これでワンコイン、切っちゃうんだ。

板橋区
08 /05 2016
板橋区役所前   なごみそば


[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/56024195/,角の喫茶店]を出て、さて帰ろうかと板橋市役所前駅へ向かっ・・・


IMG_6134.jpg

・・・たハズなのですが、気が付いたらこちらの自動ドアを開けていましたガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
16:55訪店。

うわ!?

IMG_6142.jpg

半地下ッスか!!(@_@)!!!
なんだかワクワクするぜぇ〜ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
って、子供か河井(゚Д゚)ノ

と己にツッコミつつ入口脇の券売機にむかいます。
「[b:かけ](300円)」の食券を、
あと、つい「[b:野沢菜ちりめんごはん](140円)」のボタンを押す河井。
さっきオムライスを腹に入らないからと諦めていたはずなんだが・・・
ミニ丼は別腹、という判断なのだろうか・・・

階段を下りると店員のお姉さんがお出迎え。
食券を渡し、「蕎麦」「温」でお願いして右手のカウンター席に座り、店内を見渡します。

IMG_6136.jpg

右中程に厨房があり、ホールは奥にやや長い箱型。
左右の壁に沿ってカウンターが設けられ、丸椅子が並び、奥の壁には大きめの液晶テレビ。
あ、入口近くの高い場所にも席があるみたいです。

IMG_6137.jpg

七味と柚子七味と一味、唐辛子が3種も備え付けられているのは面白いですね(^ー゚)ノ

IMG_6135.jpg

先客は4人で中年女性1人と男性3人。それぞれソロ客です。
BGMはM添さんの謝罪会見(゚- ゚ )

IMG_6138.jpg

3分で竣工。
なんとお姉さんが配膳して下さいました!!
こういうお店でこういうサービス、かなり嬉しいヽ(´▽`)/
んでもって丼内には細い蕎麦がかなり沈んでいる様子でニヤニヤしてしまいます(何軒目だっけ河井)
そしてネギは別皿。こういう配慮も嬉しいな。

ではでは。

IMG_6140.jpg

灰白色の蕎麦は前述通り細く、角が立っています。
生麺っぽい食感で茹では上々、
細い故につゆとの馴染みも良いね(^_-)-☆
ちょっと長いな、手繰りにくい(^^;)
ま、これも個性、個性。

つゆは節感強めでかえしの甘味もしっかり主張しますね。
やや尖った印象もありますが、こういうお店ならばこれくらいインパクトがあっていい。
んで、蕎麦、ギッシリ入ってますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

ニヤニヤしている河井の耳に、お姉さんの「かけうどん関西入りまーす」の掛け声が届きました。
へえ、関西系のつゆもあるんだ(@_@)

IMG_6141.jpg

ネギは多少パサつくものの、まあまあ風味あり。
蕎麦を順調に平らげた河井、間を置かずミニ丼に着手します。

IMG_6139.jpg

小さい椀ながら縁まで盛られていますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
ご飯が見えないくらいぎっしり敷き詰められているのは、野沢菜とちりめんと刻み海苔。
ドライかと思いきやジューシーな野沢菜に笑みがこぼれます。
少なくとも、いろり庵○らくの明太子ごはんやリンガ○ハットのご飯よりボリュームも質も上ですな。
ご飯の炊き上がりも悪くないねぇ、悪くないよヽ(´▽`)/
ニヤニヤしながら完食。
いやあ、満腹です。

かけ蕎麦は300円とちょいお高めでしたがなかなかボリュームあり、CP相当。
ご飯も付けて3食目に喰らうもんじゃなかったな(*゚ー゚)>テヘヘッ
うん、満足、満足。
帰り際にはトレイを受け取っていただきありがたや<(_ _)>

いやぁ、前情報無しにフラっと入ったんだけど、ちょっとナメてたな。
かけ蕎麦とミニ丼を単品オーダーしてワンコインで釣りが出るなんて、ね。
○ろり庵きらくだったら場合によっては600円の壁すら越えるというのに、ね(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
職場近くに是非とも欲しい、そんなお店でありました。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 板橋区役所前駅大山駅下板橋駅


スポンサーサイト

角だけに。

板橋区
08 /04 2016
板橋区役所前  cafe de CADOT


白樺を出た河井、どこかで休んでいこうと思い食べログを開きますが、リサーチは不調。
ぶらぶらと仲宿商店街を南下すると、こちらが見えたのです。
角だからCADOTなのかな?
でもってこんなに存在感あるのに食べログ未登録かいな!??
(とその時は驚いたのですが、掲載保留になっていたのでした)

IMG_6126.jpg

向かいの焼き鳥も気になるなぁ、なんて後ろ髪引かれつつ横断歩道を渡り、
店の前のイーゼルに掛けられたメニューを眺めるとぅあああああああガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

IMG_6127.jpg

・・・オムがある( ゚д゚)
いや、もう無理もう無理( -_-)
豚バラ丼を小サイズで普通盛りにしておけば良かったかぁ・・・
15:40訪店。

低音が素敵なマスターが「いらっしゃいませ」。
あら、エプロン姿のおばちゃんが出て来るかと思いきや、蝶ネクタイをビシっと決めたナイスミドル!!

IMG_6128.jpg

中程のソファ席に座ってメニューを軽く眺め、
「[b:アイスコーヒー](450円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_6129.jpg

年季の入った店内は、中央の円柱がいい感じ。
それを基点にL字型になっていて、カウンターは無くテーブル席のみ。

IMG_6132.jpg

円柱の奥には個室みたいなテーブル席があり、そちらではマッダームたちがご談笑。
客は半分くらいの入りで、地元民とサラリーマンがメインですな。

IMG_6130.jpg

BGMはイージーリスニング、
とおばちゃん達の世間話。

4分で竣工。

IMG_6131.jpg

苦味の後からじわじわと酸味が追い付いてきて、
手を取り合う余韻。
氷ギッチリ、じゃないので意外と長く愉しめました。

お、ここ、DOCOMOのWiFiがあるじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ
溜まっていたアップデートをしちゃおう(^ー^)ノ
んが、食べログアップデート中で開けないじゃないかΣ(゚Д゚)ガーン
あ、でも速い、速い!

何てことをしつつ、暫しボンヤリさせていただきました。

IMG_6133.jpg

・・・さて、帰るか(゚- ゚ )

因みに、恐らく全席喫煙可と思われるますのでご注意下さいませ。


つづく。




関連ランキング:カフェ | 板橋区役所前駅大山駅下板橋駅


青空、南風。

板橋区
08 /03 2016
板橋区役所前   白樺


ああ・・・・下書き全部消しちゃった( TДT)
ホント最悪( ノД`)・・・
酔っ払って書いてるからこうなるんだよ、河井( -_-)

IMG_6064.jpg

[a:13085480,美味しん坊]でオムった河井、旧中山道を南下します。

IMG_6086.jpg

IMG_6097.jpg

途中、氷川神社で人生初の富士塚登山なんぞを愉しみつつ、

IMG_6066.jpg

縁切り榎に奉納された絵馬に(((;゚Д゚)))ガクブルガクブルしつつ、

IMG_6074.jpg

板橋の地名の由来となった橋を渡りつつ、仲宿商店街へ。

IMG_6076.jpg

こちら、その名の通り中山道板橋宿の「中宿」があった場所。

IMG_6111.jpg

午後3時前という微妙な時間ながら人通りはありますな。この商店街は「生きて」るね( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_6114.jpg

そんな一角にあるこちらへ予定通り立ち寄ります。
??:??訪店。

IMG_6115.jpg

券売機にて左上の法則、発動(゚Д゚)ノ ァィ
「[b:豚バラ丼 中](800円?)」の食券を購入して入口寄りのカウンター席に座り、店員さんに渡しますと、
ライス大盛り無料との事( ̄ー ̄)ニヤリ
ならば当然[b:大盛り]ですとも(゚Д゚)ノ ァィ

IMG_6117.jpg

席は厨房に面したI字カウンターのみで、奥に細長い店内です。
少しくたびれた感じもしますがカウンターはスベスベ。

IMG_6116.jpg

背後にはマンガがズラリと並んでいますね。
5年前くらいの人気作が中心かな?ツボを押さえた品揃え( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_6118.jpg

先客は無し。食べている間に若い男性のソロ客2人来店。

IMG_6120.jpg

5〜10分で竣工。
鰻丼のタレを思わせる甘い香りは、帯広豚丼を想起させるに充分のパフォーマンス。
with味噌汁。

ではでは。

IMG_6122.jpg

豚バラはフライパンで焼いたタイプですな。
厚みはそれほどないので、スペシャルな感じはしません。
しまった、ロースとかの方が厚みがあったかな・・・
河井、実は帯広の[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/4297105/,ぶたはげ]と新得の[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/4298832/,暖笑]で帯広豚丼をいただいた事がありまして、
フライパン焼きな点は暖笑の豚丼に似ている(ぶたはげは網焼き)のですがしかし、
向こうのはもっと大振りで厚みがありましたね。
ご飯の炊き上がりは悪くないです。
タレは甘く旨く、香ばしく、オイリー。
でもって、たれダクなので後半になればなるほどにオイリーさが増していきます。

IMG_6123.jpg

味噌汁はアッサリし過ぎなきらいもありますが、このオイリーな丼にはむしろ合うかも。
完食。

ボリュームは大盛りなりで満足です(2軒目だよな河井)ヽ(´▽`)/
あとはもーちょい安ければなぁ。
なので(バラ丼においては)立川の[a:13146456,相模屋]に軍配を上げるな。
接客はちょい暗めに感じましたが、距離が離れていたので左程気にならず。

さて・・・どうしようかな。


つづく。




関連ランキング:豚丼 | 板橋区役所前駅大山駅下板橋駅


【オムの細道:247】 大和町交差点を体現する、王道昭和オム(withチーズ)。

板橋区
08 /02 2016
板橋本町  ランチハウス美味しん坊


【オムの細道シリーズ】


IMG_6049.jpg

新宿からバスに揺られてゆり揺られ50分、板橋本町までやって来ました。

IMG_6052.jpg

IMG_6053.jpg

中山道の宿場町として栄えた板橋ですが、現代においても中山道(国道17号線)&首都高と環七が交差する要衝ですな。
その角にこちらが在りました。

IMG_6054.jpg

ああ、いい外観だなぁヽ(´▽`)/
14:25訪店。

え、先客無し?
評価からして人気店だろうと思っていたのですが、びっくりだな、おい( ゚д゚)
そして、いい内観だなぁヽ(´▽`)/

IMG_6063.jpg

中程のテーブル席に座り、メニューを確認。
・・・目標確認。左口角が20度上がります( ̄ー ̄)ニヤリ
その口角のまま、おっちゃんに「[b:オムライス](680円)」をオーダーして店内を見渡します。

IMG_6055.jpg

IMG_6057.jpg

ベニヤ張りな店内は外観同様、相応の年季を感じますが、清潔感が共存していて好感。
年季に抗って清潔感を醸しだすのは大変だろうと思いますが、成し遂げていますね(^_-)-☆
奥に長い構造で左手前に厨房があり、それに面してI字カウンターが設けられ、
通路を挟んで右には4人掛けテーブル5卓と2人掛けテーブル2卓。
エアコンの効きは良し。

IMG_6056.jpg

IMG_6058.jpg

メニューを改めて見やると、炒め系やフライ系、ハンバーグ中心の構成。
ボリューム焼きランチ、ってのが看板料理みたいで、肉と豆腐の特製タレ焼きだそうな。
つまりは洋風肉豆腐定食みたいなものだろうか(゚- ゚ )

・・・つか、これ・・・「洋庖丁」のジャンボ焼きみt・・・
・・・おっと、誰か来たようだ・・・・・・


・・・・・

BGMはNACK5。

IMG_6059.jpg

7分で竣工。
潔くオムのみの布陣で、スープも福神漬けも付きません。
タイマンか・・・燃えるな(_ー_)逆ニヤリッ

IMG_6060.jpg

照りのある薄焼き玉子に包まれたオムの上には垂直にケチャラインが一本筋。
ほほう・・・
[b:これはまるで、中山道と環七が交差する大和町交差点を表しているかの様じゃないか!!!(◎_◎;)]


・・・ま、考え過ぎだろうがな河井(*゚ー゚)>テヘヘッ

ではでは。

IMG_6061.jpg

あ、チーズだ(゚- ゚ )
スプーンを差し込みオムを割り広げると、チーズが糸を引きます。
ライスはムラ無く炒められていてダマ無し。
油や玉ねぎの甘旨味とケチャップの酸味がメインを張ります。
チーズはとろけるチーズかな?
多分ライスの上に敷いてあったのだと思いますが、強く主張しないのがいいですな。
今まで色んなオムを食べ歩いて来ましたが、チーズ入りオム、結構あるのですよ。
で、大概塩気が強いんですよ(^^;)
チーズに含まれる塩気を考慮に入れていないんじゃないかなぁ、って思っていました。
しかしここのは左程でもない塩気でバランスが良いです(^ー゚)ノ

IMG_6062.jpg

具はハム、マッシュルーム、細く切られたピーマンと玉ねぎ。
ハムは外が赤いヤツで郷愁を誘います。
玉子は薄焼きでハードながら存在感はありますね。

ややクドいかと思いながらも、結局ケチャップは使い切りました。
完食。

ボリュームは普通。
まあ連食の妨げにはならないな( ̄▽ ̄)

昔ながらのオムライス(withチーズ)、ってのが総評。
ちょいオイリーにも感じましたが、それもまた昭和な内観に合っている様に感じました。
ちょいシンプルに過ぎる嫌いはありましが、680円という絶妙な価格設定ゆえに納得は出来ますかね。

ここ、何を食べてもそこそこ美味いんじゃないかな、きっと。
それ以上を求める方には向かないだろうけど。

接客は丁寧で愛想もあり好感。
お陰で笑顔で店を後にする事が出来ました。

IMG_6051.jpg

つづく。




関連ランキング:定食・食堂 | 板橋本町駅本蓮沼駅中板橋駅


このでっぷり具合、たまらんね。

板橋区
02 /26 2016
上板橋  石田屋


職場でのいただきものであります。
おお、箱、ずっしり来るねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
栗饅頭ですな。
包みを開けると饅頭が出現。

IMG_3326.jpg

IMG_3327.jpg

おおお・・・・・でっぷりしてやがる(゚- ゚ )
上には羊羹が帽子みたいに乗っかっていて何だか可愛いな、おい(^ー゚)ノ
例えるならば、芋洗坂係長を究極に美しくトランスフォームした感じ・・・・・・・

って、根本的に違うな河井(ー ー;)

ではでは。

IMG_3328.jpg

栗、でけぇなぁ!!
大きな栗がまるまる1個インしてますよ( ̄ー ̄)ニヤリ
こりゃ食べ応えあるなぁ・・・

餡は白餡ですが、栗の引き立て役ですね、品の良い甘さがでしゃばりません。
栗。まさに栗饅頭だ。
頭の中で桑田佳祐が「クリといつまでも」の冒頭を合唱し始めました(^_^;)
皮の、繊維がほどけていくような食感も秀逸。
あっという間に2個完食。

あー、美味しかったぁ( ´ ▽ ` )ノ
これ、2個も食べればかなりのボリュームですぜ。
小食の方なら軽い食事になりますよ(^_^;)


石田屋

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:和菓子 | 上板橋駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ