【オムの細道:311】 オムだった。

あきる野市
05 /24 2017
秋川   青蛾珈房


ミソノでオムったあと、さてどうしようか。
たい焼きにはまだ早い・・・そう、たい焼きはマストだ(`・ω・´)!
秋川住民のソウルフードとも言われている、
あそこのたい焼きは押さえておきたいのだ(`・ω・´)

なんて思いつつこちらの前を通ったら、

2017武蔵五日市~秋川 (136)

あら、ランチやってる。
14時までかと思っていたけれど、14:30までやっていますね、ううむ・・・
これを好機と捉えるべきか、どうしようか
2017武蔵五日市~秋川 (137)


・・・好機だ( ̄ー ̄)
一段飛ばしで階段を上がり、
14:05訪店。

柔和な笑みを浮かべた店主と美しいお姉さんが「いらっしゃいませ」。
奥の2人掛けテーブル席へ通され、メニューを眺めます。

さて、こちらにオムハヤシがある事は判っていたのですが、

果たしてここのオムハヤシは、オムなのか?
という悩みがありまして。

河井の「オムライス」の条件とは、

・「オムライス」と名乗っている事【自己申告制】(ただしライスが使われている事)
・「オム」と名乗っていて、ライスが使われてていて、白飯ではない事
・河井のオムセンサーによる超法規的判断(滅多に無い)

で、オムハヤシは大きく2つに分けることができます。

オムライス、ハヤシソースなのか、
ハヤシライス、オムレツ乗せなのか、

(オムハヤシ問題)

前者ならばオムだけれども、後者ならばオムではない、という事になります。
が、後者でもオムに該当する場合もあるのだ・・・
うううむ、悩めば悩むほどに悩みが増える・・・
はてさて、こちらのオムハヤシはどちらだろうか?

「オムハヤシライス、コーヒー又は紅茶付990円)」
を「コーヒー」でお願いして店内を見渡します。
2017武蔵五日市~秋川 (138)


こじんまりした店内には温かみを感じますね。
殺風景でもないし、ゴテゴテと物が置かれ過ぎてもいない、程良い作り込み。
客は女性のお一人様と中年夫婦、落ち着いた客層。
2017武蔵五日市~秋川 (142)


河井の背後で何かを炒める音が聞こえ始めました。
それに伴い漂い始めたバターの香りに反応したのか、胃袋殿がウォーミングアップを始めます。
どうやら、オムハヤシはオムの様だな( ̄ー ̄)ニヤリ

2017武蔵五日市~秋川 (143)


6分で竣工。

2017武蔵五日市~秋川 (147)

深底の皿にオムが心地良さげに寝そべっております。
なかなかボリュームありそうじゃないか、これ(^_^;)

2017武蔵五日市~秋川 (146)

上に掛かるはダークブラウンのハヤシソース。
そして、あらら、ビーフだね( ̄ー ̄)
塊が幾つか見えますよ(^_−)−☆


ビーフシチューみたいなハヤシかな。
withサラダ。

2017武蔵五日市~秋川 (144)

2017武蔵五日市~秋川 (149)

ではでは。

2017武蔵五日市~秋川 (150)

ライスはしっとりめのケチャップライスかな?
トマトの風味は軽く、バターと玉ねぎの甘旨味がメインのお味。

2017武蔵五日市~秋川 (151)

具は玉ねぎくらいかな。
ハヤシは和風、な印象を持ちましたが、何故かはわからない(^_^;)

玉子は薄焼きではなくオムレツみたいな・・・
オムレツオンザライスなタイプかな?ふわっふわでとろっとろ。
ふわとろ好きにはたまらないオムかもしれないな。
ビーフは3切れ乗っていて、適度な弾力と柔らかさを楽しめます。

後半はややコッテリ感じる展開。
ミソノのオムが意外にもボリューミーだったのと、どちらもバターの効いた同系統の味付けのオムだったからなのか、
きっつい。゚(゚´ω`゚)゚。(自己責任だ河井

2017武蔵五日市~秋川 (145)

そして、さっぱりしたサラダが、嬉しいヽ(´▽`)/
完食。

2017武蔵五日市~秋川 (152)

コーヒーはさっぱりしたアメリカンな感じで食後にはアリかな。この食後感にはぴったり。


いやー、満腹だ・・・
つーか、やっちまったよオム&オム(´Д` )
2017武蔵五日市~秋川 (139)


接客は居心地良し。終盤は河井の貸し切り状態でしたが、特に緊張しませんでした。

2017武蔵五日市~秋川 (153)


店を出ると、雨・・・聞いてないよ(T ^ T)
しばらくとうきゅうで雨宿りしてから帰途についたのてすが、

あっちゃー!たい焼き、忘れてた(T . T)

また、来なければいけないな、秋川に。
そう心に決めつつ電車のロングシートの端に腰を下ろし、
早速ウトウトし始める、お疲れの河井なのでした。

2017武蔵五日市~秋川 (154)




関連ランキング:コーヒー専門店 | 秋川駅



スポンサーサイト

【オムの細道:310】 品と気軽さを兼ね備えた町の洋食屋さんでオム。

あきる野市
05 /23 2017
秋川    ミソノ


武蔵五日市で石楯尾神社やら何やらを巡った河井、
CAFE Sketch で時間調整したあと、秋川へ。

2017武蔵五日市~秋川 (120)

2017武蔵五日市~秋川 (122)

駅前にはとうきゅうがあったりするし、こちらがあきる野市の中心なのだろうか?
やけに道幅の広い大通りを北へ北へと歩き・・・うーむ、
山道やけもの道を歩いたから、結構疲れているな(^_^;)

2017武蔵五日市~秋川 (123)

2017武蔵五日市~秋川 (124)



左折して少し歩くとこちらが見えて来ました。

2017武蔵五日市~秋川 (125)

2017武蔵五日市~秋川 (126)

13:25訪店。

お姉さんが気持ちの良い笑顔で「いらっしゃいませ」。
窓側の2人掛けテーブル席へ通され、メニューを眺めます。
あら、グランドメニューも出て来た、って事は、そっちからオーダーも可能なのかな( ̄ー ̄)
本当は違うお店でオムろうかと思っていたんだけれど・・・
ええい!こちらでオムっちゃえヽ(´▽`)/
グランドメニューからのオーダーが可能である事を確認して、
オムライス(972円)」をオーダーして店内を見渡します。

2017武蔵五日市~秋川 (128)

イージーリスニングが流れる店内は落ち着いた雰囲気で清潔感あり、
テーブルクロスがお店の雰囲気に似合っていて、どこか品というか、調和の様なものを感じます。

2017武蔵五日市~秋川 (129)

客層はマダムのグループや年輪を重ねたご夫婦がメイン。
河井的には完全なるアウェーな展開なのですが、嬌声が上がる事もなく落ち着いた印象、
嫌な感じはしませんな。
だからかリラックスして待つ事が出来ました。
2017武蔵五日市~秋川 (130)


7分でオム竣工。
ほほう、なかなかに雄大な体躯( ̄ー ̄)2017武蔵五日市~秋川 (131)

葉巻型の巻きオムで先端が切れたタイプ。
端からピーマンが顔を覗かせておりますよ(^_−)−☆

ではでは。
2017武蔵五日市~秋川 (132)

2017武蔵五日市~秋川 (133)


あら、具沢山じゃありませんかヽ(´▽`)/
ケチャップライスはしっかり炒められていて熱々、色むら無し。
2017武蔵五日市~秋川 (134)

ライスは粘り気控えめでしっとり仕上げてあります。
ケチャップの効きは弱めでバターの方が強いかな?上に掛かるケチャップの酸味を楽しめる塩梅。

2017武蔵五日市~秋川 (135)


具はゴロンゴロンと鶏肉、あとは玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム、どれも多めにイン。
それぞれ食感を楽しめるやや大きめのカットで愉しい食感。
ピーマンの苦味が効いているのは河井好み。
玉子は薄焼きタイプですが程よい厚みあり、玉子自体を味わえますね。
バターのせいか後半はややコッテリ感じつつ、完食。

ボリュームはなかなかありましたね、しかもムラ無く具沢山。
1000円近いとは言え、満足の落としどころはありましたよ。
町の洋食屋さんのオム、堪能させていただきました(^_−)−☆

接客は品のある、心地良いもの。
遠くから訪れるタイプのお店ではないかもですが、
こういうお店が地元にある方は、こういうお店が地元に無い方よりも、少し幸せなんじゃないかな。
なんて思いながら、


つづく。




関連ランキング:洋食 | 秋川駅


檜原村へ行く折のbaseになりそうなお店。

あきる野市
05 /22 2017
武蔵五日市    CAFE Sketch


2017武蔵五日市~秋川 (2)

武蔵五日市駅。
降車客が続々と南口から出ていく中、

2017武蔵五日市~秋川 (3)

河井だけが北口へ。

2017武蔵五日市~秋川 (4)


iいや、熊が冬眠から目覚める前に訪れようと思い立ちましてね(;´・ω・)

2017武蔵五日市~秋川 (11)

えっちらおっちら北西へ、アップダウンを上り下りして2km弱(バスが無いので)。

2017武蔵五日市~秋川 (29)

2017武蔵五日市~秋川 (31)

辿り着いたは延喜式内論社の穴澤天神社。

2017武蔵五日市~秋川 (32)


2017武蔵五日市~秋川 (36)

いやあ、小さいながらもいい雰囲気を持ったお社でありました!
つか、ここ、前方後円墳じゃあるまいな?

2017武蔵五日市~秋川 (42)

そんな感じの地形でしたが、どうだろうか???

2017武蔵五日市~秋川 (58)

そのあと、気の向くままに愛宕神社へ向かうと、

2017武蔵五日市~秋川 (59)

2017武蔵五日市~秋川 (60)

・・・けもの道だ(´・ω・`)
奥多摩の羽黒三田神社の悲劇が脳裏をよぎる・・・
ま、まあこの時期、熊はいない事は判っている(^_−)−☆
深く呼吸しながら早足で通り抜けました。

こちらもまたよく手入れされた素晴らしいお社でしたね。
2017武蔵五日市~秋川 (73)


2017武蔵五日市~秋川 (80)


2017武蔵五日市~秋川 (91)


この後川を渡って徳蔵寺を見て歩き、駅へ戻ります。

気の向くままに予定ルートを変更したために狙っていたまいまい道へ行きそびれてしまったのは甚だ残念でしたが、なかなかに充実した午前。

さて、電車の時間にはまだ早い。コーヒーブレイクと洒落込もう( ̄ー ̄)
で、こちらへ。

2017武蔵五日市~秋川 (112)

裏山baseが店名かと思っていましたが、違いましたね(^_^;)
12:45訪店。

爽やかなお兄さんが「いらっしゃいませ」。
「アイスコーヒー(420円)」をお願いしてカウンター席にに座り、
豆を挽く音がし始める中、店内を見渡します。

2017武蔵五日市~秋川 (115)

ジャジーなビブラフォンが流れる店内はウッディ。
とうやら檜原村に縁が深いみたいですな。檜原村のミニチュア模型なんかが飾られています。

2017武蔵五日市~秋川 (113)

エアコンはしっかと効いていて心地よし。

2017武蔵五日市~秋川 (114)

先客は初老の女性がのんびり新聞を読んでおられます。
本当はカレーを食べたかっですが・・・オムが待っている、ここは自重するが得策だ(^_^;)


2017武蔵五日市~秋川 (116)

7分で竣工。
ではでは。

酸味強めのさっぱり味で甘味も感じますな。
苦味は控えめで、グイッと飲み干したくなる気持ちを抑えつついただきました。

2017武蔵五日市~秋川 (117)


接客はまだ不慣れなのか硬めですが誠実さが伝わるもの。
故か、途中で河井の貸し切り状態になりましたがリラックス出来ました。
竣工に時間が掛かるから急ぎには向かないかもですが、電車の時間待ちをゆったり過ごしたいならばオススメ出来そうなお店。

なお、新店ゆえ評価はやや甘くなっております悪しからず。


つづく。




関連ランキング:カフェ | 武蔵五日市駅


コスパもいいし、笑顔もいい。

あきる野市
03 /02 2017
東秋留   花がき


るの亭でソフトクリームを堪能した河井、ですが、
元々は飯モノを食べる予定でした(売り切れだったのですよ、飯モノ( -_-))。
なので、まだまだ空きがある、あきる野だけに(`・ω・´)キリッ(ぇ

食べログ3 (217)

きぬ◯歯科の看板を冷ややかに眺めながらこちらへ向かいました。
中休みがあるかも、なんて不安があったのですが、

食べログ3 (218)

営業していましたよ(^_−)−☆
15:05訪店。

笑顔のキュートなお姉さんに「お好きな席へどうぞ」と言っていただけたので中程のテーブル席に座って、メニューを。

ううむ、
ギョーザ鍋うどんが無性に気になるぞ(*´-`)
しかも餃子が5個から10個まで選べるぞ(*´∇`*)
しかし、蕎麦が食べたい( ´Д`)
で、おすすめメニューにあった「天丼セット(918円)」を「そば」でオーダーして店内を見渡します。

食べログ3 (219)

エアコンが効いた店内はよく手入れされていて清潔感あり。
3面に窓が設けられているからか開放感がありますな。

食べログ3 (220)

客はまばらでしたが、続々と来客があります。
家族連れやカップルがメインなのは週末だからでしょうか?
営業時間は存じませんが、この時間に予約客が来店しているって事は通し営業なのだろうと思われます。

食べログ3 (221)

9分で竣工。
卵とじ、と来たか(^_^;)

ではでは。

食べログ3 (223)

先ずは蕎麦からいただきませう。
汁はとろみが付いていて熱々の極み。
猫舌には自信がある河井、慎重に食べ進めます。
蕎麦は手切りでざらっとした舌触り。
うん、これはもりでもいただいてみたい蕎麦だな。
つか、勝手にもり蕎麦が来ると思っていた(^_^;)

しっかし、暖まるわあヽ(´▽`)/
器は小さいけれど蕎麦はたっぷり入っていましたよ。

食べログ3 (222)

天丼はサツマイモとピーマン、南瓜、そしてイトヨリが3尾。
蕎麦屋の天ぷららしからぬ衣のフニャり具合はちょっとアレですが、イトヨリとはいえ3尾も入っているのは嬉しい( ̄ー ̄)ニヤリ
天つゆはやや甘め。
ご飯の炊き上がりは良いですな。
完食。

うむ、満腹じゃ(´・Д・)」
接客は良かったですね。笑顔も素敵でした(^_−)−☆

食べログ3 (225)

店を出ればすでに日は傾きつつあり、夕景の趣き。

食べログ3 (226)

橙に色付き始めたあきる野の長閑な風景を名残り惜しげに眺めつつ、
腹をさすりながら家路についた、河井なのでした。

食べログ3 (227)





関連ランキング:そば(蕎麦) | 東秋留駅



東京牛乳を使った、塩気の効いたソフトクリーム。

あきる野市
03 /01 2017
東秋留   るの亭



食べログ3 (205)

秋川ファーマーズセンターのベンチで秀栄堂のみたらし団子と草団子をいただいたあと、予定通りこちらへ。
外観からは店名が分からないけれど、載っている外観写真からしてこちらで間違いないでしょう。

食べログ3 (211)

へえ、お米にずいぶん自信がおありのご様子
ならば喰らってやりましょう( ̄ー ̄)ニヤリ
ニヤニヤしつつ券売機の前に立てば、おいおい・・・

おいおい、

食べログ3 (212)

飯物、売り切れじゃないかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
誰もレビューを上げていない食事系でいこう、って密かに楽しみにしていたのに(T ^ T)

仕方が無い・・・
「東京牛乳ソフトクリーム(300円)」の食券を購入して、
14:50訪店。

奥のレジでおばちゃんに食券を渡し、

食べログ3 (213)

20秒で竣工。
席に座っていただきます。

東京牛乳を使ったソフトクリーム。
福島牧場のソフトクリームでも使われていましたし、ダンデリオンのパンにも使われていたっけ。

ではでは。

あ、美味い。
牛乳の味がしっかりしているな。脂分も感じる。
そして塩気が結構効いてるな。後味はすっきり。

食べログ3 (215)

コーンはやや厚みあり、濃厚なソフトクリームをしっかり受け止めてくれますね。
瞬殺。

食べログ3 (216)

なかなかに趣きある店内はエアコンがしっかり効いていてありがたい。
なんせこの日は放射冷却で最高気温が8度でしたから(2016.12月のレビューです)(^^;)

しばらく暖まってから店を出ました。


食べログ3 (210)



つづく。




関連ランキング:レストラン(その他) | 東秋留駅



みたらし団子40円。

あきる野市
02 /28 2017
東秋留   秀栄堂


二宮神社の神池で雨乞いをしている男性と交流した後、普門寺へ。

こちらは心源希徹を開山として創建されたと伝わるお寺。彼が寂したのは応永10(1403)年と伝わっていますから14世紀後半あたりでしょうか?
また文永6(1269)年に北条時宗によって二宮神社の廃社跡地に建てられた、とも言われています。
こちら、端々に趣味の良さが出ていて、しかもよく手入れされていてイイお寺でしたねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
本堂の屋根の曲線の美しさや鐘楼の柱が印象に残っております。

しばらくその周辺をブラブラして、やがてこちらへ向かいました。

食べログ3 (120)

道すがら、気になっていたのですよ、こちらの風情ある外観が(^_−)−☆

食べログ3 (201)

14:20訪店。

誰もいないな(゚- ゚ )

すいませーん・・・


・・・・・すいませ~~ん!!

ふむぅ、人の気配すらしない(゚- ゚ )
しかし、ここで去るのは何だか何かに負けた気がする(゚‐゚*)

待つか・・・
傍の椅子に座り背筋をピンと立てて、待ちの姿勢(`・ω・´)キリッ

食べログ3 (199)

しっかし、さっき訪れた菊屋とは真逆の趣きだなぁ。
向こうは田舎の和菓子屋っぽい高級感があり、こっちはごちゃっとした・・・

食べログ3 (200)

食べログ3 (198)

良く言えば、気軽に使える感じの敷居の低さを感じますな。

・・・3分後、入口から店員さんが入って来ました( ´∀`)

「みたらし団子(40円)」と「草団子(65円)」を購入。
んじゃ、次の目的地でいただこう。

駅前から坂を登りつつぐんぐん北上して、大きな道を左に入ってずんずん直進。
長閑な田園風景に心癒されつつ歩き続けて、
やって来ました秋川ファーマーズセンターヽ(´▽`)/

食べログ3 (206)

うむ!狙い通りにベンチ発見( ̄ー ̄)ニヤリ
ここで座っていただくとしませう。

ではでは。

食べログ3 (209)

団子はそこそこ大きくて噛み応えがありますね。
ぎゅむぎゅむと歯を押し返す様な弾力。
で、伸びも少しはあるな。
焼きたてじゃないから当然冷めているのですが、焦げ目の香ばしさも薄っすらと感じます。

食べログ3 (207)

団子も同様の食感でやや小振り。
餡子が甘過ぎないのは河井好み(^_−)−☆
瞬殺。

しっかしコスパに優れた団子ですなぁ。
このサイズで40円ですよ!(◎_◎;)!!!
まあ遠くからわざわざ買い求めるタイプのものでは無いですが、
近くにお住まいならば楽しめるお店だな、と感じました。
次回訪れた際にはきび餅辺りをいただきたいですね。
きび饅頭もありましたし、キビ系を推している感じだったので。


つづく。




関連ランキング:和菓子 | 東秋留駅



カフェオレ、雨乞い、超老舗。

あきる野市
02 /27 2017
東秋留   御菓子司 菊屋


煉瓦亭でオムったあと、もーちょい小銭を崩したいと欲した河井、目の前に見えたこちらへ。
下調べは全くしていなかったのですがいやはや、こりゃまた立派な佇まいである(゚- ゚ )

食べログ3 (149)

きっと名のある老舗だろう、なんて思いつつ、
13:30訪店。


食べログ3 (150)

先客が2人いらっしゃいました。
季節柄(2016.12月のレビューです)なのか「クリスマス」、なんて和菓子もあったりしてなかなか面白そうなお店ですな。

食べログ3 (153)

そんな中、河井のチョイスは
「カフェオレ大福(150+税)」、
あとは定番の「焼きだんご(70+税)」。
お会計は237円也。

接客は温かみのあるもの。
中でもおばあちゃんがいい味出していました。
いつまでもお元気で(^_−)−☆

食べログ3 (154)

さて、では改めて参ろうか、二宮神社へ(*´∇`*)

食べログ3 (169)

摂末社が多いですなぁ、流石は武蔵国の二宮だ。
お、アラハバキ神も在わすか(*゚▽゚*)
ひとしきり観て回り参拝も済ませた河井、神社を下りて道路を挟んだ先の公園へ。

食べログ3 (171)

こちらも二宮神社の社地でした。
ベンチに座って池を眺めつついただくとしま・・・むむ!?何奴???

食べログ3 (175)

ただならぬ気配に思わず一歩退いた河井の視界に飛び込んで来たのは、


食べログ3 (181)

頭に何かを乗っけた全裸の男((((;゚Д゚)))))))!!これはただならぬ!!!(◎_◎;)!!!!!

食べログ3 (180)

・・・どうやら男は雨乞いをしているらしい・・・
ジロジロ見られていたら集中出来ないだろうから、そっとしておいてあげよう(*´-`)

ではでは。

焼き団子はみたらしですな。
串に刺さっている団子は形の揃った小振りなのが4個。
みたらし餡は適度に甘く、冷たいながらも焦げ目の香ばしさをしかと味わえましたよ(^_−)−☆
瞬殺。

食べログ3 (178)

食べログ3 (177)

カフェオレ大福は、生クリームを自家製コーヒー餡で包んであります。
もーちょい時間が経ってからの方が美味しくいただけたかもしれませんな。
生クリームが溶け切らず、硬かったので。

食べログ3 (179)

カフェオレの風味はなかなか強いね!
しかし、小さいなぁ(^^;)
この大きさだったら1口でもいけちゃうもんな(^_^;)
2口で瞬殺。


後で調べてみたら、こちら、創業文久2(1862)年!!!!!!
150年を超える超・老舗でしたΣ(°д°lll)ガーン

老舗の看板に胡座を掻かず、攻めの姿勢。
こういうお店は、強いね(^_−)−☆

さて、


つづく。




関連ランキング:和菓子 | 東秋留駅



【オムの細道:290】 二宮神社の門前オム。

あきる野市
02 /25 2017
東秋留   深川煉瓦亭 支店



食べログ3 (116)

初めて降り立った東秋留駅は線路の間に挟まれた面白い構造の駅でした。

食べログ3 (118)

ホーム屋根から吊り下げられた駅名標が小さいのも不思議だなぁ。
JRらしからぬ、ローカル私鉄の駅みたいな趣きがありますな。


踏切を渡り北口へ出て東へ。
商店街はもう機能していない様に見えますね・・・

食べログ3 (121)

食べログ3 (122)

でも旧い町並みが残っています。
やがて見えてきた小さな丘の上に鎮座ましますは、二宮神社。
その名の通り武蔵国の二宮であり、以前は小河神社、小河大明神と呼ばれていた社で、府中の大国魂神社のくらやみ祭にも二宮として参加しています。
その昔、この地には城があったそうですが、さもありなん、な地形。
軽やかに石段を上り、お手水で手と口を清めて本殿へ・・・あ、


小銭が無い(゚- ゚ )
・・・後でもう一度来よう(^_^;)


食べログ3 (132)

急坂を下りて、先にこちらへ向かう事にします。


食べログ3 (133)

参道には古い商店が残っていて趣きあり。
左に折れた参道が新道とぶつかる場所にこちらが見えて来ましたよ(^_−)−☆

食べログ3 (134)


こちらは創業1964年、といいますから半世紀を超える歴史を有するお店。
あら、駐車場が満車だ・・・こりゃあ待つかもな。

食べログ3 (135)

12:50訪店。

うむう、やはりほぼ満席の入りだ(^_^;)
師走の週末(2016.12月のレビューです)だからか家族連れが多いですな。
奥のカウンターの隅の席が空いていたので座り、メニューを眺めます。

食べログ3 (136)

メンチカツ、ハンバーグ、ポークソテーといった洋食メニューに加え、

食べログ3 (137)

餃子、ラーメン、チャーハンといった中華
カツ丼、親子丼といった丼もの、果てはサンドイッチまであるな・・・
中華食堂ならぬ洋食堂、とでも言えば良いだろうか。
洋食中華を出すお店、そこそこあるのですよ(大概、老舗です)。
秋津に在った寿楽(閉店)や王子のキッチンカワセ、亀戸のエチゴヤ、清澄白河のことぶき本店などなど。
そもそもこちらの本店筋に当たる深川煉瓦亭にもラーメンや丼物があり、こちらはそれを踏襲している訳ですわな。
因みに深川煉瓦亭、銀座の煉瓦亭の一番最初の支店として昭和3(1928)年に暖簾分けした(HP参照)お店だそうで、
つまりこちらは銀座の煉瓦亭の暖簾分けの暖簾分け、という事になりますな。

で、河井に逡巡無し。
奥様?に「オムライス(800円)」をオーダーして店内を見渡します。

食べログ3 (138)

改築したのかな、真新しい箱型の店内は奥に厨房が見え、それに面して5席ほどのカウンターが横並び、
その手前には4人掛けテーブルが2卓と2人掛けテーブルが3卓配置されています。
BGMは路線バスに乗り高級レンコンを求める旅番組。

食べログ3 (139)

ラーメン、カレー、メンチカツ、オムライス、タンメン、親子丼。
皆さん食べているものがまちまちだな。
多分、普段はこんなに混雑しないのでしょうな、厨房はかなりテンパってらっしゃいます。
しかし思ったほど時間は掛からず、

食べログ3 (140)

10分で竣工。

食べログ3 (144)

標高が高い巻きオムですな。ボリュームありそうだ( ̄ー ̄)ニヤリ

食べログ3 (142)

店名と電話番号入りの皿が何ともそそりますなぁヽ(´▽`)/
そして中華スープが付いてきましたよ(^_−)−☆

ではでは。

玉子はハードタイプの薄焼きながらふっくらしていて焦げ目無し、お見事。

食べログ3 (145)

ライスはトマトの酸味が軽く主張する薄味で、汁気は飛ばしてあり色むら無し。
しかと炒めてありますなぁ。
薄めの味付け故に、上に掛かっているケチャップが活きる塩梅。
具は鶏肉、玉ねぎ、グリーンピースでそれぞれ適度な入り。

食べログ3 (143)

合間に挟む中華スープは油分少ないさっぱりした味わいでいい口直しになりますな。
ほうれん草?が入っているのも嬉しかりけり。
完食。

ボリュームはまあまあありましたね。
800円はややお高めかなと思っていましたが、満足の落とし所はありました。
果たしてこちらのオム、洋食屋寄りなのか中華食堂寄りなのか?
という興味を持ちつついただきましたが、どちらにも寄っている様な印象。
まあ中華スープの存在がやや中華食堂寄りかな、と思わせましたかね。
接客は愛想良し。

食べログ3 (147)

「煉瓦亭」という看板に釣られて訪れると肩透かしを食らうかもですが、
地域住民に親しまれている町の洋食堂?洋食中華屋さん?いっそ「ファミリーレストラン」かな???
だと思って訪れれば予想に違わぬ体験が出来るでしょう。

さて、小銭は100円玉が2枚か・・・

もう少し、崩したいなぁ(^_^;)


つづく。




関連ランキング:洋食 | 東秋留駅


【オムの細道:232】 ヤマザキショップでオム(おにぎり)。

あきる野市
05 /17 2016
武蔵五日市 ヤマザキショップ十一屋商店


【オムの細道シリーズ】


シオンでオムることは出来ましたが、チェックしてした店が軒並み臨時休業・・・
連食出来ない事態に陥った河井、頭を切り換えるのに少々時間を要しましたが、
切り換えてしまえばあとは歩くだけ(゚Д゚)ノ
檜原街道を渡って南下して[a:http://yaokami.jp/1137881/,玉林寺]、
更に秋川を渡って五霊神社(ここ、深く調べてみると面白そうな神社でした)、
桜を愛でつつ更に南へ登って広徳寺(総門の佇まいが素晴らしい)、
戻り下って秋川を渡り、また登って阿伎留神社(ここが河井のメインでした、延喜式内社)、
下って福徳稲荷神社、(荼枳尼天でも祀っているのだろうか?)
またまた登って粟島神社(婦人病の神だと思っていたがここでは用法が違うらしい)、
と色々回って流石に疲れた( -_-)
こんなにアップダウンがあるとは・・・筋肉痛は間違い無いな(ー ー;)
もう食欲は湧かないが、このまま帰る、ってのもアレだ(´・Д・)」
何か無いかな、と食べログを検索するも。。。成果無し。
諦めて顔を上げると、行きがけに気になっていたこちらが見えたのです。

こ・こ・だ(_ー_)逆ニヤリッ

15:30訪店。

IMG_4629.jpg

おおおお、雑誌が無い!
随分と余裕のある陳列!!
でもって暗い!!!
と典型的な田舎のコンビニ、
なんだけど、旅情満点でむしろウェルカムさヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

で、獲物、獲物・・・・


あ( ゚д゚)

おにぎりコーナーに1個だけ残っていたおにぎりが、これとはね(^_^;)
残り物には福があるだろうか・・・

「[b:オムライス《おにぎり》](156円)」
を購入。

接客はまあ旅情込み、と捉えれば納得出来なくもない、だろうか?(*゚ー゚)>テヘヘッ

IMG_4630.jpg

ホームのベンチに座っていただきます。

ではでは。

IMG_4634.jpg

ほう、玉子は片面だけじゃなく、背面まで巻かれていますね。
んでもってそこそこ厚みがあるからか、ハードながらふわふわ感があります。

IMG_4635.jpg

ライスはケチャップライスでトマトの酸味と玉ねぎの甘みが押しますが、具は見当たらないな(゜-゜)
具が入るであろう中心部にはデミか!?
ダークブラウンのペーストが入っていますね。

うん、
お味はやはりデミソースっぽい酸味とコクがあり、挽肉っぽい食感があります。
瞬殺。

具は貧弱なものの、玉子に存在感がありましたね。
温めたらもっと美味しいでしょう。

IMG_4632.jpg

心地良い疲れを感じつつ、車中の人となりました。


で、[a;http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/51730765/,九州ラーメン桜島]へつづく。




関連ランキング:その他 | 武蔵五日市駅


【オムの細道:231】 武蔵五日市でオム。

あきる野市
05 /15 2016
武蔵五日市 洋風キッチン シオン


【オムの細道シリーズ】


順番があべこべになってしまいましたが、本来はこちらが先です(^_^;)


町田でオムるかあきる野でオムるか、
結論を出せずに家を出た河井、駅へ向かいながら、
駅に着いたら最初に来る電車に乗ろう、と決めました。

駅に着き発車票を見ると、[b:立川行き]の方が早い(゜-゜)

・・・河井、初めての五日市線であります( ´ ▽ ` )ノ
デカデカと居座るイオンモールが興を削ぎますが、段々といい感じの車窓に変わっていきます。
武蔵引田駅、単式ホーム1線しかないのがイイねヽ(´▽`)/
武蔵増戸駅もいいなあ・・・

IMG_4479.jpg

降りてみたいなあ・・・ってそういう旅じゃない(´・Д・)」
やがて視界は木に覆われ、それを抜けると高架になり、そのまま列車は終点の武蔵五日市駅へと滑り込みました。

IMG_4485.jpg

五日市の地名はそのまんま「市」の名前に由来します。

IMG_4486.jpg

毎月[b:「5」]の付く日に市が開かれた(三斎市)から[b:「五日市」]。
こちらでは後に5の2倍の10、20、30日にも開かれた(六斎市)らしいですな。
因みに三重県の四日市市や新潟県の十日町市も同様の由来であります。

IMG_4491.jpg

IMG_4492.jpg

古い町並みがところどころに残る檜原街道をのんびり西へ歩きつつ、

IMG_4493.jpg

目的の[a:13070699,音羽鮨]を目指しがあああああんΣ(゚Д゚)ガーン

IMG_4494.jpg

・・・臨時休業だ。

いや、まだまだ( ̄ー ̄)ニヤリ
[a:13089776,桝屋]でおやきを目があああああああああんガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

IMG_4495.jpg

IMG_4496.jpg

・・・また、臨時休業。
ヤバい・・・嫌な予感しかしない(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

[a:13189380,平野屋]も閉まってるか・・・
むむむ、BMが全滅とは、予想外の極み(ー ー;)

2軒目に取っておいたこちらへ向かおう・・・
こちらがやっていなければ八方が塞がる・・・

IMG_4497.jpg

祈るような気持ちで店の前にゃゃやぁぁぁってたああああああああああああんヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

IMG_4498.jpg

・・・13:40訪店。

入口近くの4人掛けテーブル席に座り、

IMG_4499.jpg

ランチメニューを一瞥して
( ̄ー ̄)ニヤリ
お姉さんに「[b:オムライス デミソース カニクリームコロッケ添え](1030円)」を、
セットのドリンクは[b:アイスコーヒー]を食後にお願いして店内を見渡します。

IMG_4500.jpg

クラシックが流れる店内は落ち着いた雰囲気を見せます。
カウンターは無くテーブル席のみ。

IMG_4501.jpg

IMG_4502.jpg

奥に細長い構造となっていて、奥には個室があるみたいですな。
客は7割くらいの入りかな?年齢層は高めで地元の方が多そう。

IMG_4503.jpg

やがて竣工したのは熱々の玉子スープ。
ポタージュが出てきそうな器だったのでちょっと拍子抜けでしたが、さっぱりしていて美味しい。

IMG_4504.jpg

9分でオム竣工。
うん、期待を持たせてくれる佇まい( ´ ▽ ` )ノ
オムにはデミグラスソースが掛かり、奥にはサラダとカニクリームコロッケが控える布陣。

ではでは。

IMG_4509.jpg

ライスはケチャップライスで炊き込んだ感じかな?酸味はアッサリで、ややもちゃっとした炊き上がり。
具はマッシュルームと玉ねぎ、ピーマン。
肉系が無いのはちょいガッカリですが、具の入りはまあまあ。
玉子はフワトロ、という感じではなく厚みあり、弾力を味わえます。
ドロッとしたデミソースは軽いコクとくっきりしたトマト系の酸味とほろ苦みが主張するもの。
デミの酸味がメインなオムですな。

IMG_4506.jpg

カニクリームコロッケはトロトロなベシャメル。
塩気強めな味付けで、アッサリめなオムとのバランスを取っているかの様です。

IMG_4507.jpg

サラダはポテサラとグリーンサラダwithコーン の2種。

・・・いつの間にか客は居なくなり、河井1人になっていました。
何となく落ち着かず、コーヒーを急いで飲み干して、完食。

IMG_4510.jpg

オムのボリュームは普通、+カニクリームコロッケな塩梅。
ややアッサリしたオムですが味のバランスは良かったですな。
接客は普通。

このお店のオリジナルメニューっぽい[b:「サルベニア」]が気になるんだよなあ。
調べてみるとどうやらドライカレーの上にオニオンソースで味付けされた豚ロース肉が乗ってるらしいんだけど・・・
こういうオリジナル料理に目が無い河井、またこの辺りを訪れた際には是非食してみたいものです。

さぁて、どーすっかなあ・・・・・


つづく。


洋食キッチン シオン

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:洋食 | 武蔵五日市駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ