連食の果てに何があるかなんて俺は知らない。

足立区
09 /29 2016
北千住  そば処 JR北千住駅2・3番線ホーム店


亀有でこち亀を堪能したその帰途、
北千住駅のホーム上で、出汁の匂いに捕まりました(^^;)

IMG_7448.jpg

こちらはNREでもJTSでもなく、駅ナカコンビニ「NewDays」などをを運営するJE東日本リテールネット(JERN)の系列店。
店の前の券売機を眺めてみれば、あらら、
かけそば230円かいなΣ(°д°lll)ガーン
安過ぎて気がひけるな、という事で久々に「[b:月見そば](290円)」の食券を購入して、
16:05訪店。

おっちゃんに食券を渡して、

IMG_7449.jpg

セルフの水を汲んで、

IMG_7450.jpg

店内を見渡したところで、
1分で竣工、って速いねぇ。

IMG_7451.jpg

ではでは。

つゆ熱々でんな\(^o^)/
やや酸味強めの味わい。

IMG_7452.jpg

蕎麦は小麦粉多そうな蒸し麺で、茹で時間短めだからかややシコで歯切れ良い食感。
具は生玉子と刻み葱のみ。
白身と黄身をある程度分離しておき、黄身をつゆに沈めておきます。

IMG_7453.jpg

4口ほど手繰ると、いい感じに白身が固まってきた( ̄ー ̄)ニヤリ

慎重に黄身を浮上させ、黄身を割って、
むむ、少し早かったか、焦ったな河井(*゚ー゚)>テヘヘッ
暫し待とう。

IMG_7454.jpg

もう少し熱を通してどろっとさせて、蕎麦との絡みを良くするのだ(゚Д゚)ノ
黄身が混ざらない様、慎重にひと啜りして・・・よし、頃合いだ。

IMG_7455.jpg

あー、久々ヽ(´▽`)/
黄身を絡めていただく蕎麦を、河井は「幸福の3口」と呼んでおります。
そのまま一気に完食。

ボリュームは普通よりやや多いかな?
いや、連食の果ての月見そば故、アテにはならんな(^^;)

接客は無愛想かと思いきや、
店を出る河井の背中に向かって
「気をつけてお帰りくださいませ」
こう言われると、何だか嬉しい。

IMG_7456.jpg

いかついお兄さんが捨て猫とじゃれあっていたり、
普段は勝気なお姉さんが顔を赤らめてモジモジしていたり、
普段は強欲でダメ人間な両さんがたまに垣間見せる下町ハートウォーミングな展開な回だったり、
そういうある意味卑怯なタイプのアレ。
口惜しいが、嬉しい。
そんな、妙にこそばゆい帰り道。

タイトルはかしましいインスパイア。






関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 北千住駅牛田駅京成関屋駅


スポンサーサイト

その吹きさらしに用がある。

足立区
08 /23 2016
西新井  西新井ラーメン


ポニーを出た河井、

IMG_6347.jpg

う~む、物足りぬ(゚- ゚ )
が、ここらが退き時か・・・

IMG_6349.jpg

大師前駅の無人のラッチを抜けてホームへ上がると、ちょうど電車が来ていました。
途中の北千住辺りでもう一軒行こうかな、なんて考えているうちに終点の西荒井駅に到着。
を渡って北千住方面のホームへ下りてふう、と息を吐き、両手を腰に当てて周りを見・・・











吹きさらしじゃねーかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

向かいのホームに見えるは吹きさらしの・・・ラーメン屋か??

階段を上がって、下りて、店の間へ。
おおお

IMG_6353.jpg

おおおおおおおお
吸い込まれる様に、
14:50訪店。

IMG_6354.jpg

おばちゃんに「[b:ラーメン](450円)」をオーダー、して、

はたと気が付いた(゚- ゚ )
さっき、かどやでラーメン食べてた事に(*゚ー゚)>テヘヘッ

俺はラーメンレビュアーじゃない、オムレビュアーなんだ・・・

そう自分に言い聞かせながら待ちます( -_-)

IMG_6355.jpg

厨房を、というか店舗を、だな。ステンレス製のL字カウンターが囲んでいます。
椅子は無く、立食。
先客は4人。
サラリーマン、ブルーカラー、おばちゃんに学生とバラエティに富んだ客層が、この店がいかに駅利用者に愛されているのかを証明してくれていますね。

IMG_6356.jpg

4分で竣工。
壁が無い、って、イイなぁ。
ちょっとしたアウトドア気分だ。

IMG_6357.jpg

ではでは。

IMG_6358.jpg

醤油ベースのスープは鶏ガラを感じつつマイルドでトゲトゲしさは感じません。
油分は吹きさらし故かな、やや多め。

IMG_6359.jpg

麺は縮れある中細麺でシコシコした食感。
具はメンマ、ワカメ、チャーシュー、ナルト、刻み葱。
ナルトは厚みあり心地よい歯ごたえ。
メンマはやや甘くノスタルジックですが、先ほどのかどやのラーメンのそれよりは控えめ。
チャーシューも厚み適度にあり、しっとり。
ボリュームはさっきのかどやよりあるな。

つかね、何よりもこの風情!!!
おばあちゃんの巧みな平ザル捌きも雰囲気を盛り上げます。
ニヤニヤしながら完食。

これは是非とも冬に味わいたいなあ・・・
寒さに耐え切れず、軽く足踏みしながらいただく、熱々のラーメン。
丼からもうもうと立ち上がる湯気の中へ、顔を突っ込んでいただくワケですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

この趣きは、少なくとも東日本では絶滅危惧種だ・・・
でもね、昔は結構見られた風情だったのですよ。
河井が体験しただけでも高崎駅(ホーム上じゃなかったかも)、小淵沢駅、富山駅、糸魚川駅、直江津駅、名古屋駅、米原駅には在った風景。
使い捨ての容器で貰って、待合室や車内で食べる、なんて事も出来たものだ。
糸魚川駅の木造の、無人の待合室でいただいた、かけそば。
美味しい、美味しくない、って物差しでは測れない。ただただ、浸った。
冬の富山駅、尋常じゃない寒さにさらされながら、
1番ホームの立山そばでいただく蕎麦。
蒲鉾にあしらわれた「立山」の文字を見て、「ああ、帰ってきたんだ、故郷に」って思ったものだ。
忘れ得ない、記憶。
それも、今は昔、だ。

数年前の旅路では延岡駅で出会ったっけ。
・・・・・あ、閉店してる( ゚д゚)

淋しいなあ・・・

この風景は、この情緒は、永遠にここにあって欲しいなあ。
そう心から願いつつ電車に乗り込む河井なのでした。


タイトルはサンボマスターインスパイア。






関連ランキング:ラーメン | 西新井駅大師前駅梅島駅


時間が合えばマッタリ出来そうな純喫茶。

足立区
08 /23 2016
大師前  ポニー


[a:13053355,かどや]を出た河井、どこかでちょっと落ち着きたくなりました。
大通りに出ると、向かいに何だか良さげな喫茶店っぽい外観が・・・

IMG_6335.jpg

・・・(検索中)・・・しかもレビュー無いじゃないか( ゚д゚)
一番槍、いただきます(´・Д・)」
14:20訪店。

といきなり店主、
「すいません、3時で閉店なんですが」

マジすか・・・
この日が早仕舞いなのか通常運転なのかは分かりませんが、まあ仕方無い。
ゆっくりも出来ないが、引き下がるのも嫌だ。
「大丈夫っす」
と答えて中程の壁際の4人掛けテーブル席に座り、

IMG_6344.jpg

メニューを軽く眺めて、
水出しだという「[b:アイスコーヒー](380円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_6337.jpg

IMG_6342.jpg

自然光を取り込んだ店内には年季と清潔感が同居している感。
ところどころに小物が置かれていて、
大概そういう類は純喫茶の雰囲気にそぐわない事が多いのですが(旅先の土産の「通行手形」とかね)
こちらのは雰囲気を増している様に感じますな。
店主の趣味の良さを感じます。

IMG_6339.jpg

1分で竣工。
クラッシュアイスとは意外だった( ゚д゚)

ではでは。

キンキンに冷えたアイスコーヒーは水出しっぽい柔らかい苦味で、雑味少なくスッキリした飲み味。
クラッシュアイスだからボリュームは少なめですが、380円ならば文句は無いかな。

BGMはチューリップのち中島美嘉の「WILL」。
この曲はこういうお店でもハマるんだなぁ、良い楽曲だわ・・・

IMG_6345.jpg

閉店直前という時間故か、結局最後まで河井の貸し切り。
落ち着けませんでしたが、時間が違えばより愉しめただろうな、とは思えましたね。

IMG_6343.jpg

メニューにはカレーやゲティなどの軽食やトースト類のほか、
ホットケーキ(パンケーキじゃないところがまたイイ)なんかもあって、いろいろ楽しめそうな予感。
あとは足立区レビュアーの皆さまにお任せします<(_ _)>

さて、帰るか。

IMG_6347.jpg


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 大師前駅西新井駅江北駅


存在感半端ない甘味食堂。

足立区
08 /22 2016
大師前   甘味かどや


河村屋で角煮いなりと干瓢巻きをいただいた5分後・・・

IMG_6325.jpg

こちらの店のかなり手前に立ち、微動だにしない河井の姿がありました( ゚д゚)
素晴らしい外観なのは知っていましたし、画像も見た事がありましたが・・・

IMG_6326.jpg

いやー、実物は写真で見る以上に凄い((((;゚Д゚)))))))
東村山のひの食堂以来だな、このインパクト・・・
どこかのお店でも使った気がする例えだけれど、
はっぴいえんどのアルバムジャケットに使われていそうな、そんな雰囲気を醸し出しております。
むう、入るのが怖い・・・

IMG_6327.jpg

と、仲の良さそうな母娘が通い慣れた感じで入っていきますよ( ゚д゚)
よし、この流れに乗ろう(´・Д・)」
14:05訪店。

カキ氷をいただこうとBMしていたのですが、この日はむしろ寒かった(^_^;)
草団子を食べそびれた分、腹にはまだまだ空きがある。
ならば飯物で攻めようではないか(`・ω・´)キリッ
焼きそばはかなりレビューされているから面白みが無いかな・・・で、
「[b:ラーメン](500円)」をオーダー。

IMG_6328.jpg

外観に違わず、ベニヤ張りの内観もまた素晴らしい・・・

IMG_6330.jpg

改装したのかな、開放感があり、清潔感もありますよ(^ー^)ノ

IMG_6329.jpg

昔はテイクアウトにも対応していたのでしょうか、道路に面して売店として使われていた様なスペースもありますね。
(どうやら期間限定で大判焼きを販売しているらしいです)
客はまばらですが、こういう日の入りだから参考にはならないでしょう。
先ほどの母娘は焼きそば小とラーメン×2人分をオーダー。
合わせ技!その手があったかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

と思うと同時に、ボリュームは少ないだろうと予測が立ちました(^_^;)

6分でラーメン竣工。
あー、そうそう、こういうの!
こういうお店で出て来るラーメン、ってな河井の勝手なイメージそのまんまのお姿。
ニヤニヤしながら箸を割ります。

ではでは。

IMG_6331.jpg

透明度の高い淡い茶色のスープは塩気と旨味がのたり、のたりと来る薄味。
滋味、、、ってワケでもないんだけど、優しい味わい。
麺は縮れある白っぽい中細麺で、柔らかめな茹で上がりはクラシカルなこちらの雰囲気には合っています。
具はメンマ、チャーシュー、ナルト、刻み葱。
メンマはペラペラで甘い味わい。
チャーシューも負けじとペラペラでしたが、しっとりしたノスタルジックな歯触り、このラーメンには正解だ。
んでもってナルトは、その存在こそが大事である(´・Д・)」
様式美、と、言っていい(゚Д゚)ゴルァ

ボリュームはやはり少なめ。
瞬殺。

おばちゃんとお姉ちゃんの柔らかい応対は良し。
ワンコインのラーメンですが、ボリュームや具材など考慮に入れると安い!とまでは感じませんでした。
ただ、手頃な価格なのは間違いない。
そしてこの風情はなかなか味わえませんよ(^ー^)ノ
んでもって、その風情にピタリとハマる一杯でした。
オムが無いのは残念極まりないですが、また訪れてかき氷なんぞいただきたいものです。


つづく。




関連ランキング:たい焼き・大判焼き | 大師前駅西新井大師西駅江北駅


壊滅的な戦況も、おっちゃんの笑顔に救われる。

足立区
08 /20 2016
大師前  河村屋


いやぁ、参ったな。
参道の人通りが少ないなあ、とは思ったんだよな・・・。

IMG_6304.jpg

[a:13042808,銀亭]でオムったあと、西新井大師をお参りがてら草団子を幾つか食べ比べて、
河村屋で角煮いなりをいただき、
かどやでカキ氷をいただいて、あともう一軒、
という計画を立てていたのです。

しかし、

IMG_6306.jpg

何故だかは判らないけれど、草団子屋さんが軒並み閉店( ゚д゚)
お陰で混雑を免れたのは良かったが・・・

IMG_6307.jpg

この展開、幸か不幸かといえば、やや不幸じゃないかな(ー ー;)
この後の展開、河井の手腕次第だな(´・Д・)」

IMG_6308.jpg

ま、とにかく西新井大師にお参りしておこう。
風情ある山門をくぐり、
お手水で手と口を清めて御参拝。

IMG_6309.jpg

IMG_6312.jpg

IMG_6313.jpg

IMG_6314.jpg

IMG_6315.jpg

因みに新井薬師とは真言宗豊山派の寺院という共通項はありますが、特に関係ありません悪しからず。
どちらの「新井」もそのまま「新しい井戸」の意味で、

IMG_6317.jpg

新井薬師は「新井」という地(新しく井戸を掘った場所だからそう呼ばれたらしい)に建っているから「新井薬師」、
西新井大師は境内にある井戸が本堂の西側にある事から西新井大師と呼ばれたといわれています。

BMしていたお店はほぼ壊滅状態でしたが、狙っていたこちらは営業していました・・・良かった( TДT)

IMG_6321.jpg

参道を左に入った、ちょっと奥まった横丁の中程にございます。
13:55訪店。

IMG_6323.jpg

ニコニコと出迎えてくれた店主に
「[b:角煮いなり](140円)」
「[b:かんぴょう巻き](70円)」をオーダー。

河「こちらで食べていきます」
主「じゃあお皿で出しますねー」

主「ちょい足しマヨネーズ付けられますが」
河「あ、じゃあ折角なんでいただきます」

どうやら客の要望に応えていたら定着してしまったらしいマヨトッピング、
七味マヨネーズまでは出来ます、との事。

IMG_6322.jpg

TVでよく紹介されているらしく、芸能人の写真やサインがびっしり貼り出されております。

2分で竣工。
皿を受け取り、店の前のベンチでいただきます。

ではでは。

IMG_6324.jpg

いなりは中くらいのサイズでジューシー。
角煮がいなりの上部にギチっと詰まっていましたよ。
酸味控えめな味付けで、昆布っぽい旨味の効いたお味。
脂っぽさもキツくない塩梅。
マヨを付けて・・・うん、合うんだね(゚- ゚ )
稲荷に合うというよりは、角煮に合うといった感じかな。
瞬殺。

かんぴょう巻きは海苔に風味がありますな。
店主いわく海苔は有明産との事。
干瓢は甘さ控えめで旨味あり、結構入っていますがクドくはありません。
瞬殺。

何と言っても店主のフランクさは心地良し。
お陰で気楽にいただけました。

特にお安くも無いんだけれど、お参りついでに手軽に楽しめる価格なのは間違いない。
お参り序でにちょっと立ち寄るにはアリだと思いますよ(^_-)-☆


つづく。




関連ランキング:寿司 | 大師前駅西新井駅西新井大師西駅


【オムの細道:250】 キリ番に択んだのは、面白い、実にオム白いオム。

足立区
08 /19 2016
大師前  洋食やさん 銀亭


【オムの細道シリーズ】


オムの細道のキリ番は変わった切り口でオムを攻める事にしております。

因みに今までのキリ番は
50軒目:うずら屋でウズラのオム。
100軒目:巻文で寿司屋のオム。
150軒目:玉子焼き 赤鬼 とうきょうで玉子焼き屋のオム。
200軒目:Kitchen KAMEYA 洋食館、「小村井(おむらい)」でオム。

250軒目はこちらを狙っていました。


いやぁ、、、しっかし、

IMG_6277.jpg


IMG_6280.jpg


大師線、いいいいねぇヽ(´▽`)/

IMG_6282.jpg

単線!単線ですよ!!しかも短い!!!1駅しかない( ´ ▽ ` )ノ
たまらぁぁぁーーーーーんヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

IMG_6286.jpg

IMG_6285.jpg

大師前駅のホームは元々は島式だったものを片方の線路を外してホームを拡げたのかな?

IMG_6351.jpg

そんな形跡がありますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ


IMG_6287.jpg

つか、ラッチだよラッチ!!

IMG_6349.jpg

生ラッチ久しぶりだあああアヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ(  ゚)ヒャヒャ(  )ヒャヒャ(゚  )ヒャヒャ(∀゚ )ヒャ

と、異常なテンションで降り立ちました河井、目指す西新井大師、
とは逆方向へ歩き出します。
先にオムっておきたい(゚- ゚ )
閉店時間が早まる事だってあるからね、うん。
しかし・・・


IMG_6288.jpg

この広告は何なんだ・・・
これが足立区らしさ、と解釈して良いものか・・・・・

足立区のパワーに気圧されつつ目指したこちら、
よし、やってた(゚Д゚)ノ ァィ

IMG_6290.jpg

13:25訪店。

ドアを開けた河井、[b:いきなり躓きます(゚- ゚ )]
傘立てがドアにかませてあったんだが・・・
「強風の際に手をドアから離さないでください」
って貼り紙があるから、ドアがバタンと大きな音を立てて閉まるのかな?
何だかひとクセありそうなお店だな(゚- ゚ )
しかも、先客無し。
人間に見つめられた猫のごとく、軽く身構えながらそろりそろりと中程のテーブル席に近づいて座り、メニューを眺めます。
店名を冠した「銀亭オムライス」が常套なのでしょうが、
河井の肚は決まっている(´・Д・)」
今回狙うは、餌に米や玄米を食べている鳥の卵を使ったという、

[u:「白い」オムライス(^ー^)ノ]
店主に「[b:お米卵の白いオムライス](900円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_6296.jpg

年季の入った店内はややくたびれた印象。
右手の厨房に面して4席ほどのI字カウンターが設けられていますが、なんとなく座りづらい雰囲気が漂っています。
左手には4人掛けテーブル2卓と2人掛けテーブル2卓。

IMG_6297.jpg

清潔感は微妙かな(^^;)
水は、水道水かな( -_-)

IMG_6298.jpg

8分で竣工。
軽く黄色味を帯びてはいますが、思ってたより白いな。
可愛らしい小山を呈したオムの周りはデミの海。

IMG_6300.jpg

ではでは。

ガッツンとバターが先制攻撃。
直後にリンゴの様なフルーティーな甘さが顔を出しますが、主導権はバター。
バターのコクが余韻を形成します。

IMG_6301.jpg

具はパプリカの赤と黄色にズッキーニの緑、人参のオレンジ色と華やか。
肉系は無し。
それぞれの具材のシャクシャクした食感は面白いね。
玉子はフワトロでバターが効いていて、ゆえに卵の風味は強くありません。

デミグラスソースはシャバっとしたタイプで自家製かな?
塩気とコクが主張する、酸味の軽いもの。

ユニークなキャスト達ですが、不協和音は無く、不思議と調和の取れたお味ではあります。
でも肉系の不在にはやや物足りなさを感じますな。
瞬殺。

面白いオム、もとい、オム白いオムでしたね(^_-)-☆
ボリュームは少なく、連食用ですな。
単食で腹を満たしたいならば、エビフライやクリームコロッケとのセットでいただくのが良いでしょう
ただしそうすると1000円を超えてしまいますが・・・
あと、ちょっとキタナシュランなのがアレですが(^_^;)

IMG_6302.jpg

さて、草団子でも梯子するか(´・Д・)」


つづく。




関連ランキング:オムライス | 大師前駅西新井駅


人生初珍来。

足立区
05 /29 2016
北千住   珍来


 [a:13021082,サンローゼ]でオムったあと西へ歩き出しました、

IMG_4674.jpg

通り。
味のある通りを歩いていると、ついゆっくり歩きたくなる。
そう、もう少し歩きたい。
で、候補に挙げていたかあちゃんを通過してこちらへ。

IMG_4676.jpg

こちらは1928年に製麺業者として創業し2016年で創業88周年を迎えた「珍來」の系列店。
珍來は幾つかの系統に分かれているようですが、その中でも直系といわれる「珍來総本家」のグループ店です。
店舗は埼玉、東京、茨城、千葉の4都県に展開されていますが東関東に偏った分布のため、多摩っ子な河井には今まで全く縁の無いお店でした。
つか・・・知りませんでした(^_^;)
食べログを始めていなければ河井と珍來が交わる事は無かったかもしれません・・・・
よって人生初珍来と相成ります(゚Д゚)ノ
15:30訪店。

兄ちゃん2人がそこそこの活気で「いらっしゃーい」
導入部からダウナー系Σ(°д°lll)ガーン
奥のテーブル席に座り、メニューを眺めます。
レビューを見て焼きそばにしようと思っていたのですが、餃子も食べたいな・・・
と思い始めたら「人気一番」と書かれた塩ラーメンも気になり始め、
カレーライスまで視界に入りだして悩む、悩む・・・・・・
こうした場合、河井のセオリーとしては中華丼の一手なのですが、レビューの評価があまり芳しくないんだよなあ。

で、
「[b:焼きそば](500円)」と、
「[b:三本餃子](250円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_4687.jpg

奥に細長い構造の店内は、そこそこに年季を感じさせながらも清潔感はありますな。

IMG_4686.jpg

褪せた朱色のテーブルが情緒を漂わせますが、全体としては無機質な感じにまとまります。
レイアウトは、左手前にある厨房に面してI字カウンターが奥へと伸び、
奥にはテーブル席と小上がりが展開。
先客は時間のせいなのかおっちゃん1人で後客は無し。

BGMはアジカンの懐かしいヒット曲。

IMG_4688.jpg

5分で餃子が先陣を切ります。
ほほう、なかなか大振りじゃないか( ´ ▽ ` )ノ
今日はノーライスなので醤油は使わず酢と辣油で攻めます。
辣油の瓶がベタつくのは「こういうお店あるある」なのですが、ベタの極み辣油、ってな状態でちょい怯む(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
せめて紙ナプキンかティッシュを備え付けて欲しいところ。

ではではお先に。
と箸を伸ばしたところにソース焼きそば竣工。

IMG_4689.jpg

改めて、ではでは。

先ずは餃子から攻めますか。

IMG_4692.jpg

たっぷり詰まった餡は具が細かく刻まれていて、味は付いていないタイプですがニンニクは効いています。
皮は焼き目サクサクな食感で焼き上がりは上々。
もちもちした皮は肉汁を内に閉じ込めながらも、タレの染み込みも良いですなぁ。

IMG_4690.jpg

焼きそばはぱつんと歯切れ、もちもち感は感じないな。
ソースは見た目ほどきつくなく、むしろあっさりめの味付けです。
汁気は焼きそばにしては多めですが汁跳ねはしない程度。
具はキャベツ、もやし、豚肉で、豚肉は少量ながらキャベ&もやはタップリ。

IMG_4691.jpg

スープは酸味強め。
レンゲが付いてなかったのでワイルドに一気飲み。

店内に流れていたアジカンの曲に合わせて咀嚼していたらテンションが上がった(゚Д゚)ゴルァ



・・・そのまま猛然と完食。

ボリュームはまあまあありましたね。
特に餃子は餡もたっぷりで食べ応えありましたよ(^ー゚)ノ

接客は陰気ながら、普段使いならば気にならないかも。


この後、千住宿をぶらぶら流しつつ狙った槍かけ団子は臨時休業( TДT)

IMG_4696.jpg

IMG_4697.jpg

IMG_4698.jpg

立ち直れぬままに路地裏に入り込んだりしているうちに満腹中枢が作動、

IMG_4699.jpg

モヤっとしながら帰途につきました。

・・・で、そのモヤモヤを打ち消すために新宿のC&Cへ消えて行く、河井なのでした。




関連ランキング:ラーメン | 北千住駅牛田駅京成関屋駅


【オムの細道:234】 ハイレベルな純喫茶でオム。

足立区
05 /24 2016
北千住  サンローゼ


【オムの細道シリーズ】


IMG_4653.jpg

北千住を訪れるならば絶対に行っておきたいお店がありまして、
それが、こちら。

北口を出て東へ下り、、る・・・とおおおおいきなりお出ましかぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
パチンコ屋の上か・・・日暮里の[a:13128485,ニュートーキョー]と同じだな(゜-゜)
サンローゼは昭和53(1978)年2月にオープンとの事で、もうすぐ40年目を迎える老舗であります。
因みにこちら、戦後間もない昭和23(1948)年に設立されたビックリヤグループの系列店で、下のパチ屋も同系。
14:50訪店。

IMG_4671.jpg

広いなぁぁぁ・・・・・・・・・
で、昭和ゴージャス。いや、これはすげぇな(^_^;)
席を探すフリをしてブラブラ観て回ったあと席を確保して、メニューを・・・・・・あった( ̄ー ̄)ニヤリ
笑顔の素敵なお姉さんに「[b:オムライス](680円)」を「[b:ドリンクセット](200円)」で「[b:アイスコーヒー]」を先にお願いしました。

IMG_4658.jpg

客の入りはそこそこだな。
この日は都合により16時で閉店する、とのことでしたので、その影響もあるのかも。
客層はやはり年配の方が多いですが、若者のソロ客やJDっぽい2人組も居ましたね。
店内はねぇ・・・

なんか・・・・とにかく・・・・


スゴイです(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

IMG_4663.jpg

3分でアイスコーヒー竣工。
まあまあの入りですな。
軽い酸味と苦味が口内を浸潤していきます。
うん、薄くない・・・


・・・あ、

IMG_4670.jpg

氷がコーヒーだ!!ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

BGMは邦楽ヒット曲のオルゴール。

IMG_4665.jpg

8分でオム竣工。
玉子は二つ折りに巻かれたタイプで焦げ目無く麗しいですな。

ではでは。

IMG_4666.jpg

ライスは淡い赤みを帯びたケチャップライスでバターが香り、少しオイリーかな?
でもこういうところでのオムならば、オイリーなのはむしろ雰囲気に合っちゃうとも言える(^_^;)

IMG_4668.jpg

具はマッシュルーム、ベーコンがそれぞれ大きめのカットでたっぷりと入っていますね!
これに加えて人参とピーマンが刻み入れられ、彩りを添えます。

玉子は厚みがありふわっとしたタイプ。贅沢に使われています(^_-)-☆
バターの効きを中和する役割はキッチリ果たしてくれていますね。

IMG_4667.jpg

サラダはトマト1カットと胡瓜3切れでマヨ掛け。
切なさの込み上げる見た目ではありますが(^_^;)
トマトは熟していて甘く、胡瓜には切れ込みが入れてありました。
完食。

IMG_4669.jpg

ボリュームは軽いですが具が多いし玉子も贅沢な使いっぷり、
割高には感じず、むしろCPは良いと言えます(゚Д゚)ノ

IMG_4672.jpg

接客は店員さん次第だな・・・
おしとやかなお姉さんは丁寧かつ美しかったです(^ー^)ノ

IMG_4671.jpg

つーか、この雰囲気を味わうだけでも充分お釣りが来ますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_4673.jpg


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 北千住駅牛田駅京成関屋駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ