《《再訪》》 朝は笑顔で送り出されたい。

小平市
08 /16 2016
《《再訪》》 青梅街道  とまと

少し前のレビューになりますが、溜まっていたので放出します。


IMG_4651.jpg

「かき揚げ(290円)」

期間限定かな?
騙されたと思って・・・
とPOPに書かれていましたが、クリスプな食感が良い ですな。
そんなに騙された感はありませんよ(^ー^)ノ
具は人参と玉ねぎ?いやキャベツかな?
甘いタレもまあ合うね。
まあ、ご飯でいただきたい、ってのが河井のホンネではありますが(^_^;)

IMG_4652.jpg

「ブルーベリー(180円)」

奥までしっかりブルーベリー&クリーム。
ブルーベリーの酸味がおやつ代わりにぴったりだな(^ー^)ノ

IMG_4236.jpg

「エビカツ(280円)」

厚みあるエビカツはぷりっぷり。
味付けは控えめでエビの旨味と塩気、酸味で食べ進む塩梅。
エビカツに横幅が無いのでキャベ千のみで食べる箇所が生まれるのが難点だな。
味が濃ければ空白地帯の存在がむしろエスケープゾーンとして必要になってくるのですが、
このエビカツは薄めの味付けなので、むしろエスケープゾーンを持て余すんだわな。
まあ、厚みあるエビカツを頬張るのは心地よいものですが。

IMG_4326.jpg

「ピーナッツバター(180円)」

端までしっかり入っているのはブルーベリーやコンビーフと同じだ。
甘さは強くなく、ピーナッツの風味で味わう一品。

IMG_4398.jpg

「鶏ごぼう&ごぼうサラダ(240円)」

期間限定かな?
鶏ごぼうサンドとごぼうサラダサンドが一緒になっています。
ごぼうサラダサンドはごぼうと人参のマヨ和えかな。
食物繊維をたっぷり摂取出来る一品だ。
身体にいい事してる感がありますな(*゚ー゚)>テヘヘッ
鶏ごぼうサンドは印象薄し。

接客は初訪時よりは向上している様に感じます。
朝から気怠い接客にあうと、その日1日に響きますからね・・・
その点が向上したからこそ、これだけ使ったのだと思います。

今はなかなか使う機会が無いですが、いずれまた訪れたいですね。




関連ランキング:サンドイッチ | 青梅街道駅新小平駅一橋学園駅


スポンサーサイト

小平の車窓から。

小平市
06 /10 2016
小平   丸徳


通勤途中の車窓からいつも眺めていました。
その味のある佇まいから「老舗の立ち食い蕎麦屋」ってな印象を持っていましたが、
レビューを拝見するとどうやら違うらしい・・・
ならば自分で確かめてみようと小平駅に降り立った河井です(`・ω・´)キリッ

IMG_4893.jpg

駅を降りて左へ歩・・く・・・・・ん?

・・・あっちゃー、逆に降りちゃったみたい(*゚ー゚)>テヘヘッ
ちょっ、今の無しで、もう一回(´・Д・)」


・・・(引き返し中)・・・

・・・お、降り立ちました河井です(`・ω・´)キリッ
あ、降りた先から見えてますな。
10:25訪店。

先客無し。思ったより広いですね。
中程のカウンター席に座り、メニューを眺めます。

IMG_4897.jpg

IMG_4898.jpg

IMG_4899.jpg

丼物が多いな。で、定食もあります。
これにうどんor蕎麦をつけるセットメニューが基本の様ですね。
ふむ、どうやら豚味噌焼き丼を推しているようだ・・・

っなワケで、
「[b:豚味噌焼き丼](500円)」を「[b:Aセット](280円)」、
「[b:うどん]」「[b:温かいの]」を「[b:並]」でオーダーして店内を見渡します。

IMG_4900.jpg

意外にモダンを感じさせるカウンターですな。
花が活けてあったりと気配りをかんじますが、手書きのメニューが雰囲気を曖昧にしています(^_^;)

IMG_4901.jpg

歌謡曲のレコードジャケットが壁に飾られているのが印象的。
しかしBGMは歌謡曲じゃなくてFMだったりします。
その辺もまた雰囲気を曖昧に(ry

IMG_4904.jpg

先に奴と紅生姜が竣工しますが手を付けずメインを待ちます。

7分で先ずはうどん竣工。
伸びないうちにいただきませうかね。

ではでは。

IMG_4905.jpg

うどんはコシよりは伸びがアピールします。
やや細めでツルツルした喉越し。
つゆは、ピンと来ない塩梅。
具は刻み葱とヨモギ?の天ぷら。
天ぷらは揚げ置きだけどサクサクだ。

2分後、豚味噌焼き丼竣工。
さてさて。

IMG_4906.jpg

うん、もうまんまの味。
甘辛い味噌が強めに効いています。
豚はそんなにペラくないな。
具は他に玉ねぎ、そしてヨモギ?の天ぷらだ。
いかん、天ぷらがダブってしまった、
的な展開ですが、このダブりに関しては嬉しいね(^_−)−☆
ご飯の炊き上がりは悪くないな。量はやや少なめかな?
味噌のクドさを奴で中和しつつ、完食。

丼はワンコインながら納得出来るくらいのボリュームがあったし、うどんも然り。
奴も付いてきたしCPは満足は出来るかな。
メニューからしても定食屋とカテゴライズするのが正しいでしょうな。
蕎麦うどんに力を入れている様には思えないし・・・
定食メニューも多いしね。
定食だと味噌汁をハーフうどんor蕎麦に変更出来るみたいだから、そちらの方がお得かもしれません。
因みに中盛は50円、大盛は100円増し。
中盛があるって事は・・・
大盛、ガッツリストにも対応していそうな予感がします( ̄ー ̄)ニヤリ

接客は威勢良く腰低し、とても低し。
河井がスーツ姿だったからなのか、店を出る時
「いってらっしゃいませ」
「お仕事頑張って下さいませ」
とお声、いただきました。

仕事前に優しく背中を押していただいた気分、
あな嬉しや。
足取り軽く駅へと向かう、河井なのでした。




関連ランキング:うどん | 小平駅萩山駅


柔らか&柔らか。

小平市
06 /07 2016
小平  越後そば


長らく気になっていたので、出勤前に途中下車してこちらへ。
カレーがね、気になっていたのですよ。
C&Cのカレールーを使っているらしくて、ね(^_−)−☆
10:20訪店。

IMG_4725.jpg

カレーセットがあればいいんだけど・・・お、
朝定食、10:30までOKかいなヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
ラッキー( ´ ▽ ` )ノ
ニヤニヤしつつ「[b:朝定食C](410円)」の食券を購入して、
カウンター内のおっちゃんに食券を渡し、「あったかいので」とコールしてテーブル席に座り、

IMG_4726.jpg

店内を見渡・・・

IMG_4727.jpg

す間も無く1分で竣工。
むむ、この竣工時間、茹で置きか?それとも見込み茹でか??
むむむ、ご飯が柔らかそうに見えるな・・・

ではでは。

IMG_4729.jpg

先ずは蕎麦から行きませう。
具は刻み葱のみで、NREの蕎麦とがっぷり四つのクオリティ。
蕎麦は、うーん、柔らかい(^_^;)
まあ、ちゅるんちゅるんしていて喉の通りはスムーズですが。

越後そば、過去に飯田橋に在ったお店でいただいた事があるのですが、
30秒で竣工したにも関わらずもーちょい角が立っていた気がします。
茹で置き、かな?
確かへぎそばをアピールしていたはずですが・・・
普通の蕎麦よりもちゅるんちゅるんするだけで、「へぎそば」とは言い難いなぁ。

つゆはあっさりした甘い旨い塩梅で、ちょいエグみあり。
瞬殺。

さ、カレーだ(´・Д・)」
C&Cカレーのルーを使っているらしいですが、色味はまさにC&Cの中辛ですな。

IMG_4728.jpg

さてさて。

うーん、柔らかい(^_^;)
ご飯に力を入れていないのかな?残念(ー ー;)
しかし、カレーは悪くない。
もしかするとC&Cの直営店よりも美味しいかも。
というのもC&C、塩っぱい時があるのですよ。
多分、温め置きしている間に煮詰まってしまうんじゃないかと思うのですが・・・
しかし、ここのは塩っぱくなかったです。
これでライスがちゃんとしていればなあ・・・
瞬殺。

竣工スピードは素晴らしいですね。
改札前という立地ですし、この速さは評価に値するでしょう。
いろり庵きらくの朝定食(かけそば&明太子ごはん)より30円高いですが、
カレーのクオリティを鑑みるとこちらに軍配を上げ、
たいところですが、ご飯の炊き上がりがなあ(^_^;)

精進しませう(^ー^)ノ




関連ランキング:そば(蕎麦) | 小平駅


【オムの細道:229】 ○○○○でオム。

小平市
05 /05 2016
花小金井  くすのき亭


【オムの細道シリーズ】


花見が雨で流れて飲み会になった席で歴女の女性たちに、
○○○○についてどう思いますか

って聞かれたもんだから
「それは、もう武田鉄矢しか浮かばない」
って答えたら
えー!?
ってガッカリされまして、
むしろ嫡男の正行が如何に敵方に尊敬されていたかを熱っぽく語ったのですが反応はイマイチ(多分論点がズレてたんだと思う)。
そんな遣り取りをしつつベロンベロンに酔っ払った翌日、
重い二日酔いに苦しみつつ通勤電車に揺られていた時にふと、
あ、こちらへ行かなきゃ、
って思ったので仕事帰りに訪れました。

華やかな北口から一本左に入ると、
両脇に街路樹が立ち並ぶ人気の無い通りが北へ真っ直ぐに伸びていて、

IMG_4402.jpg

その先にこちらの灯りだけが仄かに煌めいていたのです。
20:45来店。

左の3人掛け丸テーブル席へ通され、メニューを確認。

IMG_4403.jpg
IMG_4404.jpg
IMG_4405.jpg
IMG_4406.jpg

誰にも見られないよう、テーブルの下で小さくガッツポーズした後、店員さんに
「当店オリジナルオムライス(950円)」を「Aセット(200円)」でオーダー。
Aセットはミニサラダとソフトドリンクが付いていて、
ドリンクはホットコーヒーをチョイスして店内を見渡します。

清潔感ある店内は通路が広く取られているからか広々とした印象。
テーブルが7卓ほどで、カウンター席は無し。
先客は3組でカップルや家族連ればかりでソロ客は河井のみ。
待っている間に中年のご夫婦が来店するなりプチ喧嘩。
・・・軽くアウェーだね(。-_-。)

IMG_4407.jpg

すぐにサラダ竣工。
サイズはミニながら、色んな野菜が入っていて愉しい。
サウザンっぽい濃いめのドレッシングにはクラッシュしたナッツ類が入っています。
瞬殺。

BGMは控えめな音量のクラシックと、ハンバーグの空気を抜く音(^ー^)ノ

IMG_4408.jpg

8分でオム竣工。
やや大きめな平皿の中心に円いオム。
その周りをデミソースが囲み、オム上には胡椒とパセリ?が掛かっています。

IMG_4409.jpg

ではでは。

デミはトロみ控えめでコッテリに非ず、鋭角なコクと酸味、ほろ苦みが主張します。
デミにしてはやや軽い印象ですが、味のパーツに欠けは無い印象。
玉子はフワトロよりはフワフワな塩梅。
よく見るとソースの下にも玉子が見えるので、かなり贅沢に使われている様です。

IMG_4410.jpg

淡く茶色に色づいたライスは軽くスパイシーでコクを感じます。
具は玉ねぎが少し見えるだけであとは肉片くらいですが、玉ねぎの甘味は効いています。
ソースのコクは横溢せず他の味を侵し過ぎないからライスのスパイシーさが立っていて、面白いバランスを見せますね。
飯深は浅く、ボリュームは少ないなぁ。
難攻不落の千早城とは違い、攻略は容易だ(´・Д・)」
力押しに攻め立て、瞬殺。

IMG_4411.jpg

コーヒーは苦味の効いたもので食後にはいいかも。

ボリュームは少なめなので割高感はありますが、オリジナルオムライスと銘打つだけあって面白さは感じました。
サラダもちゃんとしていたし、ディナーにしてはCPは悪くないと思います。
まあ、もーちょい具とボリュームがあれば、とは思いますが(^_^;)

接客は初々しいな、新人さんかな?
会計時には店主が奥から顔を出し、柔和な笑顔で「ありがとうございました」。
こういうの、いちいちこなすのは面倒臭いでしょうが、
客にとっては「一期一会」だったりするのですよ。
笑顔で店を後にした、河井なのでした。


くすのき亭

夜総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:洋食 | 花小金井駅


朝は笑顔で送り出されたい。

小平市
02 /27 2016
青梅街道  とまと


最近はここでサンドイッチを買って通勤途中に食べるのが日常と化しております。

接客はたまにテンション下がりますが、概ね良好。
あの時は運が悪かった様ですな(^_^;)

サービス・・・☆

「照り焼きチキン(280円)」

照り焼きの味付けは軽め。
冷たいやや厚切りのトマトがよく合います。
レタスもたっぷり。
しっとりしたパンとの相性は良かったです。

「ハムエッグ(240円)」

目玉焼きではなくフィリングで、それをハム?サラミ?でくるんと巻いてあります。
間にはキュウリが縦に挟んであるのが面白く、デザイン性が高い一品。
ある程度口が大きい方ならば、
ハムエッグゾーン、キュウリゾーン、パン、ハムエッグゾーンとテンポ良く食べ進められるでしょう。

IMG_3822.jpg

「たまごサンド(200円)」
フィリングは黄身成分濃い味わい。
かなり控えめな味付けで、玉子を存分に味わえます。

IMG_3823.jpg

「コールスロー(200円)」
キャベツたっぷり。
酸味の中に甘味があり、人参が彩りを添えます。

「ゴロゴロ野菜コロッケ(260円)」
カレーっぽい見た目ですがカレー味ではありません。
ソースがメインのお味。
カボチャ、人参、枝豆、ジャガイモなどなど使われていて、名に恥じぬコロッケで、枝豆がナイスアクセント。
キャベ千もしっかり入っていて、腹に溜まる一品。

IMG_4059.jpg

「オムレツ(220円)」
オムレツの中にはソース味のマッシュポテト?が入っています。
ソースの酸味にキャベ千が合いますな。

「おさかなタルタル(270円)」
大きくなって美味しさアップ、ってPOPが付いてたもんだからつい購入。
白身魚のフライは厚みありサクフワな食感。
酸味の強いタルタルとの相性も悪く無いですが、河井にはちょい酸味がキツいかな。

「たまご&ロースハム(220円)」
たまごサンドとハムサンドが1切れずつ。
玉子はは相変わらず黄身の風味が濃い味わい。
ハムサンドは、むしろレタスサンドだな。
ハムの存在感は希薄で、幾重にも重ねられたレタスをバリバリ食らいました、って感想。


容量オーバーで載せられない写真が多くてすいません<(_ _)>

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ