在感・・・・ネオンが煌きに煌いていますぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

食べログ1 (324)


流石は「眠らない店」。
21:30訪店。

食べログ1 (323)

チャーハンにしようと決めていたのですが、
野菜を摂らないと、と思い直しまして「中華丼(700円)」の食券を購入。
入口寄りのカウンター席に座り、食券をカウンターの上に置いて店内を見渡します。

右奥に厨房があり、それに面してL字カウンター、通路を挟んで左に小上がり、というレイアウト。
ここで店員のおっちゃんがようやく食券を受け取ります。

年季の入った内観ですが、褪せた赤のカウンターはスベスベ。
小上がりでは男たちが酒盛りを楽しみ、竣工待ちの間に男性のソロ客が3人来店してカウンター席へ。
男率100%だ(^_^;)

食べログ1 (318)

卓上には醤油、ホワイトペッパー、ラー油、酢、ニンニク。

店を切り盛りするのは初老のおっちゃんとややファンキーなおっちゃん。
ファンキーなおっちゃんが調理をして、ファンキーじゃないおっちゃんが配膳係。
つまりは男率100%は覆らない(^_−)−☆

食べログ1 (319)

左手前には本棚があり、ベルセルクやサラリーマン金太郎といったやや古め、漢指数高めの漫画が詰まっていました。
これて「魁!!男塾」があればもう完璧だったと思う( ´_ゝ`)

食べログ1 (320)

6分で竣工。
餡は茶色味を帯びておりますな。
その中にやや大振りなカットの具が見えます。
with中華スープ。

ではでは。

食べログ1 (322)

油の香ばしさが先陣を切り、それに旨味が追随します。
後味はそれほど塩気が来ない展開ですが、餡が熱々ゆえにそう感じるのかも。

具は白菜、人参、豚肉、玉ねぎ、筍、ピーマン、海老、キクラゲ、椎茸、そしてウズラの卵(^_−)−☆
豚肉がたっぷり入っているのは嬉しいね。
他には白菜と玉ねぎがメインを張ります。
玉ねぎが豪快なカットで入っていているのは個性的かな。
ご飯はやや柔らかめの炊き上がり、炊きたてかなあ?
割れた米がちょこちょこ見られたかな。

食べログ1 (321)

スープは甘味を感じつつ動物系の風味もありーの、魚介系の酸味が広がります。
あー、ラーメンにしても良かったかな(^^;)
なぁんて少し後悔を抱かせつつ、旨味の余韻を堪能。

しっかし、具沢山だなあぁぁ( ̄ー ̄)
完食。

ライスのボリュームは普通ながら、具沢山。
これで700円ならばアリだな。

食べログ1 (325)

接客は・・・
多分、おっちゃんは、寡黙なんだろうと思います。
竣工時の笑顔はイノセンだったから(^_^;)




関連ランキング:ラーメン | 牛浜駅福生駅熊川駅



バック転は無理でもロンダートは出来た、って人、結構多いと思うんだ。

福生市
03 /11 2017
福生    麦天


夜の福生。
引田屋へ足が向きましたが、21時までなのを忘れていました(^_^;)

食べログ1 (388)

で、食べログを開き、点数の高かったこちらへ足が向いたのです。

食べログ1 (389)

21:20訪店。

券売機の前に立ちます。
ふむ、色々あるな。
つけ麺が左上にあるからつけ麺がウリなのだろうな(予備知識が全く無かったのであります(・Д・)ノ)。
「つけ麺(650円)」の食券を購入すると、店員のお姉さんが隣で既にお待ちかねである(`_´)ゞ
食券を渡しますと麺の量を聞かれたので「中」でお願いしました。
因みに小、並、中が同じ料金との事。
カウンター席に座り、水をコップに注いでグイッと呷ってから店内を見渡します。

食べログ1 (390)

年季の入った店内ですが、それに抗うかの様に清潔感あり、カウンターはスベスベ。
中央に厨房があり、それを囲むようにL字カウンター、
右には4人掛けテーブル席が2卓あり、サラリーマンが1人で陣取っていま・・・あれれ、客じゃないのかも。
って事は河井のみか・・・まあ、でも居心地は悪くないな。
左奥には製麺機みたいのが見えますから自家製麺なのでしょう。

食べログ1 (394)

BGMはバンプオブチキンとか浜崎あゆみとかのちょいと前の邦楽。

食べログ1 (391)

10分で竣工。
焼き目のついた肉が目立っていますね。

ではでは。

食べログ1 (392)

スープはタポタポなのかと思いきやそこまででもない。まあ井の庄と比べれば、ですが。
ともあれ、持ち上がりは良し。
こってりでもないし、あっさりでもない、塩気はまあまあ来る印象で、
魚介系の酸味がやや強めに主張してそれに鶏ガラの風味が寄り添うお味。

食べログ1 (393)

麺はストレートに近い、断面が正方形の太麺。

食べログ1 (395)

ぎゅむぎゅむと歯を跳ね返すような弾力、心地良し。
噛むごとに小麦の風味もふわぁと立ちますね。

メンマは2本。味の主張は微弱ながら悩ましい食感は良し。
肉はこれまたほぼ味付け無く、良く言えば塩気のアシストで肉本来の旨味を味わえる、というタイプのアレだ。

後半、いや、中盤からスープが冷めてきて、それと共に魚介系の風味も弱くなっていきますが、
代わりに豚骨と鶏がヌヌッと顔を出して来る展開は面白い。
完食。

ボリュームはまあまあ。夜は控えめにしているので、これで良し(^_−)−☆
おお!!という驚きは無かったですが、まとまりは感じましたね。

接客は特に問題なし。
確かここ、道とん堀や哲麺の系列だと思うのですが、そんな趣きは皆無。
同系列のどこぞの店みたいにテレビに夢中な余り茹でがだらしなく麺が10本くらいくっついていたりする事はなかったし、
後片付けしていなかったり椅子が取っ散らかっていたりする事もなかったです(^_^;)

帰ってのち、皆さんのレビューを読んで・・・野菜?
増し??

結構増すのね( ゚д゚)
次回は野菜増しでいただきますっ!!




関連ランキング:つけ麺 | 福生駅東福生駅牛浜駅



仏の顔も、3分まで。

福生市
01 /28 2017
牛浜   カッパ64


この時期(2016.10月のレビューです)、にわかに異動の話が湧いておりまして(結局プチ異動で済みましたが)・・・
心残りは残したくない、と思ってこちらを目指しましたが、やっぱ遠いな(-_-;)
えっちらおっちらと、

食べログ1 (328)

アスレチックかよ、ってな階段とか降りつつ向かいました。
19:25訪店。

食べログ1 (330)

入口脇の券売機にて「とまとちり(750円)」と「BIG(100円)」の食券を購入し、
中程のカウンター席に座って笑顔の素敵なお姉さんに食券を渡し、店内を見渡します。

食べログ1 (331)

若い男女が切り盛りするこざっぱりとした店内はオサレ感漂っておりますね。
右に厨房があり、それに面して8席ほどのI字カウンターが奥へと延び、
奥にはテーブル席があるみたいで、幼い子連れのママさんが通されていました。
客は半分の入りで、客層は若いな。

右に落ち着いた若いカップル、
左に燃え上がる若いカップル。

このプレスはハードだ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル・・・
徐々に気力を奪われつつ、

食べログ1 (333)

9分で竣工。
赤々とした海の真ん中に楚々として佇むキャベツ、麗し。

ではでは。

トマト!!
ってほど、来ないんだ(゚- ゚ )
奥から幾重にも重なって襲い掛かるコク旨味!
でもこってりはせず、余韻は重たくなく、塩気は気にならないね。
ほっほう、上手く出来てるなぁ( ̄ー ̄)
あと、「ちり」の割には全然辛くないです(*゚ー゚)>テヘヘッ

麺は硬めの中細ストレート。シコぱつんとした食感で河井の好みど真ん中だヽ(´▽`)/
キャベツは軽くビオルされていて、これもど真ん中な悩ましい歯ごたえだ(^∇^)
具は他に刻み玉ねぎ、チャーシュー。
チャーシューは大きいのと小さいの。
しっとり赤身とぷるんぷるんな脂身のコントラストがイイネ(^ー゚)ノ

とかやっている間に、箸を止める事能わず。
ああ、なんだこの中毒性は・・・
ボリュームは大盛りなりかな。

完食間際、
河井の前に貼り出されているPOPが俄かに気になり出します。
チーズごはんが、合うのか・・・

食べログ1 (334)

どうする河井???
本来ならばノータイムで頼んでいるところで、す、が!!
隣の若いカップルの彼氏が大盛りのボリュームが多過ぎるとか、年のせいで完食がキツい、とか申しておりまして。

・・・河井はね、頑張りましたよ。
チャーシューの端をさらったり.
刻み玉ねぎやキャベツを摘んだり、
スープをちょびっと飲んでみたり、
3分くらい、粘りましたですよ。

全ては、彼氏さんの名誉のために。
この間に完食するか、もしくは話題を変えてくれる事を願いながら・・・・・なのに、ああそれなのに、
おんなじ話を繰り返すだけで、ちっとも箸が進んでいないじゃないかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

仏の顔も3分まで、だ。
満面の笑みで「すいませーん、チーズごはん150円)下さい」(*゚ー゚)>テヘヘッ

瞬間、会話が、止んだ。
・・・すまんな、若いの。

重苦しい沈黙が流れる中、チーズごはん竣工。

食べログ1 (335)

ほう、チーズ、炙ってあるのね( ̄ー ̄)ニヤリ
丼に豪快にイン!!

食べログ1 (336)

混ぜ混ぜ・・・・・


んはあああっ、、、でらうめぇ!!アヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ(  ゚)ヒャヒャ(  )ヒャヒャ(゚  )ヒャヒャ(∀゚ )ヒャ

うおォン
ここで河井の溶鉱炉に火が入りました。
お先に完食。

食べログ1 (337)

接客は兄ちゃんもお姉さんもナチュラルな笑顔で好感。
これで駅から近ければなあ(^_^;)
機会があれば所沢の姉妹店も訪れてみたいですね。




関連ランキング:ラーメン | 牛浜駅熊川駅


ナンとライスおかわり自由ランチ(鉄道写真もあるよ(^ー゚)ノ)。

福生市
01 /18 2017
福生  マサラ


皮膚科へ行こうといつもより早く家を出たのですが、

休みだったΣ(゚Д゚)ガーン
じゃあ・・・・食うか(゚- ゚ )
で、福生で途中下車して西友のレストラン街へ。

食べログ1 (229)

ここならば11時には営業しているだろうと思いましてね(^_-)-☆

食べログ1 (230)

フロアをグルっと周り各店をチェックして、こちらへ入りました。
11:05訪店。

食べログ1 (231)

にこやかなお兄さんに入口寄りのテーブル席へ通されて、メニューを眺めます。
ほう、ナンとライス、お代わり自由か(-_☆)キラーン
「Aセット(780円)」を「辛口」、「ライス」で、
セットのドリンクは「マンゴーラッシー」をお願いして店内を見渡します。
(因みにAセットはキーマカレー

食べログ1 (239)


食べログ1 (241)


店内は清潔感あり、壁には現地の写真が大きく引き伸ばされて貼られています。
電車の写真が多いな・・・

食べログ1 (242)

ひょっとして店主、鉄なのかな( ̄ー ̄)ニヤリ(雰囲気☆0.2↗︎)
開店直後ながら既に女性客がちらほら見えます。

食べログ1 (240)

すぐにサラダとドリンク竣工。
こういうお店ではよく出会うあのドレッシングかと思いきや、フレンチドレッシング(赤)でしたΣ(゚Д゚)ガーン
内容はほぼキャベツ。
マンゴーラッシーは普通。

4分で竣工。
ルーは多めですな。なんだか担々麺のスープみたいな色合いだ(^^;)
ライスは白飯。

ではでは。

食べログ1 (244)

キーマはやや酸味の効いたサッパリ系のシャバめ。ナン向きかな?
辛さは辛口にしては控えめに感じます。

食べログ1 (245)

具は挽肉のみでシンプルの極み。
スパイスの複雑味というものは感じず、旨味メインの味わい。
コクと辛味が少ないのでライスの進みは捗らないな・・・
しかしお代わりまでは辿り着きたい(`・ω・´)キリッ

ライスお代わりっ(゚Д゚)ノ
因みにライスからナンに変更も出来ますよ(^ー゚)ノ

食べログ1 (246)

ライスはジャポニカ米でやや柔らかめの炊き上がり。
開店直後ゆえ当然ながら保温臭はありません。
お代わりライスは2/3くらいのサイズでした。
完食。

接客はお代わりを向こうから聞いてくれたり、ホールが見えている感じ。
笑顔もナチュラルでした。

食べログ1 (227)

駅へ向かう前にうろちょろしていたら、新店発見。
しかも、オムですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

食べログ1 (228)

(現在はオープンしています)オープンしたら訪れなければいかんな( ̄ー ̄)ニヤリ
ニヤニヤしつつ駅へ向かう河井なのでした。




関連ランキング:インドカレー | 福生駅東福生駅


【オムの細道:265】 現役バリバリの大衆食堂で焼きメシオム。

福生市
11 /10 2016
福生   あけのぼ食堂


福生にはオム処が少ない。
しかし親愛なるマイレビュアーの方々のレビュー(ありがとうございました♪( ´▽`))により、
こちらにオムがある事は確認済み(^_−)−☆
あとは訪れるだけ、でありました。

IMG_7268.jpg

IMG_7269.jpg

ほっほう、風格を感じる店構え♪( ´▽`)
田舎にはこういう構えの食堂、多かったな。
なんて事を思い出しつつ、
19:05訪店。

おっちゃんが威勢良く
「はいこんばんはーいらっしゃいませ〜」
と、お出迎え。
カウンター席に座、る前に腰に手を当ててメニューを眺めぃぃ[b:ぃいいよっっしゃ!(´・Д・)」]
前のめり気味に
「[b:オムライス](760円)ください」
と告げてどっかと座り、鼻息荒く店内を見渡します。

IMG_7270.jpg


改装して間もないのか、清潔感ある店内には木の香りが漂っていますね。
奥に厨房があり、それに面してカウンターがあり、左の壁にもカウンターが沿い、
真ん中と右の凹んだ?出っ張った?ところにテーブルが配置されています。

IMG_7271.jpg

先客はいませんでしたが、待っている間に常連さんっぽい若者3人組が来店し、真ん中のテーブル席に座りました。
どうやら色んな好みに応じて貰える様で、野菜抜きのカツカレーなんてオーダーも通りますぜ。

IMG_7273.jpg

6分でオム竣工。
端がはみ出たぷっくりした巻きオムで、標高は高くボリュームがありそう。
ケチャップがオムを細く横断。
玉子を焼いたいい匂いが河井の鼻腔をくすぐります。

IMG_7272.jpg

あら、お新香とフルーツまで付いてきた( ´ ▽ ` )ノ

ではでは。

IMG_7274.jpg

あら、こりゃまたカラフルだね!

IMG_7276.jpg

人参の赤、サヤエンドウ?の緑が映えます。
肉は豚肉だからポークライスだな。あとは玉ねぎが見えます。
なかなかの具沢山っぷり。
食べ進めながら脳裏に焼き飯が浮かんだのは、ライスがパラっとしているからかな?
ケチャップの酸味が効いた旨味メインなお味、
ですが、ほろ苦みも感じるのでケチャオンリーの味付けではなさそう。
玉子は薄焼きのハードタイプ。
ライスの味付けがしっかり成されているので、上に掛かるケチャップはこの量でちょうど良し。

IMG_7275.jpg

白菜の漬物はちゃんと漬かっていますね、白飯が進みそうだ。

なんて思っているところに常連さんっぽいおっちゃん来店。
席に座った途端、
「焼メシかい?」って店主、スゲーなΣ(゚Д゚)ガーン
つか、ね?
さっきから来る客来る客、みんなの好き嫌い憶えてるぜおいΣ(°д°lll)ガーン
プロだねぇ(^_−)−☆
やがて竣工した焼メシをチラ見すると、ああやはりオムの具と同じ。
つまりオムは焼メシのケチャ風味玉子巻き、って訳だ。
淀みなく完食。

ボリュームは見た目通りありましたね。
昭和なオムっぽいですが油がコテコテしてないタイプ。
具も多くフルーツも付いて、ヘルシーな印象、
・・・まあ量は多めですが(^_^;)
これで760円ならば満足出来ますな。

「はい、760円になりますね、毎度ありがとうございます」
「毎度ありがとねぇ」
「はい毎度ありがとうございます、よく確かめてね」
「40円のお返し〜」
「毎度ありがとうございます」
「毎度ありがとうございまーす」


[b:(いや、あの、初めてですから(。-_-。)・・・)]

こんな調子で接客は明るく嫌味無し(^_−)−☆

いやあ、良い風情のお店でしたね。 おっちゃんとおばちゃん(ご夫婦かな?)のプチ喧嘩もまた調味料だ。
いつまでもそこに在って欲しいと願いたくなるお店でした。
次回は後ろの席の兄ちゃんが美味しいと連呼しながら瞬殺していたカツカレーをいただいてみたいですね。




関連ランキング:定食・食堂 | 福生駅東福生駅


【オムの細道:236】 福生の隠し玉的洋食屋でオム。

福生市
06 /11 2016
福生  ビストロむく


【オムの細道シリーズ】


夜の福生はちょっと怖い

って感じるのは、GWに浮かれる人達のせいなのだろうか?
それとも河井がついつい歓楽街に迷い込んでしまったからなのか(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
そんな思いをしてまで目指した金波留・・・やっていないか。
・・・これもGWゆえ、だろうか(T . T)
ボロ春へ行こうかとも思いましたがいやいや、今宵はすこぶるオムりたいのだ。
BMを検索して、洋食屋を目指します。
最後のレビューから期間が開いているから、もしかしたら閉店しているかもしれない、
という不安を抱きながら、不穏な兄ちゃんにジロジロ見られつつ、
高速早歩きで歓楽街を離脱して北西へ。

・・・確かここを曲がった先に・・・・・あー


IMG_4962.jpg

・・・中華屋になってる(T . T)
うーん、間に合わなかったか・・・いや、

いやいやいや、在った在った!!!

IMG_4948.jpg

中華屋の手前、ワゴン車に隠れる様にッ!!
周りに人の気配が無いのを確認して、
両拳をカッチカチに握り締めて、
声にならない声を出しつつガッツポーズを3回して、

19:25訪店。

奥の2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺め・・・うむ、あった( ´ ▽ ` )ノ

が、単品とセットとコースがあるな。
セットはライスorパンとコーヒーor紅茶が付き、コースはこれにサラダが付きます。
価格は各1050、1370、1680円。

うううううううむ


・・・間を取ろう(^ー^)ノ(優柔不断の極みだな河井
お姉さんに「[b:オムライスセット](1370円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_4954.jpg

手が行き届いた感のある店内にはカウンター席は無くテーブルが並んでいます。
キャパは20人くらいかな?

IMG_4955.jpg

何となく優しさを感じる雰囲気で、自然と気持ちは落ち着きます。
厨房で怒号が飛び交うとかそんなシチュエーションとか、永遠に無さそうです(^ー゚)ノ

IMG_4956.jpg

先客はママ友らしい女性2人組。
BGMはジャジーなオーバーザレインボー、その後にAORの名曲が続きます。
音響がいいね。拘りがあるのかな、店主は。

5分でサラダ竣工、って、あれ???
サラダはコースにのみ付くんじゃなかったっけ?
豆鉄砲を喰らった鳩みたいな顔で静止している河井に向かってお嬢さん、ニッコリ笑って
「セットにはパンかライスが付きますが、オムライスには付かないので」
・・・あ、そう言われるとそうだよね(^_^;)
あざーっすヽ(´▽`)/

IMG_4957.jpg

なかなかにボリュームあるサラダにはさっぱり和風なドレッシングが掛かっていて、
その上にはわさぁっと刻み海苔。
野菜はそれぞれ瑞々しかったです。
瞬殺。

IMG_4959.jpg

10分でオム竣工。
ほっほう、なかなかに期待させてくれる面構えじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ
緑のテーブルクロスに黄色いオム、映えますねぇ・・・
むふふ(_ー_)逆ニヤリッ

IMG_4958.jpg

ニヤニヤを隠せぬまま、スプーンを構えます。

ではでは。

IMG_4960.jpg

ライスにはチーズが入っているかな?もちゃっとしたタイプ。
具はハムと玉ねぎ、あとクワイみたいな根菜が食感のアクセントとなっていて、これは面白い、面白い。

ややシャバっとしたデミグラスソースは酸味旨味ほろ苦みがはっきり感じられるもので、
コクは出しゃばらず俗っぽくない味わい。

玉子は底まで巻かれている贅沢仕様でバターが軽く効いているかな?
厚みあり、ふわとろじゃなくてプルとろな塩梅。
オムにチーズが入ると塩気のバランスが崩れ易いのか、後半に差し掛かると塩気がキツく感じる事が多いのですよ。
そんなオムに何度も出会いました・・・が、こちらのは塩気がそれほど来ないんだな。
なのでチーズのコクと酸味のいいとこ取り、見事なり。
そして、意外に悪くないボリューム( ´ ▽ ` )ノ
味わいつつ、完食。

IMG_4961.jpg

コーヒーが出て来るタイミング良し。
うーん、アメリカンかな。
バナナ味のチョコが面白かったです。

チーズ入りは賛否分かれるかもしれませんが、塩気やコクのバランスがしっかり取れていたので河井的にはグッジョブです(^_-)-☆
単品だと1080円とちょいお高めではありますが、
(シンプルながらも)具材に妙味あり、価格相応の驚きと質&満足感は得られましたね。

接客は若い女性がホールを担当されていましたが、これが良かった。
ちゃんと客と目を合わせてるし、気遣いもあるし、ホールが見えている印象。
少しドジっ子属性も垣間見られましたが、ナチュラルな笑顔でカバー出来ちゃうのは若者の特権でしょうかね(^_^;)
最後はお見送りまでしていただき、ありがたや。
優しさを感じるお店でした。
またランチにでも訪れてみたいですね。




関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 福生駅東福生駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ