次元が違うランチビュッフェ。

江東区
03 /21 2017
国際展示場   ニルヴァナム


スクーリング2日目の昼休憩。
弾かれた様に会場を飛び出した河井、こちらへ向かいました。
11:30訪店。

笑顔が素敵な南インド系のお兄さんに右手前のテーブル席に通され座、
らずに、いそいそと奥へ。

食べログ5 (137)

いつもは連食を生業としている河井、久々のビュッフェ(1200円)だ。
腕が鳴るぜ!( ̄ー ̄)ニヤリ
喉も鳴るぜ?ヽ(´▽`)/
胃袋も鳴るぜぇぇ!!ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

ほっほう、カレーが5種もありますよ!!
全部・・・全部喰らったるぜええアヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ(  ゚)ヒャヒャ(  )ヒャヒャ(゚  )ヒャヒャ(∀゚ )ヒャ

・・・

・・・・・


サンバルとマトンカレー

ベジタブルカレーとキチンカレー

ダルカレーとマトンカレー

と3回戦、主にライスでいただきました。
写真は撮り忘れました・・・
気付いた時には皿が汚れてしまっていて・・・・・
まあ、それだけガッついていたという訳です、ハイ(*゚ー゚)>テヘヘッ

5種類のカレーはそれぞれに特徴があって飽きさせませんでしたね。
中でもマトンとチキンが美味しかった。
トマトベースのマトン、ココナッツベースのチキン。どちらも肉がゴロゴロ入っていました。

食べログ5 (138)

特にマトンは大きめな塊がゴロゴロ入っていて、食感も柔らかく心地よい弾力、美味し。

食べログ5 (136)

ナンはニコニコしたお兄さんが「おかわりもできますよ」と、置いていって下さいました。
ならば残す訳にはいかん(`・ω・´)

ナンは小振りなのが4、5枚。
フカフカじゃなくモチっとしていて軽くギーが香ります。
もちろん平らげました。

カレーはどれもそんなに辛くない、でもスパイシー。
カレーの脇に「辛いソース」と書かれた壺が置かれていたので、それで辛味を各自足す趣向みたいですな。
河井は足さなかったので辛さは不明です(色々試してみる心のゆとりがなかったのです(^_^;))。
各自自己責任でお試し下さいませ。
ライスはジーラライスで炊き上がり良し。
満足の完食。

ドリンクは別会計にしてもこれで1200円ってちょっと信じられないクオリティ。
サラダ類は最低限だけれど、このクオリティのカレーが5種も!!
もう街のインドカレー屋でカレー食べられないよ・・・だって次元が違うんだもん(゚- ゚ )

ただ、ライスもカレーも作りたてだったから、
ってのもあるだろうから、レイト利用だとどうなのかは分かりません悪しからず。

いやー、満腹なりぃヽ(´▽`)/
つかこれから試験なんだが何満たされてんだ(*゚ー゚)>テヘヘッ

接客は愛想良し。
国際展示場を訪れた際にはここ、外せませんよ(^_−)−☆




関連ランキング:インドカレー | 国際展示場駅国際展示場正門駅有明駅



スポンサーサイト

JEF-B系TGS。

江東区
03 /20 2017
国際展示場   あずみ


スクーリング1日目、終了。
心地良い疲れを身に纏い外へ出れば、寒っ!(◎_◎;)
浜風か?めっちゃ風強いんですけど((((;゚Д゚)))))))
コートの襟を立てて足早に国際展示場駅へ向かい、予定通りこちらへ吸い込まれるとしませうか。

食べログ5 (119)

食べログ5 (120)

こちらはカフェのBECK’Sでお馴染みのJEF-B系列のTGS。
ここの系列のTGS、初めてだな( ̄ー ̄)ニヤリ

店外にある券売機で「カレーセット(550円)」の食券を購入して、
18:00訪店。

食券置き場に食券を置いて「蕎麦」をコールしてセルフの水を汲み、
出口近くの対面カウンター席に座って水をグイッと・・・温いぜ(^_^;)
チビっと飲んで店内を見渡します。

椅子のあるTGSですな。清潔感はありますね。
客は半分くらいの入りで男性ばかり。
でも照明も明るいし、女性でも入りやすいと思いますよ。

2分で竣工。そそくさと受け取りに行きます。
カウンターには箸置きなどは無いので、この時に箸とスプーンをゲットしておくのをお忘れなく(^_−)−☆

食べログ5 (121)

カレー、少ないな・・・

ではでは。

食べログ5 (123)

蕎麦はフガフガ麺ではないけれど、茹ではやや柔らかめか。

食べログ5 (124)

コシはそこそこにあり、ツルツルといただきます。冷凍麺かな?
つゆは酸味少し強めで。醤油の色味はやや薄く、旨味押し。くどくはない塩梅。
具はたっぷりの揚げ玉と刻み葱。
揚げ玉は養殖物ですぐにふやけます。浸して油分を楽しむタイプですな。
瞬殺。

食べログ5 (122)

とろみあるカレーは出汁で伸ばしたマイルドなものながらスパイシーさも感じますね。
具は豚肉くらいしか見えませんが、とろんとろんな仕上がりでそこそこ入っていますよ(^_−)−☆
ご飯の炊き上がりも硬めで良し。
こちらも瞬殺。

接客は明るくソツなし。
ボリュームはやや少なめかな?なのでCP的な妙味はあまり感じませんが、さっと入ってさっと食べる使い方ならアリかもしれません。

さて、、、帰宅ラッシュ、かぁ・・・・・気が重いなぁ( ´_ゝ`)
予想通り、車両にぎゅうぎゅうに詰め込まれながら家路についた河井なのでした。


つづく。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 国際展示場駅有明駅国際展示場正門駅



【オムの細道:298】 メキシコでカニオム。

江東区
03 /18 2017
国際展示場   シーフードレストラン メヒコ


食べログ5 (98)

この日はスクーリングと試験。
顔を強張らせつつ国際展示場駅に降り立ちました河井です(o´・ω・`o)ノ コンニチワ
あー、緊張するわぁ・・・

食べログ5 (99)

うむ、先ずはこの緊張を解さねば!!(゚Д゚)ノ ァィ
駅を出て、矢のようにワシントンホテルへ。

食べログ5 (100)

そこの2階にレストラン街があって、その一角にこちらが在りました。

食べログ5 (101)

以前からBMしていたのですが、なかなかここまで出張る機会が無くて・・・
いやあ、ラッキーでしたね(^_−)−☆(何しに来たんだ河井
11:15訪店。

ソンブレロにポンチョ、右手にバンジョー装備、
ではなく、
白シャツに黒ベストをビシッと着こなしたお兄さんが慇懃に「いらっしゃいませ」。
「今日は全席禁煙ですが」
「ウィ」
ん?つまり喫煙な時もある、って事かな!?

「窓辺の席でも水槽の前の席でもどちらでも」
と仰られるので
「じゃ、水槽で」

巨大な水槽と向かい合って座り、メニューを。
確か以前は「ふわふわカニオムライス」という名称だったと記憶しておりましたが、
名前が変わったのか河井お得意の記憶違いなのかは分かりません。
いやあ、在って良かったぁヽ(´▽`)/

食べログ5 (104)

「カニピラフのオムライス(1180円)」、
これに「スープサラダセット(190円)」を付けてオーダー。
こちら、有明店限定!しかも平日ランチ限定というレア度(^_−)−☆
やせいのギャラドスをゲットした様な心地で店内を、
あいや水槽を眺めます。

食べログ5 (106)

水槽ゾーンには誰もおらず、河井の独り占め。

食べログ5 (109)

へえ、結構色んな魚が居るなあ・・・ま、名前はさっぱり判りませんが(^_^;)
魚たちと目を合わせたり合わせなかったりしつつ、
後ろを向いて・・・・・突然振り向いてみたり!!しつつ、

食べログ5 (107)

少し挙動不審な動きをしていたところに、

食べログ5 (110)

スープとサラダ竣工。店員のお姉さんに見られたかもしれない、お恥ずかしい(^_^;)

食べログ5 (111)

程良い旨味のスープはカニの出汁?そんな様な旨味がしますな。
生のオニオンスライスがほんの少し浮かんでいますが臭み消しの役目かな?
スープの量は多いですね(^_−)−☆

食べログ5 (112)

サラダはレタスメインのシンプルなもので、サッパリしたドレッシングが上掛かり。
ややパサつくものの、量はそれなりにあります。
まあ190円でこれだけ付くならば損ではないか。

先客は見えませんでしたがグループ客が居るらしく少しバタバタしていますな。
それ故か、ちょいと時間が掛かりました。

BGMはラテン。恐らくメヒコ故に。

食べログ5 (113)

14分でオム竣工。
平たく盛られたライスの上に厚みがありそうな玉子が乗っておりますな。
オム上には白とオレンジのソースが掛かり、カニ足の剥き身が乗っかっていますぜ( ̄ー ̄)

ではでは。

食べログ5 (115)

ライスはこちらの名物、カニピラフですな。
むふふ、カニの風味、豊潤なり。
炊き上がりはやや硬めで丁度良し。
玉子は厚みあるリバースのふわぷるで、玉子の弾力を愉しめる具合に仕上がっています。
ソースはベシャメルとアメリケーヌソース?かな?もしかするとカニリケーヌソースなのかも(そんな言葉はありませんが

食べログ5 (116)

うむ、総じてベシャメルのコクとカニの旨味押しな塩梅ですな。
全方位カニ配備。
どこからどう食べてもカニの風味が勢いよくコンニチハする展開だ。
カニ好きには悶えに悶える展開でしょうが、河井は後半やや飽きが来ました(^_^;)
まあカニに飽きる、ってかなり幸せな事かもしれませんが。
瞬殺。

ボリュームはやや少なめ。河井には連食向きでしたが、個人差はあります悪しからず。
接客はちょいユル。
ま、時間が時間でしたから、この後徐々にエンジンが掛かっていくのでしょうな。

食べログ5 (117)

さて、河井もエンジン掛けるか(`・ω・´)
潮風吹き荒ぶ中、鼻息荒く会場へ向かう河井なのでした。




関連ランキング:シーフード | 国際展示場駅国際展示場正門駅有明駅



門仲を彩る、昭和純喫茶。

江東区
08 /11 2016
門前仲町  カフェ東亜サプライ


[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/56239607/,深川不動前けやき弥]で購入した深川めしおにぎりを頬張りながら帰途に就いたのですが、
門前仲町の駅前、横断歩道の向こうにこちらが見えたのです。

IMG_6228.jpg

おおおお、何だか良さげだなあ・・・
純喫茶の匂いぷんぷんに匂いますぜ(・_☆) キュピーン!!
横断歩道を渡り入口の前に立つと、

IMG_6236.jpg

これまた狭い入口だな。
ドアを開けるとこれまた狭い階段だ。

IMG_6235.jpg

ワクワクしながら上がると、
期待以上の内観だヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
16:30訪店。

昭和臭がとめどなく溢れ出している様な店内は、意外と広い。
でも解放感とかは無いな。
ごちゃっとしていながら無理なく詰まっていると言うか・・・
そして、賑やか。
河井を出迎えたのは店員のお姉さんと、健康的な喧騒だ。
客が放つエネルギーに満ちている様な印象、悪くない。

歩き疲れた河井、メニューを見る事も無く「[b:アイスコーヒー](?円)」をオーダーして店内を見渡します。

テーブルは銅張りかな?
純喫茶には銅がよく似合うな(^_-)-☆

客は8割の入り。
地元民っぽい老若男女が入り乱れ、サラリーマンがPCに向かい合っていたり、寝ていたり。

IMG_6230.jpg

電車の中で泣く子供の声が気になること、たまにあるのですが、
あれって昔より今の方が五月蝿い、って訳でもないんだろうなって思うのですよ。
昔と今とに違いがあるとするながら、それはマスキング効果の違いじゃなかろうか?
昔の電車(あるいは列車)は今より走行音がうるさかったし、
それに皆今よりもおしゃべりだった様に思うのですよ。
隣に座った見知らぬ人に話しかけるおばあちゃん、
なんて都会じゃ絶滅危惧種だもんな(^^;)
みんなスマホに没頭しているから、むしろ嫌がられるだろうしね。
また、窓が開いている事も多かったから反響しにくかった、ってのもあるかもしれないな。
そんな考えに思い至る、
そんな状況。
こういう喧騒に身を委ねるのは、むしろ心地好い。

3分で竣工。
色味やや薄めに見えますな。

IMG_6231.jpg

ではでは。

おお、酸味強い!
でもってサッパリしてるなぁ。
ここまで雑味が無いのは初めて出会ったかもしれない。
甘味に苦味が軽くちょっかいを出しつつ余韻を形成します。
レシートに裏には「ユニーク」と書かれていましたが、確かにユニークかもしれないな、

とまで言い切れるほど、コーヒーの経験値は高くありませんが(^_^;)

ゆっくり食べログの下書きを整理しつつ、時間を愉しみました。

って、
あら、

レビューを見てたらオムがあるじゃないかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
うーん、もう入らないな(*゚ー゚)>テヘヘッ

お会計は400円。
これで400円ならば悪くないね。

こちら、分煙とはいえ分煙ではない環境故のこの評価点なのかな。
河井にとってこの雰囲気は、楽しいものでした。

前述の通り、タバコの煙が苦手な方にはオススメしにくいのが残念ですが、
駅から近いしアイスコーヒーもお手頃価格だし、
一度は入ってみて良いお店だと思いますよ


おしまい。





関連ランキング:コーヒー専門店 | 門前仲町駅越中島駅


手軽に深川めし(変化球だけどね)。

江東区
08 /11 2016
門前仲町  深川不動前けやき弥


エスポワールで涼んでいた時に気付いてしまったのです。

あ、まだ深川を味わっていないじゃないかΣ(°д°lll)ガーン
って。

・・・まだ、入るな(゚- ゚ )

IMG_6178.jpg

で、また深川不動の門前まで戻ります。
16:20訪店。

ショーケースに陳列されたおにぎりは残り少なくなっていましたが、狙っていたおにぎりを発見(´・Д・)」
笑顔が素敵なおねいさんに
「[b:深川めし](180円)」
「[b:あごたく](170円)」
をコール。

駅へと向かう路地を歩きながらいただきます。

ではでは。

IMG_6227.jpg

取り出しましたは深川めし。
これを食べとかないといかんだろ、って思いましてね(^ー゚)ノ
深川めしは貝類(主にアサリですが以前はアオヤギが主流だったようです)とネギなどの野菜を煮てご飯にぶっ掛けたり、または炊き込んだものであります。
貝が獲れる漁師町ではポピュラーな料理ながら、深川が有名だったためにこの呼称が広まった様ですな。
他の地域ではアサリ飯と呼ぶ事もあるそうです。

あんむ、っと頬張ると、品の良い旨味が口内を浸潤します。
アサリの風味も感じますが、どちらかと言えばあご出汁の風味がメインだな。
これに生姜がサッパリと効き、軽く酢も効いていて、
そして牛蒡の食感と風味がナイスアシストだヽ(´▽`)/
勢いのままに3.5口で完食。

IMG_6237.jpg

あごたくは家に帰ってからいただきました。
ちょっと潰れちまいましたが(^_^;)
お、うんま!
沢庵が出しゃばり過ぎない塩梅で、やはりあご出汁の甘い旨味がじんわりと。
ご飯はふうわりしていますが柔かいとまではいかない炊き上がり。
時間が経ってしっとり感が増したのかな。河井にとってはウェルカムな変化。
3.5口で完食。

どちらのおにぎりも、主役はあご出汁に思えましたね。
こちら、実はあご出汁の専門店。
だからか、あご出汁の存在を際立たせたおにぎり、って感じました。
なので、ちょいと変化球な深川めしですが、
手軽にいただけるのは嬉しいですね。


で、もーちょいつづく。




関連ランキング:おにぎり | 門前仲町駅越中島駅木場駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ