ビビンパの家。

文京区
03 /14 2016
上野広小路 ビビンパハウス


[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/50610528/,デリー]へ向かう際、こちらを見かけまして。
んで、後で入ろうと決めていました。

だってさ、ビビンパハウス、ですよ???
ビビンパの家ですよ??????
西洋だったらお菓子の家、みたいな事でしょ?(どうしたテンション高いな河井
入らなきゃダメだろこれ(´・Д・)」
14:00来店。

ヘンゼルとグレーテル、
ではなくて、おっちゃん3人がお出迎え。
券売機の前に立つと(多分)店主、
「食券買わなくていいよ」
で、カウンター席に座り、店頭に出ていた「[b:石焼野菜ビビンパランチ](700円)」をコール。
ランチだとスープ以外に2品付く様です。

薄暗い店内は厨房とL字カウンターのみですが、2階もあるのかな。
客は8割の入りで若いカップル、中年男性や女性のお一人様と雑多。

IMG_4181.jpg

メニューに「ペプシコーラ」とあるのが気になりました。
韓国ではコカコーラよりペプシの方が人気あるんだろうか?ロッテリアもペプシだし・・・

IMG_4177.jpg

なんて考えているところに竣工、時間にして5分くらい。
ビビンパにはコチュジャンたっぷり掛かってますな、
って、いけねっ!急がなきゃ((((;゚Д゚)))))))
手早く写真を撮り、混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ・・・・・・・・・・・・・・

IMG_4179.jpg

完了(´・Д・)」

IMG_4180.jpg

スープの他にサラダとカクテキが付いてきました。
・・・20秒ほど待ちますが、耐え切れず、

ではでは。

具は高菜、ほうれん草、ゼンマイ、人参、豆モヤシ、白菜、玉ねぎ。
うーん、具には特に秀でた個性は無いかな。
荏胡麻の葉とか入ってたらワクワクしたんだけれど。
ゼンマイが繊維の塊みたいでちょい残念。
コチュジャンの量の割にはそれほど辛く感じませんでしたが、直前にデリーでカシミールカレーを食べたからかもしれません(^ー^)ノ
石の器は熱々の状態を保ち続け、後半に差し掛かってもパチパチ言ってました。

サラダはレタス、大根、人参、胡瓜が入ったもの。
スープは白濁したワカメスープで旨味あり。
黙々と完食。

ボリュームは普通。
店内は薄暗いですが接客は明るく、意外にも(失礼)笑顔あり。

味に特に驚きはありませんでしたが、
[b:焼肉とかいいからビビンパ食べたいんだよ(`・ω・´)キリッ]
って時には重宝しそうなお店ですな。
ランチ時ならばかなりリーズナブルですしヽ(´▽`)/

3軒ともボリュームは今ひとつでしたが、インフルエンザで弱っていた胃袋殿もようやく復活したかな?


ビビンパハウス

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:韓国料理 | 上野広小路駅上野御徒町駅湯島駅


スポンサーサイト

あの坂をのぼれば、海が見える。

文京区
03 /13 2016
上野広小路  デリー


IMG_4170.jpg

[a:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003638/,厳選洋食さくらい]でオムったあと、予定通りこちらへ向かいました。
13:45来店。

おっと、満席だΣ(゚Д゚)ガーン
外で待つよう言われますが、すぐに通されて入口近くのカウンター席に座り、メニューをちらり。
ま、やはりこれだろう( ̄ー ̄)ニヤリ
「[b:カシミールカレー](950円)」をオーダー。
河井、レトルトではいただいた事がありますが、店舗でいただくのは初めてです。

IMG_4171.jpg

真新しさ?を感じる店内は意外に狭いな。もっと広々としているのかと(勝手に)思っていましたよ(^_^;)
カレースタンドみたいな・・・そんな感じ。
右の厨房に面してI字カウンターが奥へと伸び、通路を挟んでテーブルが並びます。
通路は狭く、人1人通れるくらい。

IMG_4172.jpg

客の回転は速く、待っている間にガラガラになり、帰る頃には満席に(^_^;)
カシミールカレーをベリーホットでオーダーしていたおっちゃんが印象に残っております((((;゚Д゚)))))))

IMG_4175.jpg

7分で竣工。

ダークブラウンのカレーの中に鶏肉の塊が3つとジャガイモ1個が見えます。
ライスは平たい皿にやや平たく盛られておりますな。
ふむ、お上品な盛りである(´・ω・`) ショボーン

ではでは。

IMG_4173.jpg

レトルトとはちょい違うな。
辛さはやや控えめに感じますし、味は油分やや多く感じます。
レトルトのカシミールの辛さは、河井がギブアップするかしないかギリギリのレベルなのですが、
こちらのはまだ少しだけ余裕が持てますね、具材の影響もあるのかな?
鶏肉の油分とかが加わって、若干円やかになっているのでしょうかね?
まあ、辛いのは辛いんだが(^_^;)
段々と辛さが積み重ねられていきます・・・河井の口内を蹂躙すること、遼来来の如し(゚Д゚)ノ

・・・辛いんだよ、
しかしね、それを越えた先に、美味さがあるんだ。
それを体感してしまった以上、スプーンを止める事、能わず(´・Д・)」
[b:あの坂をのぼれば、海が見える。]
そう期待して歩き続ける少年の気持ちも解ろうってなもんだ。

具は前述通り鶏肉の塊が3個と小振りなジャガイモ1個。
鶏肉は柔らかく、スプーンで切れます。
味は染みていないので口直しにもなりますな。
ジャガイモは甘く感じますが、カレーの辛さ故際立っているかもしれません。
格好の口直し。

IMG_4174.jpg

そしてライスの炊き上がりは良いですねぇ。
終盤には汗腺の全砲門が開き、汗を掻き掻き完食。

ボリュームはやや少なめ。
接客は忙しくカレースタンド並みですが、ホールは回っていましたね。

辛いものが得意、ってワケでもない河井にとってリスキーなチョイスでしたが、今回は吉と出ましたね。
耐えられるかどうかギリギリな辛さなのですが・・・しかし、そこにシビれる憧れる。
辛さの奥の、桃源郷。
[b:あの坂をのぼった先に、確かに海は在ったのだ。]

・・・きっとまた、食べたくなる。

そんな予感をヒシと感じながらお店を後にした河井なのでした。


つづく。


デリー 上野店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:インドカレー | 上野広小路駅上野御徒町駅湯島駅


【オムの細道:224】

文京区
03 /12 2016
上野広小路 厳選洋食さくらい


【オムの細道シリーズ】



キリ番ゆえに順番を飛ばしてのレビューとなります。

御徒町駅で降りたのは20年振りくらいになるだろうか。
今でも在るのか知りませんが、イタリアントマトが経営していた寿司食べ放題の店(確か『伊太都麻』だったっけな)がアメ横辺りに在って、友人に連れられて遮二無二食べさくった記憶が残っております(^_^;)
あと、胡散臭い露店で東ドイツ軍のコートが2000円で大量に売られていて、買おうか激しく迷った記憶をついでに思い出したので、記しておきます。

IMG_4158.jpg

今日の目的は、こちら。
キリ番候補のお店を幾つか訪れるも奮わず、急遽こちらを訪れた次第。
オムの細道を始めた当初からこちら、狙っておりました。
オムの節目節目に訪れようと思っているお店がいくつか在るのですが、そのうちの一軒であります。

あら、7階に在るんだ。
飲食店としては不利な立地に思えますが、
こういうお店だと逆に眺めが良いとかでプラスに作用するのかな、
とか考えつつエレベーターに乗り、

IMG_4159.jpg

・・・・・

・・・13:15来店。
エレベーターを出ると、店内。

おほぁ
モダンだぁΣ(゚Д゚)ガーン
店内中央の上り階段が、なんかオサレでんな\(^o^)/
若干腰が引けつつも、良く声が通るお姉さんにカウンター席へと通され、メニューを一瞥。

IMG_4161.jpg

デミかケチャップか・・・
顎に左手を当てて15秒静止。
・・・整いました(`・ω・´)キリッ
お姉さんに「[b:オムライスセット《トマトケチャップ》](1800円)」をオーダー。
セットのドリンクは「コーヒー」をお願いしました。

おしぼりはミントの香り。

オサレで清潔感ある店内ですな。
窓に面した右にはテーブル席、
階段を挟んで左にはガラス張りの厨房があり、それに面してI字カウンター。
客層は(平日ですが)家族連れが多いな。
年齢層はやや高めで若者のみのグループは無し。
家族連れが多く、お一人様は河井くらいじゃないかな・・・いつも(女子に囲まれるパターン)とは違った意味でアウェーだ(^_^;)

IMG_4163.jpg

やがてスープとサラダ竣工。
スープは芋系のポタージュでサッパリした味わい。うむ、良い露払いぢゃ( ̄ー ̄)ニヤリ
胃袋殿が嬉々としてスクワットを始めました。

IMG_4164.jpg

サラダは簡易ですが満天星のそれよりは瑞々しく、色合いも良かったですね。

IMG_4165.jpg

5分で竣工、早いな。
やや小振りですがでっっぷりとした、それでいて”品”の様なものを感じるオムですね。巻きが美しいからかな?
しっかし、玉子の雰囲気、そそりますなぁヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
サラダとスープをサクッと平らげて、

ではでは。

IMG_4166.jpg

スプーンを差し込むと、予想を上回る玉子の厚み。
そして見事な外フワ、中トロ具合、絶妙なりっっ!!!
確かな技量を感じますぜ(^_-)-☆

IMG_4167.jpg

ライスは白米の他に玄米も使われていて、水気を飛ばした様なパラッパラぶり。
ブイヨンの旨味、それとホロ苦味が軽く効いています。熱々ではないけれど温くはない塩梅。
具は鶏肉、キノコとシンプルですが、鶏肉はゴロゴロ入っていて、キノコは爽やかな芳香。
鶏肉はライスと共に寝かせてあるのかな。
カチカチではないけれど、この食感を美味しいとすべきか迷うところ。
良いアクセント、というよりはちょっと引っかかる感じ(ニホンゴ、ムズカシイデース)の食感。
ケチャップは酸味控えめでこのオムにはベストマッチですな。
一気に完食。
コーヒーが出て来るタイミング良し。

IMG_4168.jpg

ボリュームは普通かな。
スープ、サラダ、コーヒー付きのセットとはいえ安くは無いんだけれど、
またこの玉子を味わいたいとは思わせますねヽ(´▽`)/

接客は折に触れての細かい気遣い、ありがたや。
帰りはエレベーター前までお見送りいただき、深々とお辞儀しつつ「ありがとうございました」
の、タイミングが少し早い。
1階のボタンを押して、閉めるボタンを押して、
ドアが閉まるまで8秒。
微妙に気まずい時間が6秒ほど流れ、
閉まる扉の向こうでそそくさと去っていく店員さんを眺めつつ、扉が閉まりました。
ちょっと、勿体無いなあ(^_^;)

ここでオムったからには、いずれ姉妹店である[a:13118917,キッチンさくらい]のオムもいただかねばなりませんね(゚Д゚)ノ


つづく。


厳選洋食さくらい

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:洋食 | 上野広小路駅上野御徒町駅御徒町駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ