お得な海鮮丼屋、復活。

府中市
01 /30 2018
府中   やまけい


仕事帰り、国分寺駅からバスできねやを目指し

て、

あれ、
離れていく、、、
食べログの地図を見てきねやの近くまで来たら降りようと思っていたのですが、どんどん遠ざかっていきますね・・・

バス、間違えた、な((((;゚Д゚)))))))
行き先は合っていたのですが、経由が違った。
心の中で静かに慟哭する河井を乗せたバスは、予定通り府中駅前へ滑り込みました。

じゃ、ル・シーニュだ(`・ω・´)
いきなりステーキも捨て難いが、夜は控えめに行きたい。
それに並びが出ているし(^_^;)
で、こちらへ。


20179 (25)

こちら、再開発により壊滅した「みゆき通り」では新参でしたが、
仮店舗へ移り、この度めでたく復活したお店。
丼丸がガンガン出店する前からワンコインの海鮮丼を出していたお店であります。


20179 (26)

確か大手の魚屋さんの系列らしいのですが詳しくは不明。
うむ、なかなか混み合っていますな・・・でも空きはありそうだ(^_−)−☆
19:15訪店。

先にオーダーするスタイルは変わらず。
「大盛海鮮丼(640円)」をオーダー。
食券も兼ねるレシートを受け取り、隅のカウンター席を確保、
店内を見渡します。


20179 (28)


20179 (27)

まだ新しいお店ですから当然ながら清潔感あり。
客はほぼ満席の入りで家族連れやカップルが多いですな、まあ時間帯によるのかもしれませんが。
で、オーダーは6人待ちか・・・時間掛かりそうだ。


20179 (29)

12分で竣工。
少し値上がりした様に感じますが、その分具がランクアップしているかな?
味噌汁付き。

ではでは。


20179 (31)

具はマグロ、イカ、サーモン、甘エビ?ネギトロ、いくら、玉子、ガリ。
うん、ちゃんとしてる。
マグロは少し筋があるものの、ちゃんとマグロの味がします。
たいせいより美味しいんじゃないかな。

シャリは大盛りにしてはやや控えめですが炊き上がりは悪くない。


20179 (30)

味噌汁は魚介系の旨味濃厚なお味。
瞬殺。

少し価格は上がったかな?
でもまあ味噌汁付きだし、大手海産系居酒屋のランチのそれよりは格上なお味。
CPでも上だと思いますよ。

接客は笑顔あり声も出ていてエコーもある、以前よりも向上している感。

ル・シーニュの中ではあまり宜しくない立地に思えますが、頑張って欲しいお店です。


なお、新店舗ゆえやや甘めの採点である事、ご了承くださいませ。




関連ランキング:海鮮丼 | 府中駅府中競馬正門前駅府中本町駅


スポンサーサイト

旅の始まりを飾るに相応しいお店(&笑顔)だ。

八王子市
01 /13 2018
高尾   一言堂


あー、ダメだ。

もう、ダメだ、我慢出来ない・・・

この日は一日中家に居る予定だったのですが、


もう、何処かへ行かないと、ダメだ。

河井、ストレスがたまった時に旅行の計画を立てる癖がありまして。
今回の日帰り旅行は、そんなこんなで前々から練りに練られた計画の一つ。

弾かれた様に家を飛び出した河井、高尾で京王線から中央線に乗り換え、
る前に、以前から気になっていたこちらへ立ち寄ります。


2017上野原 (2)

こちら、JR高尾駅の北口改札脇に店舗があり、
改札の中からは売店、外からだとカフェとして利用出来るみたいですな。
河井は改札内からの利用となります。
9:05訪店。

左のショーケースにはおにぎり、右のショーケースにはパンが並んでおりますな。

河井の前にはママさんグループ・・・
漏れ聞く会話からして、何を買うのか全くまとまっていないなぁ・・・
しかも何人分買うのかも決まっていないぞ・・・
これは・・・長くなりそうだ・・・・・・・・・・


・・・5分後、ようやく河井のターン。
後ろにはもう7人並んでいます(^_^;)

まあ決める時間は5分もあった、じっくりと選ばせていただいた事に感謝しよう。
素早く
おにぎりセット(345円)」をオーダー。
これは「広島菜しそ漬け(175円)」と「鶏ごぼう(180円)」の2つのおにぎりがパック詰めされたもので、単品で買うより10円お安くなります(*゚ー゚)>テヘヘッ
税込み表記なのも嬉しかりけり。

なによりも、店員のお姉さんの笑顔が、素敵だ・・・
5分の待ち時間が帳消しになって余りある、千金の笑顔でありましたヽ(´▽`)/

発車待ちの車内でいただきます。

ではでは。


2017上野原 (7)

先ずは広島菜しそ漬けからいただこうか・・・ほう!!

お米が美味しいねぇ!流石は米屋が母体のお店だ( ̄ー ̄)ニヤリ
炊き上がりはやや硬めだが硬くはない。
一粒一粒を舌先で感じられる、そんな硬さ。

で、味付けは最低限だな。
まるで「米を味わえ」と仰っているみたいに控えめに効いた塩気と紫蘇の風味。
これが、意外と箸を進ませやがる。

で、

小さいながらも沢庵が2切れ付いてきましたよ( ̄▽ ̄)
おにぎりセットで正解だったな( ̄ー ̄)
沢庵も美味しいね(^_-)-☆

鶏ごぼうは品名通り、鶏肉と牛蒡の風味がしっかり効いていますな。
甘過ぎないのが河井好みだ(^_−)−☆
鴨がネギ背負ってやって来るよりも、鶏が牛蒡背負ってやって来た方が嬉しいな、河井は。
とか何とか思いつつ、瞬殺。

1個160〜180円とちょいお高めな価格帯ながらも、
コンビニのおにぎりに比べれば大きめなサイズだし、美味しいし。
ゆえに割高感は全く感じませんでしたね。

お姉さんのあの笑顔に見送られて出勤する事が出来る高尾在住のサラリーマン達が羨ましいなあ、
なんて思いながら、
1個で良かったな、
とこの先の連食の予定を心配しつつ、車窓はゆるゆると流れていき、
列車は相模湖駅を過ぎて、山梨県へ。


つづく。

食べログ グルメブログランキング




関連ランキング:カフェ | 高尾駅



《再訪》 《オムの脇道:--》 抜群の安定感。

国分寺市
01 /11 2018
西国分寺   すぷーん



20179 (95)

この日はムタヒロの味噌ラーをいただきに途中下車した河井でしたが、HAHAHA。。。
満席だ┐(´д`)┌ マイッタネ
普段でも並ぶのは嫌なのに、いつも以上に疲れた仕事帰りに並ぶのは、
河井の脆弱な精神衛生上宜しくない(`・ω・´)キリッ
で、何とか空きがあったこちらへ。
18:45訪店。


20179 (96)

日替わりメニューの「三種のきのことベーコンのオムレツカレー(750円)」
を「ライス大盛り(60円)」でオーダー。

7分で竣工、これ・・・
オムじゃね!?
みたいな見た目ですが( ̄ー ̄)
キノコとベーコン入りのオムレツを割り開いた様な見た目、麗し。

ではでは。


20179 (97)

あー
この、小麦粉を炒めに炒めた様な香ばしさとコク、そしてほろ苦み、クセになるわいなヽ(´▽`)/
オムレツは名前通りキノコとベーコン入りでふわとろな仕上がり。
しっかし、何で合うんだろうね、ここのカレーは、色々な具材にさあ( ̄ー ̄)
よくわからないけれど、ベースがしっかりしているんだろうね。
ライスは硬めの炊き上がりでGOOD(^_-)-☆
終始ニヤつきながら完食。

この日は若い男性2人と若い女性1人でのオペレーション。
店主は不在でしたが、ソツなくスピーディーな動き。
代わる代わる訪れる来客にも滞る事なきスピーディーな竣工、お見事。
んでもってこのクオリティでブレが無い、ってのは頼もしいね(^_−)−☆
また寄らせていただきます<(_ _)>





関連ランキング:カレーライス | 西国分寺駅


【オムの細道:347】 高円寺の高円寺の門前中華食堂でオム。

杉並区
01 /11 2018
高円寺   七面鳥


実は河井、生まれは高円寺だったりします。
母の実家が高円寺に在りまして、河井はこちらで産まれ、2週間後に富山へ戻り?ました。
以来ちょくちょく上京してはお邪魔しておりました。
河井の幼少期の写真を見ると、
いっつも片手にトマトジュースを持っているのですよ、もうホント、笑えるくらいにどの写真でも(^_^;)
そう考えると、河井がオムにハマるのも必然だったのかもしれませんなぁ。

この日も母の実家を訪ね、その帰りに高円寺の高円寺を訪れてみる事に。


20179 (166)

・・・ん?いえいえ、誤植じゃないですよ( ̄ー ̄)


20179 (168)

高円寺の地名の由来となったお寺であります、高円寺(^_−)−☆


20179 (169)

高円寺駅から北は勝手知ったる、なのですが南は不案内、


20179 (173)

初めて訪れましたが、なかなかの広さ!


20179 (175)

徳川家光が度々鷹狩りで当地を訪れ、その度にこのお寺で休憩していたのですが、
そのうちにこのお寺がすっかり気に入ってしまった家光、
とうとう境内に仮御殿まで造ってしまったそうな。


20179 (179)

それにより高円寺の名声が高まって近隣に知れ渡り、
いつしか(家光が名称を変えさせたという説もあるみたい)「小沢村」から「高円寺村」へと名称が変わった、
というのが高円寺(地名)の由来。


20179 (181)

20179 (178)

ひとしきり散策したあと駅へ向かう、と・・・うわ、


20179 (183)

なんかスゲーいい感じの外観なお店発見!!!!!

・・・検索中・・・

・・あら、ここに在ったか七面鳥( ̄▽ ̄)
これは・・・うっわー、この外観は、

入らざるを得ないだろう。
・・・お昼、さっき食べたけれども(^_^;)
ま、まぁ、大丈夫だろう(^_^;)
13:45訪店。

U字カウンターの左側の席に座って壁に貼られたメニューを眺め・・・

オススメメニューにありましたよ、「オムライス(630円)」( ̄ー ̄)ニヤリ
それをオーダーして店内を見渡します。


20179 (184)

エアコンは効かず。
この日は残暑厳しく(2017.9月のレビューです)気温は高いものの、風が店内を心地良く吹き抜けています。
故に暑さに弱い河井がギリギリ暑くないくらいの快適さ。
つーか、むしろその状況がこちらの風情を盛り上げに盛り上げているな( ̄▽ ̄)


20179 (185)

もう、昭和。
昭和極まりない内観、いと素晴らし。

先客はほぼ満席の入りで、おっさんと兄ちゃん、つまりは男子率100%だ。


20179 (187)


20179 (186)

キャベ千とお新香、中華スープ、それとマヨネーズが1本供され、


20179 (188)

7分でオム竣工。
薄焼き玉子の乗せオムですな。
そこそこボリュームありそうに見えますが、、、

ではでは。


20179 (190)

あー
これは、正しく中華食堂のオムであるなヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー


20179 (191)

具は鶏肉、玉ねぎ、そして炒った玉子。
つまりチャーハンのバリエーションなオムだ。
ライスはケチャップライスでオムにしてはパラパラな仕上がり(チャーハンで言えばしっとり系ですな)、
炒めムラ無し。きっとチャーハンも美味しいのだろうなぁ。
具はそれほど多くないのですが、鶏肉のシコシコした食感が好アクセント。
ライスのケチャ使いは控えめなので上に掛かるケチャップに意義が生まれています。
チャーハン系のオムは塩気が強い事が多いのですが、こちらのはそんなに強くないね、ここ大事(^_-)-☆
玉子はリバースされた薄焼きで、表面はトロっとした火の通り、やるね。


20179 (189)

中華スープはとんこつ濃厚なお味、ちょっと意外。
お新香がサッパリした味わいでこのオムには合うね。
とはいえ、お腹はキツい(^_^;)
お昼、食べて来ていたからなぁ・・・しかもご飯お代わりしたしなあ・・・
しかし、我が決断に悔い無し(`・ω・´)キリッ
キャベマヨを挟みつつ、トップギア。
勢いよく完食。

驚きといったものは感じませんが、特に欠点も見当たらない、手堅く作られた中華食堂オム、堪能させていただきました。

接客は明るく元気良く、厨房からのエコーあり。
当たり前の事をちゃんとこなしている。こういうお店は、強いね(^_−)−☆
充分に年季の入った内観ながら、腕はちっとも枯れていませんし、CPも素晴らしい。
活きた中華食堂って、今後どんどん減っていくのだろうけれど(実際「枯れた」お店にはよく出会いますから・・・)、
こちらはまだまだご健在(^_-)-☆
チャーハン(580円)と50円しか差が無いのも好感。


20179 (192)

都心で高評価な中華食堂って、期待したほどではなかった、ってな経験が多かったのですが、
こちらはそんな先入観を覆してくれましたね( ̄ー ̄)ニヤリ




関連ランキング:中華料理 | 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅


since1969。

杉並区
01 /11 2018
高円寺   成都 高円寺本店


この日は従姉妹とどこかで呑もうという流れになって高円寺をブラつき、
以前から在るのに何故か入った事のなかったこちらへ入ってみました。
21:30訪店。


20179 (160)

改装したのかな?想像以上にオサレな内観。
奥の1段低くなったテーブル席へ座り、

「生中(380円)」をオーダー。


20179 (161)

アサヒスーパードライかな?まあ、そんなお味。
それと人気No. 1らしい「焼き餃子(500円)」をオーダーして店内を見渡します。


20179 (165)

オサレ、ですな(^_^;)
確か、河井が小さかった頃から在ったと・・・
うん、店員さんのTシャツに「since1969」とプリントされていますから河井より年上なお店なのでしょうな。
客は半分ほどの入りで、若き女子のお二人様や若年&熟年カップルが高円寺の夜を愉しんでらっしゃいます。
女子会使いも出来そうな雰囲気がありますね。


20179 (162)

やがて竣工した餃子は厚みある皮がモチモチ
と主張し、餡は少なめ。
揚がっている様な外パリ具合、なんとなくホワイト餃子を思い浮かべつついただきます。

「よだれ鶏(480円)」
「麻婆茄子(580円)」をオーダー。


20179 (164)

よだれ鶏はさっぱりしたお味で辛さは控えめ。
白菜?のシャキシャキした歯応えがアクセントとなっています。
鶏肉は柔らかく仕上げてあり、その風味を味わえるくらいのアッサリした味付け。
この価格にしてはボリュームありました。


20179 (163)

麻婆茄子は麻は効いてないし辣もそんなに・・・
ナッツ類のコクが効いているかな?
茄子はとろとろな仕上がりでかなりオイリー。
さっと呑んでお店を後にしました。

老舗っぽさは感じず、オサレな大陸系中華のお店、ってな印象。
店名から期待した四川っぽさは感じませんでしたが、料理によっては感じるのだろうか?
まあ辛いのが苦手な方でも愉しめるのはポイントでしょうな。




関連ランキング:中華料理 | 高円寺駅新高円寺駅


府中でも人気だな。

府中市
01 /10 2018
府中   丸亀製麺


所用を済ませた後
イーキッチンでスムージーを堪能して、こちらへ。


20179 (146)

16:45訪店。


なんとなく「明太釜玉うどん(410円)」を

「温玉か生か択べますが」
「生で」
「こちらで混ぜましょうか」
「いえ、こちらで混ぜます」

という遣り取りを経て・・・お、
「万願寺とうがらし(150円)」があるではないか、しかも手頃な価格( ̄▽ ̄)
取っておきませう( ̄ー ̄)
お会計は560円。


20179 (147)

セルフの水をゲットして対面カウンター席へ座り、


20179 (149)

だししょうゆを掛けて混ぜ混ぜタ〜イム。


・・・・・ではでは。


20179 (151)

うどんはムチぷりんとした食感の中にコシもそこそこ愉しめるもので伸びは控えめ。
小麦の風味もしっかりと感じますな。
明太釜玉うどんは初めていただきましたが、考えてみれば明太パスタが小麦との相性の良さを証明してくれているワケで、
居酒屋メニューに明太うどんがあったりもするし、
やはり相性は良いのである( ̄ー ̄)

だししょうゆは2.5回ほど回し掛けましたが、2回で良かったな(^_^;)


20179 (148)

万願寺とうがらしはまるまる1本!
揚げ置きゆえに冷めていましたがサクサクいただけました。
しかし厚みはなく、風味も弱いな。
ま、150円だからね、致し方無し。

あー、


残り汁にご飯ぶち込みたいなあ、
という衝動に駆られましたが自重して、
瞬殺。

接客は明るく活気あり。


20179 (150)

ちなみに香川県丸亀市に由来したとされる店名ですが丸亀市には店舗は無く、
(創業者の親が香川県坂出市の出身、また後に創業者が丸亀市の文化観光大使に任命された、という縁はある)
2000年に兵庫県加古川市にて1号店を出店。以後順調に店舗数を伸ばし、
今ではセルフうどん業界1位の店舗数を誇っておりますな。




関連ランキング:うどん | 府中駅府中競馬正門前駅府中本町駅


初スムージー。

府中市
01 /10 2018
府中   イーキッチン


はなえだ屋と丼丸をこなしたあと、所用があったので府中へ。
所用を終えたあと、府中駅前をうろつきます。
で、くるるの中にこちらを発見。


20179 (139)

ふーむ、スムージー

って・・・
飲んだ事無いな( ̄ー ̄)ニヤリ
14:30訪店。

ほぉ、色々あるのね・・・ふーむ、、、、、、


左上の法則、発動(゚Д゚)ノ ァィ!!!
「グリーンスムージー(324+税)」をオーダー。
小松菜、甘熟王バナナ、パイナップルが入っている様ですな。
「さくらカードはお持ちですか」と効かれたのでさくらグループのお店の様ですな。
持っていないことを告げ、イートインのテーブル席を確保、
店内を見渡します。


20179 (140)

20179 (141)

20179 (142)

サンドイッチや弁当、おにぎり、お菓子など色々販売していますね。
イートインはこちらで購入したものに限り利用出来る様です。


20179 (144)

BGMはJAZZ。


20179 (145)

4分で竣工。
ふむ、緑だ(゚- ゚ )
緑一色・・・縁起がいいじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは早速。

ファーストタッチは冷え冷えドロドロな口当たり。
小松菜の青臭さやパインの風味も感じますが、
その中でもバナナの風味がやや押し、味の中心でバランスを取ります。
流石は甘熟王、名前負けしていませんな(_ー_)逆ニヤリッ

見た目少なめに感じましたが、そうでもないねぇ!
氷が入っていないし、密度があるし。

ル・シーニュがオープンしてから、くるるはどうだろう?
と思っていたのですが、行き交う人は変わらず多いな。
そんな人の流れを眺めつつ暫しの間過ごしました。

接客は愛想良し。
河井が席を立つと笑顔でお見送り、後片付けしていただきました。


20179 (143)


つづく。




関連ランキング:弁当 | 府中駅府中競馬正門前駅府中本町駅



初丼丸。

府中市
01 /10 2018
中河原   祭ヤ丼丸


はなえだ屋でオムったあとスイタイ


20179 (132)

んー、
ああー、

20179 (133)

入りにくいなあ((((;゚Д゚)))))))
で、こちらへ。


20179 (134)

丼丸、近年猛烈な勢いでその勢力を伸ばしておりますが、ここ中河原にも進出しておりまして、
確か唐揚げ弁当が名物の日本亭が在った場所にオープンしたお店。
河井、初丼丸と相成ります(`・ω・´)キリッ
13:45訪店。

おばちゃんが「いらっしゃいませー」とお出迎え。
さて、何を頼もうか・・・ラインナップが多すぎて迷うなぁ(;´・ω・)
ふむ、日替わり丼(540円)か・・・これにしよう( ̄ー ̄)ニヤリ

こちら、イートインがありまして、そこでいただく事にします。
セルフの水を紙コップに汲んで壁沿いに設けられたカウンター席に座り、待ちの姿勢。


20179 (136)

店内には丼丸のCMが3パターン、エンドレス、ちょいウザい(^_^;)
まあ、これくらいウザくないと刷り込めないからね、仕方ないか。

でもまあ、ウザぁい・・・

2分で竣工、って速っΣ(°д°lll)ガーン
受け取って着席して、


20179 (137)

ではでは。

上に乗っているネタはカニ身、ネギトロ、ボイルえび、トロサーモン、イカ、厚焼き玉子。
サーモンとイカは小さめのが2切れずつ入っていますな。


20179 (138)

イカはねっとり、
カニはドライでおぼろみたいな、
ボイルえびはむむむ(^_^;)

ご飯は酢飯で酢の効きはそこそこ、
炊き上がりは硬くもなく柔らかくもなく中庸、
ガリは酸っぱさ控えめで万人向け。
瞬殺。

味はやまけいに一回り劣るけれども、540円でいただけるならば文句は出ませんな。
ネタの好き嫌いにも応じられる懐の広さもあり、使い勝手は文句無し。
もしかするとネタには当たり外れがあるかもですが、そこがハマれば常習性が増しそうな印象。
日替わり丼以外もいただいてみたいですね。


なお新店舗ゆえサービスの評価は控え、
またやや高めのとなっております事、ご承知くださいませ。




関連ランキング:海鮮丼 | 中河原駅



《再訪》 【オムの細道:4】 南町団地住民のハレを演出してきたトンカツ屋でオム。

府中市
12 /30 2017
中河原   はなえだ屋


久々にこちらを訪れてみました。
5年振り、かあ・・・


20179 (123)

仕事を辞め、日本各地の郷土料理を巡りつつ、
この先どうやって食べログを続けていくか迷っていた河井、
何か核になるものが必要だという考えに至り、模索していた中で出会ったお店、
だった様に思う(゚- ゚ )
おお、こういうお店にもオムはあるんだ、って。
そう思った、様に思う(^_^;)
昨日の事は忘れた、明日の事はわからない。
が信条なので、5年も前の事ははっきり憶えていない、鳥並みの記憶力の河井であります(*゚ー゚)>テヘヘッ
でも、あの時に掛けたボタンが違っていたならば「オムの細道」ではなく、
「ビビっと来た!ビビンバ探訪」
だったかもしれないし、
「クレクレタコラ、クレタコライス」
だったかもしれないな( ̄▽ ̄)

13:05訪店。

店主が「いらっしゃい」とお出迎え。


20179 (124)

20179 (125)

渡されたメニューを見てみますと、思ったより洋食屋寄りなメニュー構成だな。
まぁ、河井のオーダーは決まっていますがね(^_-)-☆
オムライス(680円)」をオーダー。


20179 (126)


20179 (127)

先客は1人。常連さんらしく店主と中河原deepな会話で盛り上がっております、
お陰でリラックス出来ました。


20179 (128)

8分でサラダと同時にオム竣工。
パセリがなくなったな。

ではでは。

サラダはあっさりしたドレッシングが適量掛かったもの。
パサつきは無く鮮度も悪くないね。
これを瞬殺してオムへ向かいます。


20179 (129)

ライスは色合い鮮やかで、油分少なく非常にあっさりした味付け、
故に上に掛かったケチャップに存在意義がありますな。


20179 (130)

でも味が薄いワケではなくて軽い甘味と酸味の中に軽く旨味を感じますな。
炊き上がりは若干柔らかめだったからかやや色ムラあり、ちょい残念。

具は鶏肉のみとシンプルの極み。
ややパサつきがあるもののシコシコとした食感は愉し。
んでもってゴロゴロ入っているのは嬉しい(^_−)−☆

玉子はハードながら愉しめる程度の厚みあり。
しっとりフワリとした出来。


20179 (131)

中盤に差し掛かったところでアイスコーヒーがワイングラスで竣工。
それをいただいて、ご馳走様。

ボリュームは普通。
非常にシンプルなオムながら、サラダとアイスコーヒーが付いて680円ならば充分であります。
でも前回いただいたオムよりインパクトは薄いかな?
まぁ記憶は美化するものですから、そういうタイプのアレが作用しているのかもしれませんが。

恐らくはこちら、向かいに建つ南町団地に向けて開店したのでしょうな。
並びに建つ酒屋や郵便局、理髪店、医院もまたそういう用途があっての事でしょう。
以前は中華食堂や天ぷら屋も在ったのですが、ここ数年で姿を消してしまいました・・・
願わくばいつまでも、いついつまでも。

そう思いつつ、


つづく。




関連ランキング:定食・食堂 | 中河原駅



狭間シリーズ:④ はなまるうどんと幸楽苑との狭間で。

八王子市
12 /30 2017
狭間   牛角 次男坊 イーアス高尾店


休んでいても、下書きは溜まる(^_^;)
その中でもオープンしてから日が浅いお店を早めにUPします。


この日は朝から上野原へ(その時のレビューはまたいずれ(^_^;))。
バスに揺られて県境を跨いで延喜式内社の巌楯尾神社を参拝し、
上野原名物の酒まんじゅうや「せいだのたまじ」、あんドーナツ、当然オムもいただくなど散々に食い散らかし、
歩きに歩いて・・・

の帰途、高尾で下車。
どうやらイーアス高尾、という大型ショッピングモールが出来たらしく、そちらへ向かう人が多いな・・・
うむ、行ってみよう(^_−)−☆


2017上野原 (219)

その影響か、京王線のガード下がヤバい事になっているな・・・
高尾名店街も心配だ・・・と思って見てみると、嗚呼!!!

もうバレンシアの風は吹かないのか(T ^ T)

足取り重くイーアス高尾へ向かうと・・・あら、

デカいねぇ!


2017上野原 (221)

ワクワクしながらレストラン街を覗いてみると、既視感。


2017上野原 (222)

2017上野原 (223)

・・・どこかで見かけたお店ばかりだ(^_^;)
蕎麦屋は、高いな。
ステーキは、入らないな。
回転寿司は、並んでいるな・・・
フードコートへ。


2017上野原 (224)

大地食堂も気になりましたが、空いていたこちらへ向かいました。
17:15訪店。


2017上野原 (225)

ネットで調べてみたら、こちら、牛角の系列ですな。
次男坊丼を推していますが、ちょいお高い999円。


2017上野原 (226)

「豚玉カルビ丼(680円)」をオーダーすると、
「734円です」
あ、税別っすか(^_^;)

ブルブル震えるアイツを受け取り、席を確保。
いやー、混んでるなあ・・・

なんで、次男坊なのだろう・・・
牛角が長男、って事だろうか・・・

とかボンヤリ考えているところに、
4分でブルブル。


2017上野原 (227)

豚玉カルビ丼は、帯広豚丼に生卵を乗っけた様なビジュアルですな。
with味噌汁。

ではでは。


2017上野原 (228)

帯広豚丼みたいなお味を予想していましたが、こちらは焼肉のたれ丼みたいな味わいも感じますな。
甘味がやや強めのさっぱり味。
熟成醤油が使われているとか何とからしいですが、醤油と熟成醤油との違いとやらは河井の舌では判りませんでした。
特に深み、といったものは感じず、醤油に色々足して到達した様なお味に感じます。
味付け的には鰻タレと焼肉のたれのいいとこ取りを狙ったものと思われますが、
河井的にはどちらかに大きく振り切って欲しいなぁ、って印象。
もしくは鰻タレ味と焼き肉のたれ味の2品目作っていただき、それを食べ比べてみたいですな。

肉はそこそこの厚みのある豚カルビが9枚くらい、焦げ目がついていてそれによる香ばしさが感じられるもの。
で、カルビゆえに結構な脂。
脂愛好家の河井にとってはどんと来い(゚Д゚)ゴルァ、な展開だ。
しかし、丼の縁に付いていた脂で手が汚れてしまったのはちょい萎えな展開、つまりは一進一退。

肉下(もしくは飯上)には海苔が敷かれていて、このアプローチはすた丼っぽいな。


2017上野原 (231)

温玉を割ると、まあ、円やかさは増すな。
飯量はそれほどでもないので、序盤に割ってしまった方がいいかもしれません。


2017上野原 (229)

味噌汁は貝っぽい風味。
完食。

連食の果てですから満腹にはなりましたが、見た目ほど飯量は多くなく、ボリュームはそれなりでした。


このフードコートには他にサーティワン、サブウェイ、リンガーハット、大地食堂、幸楽苑、はなまるうどん。
この中では次男坊丼999円+税を推しているこちらが最も高級な印象。
しかし牛角という名前に高級感はあるや否や。

それに1000円いかない、
と思っていたら税別で1000円超えました、って体験が一番ガッカリするんですわ。
河井はこれを妖怪「千円またぎ」の仕業と捉えていますが、
一度そういう体験をしちゃったお店には、リピートしにくいと思うんだなあ。

特に、お店の両脇がはなまるうどんと幸楽苑なんだよなぁ・・・
これは不可抗力なんだろうけれど・・・
まだまだ実験段階なのでしょうから、これからどんどん改良を重ね、強く逞しく成長していただきたいですな。
面白そうなコンテンツですし。


2017上野原 (230)

なお新店舗ゆえサービスの評価は控え、またやや甘めの評価となっていること、ご了承くださいませ。


いやぁ・・・今日は旧上野原宿界隈を上ったり下りたり、結構歩いたなぁ。
その上イーアスからの帰り道も、地図上は高尾より近いと感じた狭間駅、上り坂&階段&迂回の3連コンボが発動して疲れた身体に追い打ち。
帰りの電車の中で爆睡してしまい、2駅乗り過ごした河井なのでした。




関連ランキング:牛丼 | 狭間駅高尾駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ