東印度、ってよりは東アジア、って感じのカレー。

品川区
11 /19 2017
不動前   東印度カレー商会


この日は研修で不動前駅。


20177 (107)

まぁ、しっかりと予習は済んでおりますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

いや、仕事の、じゃなくて、オムの、ね( ̄ー ̄)ニヤリ
さぁて、先ずは腹ごしらえだ・・・・



・・・あれ(゚- ゚ )

えええええええええええええええええガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

夏休みのため通常営業を休止・・・・っておいおい、まだ7月だけどー
ボンジュールカフェ・・・気ままやなぁ(;´・ω・)


20177 (109)

あー、あああ・・・・・・はぁ。

そしてアミティはまだ営業していないな・・・
結局、代替のオム処は見つからなかったのである(´・ω・`) ショボーン


20177 (110)

で、こちらへ。
11:40訪店。

中程のカウンターへ座り、メニューを眺めます。


20177 (111)

メニューはシンプル。
上々豚カレー(中辛)と上々スパイシー豚カレー(辛口)、
そして何故かマグロ漬け丼Σ(°д°lll)ガーン

エアコンの効きに不安を感じたので辛いのは控えましょう。
「上々豚カレー(900円)」を「ライス」で、「ライス大盛り(100円)」でオーダーして店内を見渡します。


20177 (112)

奥に長細い店内はカウンターのみ・・・と、
店主が、
「大盛りの量はご存知ですか?」
ふむ・・・知らんな(゚- ゚ )
「これくらいになるんですけど」
と、実物をみせてくださいました。
ラグビーボール型に成形されたライスの小山が3つ見えます。
「あ、全然大丈夫っすよー」

客は3名。男性ばかりですが年齢層はまちまち。テイクアウトの客もちらほら見えます。
おじいちゃんがルゥのみテイクアウトをオーダーしていたのが印象的。

3分で竣工。


20177 (113)

ではでは。

サラッとしたダークブラウンのルゥは、スパイスを感じさせながらも酸味とコクとほろ苦みがしっかりと主張する味わい。
なんか、もっと、、、店名からしてスパイスがぶわぁっと来る、みたいな展開を予想していま
したが・・・
どこか欧風を想起させる様なアプローチ、意外なり。
辛さは控えめで、これならば辛口でも良かったかも。


20177 (115)

具は玉ねぎ、人参、ジャガイモ、豚肉。
玉ねぎやジャガイモは1/4カットが使われていたりとワイルドな入り。
その分具材それぞれの風味を感じられ、飽きが来ませんでしたね。
まあ玉ねぎはくっついていて食べづらかったですが(^_^;)


20177 (114)

豚肉も適度に柔らかく、へへへ。
げに肉肉しいぢゃないか( ̄ー ̄)

ライスはジャポニカで炊き上がり充分なクオリティ。
ボリュームはなかなかにありましたよ。

チャイは粉っぽいというか粒っぽいというか、まぁ食後にぴったりなサッパリ感。
一気に完食。

洗練された、とか緻密な・・・ってタイプのカレーではなく、
お店の雰囲気と相まって、肩肘張らずに美味しくいただけるカレーでしたね。
「美味しく」ってのが、肝ですな( ̄ー ̄)ニヤリ
印度、って感じよりは欧風ベースなカレーに感じましたね。これを洋食寄りと捉えるならば東アジアなカレーと言えるかもしれません、
ボリュームは大盛りなり。研修中眠たくはならなかったですな、そんな塩梅。

接客は物腰柔らか。
ライス大盛りゆえ省エネ運転だった河井に「ルゥ足しましょうか?」なあんて仰る優しさ、ありがたや。
ありがたく足していただきました。




関連ランキング:カレーライス | 不動前駅大崎広小路駅目黒駅



スポンサーサイト

【オムの細道:366】 ラストレシピなオム。

府中市
11 /19 2017
中河原   セブンイレブン 府中住吉4丁目店


鮮度が重要なレビューなので早めにUPします。
これによりオム順がかなり前後してしまう事、御容赦くださいまし(かなり下書きがたまっていまして・・・)。
09:50訪店。

あるかな、あるかな・・・

・・・あったぁ( ̄▽ ̄)
「島津亭のオムライス(480円)」

こちら、「ラストレシピ」という映画とのコラボ商品でして、
主演が嵐の二宮クン、他に西島秀俊、宮崎あおい、竹野内豊、綾野剛と主役級の役者が揃っていますねぇ( ̄◇ ̄;)
何でも1930年代に天皇陛下をもてなす為に作られたレシピを2000年代の天才料理人が再現する、という物語らしいですな。
監督は「コミック雑誌なんかいらない」「下着検札」「おくりびと」の滝田洋二郎、
原作者はあの「料理の鉄人」の総合演出を手がけた田中経一。河井的にはフジの深夜番組の傑作、「カノッサの屈辱」を演出なさった方として存じております。
なかなか面白そうじゃないの( ̄▽ ̄)

でもこのオムは島津亭のオムライス、だからそのレシピに載っているワケではなさそうだな。
レシピを作った方のお店で出されていたオムライスなのかも(間違っていたらごめんなさい)。

あとなんとなく「綾鷹 にごりほのか(151→129円)」を購入。
「(オムを)あたためますか?」
「お願いします」
といった遣り取りを経て店を後にし、落ち葉舞い散る公園でいただくとします。


IMG_5626.jpg

・・・オムと落ち葉って、合うなあ(^_−)−☆(酔っているのか河井
・・・朝から公園でオムってるおっさん、ミステリアスだよなあ( ̄▽ ̄)(不審なだけだ河井
とか思いつつ、

ではでは。


IMG_5627.jpg

ライスは淡くピンクがかったピラフですな・・・

って、デミグラスソース!面白いやないかい( ̄◇ ̄;)!!
ほろ苦みの効いた味わいで、酸味の後ろから甘味がひょっこり顔を出したと思いきやコクがどどんと進出、そのまま余韻へと雪崩れ込みますがコッテリとまでは感じさせないのはGOOD(^_-)-☆
つーか思ったより効いてるな、八丁味噌。
隠し味として使われているらしいのですが、全然隠れていませんよ(^_^;)
デミグラスソースに八丁味噌を効かせたというよりは、八丁味噌をデミグラスソースで薄めた感じ、
ってなんだかモヤモヤするなこの表現(*゚ー゚)>テヘヘッ

具は鶏肉、ハム、あと刻みネギかな?いや刻んだピーマンか。
あと玉ねぎとマッシュルームも入っているらしいのですが、目視出来ず。
鶏肉は最低限の入りですがハムは厚みのあるカットで存在感あり。
そして姿は見えませんが玉ねぎの風味が見た目以上に効いていますな。あと黒胡椒。
玉子はコンビニオムなりのもの。

にごりほのかは、綾鷹から濁りを取ったら・・・
ってなお味。まあほのかなにごり的なアレはありましたよ。

瞬殺。

オムにトマトを求める方は肩透かしを喰らうでしょうが、意外に楽しめましたな。
デミの隠し味に醤油を使うお店は存じておりましたが、八丁味噌も合うんだね( ̄ー ̄)ニヤリ
食べている間、コッテリと感じる事は無かったのですが、
どうやらシソの風味が使われているらしく、その効果だったのかも。

このコラボ商品、他にもチャーハンやスイーツも出ているらしいので、気になる方は是非是非(^_−)−☆
あ!期間限定なのでお早めに!!!




関連ランキング:その他 | 中河原駅



【オムの細道:335】 見落としていた鉄板オム。

府中市
11 /19 2017
府中   スパゲッティ武蔵野食堂


この日は真夏日(2017.7月のレビューです)、湿度も高い。
外に出たくないのに所用が出来てしまい、府中駅界隈にいました。
で、所用を済ませた後、何となくこちらへ足が向きました。


20177 (5)

隣にも在りますが、多摩地区を中心に展開している武蔵野茶房の系列店であります。
オープン当初に何度か訪れた事がありますな。


20177 (6)

ランチだとパスタが100円で1.5倍、200円で2倍になるというサービスがありましたっけ。
14:30訪店。

奥の隅の2人掛けテーブル席に通され、メニューを眺めます。

パスタはいずれも1000円超え、なかなかに強気な価格設定。
その中で特定のメニューがランチタイムだと安くなるシステム。


あ、

おいおい、今まで気づかなかったよ・・・


20177 (11)

府中のオムは全てリストアップしていたつもりだったのにぃ( ̄ー ̄)

暑さにげんなりしていた河井、一気にテンションが安室奈美恵withSUPER MONKEY'Sから安室奈美恵を引いた状態に。
満面の笑みで「鉄板オムライス(税込1080円)」を、
あと「アイスコーヒー(価格失念)」をオーダーして店内を見渡します。


20177 (12)

ムーディーな洋楽が適度な音量で流れる店内はモダンな印象。
オープン当初の新店っぽさは当然ながら失われていますが、よく手入れされた印象で清潔感あり。


20177 (13)

客は半分ほどの入りで、客層は落ち着いた感じ。


20177 (14)

8分でオム竣工。
ほっほ、ジュウジュウ言うとりますな( ̄ー ̄)


20177 (16)

「鉄板お熱いのでお気をつけ下さいませ」
「ぁぃ」
という遣り取りを経て、

ではでは。


20177 (15)

ライスはパラッパラのチキンライスで酸味は控えめの甘旨味メインなお味。
具はグリーンピース、鶏肉、あとは人参が刻み入れられていますね。
玉ねぎは見えませんがそんな風味は感じます。


20177 (17)

鶏肉は少ないので印象は薄く、むしろグリーンピースが結構入っているな。
しかし柔らかめな食感、硬めが好みなのでちと残念。

デミグラスソースはほろ苦みの効いたオトナの味わい。

玉子は薄焼きでリバースされたもので外側はとろっとした火の通り。
玉子の風味なかなかにあり、デミグラスソースとの相性もいいね(^_−)−☆
後半はちょいオイリーに感じつつ、
淡々と完食。

少なそうに見えたのですが標高が高い分、そこそこにボリュームありましたね。
ライスの具や味付けに少し物足りなさを感じたものの、中盤までの味の構成はなかなかにバランスの取れたオムでした。
まあ、ちょいお高めですがね(^_^;)


20177 (18)

アイスコーヒーは苦味強め、量は少なめ。
ちびりちびりといただきました。

接客は良し。
食後に頼んだアイスコーヒーは食後間をおかず出てきましたし、ホールがよく見えている印象。
そしてお姉さんの笑顔が素敵でしたヽ(´▽`)/

お会計は1080円・・・あれ?
「あのー、コーヒーがお代に含まれていないかと・・・」
「あ、こちらはサービスとなっておりますので」
「ヽ(´▽`)/」

ランチサービス、なのかな?
とまれ、ありがたや。
因みにランチタイムは17時まで。
レイトランチに対応していただけるのは嬉しいね。

お姉さんの素敵な笑顔に見送られて店を出れば

暑苦しく生温い空気が河井をぬらりと包み込みます・・・

あぢぃ(T ^ T)
汗だくになる前にドトールへ退避しましたが、家に着く頃には結局汗ダルマになっていた、暑がりには自信のある河井なのでした。




関連ランキング:パスタ | 府中駅府中競馬正門前駅府中本町駅


浅草観光の休憩利用に適している、のかも。

台東区
11 /19 2017
浅草   ラ・プラージュ


2017浅草 (59)

ポプラを見つけたその先にこちらが見えました。
15:55訪店。

いらっしゃいませ、無し。つーか店員さんが居ない(^_^;)
中程のテーブル席に座り・・・

ぼんやり。


2017浅草 (64)

店内は年季も感じますが、モダンですなぁ。
アーチ状の天井がいい感じ。
カウンター席は無くテーブル席のみで、客は半分の入り。
常連っぽい年配のソロ客も見えますが、場所柄か観光中のご夫婦や外国人のグループ客も見えます。


2017浅草 (63)

3分後、
バタバタとお兄さんが入店してきて奥に消え、しばらくして注文を取りに来ました。
「アイスコーヒー(500円)」をオーダー。

2分で竣工。


2017浅草 (62)

酸味強めなお味。
甘味のようなカカオのような風味があって、余韻の長い一杯ですな。
ボリュームはそこそこ。

BGMはジャネット・ケイ。懐かしい(^_^;)
と、いつの間にか満席になっていました!!観光客を巧く掴んでいますなぁ。


2017浅草 (60)

接客はバタバタ。選挙活動?に気もそぞろ、といった具合でこちらが心配になるくらい。
因みにどうやら2階もある様で、2階は禁煙、1階は喫煙の様です悪しからず。
あと外国人観光客たちが勝手にコンセントを使っていましたが、使っていいのかどうかは不明です。
店員さんに聞いてからお使い下さいませ。


2017浅草 (65)




関連ランキング:喫茶店 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅



もっとポピュラーになって欲しいポプラ。

台東区
11 /19 2017
浅草   ポプラ 新浅草店


オム連食したあと、本来の目的である招待状を使ってカバンなどの展示会へ向かいました。

確かにかなりお安い( ̄ー ̄)
買うつもりだったビジネスバッグと買う気の無かったスポーツバッグを買って・・・

さて、どこかでコーヒーでもいただこうか( ̄ー ̄)ニヤリ
んー、どこにしようか・・・

と彷徨っていますと・・・あら、ポプラじゃありませんか!
サークルKもサンクスも消え、セーブオンも風前の灯。
大手がどんどん中小を吸収していく昨今、
そんな中で気を吐いているのがスリーエフとセイコーマート、そしてポプラ。
ポプラは主に中国地方を中心に関東・北陸・近畿・九州に店舗展開しているコンビニチェーンであります。
元々は、広島市中区流川にあった小さな酒類卸商がそのルーツ。
昭和49(1974)年にコンビニ業態に変更し、主に酒屋を中心に傘下に収めて全国へ展開しています。
因みに社名・店名の由来は、植物の「ポプラ」と「ポピュラー (popular)」を掛け合わせたもの。
15:50訪店。

オム、オム・・・・・無いかあ(T ^ T)
ミニストップといいセーブオンといいポプラといい、
どうもコンビニのオムに縁がないなぁ( -_-)
仕方がない、何か変わったものは無いか・・・

で、河井のチョイスは「寿司おむすび かにカママヨ(128円)」。

接客は機械的ながら丁寧。
家に帰ってからいただきました。


2017浅草 (68)

ではでは。


2017浅草 (69)

うん、かにカマがちゃんと主役ですな。
ご飯は酢飯で酢の効きはやや控えめ。
故に混ぜ込まれた胡麻の風味が立っていますな。
マヨは少量で脇に徹し、たっぷり使われたかにカマを支えます。
錦糸玉子は彩り程度の存在感。
3.5口で瞬殺。

うん、意外に悪くなかった(゚- ゚ )
メインも脇もちゃんと主張している、メリハリのある一品でありました。


つづく。




関連ランキング:その他 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅


オムの細道:334】 浅草の老舗で名物ヒレのっけオム。

台東区
11 /19 2017
浅草   浅草うまいもん あづま


ステーキハウス のぶでオムったあと、一度訪れてみたかった浅草地下街へ・・・・っははは(^_^;)


2017浅草 (19)


2017浅草 (22)


2017浅草 (23)

うっっわああぁぁぁ・・・


2017浅草 (25)


2017浅草 (26)


すごい・・・これは、すごい(^_^;)


2017浅草 (28)

河井が生まれる前のリアルな昭和、ってな風情、いとをかし。


2017浅草 (30)

狙った焼きそば屋は閉まってるか・・・
モンティは満席だ・・・
ベトナム料理屋もやっていないな┐(´д`)┌ マイッタネ
・・・撤退。



軽く浅草寺を冷やかしつつ空転する我が胃袋。
前回訪れた時も感じたけれど、この界隈、日本人より外国人の方が多いよなぁ。
んでもって外国人観光客に釣られて日本人の観光客も増えているんじゃないかな。
20年以上も前、既に元気ではなかった母と2人で訪れた浅草は・・・
閑散としていて空気も濁っていた記憶が残っています。
今では、あの頃鄙びていた路地にも人が溢れていて、多分お店も増えたんじゃないかな。


2017浅草 (40)

なあんて彷徨った挙句、こちらへ。


2017浅草 (42)

オム連食になってしまうけれど、目当ての店に振られ続けたから仕方無いよね(^_^;)
14:15訪店。

ほぼ満席だ・・・
辛うじて2人掛けテーブル席に座り、メニューをチラ見して確認、ヨーソローヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
「ヒレのっけオムライス(1150円?)」をオーダーして店内を見渡します。


2017浅草 (44)


2017浅草 (43)

改装されているのでしょう、旧さを感じさせない内観ですが、どこか老舗の風格の様なものも感じますな。
こちらは創業が昭和28(1953)年。ですが戦前から営業していた、ともいいます。

席の間隔は窮屈ですな、この辺りに老舗のh(ry

BGMは琴が奏でるH2Oの「思い出がいっぱい」。
これ、琴で演奏する意味あるのかな・・・
なんて思っているところに、


2017浅草 (45)

7分でオム竣工。
「のっけ」というよりはトッピングですな。
オムにはヒレカツが2枚添えられ、デミグラスソースが手前に向かって掛けられているのは洋食屋としての矜持の現れでしょうか。
これにサラダと味噌汁が付きます。

ではでは。


2017浅草 (47)

先ずはサラダから。
ボリュームはミニながら使われている品目は多いですな。こういうの、嬉しい( ̄ー ̄)ニヤリ
和風ドレッシングでさっぱりいただけました。


2017浅草 (46)

さて、オムだ。
ライスはパラっとした仕上がりのケチャップライスでケチャップの酸味は薄くあっさり。
旨味も感じますがこれも控えめで、総じて薄味な印象。


2017浅草 (49)

具はベーコンかな?それと玉ねぎ、マッシュルームでそれぞれ少なめ。
デミソースは塩気やや強めながら酸味とコク旨味が強く出たもの。これがライスの足りない部分を補完してくれます。
玉子はリバースのふわとろで適度な厚みあり。
ふわとろというよりふわぷるかな、優しい弾力を愉しめますな。
で、ヒレカツはスプーンで切れる柔らかさで厚みも充分。
衣は細かく軽い食感で、前もってソースが掛かっています。
ライスがあっさりめの味付けなのでヒレカツを堪能する余地がありますな。

2017浅草 (48)

・・・あ、満腹中枢が作動し始めた(^_^;)
1軒目から時間が経ってしまったからなあ・・・
とは言え苦しく感じる事もなく、淡々と完食。

ボリュームは多くは無いですが、
お高め、という先入観がありましたが、そーでもないですな。
ヒレカツが2枚付いてサラダと味噌汁付きならばまあ妥当かなあ。
税込価格なのも嬉しい配慮。
接客はお姉さんの笑顔が素敵でしたヽ(´▽`)/
水の継ぎ足しもソツなくこなしていただけましたし。

河井が帰る頃には待ちが10人くらい出来ていました・・・
まぁ立地抜群、とはいえ人気ありますなぁ!!


つづく。




関連ランキング:懐石・会席料理 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅


【オムの細道:333】 前門の牛、後門の牛、なオム。

台東区
11 /19 2017
浅草   ステーキハウス のぶ


2017浅草 (1)

今日は所用で急遽浅草。
生温くジメジメした天気の中、向かいました。

急遽、ではありましたがしかし、下調べは日々、蓄積されていたのであります( ̄ー ̄)ニヤリ
自分で自分を褒めてあげたいヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー


2017浅草 (5)

で、鼻息荒く満を持して向かったぼたんは閉まっていた( -_-)
序盤からつまづくとはな・・・
まぁまだ候補はたんまりとあるがな(`・ω・´)キリッ


2017浅草 (4)

伝法院通りへ入り第二候補のお店へ・・・


2017浅草 (8)

おお( ̄ー ̄)ニヤリ


2017浅草 (9)

・・・オムだ( ̄ー ̄)ニヤリ
ぷっくりと膨らんだオムのディスプレイにお出迎えいただきました。
勇躍、13:20訪店。

あら、客無し。
入口寄りのカウンター席に座り、メニューを一瞥。
「特製オムライス(980円)」をオーダーすると、


2017浅草 (11)

直ぐに味噌汁竣工。
しかしそれには手を付けず、冷たい麦茶で涼をいただきつつ店内を見渡します。

年季の入った店内はL字カウンター席のみ、こじんまりした印象。
カウンター内の厨房には鉄板焼きに用いる鉄板がでーんとあります。
こちら、店名通り「ステーキハウス」なのですよ。でもオムもまた人気なのだとか。
ニヤニヤしつつ待ち、


2017浅草 (13)

5分でオム竣工。
スプーンは直接手渡し。
やや小ぶりに見える紡錘形のオムには左にケチャがジグザグ掛かり、
右にはデミソースが掛かるWソースの構え。
んでもってね、これにお新香が付いて来るんだな( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。

ソースはデミグラスってよりはハヤシみたいな酸味だな。
実に肉肉しいコクのあるハヤシなお味、いいじゃないの( ̄ー ̄)ニヤリ


2017浅草 (14)

ライスはケチャップの風味強めの味付け。炊き上がりがもちゃっとしていたのがちょい残念かな。
具はマッシュルームと牛肉。
つまりはチキンライスでもポークライスでもなく、ビーフライスって事になりますな( ̄ー ̄)ニヤリ


2017浅草 (16)

しかも牛肉はたっぷり使われていて柔らかいんだよねぇヽ(´▽`)/

玉子は薄焼きでややハードな焼き上がり。
白身と黄身の色ムラはあるものの適度な厚みはあり、かろうじて存在感はありました。


2017浅草 (15)

お新香は・・・椎茸!??ほえー(@_@)
お新香というか煮付けというか・・・面白いお味。


2017浅草 (17)

味噌汁は不思議な風味だなと思っていたらなんと牛肉入りだ(^_^;)
つまりはビーフエキスが効いているのか、これも面白い( ̄ー ̄)
勢いのままに瞬殺。


ボリュームはやや少なめ。
ステーキハウスとしての顔が見て取れる「牛に始まり牛に終わるオム」、堪能させていただきました<(_ _)>
もーちょいライスが含む水気が少なくて、もーちょいデミ?の掛かりが多かったら、
もっとバランスの良いお味になっていた様な気がしますな。

河井がオムっている間に開け放たれたドアから若い女子のグループやアジア系観光客の家族連れなど続々と入ってきて、
食べ終わる頃には満席になりました。
きっと河井の食べっぷりが客を呼び込んだのでしょう(^_−)−☆

嶋田久作似の店主は終始飄々。
アジア系観光客に英語でコミュニケートしてらっしゃいました。流石は浅草( ̄ー ̄)ニヤリ


2017浅草 (10)

牛オムを堪能した河井、さて・・・

んだば牛に揺られて浅草寺参りと洒落込みますか( ̄ー ̄)ニヤリ(所用はどうした)


つづく。




関連ランキング:ステーキ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅


具沢山って、幸せだ。

小平市
11 /19 2017
青梅街道   満福楼 青梅街道店


以前唐園だったところに新小平駅前に在る満腹楼の系列店が出来た事は、
パドルグラムさんやくろのおやじさんのレビューで存じておりました。


20177 (82)

で、仕事帰りに狙ってみたのであります。
18:30訪店。

うら若き中華系のお姉さま方が「いらっしゃいませー」。
奥の4人掛けテーブル席へ通されたので恐縮しつつ座り、メニューを眺めます。

チェーン店のかと見まがうほどメニューが作り込まれていますなあ。
いいラミネーター使ってるなあ( ̄ー ̄)
とか思いつつ、かなり悩む・・・
一品料理の飯ものにしようと決めてはいたのですが、麻婆か中華丼か・・・


で、
河井がチョイスしたのは「五目あんかけ焼きそば(750円)」。
・・・まあ、ままあります、こういう事(^_−)−☆

改装してまだ間もない店内は、以前のお店より仕切りが多くなりましたね。
グループ客は使いやすいかも。
客は7割くらいの入りかな、呑み利用の方が多いみたいでなかなか賑やかです。


20177 (94)

5分で竣工。
茶色味を帯びた餡が掛かった焼きそばが大きめの平皿の上に鎮座ましまします。
ボリュームは結構ありそうですな( ̄ー ̄)

ではでは。


20177 (95)


20177 (97)

麺はこういうお店でよく出会うウェーブがかった黄色い中細麺で、茹で上がりは柔め。
味付けはコッテリっちゃあコッテリだけれども、そんなにオイリーじゃないですな。
焦げはパリッとしていてgoodヽ(´▽`)/

具はキャベツ、筍、豚肉、人参、白菜、マッシュルーム、キクラゲ、ヤングコーン、小松菜?
あとは海老とウズラの卵、イカが各1。
いやはや、具沢山で大いに宜しヽ(´▽`)/
イカはボイルしてあるのかな、柔らかい。
白菜もキャベツもしっかり火が通されていますね。
んで小松菜?はシャキシャキ。
傍の辛子は微量、残念。


20177 (96)

っと、どんどん混んできた・・・
祝日だからか家族連れが多いな。
淀みなく完食。

ボリュームはまあまあありました。大盛りならばなかなか楽しませてくれそう( ̄ー ̄)

接客は初々しいもの。
そこに良さを見いだせる方ならば更に愉しめる事でしょう(^_−)−☆

なお、まだオープンして間もないのでサービスの評価は控え、
若干甘めの評価である事、ご了承くださいませ。




関連ランキング:中華料理 | 青梅街道駅新小平駅一橋学園駅


風情満点の門前煎餅屋さん。

大田区
11 /19 2017
池上   花見煎餅 吾妻屋


こちら、UP忘れていました(*゚ー゚)>テヘヘッ


2017戸越銀座 (114)

池上本門寺を堪能した一行、小径で道草を食みつつ参道を通り池上駅へ、
向かう途中、味のある商店街に出会いました。

いやあ、いいねぇ( ̄ー ̄)
往時の門前の賑わいを感じさせる通りや小径。
まあ、今でもお会式(こちらの場合は日蓮の命日に合わせて行われる法要のこと)の時は大いに賑わうのでしょうけれど。


2017戸越銀座 (123)

こちらで従姉妹達がお土産を買うとの事で従います。

店主は軽妙かつ手厚い応対。
河井もおすそ分け、いただきました<(_ _)>

ではでは。


2017戸越銀座 (125)

表面に抹茶がコーティングされていますな。
うむ、抹茶の風味、濃厚なりヽ(´▽`)/


2017戸越銀座 (124)

抹茶の味と醤油の香ばしさが・・・煎餅をお茶請けに抹茶飲んでるみたいな錯覚をもたらします。
しかしこれ、お茶を飲みながらいただくとお茶がダブってしまうよな。
紅茶だと紅茶飲んでるんだか抹茶飲んでるんだかわからなくなりそうだし、うーん・・・

・・・コーヒーが正答だろうか?
とかボンヤリ考えつつ、
駅に着く前に瞬殺。
駅で2人と別れ、帰途に就きます。


・・・つづく( ̄ー ̄)ニヤリ




関連ランキング:せんべい | 池上駅



【オムの細道:332】 五郎丸も食べた?早大ラグビー部員考案のオム。

杉並区
11 /19 2017
上井草   アオヤギ



仕事帰り。
つい、家路とは逆方向の電車に乗った。
ここんとこ何かと忙しい。
心に余裕が無い。
こんな時は、オムるに限る。
車内で食べログを開いてBMリストをチェック・・・あ、
上井草で降りてみよう( ̄ー ̄)

ア・ストラーザにはちと遅い時間帯・・・
さてさて、ドンマイか、アオヤギか・・・


20176 (116)


20176 (117)

悩んだ末にこちらへ向かいました。
20:30訪店。

おお、開放感のある真新しい内観。
昭和39(1964)年創業の老舗だと聞いていたけれど改装したみたいですな。
中程のテーブル席に座るとおばちゃんがニコニコしながら水とメニューを持って来ました。


20176 (120)

・・・あった( ̄ー ̄)
あら、3種類あるな・・・ノーマルなオムとチーズ焼きオム、そしてオムカツカレー
こちらのお店は早稲田大学ラグビー部と縁深いらしく、オムカツカレーは早大のラグビー部員が考案したらしい。


20176 (122)

ネタとしてはアリだが、お高いなあ(^_^;)
んー、でも・・・

こんな夜は・・・


冒険したい(`・ω・´)キリッ

高らかに「オムカツカレー(1640円)」をオーダーするとおばちゃん、
とっても嬉しそうに「ありがとうございます!」
ま、まぁ、そういうリアクションをされると、悪い気はしませんなヽ(´▽`)/
という訳で、清々しく店内を見渡します。


20176 (126)


20176 (127)

壁には漫画家さんやイラストレーターのサインが掛けられております。


20176 (128)

おや、実写版銀魂の映画ポスターまで貼り出されておりますよ!?
流石はアニメの街、上井草だ( ̄ー ̄)


20176 (125)

客は半分くらいの入り。
近所のママ友や落ち着いた感じのお一人様男女といった客層。
食事ではなく喫茶利用の方も居ますね。


20176 (124)


20176 (129)

9分で竣工。
カツ、なかなかデカいな(^_−)−☆

ではでは。

しまった!白飯か( ̄◇ ̄;)
白飯だとこれ、オムレツ乗っけカツカレーだからオムじゃない・・・いや、


20176 (132)

違う、ピラフだぁ(*´ー`*)
人参や鶏肉?の細切れが入ったバターライスみたいなお味。


20176 (130)

カレーはビーフカレーですな。
マイルドなコク押しタイプで辛さは控えめ。


20176 (133)

カツは揚げたて。
衣は厚めでカリッとした食感が愉しいヽ(´▽`)/
ラードの旨味がガッツリ効いておりますよ(^_−)−☆
玉子はふわふわな仕上がりで、添えられたサラダと共にコッテリしたカツ&ライスを中和してくれますな。


20176 (131)

サラダはキャベ千とトマト、胡瓜。
キャベ千は塩で水抜きされていますね。その一手間が嬉しい。
完食。

ボリュームはそこそこ。
ライス量は普通ながらカツのボリュームは結構あったかな。
まあ、ちょいお高いけれどもね(^_^;)

接客はおばちゃん、お見事。
もうこれはスキルとかじゃなくて人柄じゃないだろうか。
故に居心地は良かったです。




関連ランキング:洋食 | 上井草駅井荻駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ