酒まんじゅう+鮭。

上野原市
01 /15 2018
上野原   高嶋屋酒饅頭店


一福食堂でちょい呑みしたあと、上野原駅へ。

ホームで電車を待っている間にいただくとするか( ̄ー ̄)ニヤリ
とカバンから取りい出しましたるは、酒まんじゅうならぬ鮭まんじゅう、


2017上野原 (216)

じゃなくて、「魚まん」。


2017上野原 (138)

実は[a:19009708,和ぃ寿うどんでぶっかけうどんとせいだのたまじをいただいたあと、
こちらのお店の前を通り過ぎ・・・る事が出来ず、立ち止まりまして。


2017上野原 (137)

酒まんじゅう、80円か・・・
ラインナップは餡子、味噌、魚・・・


魚・・・・


・・・・・魚!??
13:30訪店。

おやっさんににこやかに「いらっしゃい!」とお出迎えいただきました。
「魚、って何ですか」
と聞いてみると、どうやら鮭が入っているらしい。
面白そうだ( ̄ー ̄)ニヤリ
魚まん(80円)」をオーダー。

すぐに竣工。
ん〜、冷めているか。
ならば今の腹具合で直ぐにいただく事もないな。

で、そのタイミングがやってきたのであります。

ではでは。

独特の香りは高城まんじゅう店でいただいたものと同じだけれども、冷めている分弱いかな。

あんむ、っと齧り付くと、ほおおお( ̄ー ̄)ニヤリ


2017上野原 (217)


まんま、鮭だ。
塩鮭が持つ塩気が酒まんじゅうに丁度いいね、これ!


2017上野原 (218)

めっちゃシンプルな味わいながら、意外にもハマってるわヽ(´▽`)/
瞬殺。

これ、温かかったらまた感想が違っているかもしれないな。
魚が入った饅頭って初めて出逢いましたが、レアなのかな?
シンプル且つ素朴なお味で河井的にはアリな一品でした。

こうなってくると酒まんじゅうを扱う全てのお店を巡って食べ比べしたかったなあ、なんて。
お店ごとに使っている具材も違っていそうだしね。
で、今回いただいた魚まんも後で調べてみると数店舗で出しているみたい。
むむむむむ、これは奥が深そうだ・・・
やはり侮っていたか、酒まんじゅうの、性能とやらを(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

結構充実した一日だったけれど、悔いも多いなぁ・・・
上野原、思ったより深かった( ̄▽ ̄)


で、
牛角の豚丼屋のレビューにつづくのであります。


おしまい。


食べログ グルメブログランキング




関連ランキング:和菓子 | 上野原駅


スポンサーサイト

上野原の遊郭跡を訪れたあと、進化を続ける老舗駅前食堂で旅の余韻を愉しむ。

上野原市
01 /15 2018
上野原   一福食堂


珈琲屋を出た河井、
ゆるゆると坂を下って上野原駅へ向かう、
道すがら、遊廓跡を訪ねます。


2017上野原 (192)

この辺り、らしいのだが・・・・


2017上野原 (191)

大鷲神社の近くは遊廓跡である事が多い気がするな、新吉原とかそうだったし。
こちらもまた大鷲神社が・・・あれ、


2017上野原 (195)

あれ?大鷲神社、なくなっているぞガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
遊郭があった形跡も道がやや広いくらいであまり感じられず・・・
往時の名残りを留めていそうな建物はあったものの、むう

消化不良である┐(´д`)┌ マイッタネ


2017上野原 (196)


2017上野原 (193)

で、行きがけにそのレトロ極まりない外観が大いに気になっていたこちらへ向かいました。
車道を逸れ段丘を下る階段を降っていくと、その斜面上に営業しているのか判然としない旅館が数軒立ち並んでおりますな。
もしかするとこの階段、車道よりも昔からある生活道路なのかも。
この道が遠く遊郭跡まで続いている事から、遊郭との連動性もあったのかもしれませんな。
なんて考えつつ、
14:50訪店。

お、混んでるな。
入口近くのテーブル席を勧められて座り、メニューを眺めます。
牡蠣、推し、かな?なんとなくそう思いました。


2017上野原 (211)
2017上野原 (213)

定食や麺類など並ぶ中、

2017上野原 (210)


バジルカツとかかなり攻めの姿勢なメニューもありますぜ( ̄ー ̄)ニヤリ
その中でも牡蠣のカレー焼き飯がすんごく気になりましたが、嗚呼、
もう、入らないわ(´・ω・`)ショボーン

生中(630円)」
ミニお新香(200円)」をオーダー。


2017上野原 (209)

外観から期待した通りの内観ですな、素晴らしき昭和。年季は感じるものの、よく手入れされていて清潔感あり。

奥行きが無く横に長い店内は厨房の手前にテーブルが並び、左奥には小上がりかな?
2階もあるみたいで客げ2階から降りてきました。
客は家族連れや夫婦がメイン、休日だからかも。

2分で竣工。
寸胴のジョッキ、久々に見たわ( ̄▽ ̄)
最近流行りの底へ向かって先細る「ジョッキ」、あれは個人的にはジョッキと呼びたくないんだわさ(`・ω・´)
ジョッキがこの20年くらいでどう変わっていったのか、その変遷を検証するサイトとかないかなぁ。
とか何とか思いつつ、

ではでは。


2017上野原 (208)

うん、スーパードライだね。
お新香は大根と胡瓜でいずれも程良く浅い漬かり。
いいわあ、こういうのがこういう処では丁度いいんだわあヽ(´▽`)/

いやぁ、疲れた・・・
今日は色々食べたし訪れたなぁ。
延喜式内社の石楯尾神社と式外社の牛倉神社を巡れたし、月見が池に癒されたし、旧上野原宿の風情も存分に味わえた。
名物のあんどうなつと酒まんじゅうは押さえたしオムも変わっていたし信玄生プリンもいただけたし、
諦めていた「せいだのたまじ」までいただけた。
もう悔いは無いな・・・


いや、


あったガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
天龍でドウフーメン食べるの忘れてた∑(゚Д゚)!!!
後ろ髪引かれながら、もとい、
後ろ胃袋引かれながら向かいの駅へと向かい、


2017上野原 (214)

通り過ぎて南口の閑散たる町並みを眺め、


2017上野原 (215)

嘆息して駅へと向かう、河井なのでした。




つづく。


食べログ グルメブログランキング




関連ランキング:定食・食堂 | 上野原駅



さよなら夏の日、また会う日まで上野原。

上野原市
01 /15 2018
上野原   喫茶 珈琲屋


さて、旅も終盤に差し掛かった。
坂を南に下り、のち右折。
やがてこちらが見えてきました。

喫茶店、だと思っていたのですが、結構大きな箱だな。
つーか、やたらとラーメンを推しているな・・・
13:45訪店。


2017上野原 (168)

右奥のテーブル席に座り、メニューを眺めます。


2017上野原 (173)

あら、食事メニュー、充実していますな。
ハンバーグにスパゲティ、ドリア、そしてラーメン。


2017上野原 (169)

パーコーメンとかあるな、なかなか気合い入っとるやないか( ̄◇ ̄;)
ここまで来ると、もはや喫茶店というよりはファミリーレストランの域だろこれ(^_^;)
でもオムは無いか(´・ω・`)ショボーン
まぁ、あってももう、入らないから河井・・・
アイスコーヒー(340円)」をオーダー。


2017上野原 (181)

すぐに竣工。
ちょい細いですがジョッキで出てきましたよ(^_-)-☆


2017上野原 (175)

苦味控えめのスッキリした余韻。
水が美味しいのかも、上野原は。
そこそこ朝から歩き回ったせいで喉が渇いていたのか、ガブガブといってしまいました(^_^;)


2017上野原 (183)

BGMはhitomiのcandy girl、懐かしいなあ(^_^;)
暫し漫然と微睡み、やがて店を出、
ようとした河井の耳に
「さよなら夏の日」のイントロが・・・

(2017.9月のレビューです)

浮かせた腰を再び下ろし、しばらく窓の外を眺め、


2017上野原 (182)

数分後、お店を後にしました。


ちなみに会計は税別価格でしたが350円。
端数はサービスなのかも。



2017上野原 (185)

つづく。


食べログ グルメブログランキング




関連ランキング:喫茶店 | 上野原駅


せいだのたまじ、ありますよ。&牛倉神社。

上野原市
01 /15 2018
上野原   和ぃ寿うどん


菓菓茶寮でオムとか信玄餅的なプリンとか色々いただいたあと、腹ごなしも兼ねて付近を散策。


2017上野原 (102)

日本ため池100選に選ばれたらしい月夜ケ池をぐるり向こう側へと回り、


2017上野原 (109)

月見寺とも呼ばれる保福寺を拝観したあとまた池へと戻り、
観水デッキのベンチに座って水面をぼんやりと眺めます。


さざ波。
まるで風に翻弄される鳥の群れの様だ。


2017上野原 (106)

そうか・・・
水面って、風も映すのか・・・・

とかなんとかボンヤリしていると、
胸の中に詰まっていたモヤモヤが、ストンと落ちた。
と同時に胃袋にも若干空きが出来た気がする( ̄▽ ̄)
で、BMしてはいなかったのですが、


2017上野原 (60)


先ほど看板を見かけて必訪な存在となっていたこちらへ向かいました。
12:45訪店。

テキサスブロンコな出で立ちのおやっさんがニコニコお出迎え。
強烈なインパクトオオォ((((;゚Д゚)))))))!!!「お好きな席へどうぞ」と言われたので奥の2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めます。
うどんがメインだな。あと天丼も推しているみたい。
うむ、軽く行こう。
「ぶっかけうどん並(490円)」を、
あと、
せいだのたまじ(150円)」をオーダー。
ふははは!!むしろこれがメインだったのだ( ̄▽ ̄)


2017上野原 (126)

せいだのたまじは上野原市の名物、
というか郷土料理ですな。

傾斜地で稲作に適さない棡原地区では江戸時代からジャガイモ栽培が盛んになりまして、
収穫された中でも小さなジャガイモを味噌ベースで煮詰めたものであります。
当時の代官、中井清太夫が飢饉対策のためにジャガイモを当地に伝えたそうで、
これにより窮状を救われた住民達はジャガイモを清太夫(せいだゆう)の名を取って「せいだ」と呼ぶようになったそうな。
多分「たまじ」は「玉じゃがいも」を略したものでしょう。

上野原を訪れるにあたり是非ともいただきたかったのですが、
棡原地区のふるさと長寿館くらいしか提供しているお店が見つからず、諦めていたのです・・・
そしたらこちらの店頭に「せいだのたまじ」って書いてあるじゃありませんか!!
この機を逃すワケにはいかなかったのであります。


2017上野原 (131)

2016年の8月にオープンしたという店内は真新しく、当然ながら清潔感あり。
テーブル席がメインですが、窓に沿ってカウンター席も設けられています。
客は半分くらいの入りで、常連っぽい老夫婦や学生っぽいお一人様男子、サラリーマン、地元民っぽい家族連れと様々な客層。
つか、どんどん混み始めてきましたよ(^_^;)

先にたまじ竣工。
小さめの球状のジャガイモが3個。

ではでは。


2017上野原 (132)

秩父名物の味噌ポテトみたいな甘いお味かと思いきや味噌はそれほど甘くはなく、香ばしい様な風味と旨味がありますな。
硬めに茹でられた小玉のジャガイモは里芋と似たサイズですが食感は左にあらず、硬いジャガイモのような、
って、ジャガイモだしな(^_^;)
味がよくしみていて素朴な美味しさ。
あー、こいつで酒呑みたいヽ(´▽`)/

10分でうどん竣工。
品の良い盛り付けですな。

ではでは。

2017上野原 (133)

ふむ、コシの強いうどんだな。
ねじれのある白い中太麺で、ギュムっと噛むと塩気と共に小麦の風味がふわあと立ちます。

上に乗るは海苔、鰹節、刻み葱、大根おろしで、大根おろしは辛味控えめなタイプかあ。
つゆは昆布系の甘味を感じますが強くは無くバランス良し。
温の方が楽しめそうかな。
食べ進めるうちに徐々にうどんに伸びを感じるようになってきました。

あら、満席だ。
さっさと退散するとしませうか。
勢いよく完食。


2017上野原 (134)

ボリュームは普通。まあ連食の果て、満腹であります(^_^;)
接客は、陰と陽、みたいな。
当たりならば満足できるでしょう。


2017上野原 (135)



2017上野原 (52)


このあと、牛倉神社へ。


2017上野原 (152)

延喜式には載っていないのですが、甲斐国風土記にその名が見える式外社。


2017上野原 (147)

2017上野原 (156)

敷地はなかなかに広く、樹々により昼なお暗し。
向かいの雀荘の年季の入ったモダンな佇まいも気になりました。以前はカフェーだったりしたのかも。

さて、旅も終わりに差し掛かってまいりました。
坂を下り、どんどん下り、


2017上野原 (161)


つづく。


食べログ グルメブログランキング





関連ランキング:うどん | 上野原駅



【オムの細道:348】 信玄餅屋であんかけオム。

上野原市
01 /14 2018
上野原   菓々茶寮 上野原店


この日は上野原市。
植松であんどうなつをいただき、

高城まんじゅう店で当地名物酒まんじゅうを堪能して、
市役所で企画展など拝見して、さて・・・

頃合いだな( ̄▽ ̄)


2017上野原 (75)

2017上野原 (76)


こちら、信玄餅で有名な桔梗屋さんが経営するレストランであります。


2017上野原 (77)

あら、もう混んでるぞ?
11:20訪店。

自動ドアを進むと右に売店、左にレストラン。
河井は左へスタスタ歩いていきます。
にこやかに出迎えていただいたおばちゃんに1人である事を告げると、特に案内は無し。
なので奥のテーブル席に座り、メニューを眺めます。

ふうむ、ほうとうに、おざらもあるのか!!
しかし河井はオムりに来たのだ・・・
さてさて、ふわとろにするか、あんかけにするか・・・
頬杖をついてアンニュイな面持ちで暫し思案した末、
あんかけオムライス(900円)」をオーダーして店内を見渡します。

と、おばちゃん直ぐに戻ってきて、
「プリンの試食が本社から届きましたのでどうぞ」
あらあら!
いつかはいただきたいと思っていた桔梗屋の桔梗信玄生プリン、ここでこんな形で出会えるとはラッキーヽ(´▽`)/


2017上野原 (85)


2017上野原 (87)

むふふ、滑らかな舌触り。
美味しいねえ( ̄▽ ̄)
きな粉と黒蜜のゴールデンコンビはここでも健在。
黒蜜ってスウィーツ界の柚子胡椒だよなあ。

それを瞬殺して、サラダバーへ。
こちら、食事利用の方にはサラダバーとけんちん汁∞サービスがつくのですよ(^_−)−☆


2017上野原 (86)

サラダは小さなテーブル上に5種類、盛りは少なめ。
色々いただきましたが中でも茄子と獅子唐の味噌炒めが美味しかったですな(サラダちゃうやないかい河井)。


2017上野原 (84)

ここで一息ついて店内を見渡します。


2017上野原 (93)

広々とした店内は清潔感あり。
客は家族連れが多いな。
なんとなくこの後混みそうな予感、邪魔にならないよう早めに出よう。
とか思っているところに、
おばちゃんの「お待たせしましたー」の声と共に、


2017上野原 (88)

12分でオム竣工。
現物を見た事がないのでどんなオムかとワクワクしながら待っておりましたが、
こう、来たか( ̄▽ ̄)


2017上野原 (89)

色んな具材に彩られた餡の海、その中心に浮かぶはオムアイランド。
さやいんげんの緑が映えていますな。

ではでは。

ライスは・・・ん?

2017上野原 (91)

チャーハンと来たか!
銀餡の中華丼のアタマ乗せオムチャーハン、って事か、
攻めますなあ、桔梗屋( ̄▽ ̄)
餡は中華系のお味でサッパリした旨味が効いたもので塩分は控えめに感じました。
具は白菜、人参、豚肉、キクラゲ、筍、小海老で、それぞれ食感を愉しめるくらいの火の通り。


2017上野原 (92)

チャーハンはやや味が強めな仕上がりで、薄味の餡と合うね。
玉子は厚みあるふわふわな仕上がりで存在感あり。
小鉢の野沢菜漬け?の塩気が良いアクセントとして愉しめちゃうくらいの薄味仕立てであります。

あ、けんちん汁もいただいておかないと!!
オムを中断して、いそいそとよそいに行きます。


2017上野原 (94)

けんちん汁の具は薄い銀杏切りの大根がメインで豚肉、人参、牛蒡、蒟蒻入り。
お味は醤油ベースのさっぱりした薄味仕立て。
ああ、餅入れたい・・・餅ぶっ込んでお雑煮にしたいなあ( ̄▽ ̄)

・・・っと、しまった、
まだまだこの先食べるのにガッツリいってしまった(^_^;)
お代わり自由に弱いなあ、河井は。
ここでフィニッシュ。

オムのボリュームは普通ながら、サラダバーとけんちん汁∞で900円、
んでもって今回はプリンまで付いてしまったのだから満足せざるを得ないわな(^_−)−☆

接客は明るくハキハキ、笑顔も素晴らしく、文句無し。

お会計はお菓子売り場で行います。
「972円になります」
あ、税別だったか(^_^;)


つづく。


食べログ グルメブログランキング




関連ランキング:郷土料理(その他) | 上野原駅



上野原名物、酒まんじゅう。

上野原市
01 /13 2018
上野原   高城まんじゅう店


バスで石楯尾神社を巡って新町バス停まで戻り、植松のあんどうなつを頬張りつつ旧上野原宿を歩いていた河井、
チェックしていたオム処を確認しましたが、まだ11時前、ランチにゃ早い。

ならば酒まんじゅう、行っとこう(^_-)-☆
上野原市と言えば、植松のあんどうなつ、せいだのたまじ、酒まんじゅう。あとは天龍のドウフー麺も気になるところ(上野原名物実態調査2017、河井総研調べ)。

中でも酒まんじゅうは江戸時代、甲斐絹の交易で栄えた上野原宿を訪れる商人達の間でその味が評判となり、
彼らが訪れた先でその美味しさを伝えた事から大人気となったそうで、酒まんじゅう屋の前には長い行列が出来たそうな。
今でいうところの「行列の出来るスウィーツ店」のはしり、でしょうかね?
で、現在でも上野原宿の通りやその近隣にお店が点在していて、名物と名乗るだけはありますな。
また上野原市でも店舗マップを作ったりしていて、町ぐるみでPRしているようです。

で、通りの外れ、


2017上野原 (61)

市役所近くにこちらのレトロな外観が見えてきました。


2017上野原 (62)

10:55訪店。

中から出て来たおっちゃんが「いらっしゃい」
「酒まんじゅうを一つください」
と河井が告げると、奥へ引っこまれました。


2017上野原 (63)

内観もいいねぇ(^_-)-☆
半円形の棚にずらぁりとお菓子が並んでいる様、インスタ映えしそうでんな( ̄▽ ̄)(やっていませんが)


2017上野原 (64)

あら?味噌に高菜・・・
へー、色々と種類があったのか。
何も聞かれなかったけれど、何が出て来るんだろう・・・
ま、それも愉しむか( ̄ー ̄)ニヤリ
お会計は100円。


2017上野原 (65)

道すがらいただくとします。


2017上野原 (66)

むふふ、温かいねぇ、こりゃ嬉しい。
ラップを剥がすと、ほお!
独特の香りがふわあああっ、と鼻孔をくすぐりますぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。

あんむ、っと饅頭にかぶりつけば、

ふかぁっと、
もっちぃぃっと、


2017上野原 (67)

へっへっへ・・・美味いじゃあないかヽ(´▽`)/!!!
俺は酒まんじゅうを侮っていたなぁ、ホント、侮っていた、いました、ごめんなさい。
立ち止まり、3秒ほど酒まんじゅうに頭を下げて、再びかぶりつきます。

で、餡はつぶ餡でした。
まあ、最初だし、オーソドックスなのをいただくのはむしろ正しかろうて。

つーか潰し餡かな、甘過ぎない味わい。
これ、いくらでもいけるわ。
瞬殺。

皮のふかぁっとした食感と独特の香り、これはクセになるなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
正直、酒まんじゅう・・・この一軒だけでいいかな、と思っていたのですが・・・
こりゃあ他のお店のも試してみたくなるな、参ったなぁどうしよう・・・胃袋、もつかなぁ(^_^;)


2017上野原 (68)

このあと上野原市役所でトイレを拝借しつつ食堂をチェックしましたが、


2017上野原 (69)

まぁ日曜だから閉まってますわな(*゚ー゚)>テヘヘッ


さて、頃合いかな?


つづく。


食べログ グルメブログランキング




関連ランキング:和菓子 | 上野原駅



上野原名物、あんどうなつ。

上野原市
01 /13 2018
上野原   植松

一言堂で買い求めたおにぎりセットを平らげた河井が降り立ったのは、



2017上野原 (9)

上野原。


2017上野原 (11)

2017上野原 (12)

河井、学生時代は帰郷する際、各駅停車で帰りのが常でした。
ある冬の寒い日、中央本線〜大糸線ルートで帰ろうと計画して高尾駅から乗った小淵沢駅行き、だったっけ?
その辺りの記憶はもはやおぼろげなのですが、その折に上野原駅から眺めた朝ぼらけの美しさ!!
今でも、鮮明に憶えております。


2017上野原 (13)

2017上野原 (15)

2017上野原 (16)

北口の小さなロータリーを窮屈そうに廻ってのけたバスはどんどん登り登って、


2017上野原 (18)


2017上野原 (38)

石楯尾神社。
山梨県上野原市の北に位置する延喜式内社なのですが、この辺りは神奈川県相模原市だったりします。


2017上野原 (29)

2017上野原 (28)


小さなお社でしたがよく手入れされていて、地域の方々の崇敬篤き神社だな、という印象。
特に門を兼ねた神楽殿がいい佇まい。


2017上野原 (36)

きっと村祭の折には通路を閉じて舞台を作り、神楽が舞われるのでしょうなぁ・・・


2017上野原 (37)

やがて乗ってきたバスが終点から戻ってきたのでそれに乗り込んで下り、


2017上野原 (45)

新町バス停で下車。
この辺りが旧上野原宿、らしいですな。
うむ、いい通りだ・・・

ああ、

俺、旅、しているなあヽ(´▽`)/


2017上野原 (50)

さて、先ずは、こちらへ。
あんどうなつが名物らしいですが、はてさて。
10:30訪店。


2017上野原 (49)

あら!個売りは売り切れかΣ(゚д゚lll)!!!

・・・・・うーーーん、
しかし、ここに来てこれ食わない訳にはイカンだろうよ(`・ω・´)
「あんどうなつ5個入り(755円)」を購入。


2017上野原 (52)

車通りの多い街道の1本脇へ入ると、昔ながらのややくねくねした裏通りに出ました。
その道すがら、いただくとします。


2017上野原 (54)

ではでは。


2017上野原 (55)

大きさはゴルフボール大、いやそれよりは一回り大きいか。
おお!


2017上野原 (56)

歯がサックリと沈み込みますなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
サーターアンダギーを思わせる食感。
戦後間もない頃から変わらない味らしいですが、だとすればこれ、当時はかなりハイカラな食べ物だったんじゃないかなぁ。

外側には砂糖が塗してあるので甘いは甘いけれど、餡子は甘さ控えめでちょうど良し。


・・・あ、勢いに任せて3個食べちゃった(^_^;)
全部食べちゃうと後につかえるは必定。
だから1個だけ食べてあとは翌日の朝食代わりにしようと思っていたのに・・・
河井が悪いんじゃない、あんどうなつが美味しいのが悪いんだ(ぇ
残りをカバンにしまい、歩みを速めます。


2017上野原 (57)

このあと本通りへ戻って上野原宿の本陣跡(私有地っぽいので深入りはせず)を巡りつつ、西進。


2017上野原 (59)



つづく。

食べログ グルメブログランキング




関連ランキング:和菓子 | 上野原駅



【オムの細道:199 】 談合坂でオム。

上野原市
12 /13 2015
四方津 ピュア・ザ・キッチン EXPASA談合坂(下り線)


【オムの細道シリーズ】



いい歳してワクワクをこじらせてしまい、前夜は全然眠れなかった(^_^;)

この日は親愛なるマイレビュアー、ちー&りーさんにお誘いいただき、あざらしななおさん、やっぱ塩が好きさんと、信州は松本へ遠征しました。
目指すは[a:20001545,キッチン南海松本店]。
ちーさんとあざらしさんの[b:「キッチン南海制覇」]という覇業成就の旅に、河井も便乗させていただいたのであります。
あざらしななおさんの愛車で中央道を西進。
途中渋滞に巻き込まれながらも談合坂SAに到着。

IMG_2652.jpg

河井的、第一チェックポイントだ(^_−)−☆

大きなフードコートですなぁ。
さてさて、目的のお店は・・・・あった( ̄ー ̄)ニヤリ
07:45来店。

先客は居ないな・・・ちょい不安(^_^;)
手持ち無沙汰な態で、覇気の無い兄ちゃんが「いらっしゃいませー」
[b:・・・不安しか感じない(ー ー;)]

前のショーケースにボタンが付いていて、そこで食券をゲットするみたいですね。

IMG_2645.jpg

[b:鯖ピザ]の強烈なインパクトに気持ちが揺らぎますが、初志貫徹(゚Д゚)ノ

IMG_2646.jpg

朝からワンコインでオムれると聞いていたのですが、ちょい値上げされていました。
「[b:オムライス](600円)」の食券をゲットして店員さんに渡すとブザーを渡され、それを持ってテーブルへ戻ります。

IMG_2647.jpg

2分で竣工。
玉子は如何にもふわとろな見た目で良さげ。
しっかし、草食系男子っぽい顔して豪快な盛り付けだな兄ちゃん(^_^;)

皆さんのチョイスがそれぞれ「あー、なるほどぉ」と頷かざるを得ないチョイス。
四者四様で、それぞれ個性が滲み出たチョイスでしたね( ̄ー ̄)ニヤリ
思わずニヤニヤしてしまいました(*´∇`*)

ではでは。

IMG_2648.jpg

ライスはパッサパサだ(T . T)

IMG_2651.jpg

具はチキンとコーン、グリーンピースで、少ない。

IMG_2649.jpg

ソースはとろみを付けた様なデミグラスソースで玉ねぎ入りで、ワイン由来っぽい酸味とコク、ほろ苦みが効いたもの。
しっかし温いんだよなぁ(ー ー;)

IMG_2650.jpg

玉子は薄くバターが効いたふわとろで、3個くらい使われているかな。
瞬殺。

これで1000円超えていたならばトレイをひっくり返しているところですが、
この価格ならば・・・
ボリュームはやや少なめでしたが、玉子はたっぷり使われていましたし、
納得しようと思えば出来るかも。
接客が普通に出来ていて、ソースの加熱が適切で、盛り付けにもーちょい気を使って貰えたならば、ね(^_^;)
とまれ、朝から手軽にオムれるのは嬉しい。
よって採点はちょい甘めとなっている事、ご了承下さいませ。


つづく。




関連ランキング:ステーキ | 四方津駅梁川駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ