【オムの細道:317】 国立で出逢った正統派オム。

国立市
06 /16 2017
国立    ラグー


そーいえば、国立駅周辺でオムってないや、
そんな事を思いまして、仕事帰りにこちらを目指したのです。

20173 (91)

以前から、それこそオムの細道を志した当初からBMしていたお店なのですが、
緊張感漂う、との情報ゆえ、なかなか足が向かなかったのであります。

20173 (92)

店の前のメニューを眺めてオム確定( ̄ー ̄)
安心して、
19:50訪店。

あら、河井の貸し、切りっ、だ!!(◎_◎;)

ややコワモテな店主が小声の低音で「いらっしゃい」
緊張感マシマシ、視線定まらぬ態でカウンターの奥の方の席に座り、

20173 (93)

一応メニューを眺めるフリをしてみたりして、やがて顔を上げ、
決然と「オムライス(900円)」をオーダー。

20173 (95)

年季と清潔感が同居する店内はエアコンの効き良し。
この日は寒の戻りで格別に寒かった(2017.3月のレビューです)から助かりますヽ(´▽`)/

小さな音量で昔の洋楽が掛かりつつも、BGMは日本へ三味線を習いに来たメキシコ人に密着したTV番組。

20173 (94)

それをちょこちょこ気にしつつも店主、時折鼻歌混じりに、
かなり手慣れた手付きでオムを仕上げていきます。
これは、いい予感( ̄ー ̄)
そして緊張感、霧散。
頼っちゃおう、うん、頼っちゃおう。
目の前の店主の大きな背中に信頼を寄せつつ待ち、

20173 (96)

10分でオム竣工。
店主が何かを発した様に感じましたが、小声ゆえに何を発したのかは解らず。
多分、悪い言葉では無いと思います(^_^;)

20173 (97)

ほんの少し焦げ色の付いた玉子にふんわりと包まれたオムはぷっくりと膨らんでいますよ(^_−)−☆
中央に掛かるケチャップは少なめで、左後背にはパセリが控えます。

ではでは。

20173 (98)

ライスはパラッと炒めてあり、淡く赤みを帯びてはいますがケチャップライスじゃないね、
ピラフってな塩梅で、バターとブイヨン?で味付けされていて、比較的あっさりめのお味。
だから上に掛かったケチャップが活きますね。
具は鶏肉、玉ねぎ、マッシュルーム、ピーマン。
中々の具沢山っぷりで河井の顔がついほころびます( ̄ー ̄)
各役者それぞれ違った食感を演出していて楽しいヽ(´▽`)/
そしてピーマンが彩り程度じゃない存在感なのも嬉しい。

玉子はハードタイプで厚みあり、ふっくらした仕上がり。
うむ、美味しい( ̄ー ̄)
一気に完食。

ボリュームは普通。
パセリくらいしか付きませんでしたが、具が多かった。
なかなかに楽しませてくれましたね、満足の900円。

多分ここ、何食っても美味いんじゃないかな?
まぁ店名からしてそうですが、特に一押しのタンシチューorビーフシチューがベストなのかも。
でもオムも美味しかったですよ(^ー^)




関連ランキング:洋食 | 国立駅



スポンサーサイト

「スタ丼」、「すた丼」、「スタミナ丼」、その発祥店。

国立市
05 /05 2017
国立   名物 スタ丼 サッポロラーメン


国立駅南口。
さて、

右か左かどうするか。

前回は左へ向かっていんでぃ庵へ向かいました。
ならば今回は右のこちらへ向かおう(^_−)−☆


・・・・・・・遠いな(;´Д`A
(検索中)
あ、1km近くあるのか∑(゚Д゚)


・・・・・ようやく、見えて来ました。
外観、いいいいいねぇぇヽ(´▽`)/

食べログ3 (352)

河井がこの店の存在を知ったのは2000年代前半。
当時働いていた店のバイト君に「店長にぴったりの食い物があるんですよ」と教えて貰ったのがこのお店の「スタミナ丼」でした。
当時はそこまで食べ歩きに興味がなかったので訪れる事はなかったのですが、
そのうち府中に「すた丼」がオープンして早速訪れてすた丼を飯増しでオーダー。
想像以上のボリュームにニヤニヤが止まらなかったのを憶えております(^_^;)
18:50訪店。

痩せ型のおっちゃんが「いらっしゃい」。
入口寄りのカウンター席に座り、メニューを眺めます。

中華食堂然とした店内の壁には中華食堂然としたメニューが短冊に貼られておりますな。
ラーメンもあるし、、、ってそもそも店名に「サッポロラーメン」って入ってるしな(^_^;)

ま、これだよな。
「スタ丼並(550円)」をオーダーして店内を見渡します。

食べログ3 (354)

外観に違わぬ年季の入った内観。
その年季に清潔感がちゃんと抗っていますね。
色褪せた赤いカウンターはスベスベに磨かれています。
先客は学生時代に常連だったであろう男性2人。
近況報告も兼ねて店主と話し込んでいます。

食べログ3 (353)

さて、スタ丼について話しておかねばなりますまい。

「スタ丼」は「スタミナ丼」の略。
豚肉とネギをニンニクを効かせた醤油ダレで炒めて生卵をトッピングしたもので、
1970年代初頭、このお店の創業者の手によって産まれた、と言われております。
国立西(こちら)、国立東、国分寺に店がありましたが、創業者の死後、国分寺の店主が店舗拡大を図り、成功。
現在は「伝説のすた丼屋」という名称でチェーン展開しております。
しかし発祥店である国立西店(創業者の愛弟子が継承)、その後に開業した小平店はその動きに同調せず現在に至ります。
つまり「スタ丼」と「すた丼」は根っ子は同じながら少し違うのかもしれない、
なんて考えつつ待ちます。

食べログ3 (355)

6分で竣工。
生卵は別皿にて供され、味噌汁付き。
ボリュームはそんなでもなさそうだな。

ではでは。

食べログ3 (357)

意外にあっさりした・・・いや、

ニンニク、一閃。
ガッツーンと来るね(^_^;)
何と言えばいいのかな、
直線的な・・・

すた丼がブレンデッドだとすれば、
スタ丼はシングルモルト、みたいな。
とってもシンプルな味付けなんだけど、グイグイ来ます。
そして「飯を口へ運べ」と催促します。
捗るねぇ、捗りやがるねぇ、飯( ̄ー ̄)
ご飯はちょい割れていますが炊き上がりは悪くはない。
ボリュームも見た目以上にはありますな。

んで、肉と飯の間に敷かれた刻み海苔が活きていますなあ(^_−)−☆
肉の脂を受け止めつつも風味が味に埋没しない。
「すた丼」も同じ様式ですが、こちらの方が強いかな?味付けの違いによるものだとは思うのですが。

飯ウマがエンドレスな展開、ですが、ここはしっかりと手綱を引いて対応。
肉よりもご飯が残る横に食べ進め、

食べログ3 (356)

折り返し地点のやや手前で満を持して生卵、投入
ここからロングスパート!
しかもどんどん上がるペース!!
ここに来て軽やかさを増す足取り、ならぬ箸取りっ!!!

うおォン

もはや後続は遥か彼方。
余力を残してゴールテープを切りました。

食べログ3 (358)

味噌汁は鰹節が効いた味わい。
すた丼の味に似ているかも。

接客は飄々。

うむ、好き嫌いが明確に分かれるお味でしょうな。
とにかく飯が捗るニンニク醤油&脂&海苔なお味。
河井は好きですな、このジャンクさ、ボリューム、CPの良さ( ̄ー ̄)

駅から遠いのでなかなか行けないですが、また食べたいなぁ。
次回はカレーとかいただいてみようかな。




関連ランキング:丼もの(その他) | 国立駅



脂身って、もたらすね、幸せを。

国立市
04 /25 2017
国立   いんでぃ庵


年の瀬(2016.12月のレビューです)。
いつもより早い出勤。
だからいつもより早い帰宅。
で、眠い目をこすりつつ国立へ。
南口の真ん中に仁王立ち、
さて、右か左か・・・
右ならばスタ丼、
左ならばいんでぃ庵・・・

やがて、左の信号が青に変わったのを見て左へ向かいました。

食べログ3 (285)

途中、段々とカレーが食べたくなってきた・・・全く、都合の良い胃袋殿め( ̄ー ̄)

食べログ3 (286)

6叉路を過ぎたところにこちらが在りました。
18:45訪店。

あらま、先客無し。
ちょいコワモテなおっちゃんがポツリと「いらっしゃい」。
やや緊張しつつ中程のカウンター席に座り、メニューを眺めます。

食べログ3 (288)

年末(重ねて言いますが2016.12月のレビューです)だからか気が大きくなっていましたね(^_^;)
メニューの一番上にある、一番高いメニュー、
「スペシャル・ビーフ(1200円)」を「大盛り(100円)」でオーダーして店内を見渡します。

食べログ3 (287)

年季と清潔感が同居する店内はウッディでこじんまり。
左に厨房があり、それに面して7席ほどのカウンター、
通路を挟んで右には4人掛けテーブルが2卓。ちょいオサレな印象。
趣味の良い洋楽につい身体が揺れてしまいます(^_^;)

よく効いたエアコンにより解凍されゆく我が身体と緊張感、徐々にほぐれていきます。
見上げればインディアンの分布図や彼らの写真が貼られていますな、まさしくいんでぃ庵だ( ̄ー ̄)
と、若いカップル来店。
半分安堵、半分嫉妬(*´ー`*)

7分で竣工。
平たく盛られたライスを覆う様にカレーが掛かっています。
茄子おやじの盛り付けに似ているな、って思いましたがそりゃそうだ、
どちらもルーツはまめ蔵ですから(^_−)−☆
(とか書いていながらまめ蔵は未訪だったりして(^_^;))

ではでは。

食べログ3 (289)

とろみあるルゥはよく煮込まれた玉ねぎっぽい甘旨味が出ていますね。
酸味はきつくなく、旨味、、、うん、旨味だ。
ビーフの脂身のトロトロ具合がたまらん( ̄ー ̄)
脂身って、もたらしてくれるよね、幸せをヽ(´▽`)/
で、スパイスもしっかり効いていて、欧風マイルド一辺倒、ってのでもないんだな。
辛さもほどほどにあり。
具は牛肉、シメジ、マッシュルーム、獅子唐、茄子。
プチトマト、茹で卵、生の人参とカイワレがその上にトッピングされています。
それぞれそこそこの入り。
茹で卵、合うなあヽ(´▽`)/
そしてプチトマト、これは中華丼におけるウズラの卵みたいな存在でしょうか。
この一口は面白いですよ( ̄ー ̄)
一気に完食。

ボリュームは大盛りなり。
河井的にはガッツリとまではいかないくらい。
全方位に配慮した、中毒性の高い一皿、ってのが総評。
近くに住んでいたらちょこちょこ通ってしまうでしょうね(^_−)−☆
それくらいのインパクトは充分に感じました。ベタつかない接客もむしろ好み。1人でも意外に居心地良かったし。
今回の河井チョイスはちょいお高めでしたが、お高めなりに美味しかった。
他のカレーも是非いただいてみたいですね。




関連ランキング:カレーライス | 国立駅



スペック高ぇな。

国立市
06 /06 2016
谷保  丸信中華そば


この日は仕事終わりに[a:13073518,国立飯店]でオムる予定だったのですが・・・
店内、真っ暗だ(T . T)
時間は19:50、つまりこの時間には閉まっているという訳だな、憶えておくよ( TДT)
うーむ、どうしよう・・・谷保に降り立ったからには、谷保で喰いたい。

河井がちょっと飯を入れていくような未訪店ってもう谷保にはないのか?
・・・(検索中)・・・あったヽ(´▽`)/
で、こちらへ向かいました。

IMG_4736.jpg

ふむ、真新しいな、改築したのかな?

IMG_4737.jpg

なのに味あるショーケース、たまらんね( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_4738.jpg

20:00訪店。

おっちゃんの明るい「いらっしゃーい」がお出迎え。
入口寄りのカウンター席に座りメニューを眺めます。

IMG_4739.jpg

・・・うん、調べは付いていましたが、やはりオムは無いか(ー ー;)
ここではラーメンが定石の様ですが・・・・しかし、定石は崩すためにあるッ(゚Д゚)ゴルァ
「[b:中華丼](700円)」を、
あと河井にしては珍しく「[b:ビール【びん】中](600円)」をオーダー。
蒸し蒸しした夜でしたから、ね(^_−)−☆

IMG_4740.jpg

お、サッポロ黒ラベルだ( ´ ▽ ` )ノ
つまみはキャベツ、大根、胡瓜の塩もみに醤油をかけたもの。

IMG_4741.jpg

味はシンプルながらボリュームあるねぇ!
こういうの、嬉しいなあ、心から嬉しい。

清潔感ある店内は、左に厨房があり、それに面してL字カウンター、
右にはテーブルが並んでおります。

客は半分の入り。
サラリーマンのお一人様が多いですが地元民っぽい若夫婦もいて、おかみさんと世間話。
店を回しているのは店主夫妻と息子夫妻でしょうかね?
跡継ぎがいる中華食堂に出会うと、何だか嬉しい(^ー^)ノ

IMG_4742.jpg

6分で竣工。
ほお、一目で醤油餡だと判る濃い茶色。
お新香とスープが付いてきました。

ではでは。

具はキャベツ、白菜、人参、ピーマン、絹さや、豚肉、筍、キクラゲ、長ネギ。
八宝菜のお株を奪いますな(^_^;)
しかしうずらの卵は入っていないか(T . T)
人参は歯応えを残しつつも甘味を感じます。
絹さやのパリパリ、ピーマンの苦味がアクセントになっていますね。
キャベツも絶妙な火の通り。
んで、豚バラに厚みがあるんだな。
肉、喰らってる感を味わえます。

餡はヒタヒタに入ったタイプでとろみは薄め。
課長さんが適度に効いていてクドくは無いですな。
ご飯は硬めの炊き上がりでシャバい餡に良く合います。

IMG_4744.jpg

スープは、味噌仕立てか!!
油揚げ、入ってるしな(^_^;)
酸味はやや強めで不思議な味わいですが、妙に中華丼に合うね(^ー^)ノ

IMG_4743.jpg

お新香も美味し(`・ω・´)キリッ
勢い良く完食。

ボリュームは普通、いや、やや少なめかな。
でも具沢山で満足ぢゃヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

いやあ、良い店だ。
特に欠点が無いんだよな。
愛想は良いし、声出しも抜かり無いし、清潔感あるし、料理も美味い。
適度に威勢がいい、ってのが、またいい。
この「適度に」ってのが、キモだ。
無いと切ないし、過ぎると煩い。
男40代・・・難しい年頃ですな(*゚ー゚)>テヘヘッ

あとはオムがあればなぁ・・・。




関連ランキング:ラーメン | 谷保駅


より良い1日の始まりを確約してくれる、おにぎり屋さん。

国立市
04 /22 2016
矢川   京園



IMG_4445.jpg

通勤途中に初めて舞い降りた矢川駅前は、桜舞い散る麗らかな春。

今日は長い間気になっていたこちらを一本釣りしに来ました(^ー^)ノ
矢川駅界隈には用事が無くて(オムも無いし・・・)・・・・・
なかなか訪れる機会を設けられなかったのです(^_^;)
10:30来店。

IMG_4443.jpg

先客が2人並んでいますねぇ。
期待、しちゃってイイのかな( ̄ー ̄)ニヤリ
すぐに河井の番がやって来て、お姉さんとおじいさんが笑顔でお出迎え。

IMG_4444.jpg

ショーケースを眺めると、おにぎりは100円だね(^_-)-☆
結構種類があるなぁ・・・迷うなぁこれは(^_^;)
おにぎりの他にも太巻きや赤飯、揚げ物や惣菜もります。
河井のチョイスは、
「[b:うめ](100円)」
「[b:めんたいこ](100円)」
「[b:エビだんご](70円)」。

「(エビだんごに)ソース付けますか?」と聞かれたので、少し付けて貰いました。
駅へ戻り、ホームのベンチに座っていただきます。

IMG_4448.jpg

ではでは。

IMG_4449.jpg

先ずはめんたいこから行こうか(゚- ゚ )
おにぎりはほんのり温かいですね。作りたてなのかなぁ?
美しく巻かれた海苔はややしっとりしていますが、湿りは少なめですし。
ご飯の炊き上がりはやや柔らかめですが、美味しいね。
明太子の辛さは仄かで、ご飯の塩気は控えめ。
サイズはやや小振りですな。3口で完食。

IMG_4450.jpg

合間にエビだんごを挟みます。
エビだんごは串揚げで、団子が3個刺さっていて、下の団子は青海苔を塗してありますね。
少々小振りながらちゃんと海老だ。
薄い衣のサクサクも愉しい。
串揚げ屋ならチェーン店でも180円くらい取られそうだな(^_^;)
んでもって、ソース、正解(^_-)-☆

うめはめんたいこより少しだけおにぎりに厚みがある様に感じますが、気のせいでしょうか?
うん、やっぱりお米が美味しいな。海苔の風味も良いし、特に欠点が見当たらない。
梅干しとご飯って、完璧なマッチングだよなぁ。
頬張って3口で完食。

おにぎりは小振りながらも1個100円。当然、税込み(^_-)-☆
で、美味しい。良心的なお店だと思います。
つか、ね!?
何と言ってもねぇ、
[b:カウンターに立つお二人共、いい笑顔なのだ!!!!!!!!]
朝からこの笑顔に出会えたら、何でもない1日がより良い1日に変わりそう。
そんなワクワクを抱いて電車に乗り込む河井なのでした。
(良い一日になるかどうかは自分次第だがな河井)

IMG_4447.jpg


京園

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:おにぎり | 矢川駅


【オムの細道:184】 「餃子の王様」の店で、高CPオム。

国立市
10 /31 2015
国立  餃子王


【オムの細道シリーズ】



シルバーウィーク初日、って事を忘れていた。
どこも渋滞、渋滞だΣ(°д°lll)ガーン
ちゅうバス(北山町循環)は予定より20分遅れでせせらぎ公園停留所に着きました。
目的はこちら。
河井にとって長らく宿題店でした。
北府中、谷保、西国分寺、国立・・・どこの駅からも遠く、河井にとって難易度の高いお店だったのですが、
府中市のコミュニティバスが通っている事に気付きましてね♪( ´▽`)
久々の暑さにやられつつ、
12:50来店。

IMG_2049.jpg

カウンター席に座り、メニューを確認。

IMG_2051.jpg

IMG_2050.jpg

うん、あるな( ´ ▽ ` )ノ
威勢の良い店主に「オムライス(580円)」をオーダーして店内を見渡します。

スタッフが多いな。店主と奥様と若者2人・・・きっと出前が多いのでしょうな。
店主の巧みな鍋振りに胸が踊ります(^_-)-☆

店内は左にテーブルが3卓、通路を挟んで右に厨房があり、それに面してI字カウンターが奥へと伸びています。
カウンターには椅子がびっしり。
先客は9名。
皆さん地元民の様で、家族連れが多いですね。
こちら、店名の通り餃子が人気らしく、皆さん召し上がっておられます。
そして、オムも人気なのですよ(^_−)−☆
9人中3人がオムっていました・・・これは期待出来そうだ( ̄ー ̄)ニヤリ

5分で竣工。

IMG_2052.jpg

むむ、ハードタイプか・・・
かなり火が通った見た目の薄焼き玉子の巻きオムですな。
ちょっと不安がよぎります。
with中華スープ。

ではでは。

お!?
いやいや、美味いじゃないか(^ー゚)ノ
玉子は薄焼きですが、少し厚みあり。
だからか、外側こそハードでしたが内側はしっとり。ライスと絡んではくれました。

IMG_2054.jpg

ライスの具は豚バラと玉ねぎだからポークライスですな。
味は強めで、ケチャップと(多分)ソースがベース。
酸味とコクがメインですが、ソースの効果か、かなりスパイシーです。
上のケチャップは辛うじて使い切りましたが、無くてもいいかもってな味付け。

IMG_2053.jpg

スープは美味しい飲み物でした。
完食。

ボリュームはそこそこありましたね。
いやあ、これで580円かいな・・・そりゃあ人気なワケだ(^_-)-☆
頻繁に掛かる出前のオーダーには必ずオムライスが入っていたし、河井の後に入って来た客もオムっていたし。
接客は活気あり、笑顔あり、挨拶ありで文句なし(^ー゚)ノ
府中の[a:13063395,蘭]と同じ匂いがする、現役バリバリの中華食堂でした。
遠くから訪れるタイプのお店ではありませんが、もっと評価されていいお店だと思います。

店を出た河井、第2の目的地である山口瞳ゆかりの[a:13087692,キャットフィッシュ]へ向かいましたが、
閉まってる(゚- ゚ )
返す刀で[a:13068773,尾張屋]・・・
閉まってるな(゚- ゚ )
んじゃ[a:13063396,大元]で大元丼だ(゚Д゚)ノ

IMG_2056.jpg

・・・ってショーケースにオム発見。

IMG_2057.jpg

うーん

オム連食、しかも中華食堂のオム連食・・・これは避けたい(T . T)
・・・また来よう。
そもそもオフ会前に連食とか何やってんだ、って話ですからね(*゚ー゚)>テヘヘッ
さて、所用を済ませよう・・・

で、その後に[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/37032239/,おおしば]へつづく。


餃子王

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:中華料理 | 国立駅谷保駅西国分寺駅


【オムの細道:161】 スープと共に味わうオム。

国立市
07 /24 2015
谷保  カツミ軒



【オムの細道シリーズ】


夜の谷保に初めて降り立ちました。
目的地へ行く前に辺りをブラついてみます。
谷保マーケットというイカした場所に出くわして一瞬興奮MAXに陥りましたが・・・
時間帯もあるのでしょうが、シャッター下りまくっていますね(^_^;)
BMしていた[a:13135380,うどん屋]が体調不良で休業されていたり、ちょっと淋しいです( -_-)
おっと、
ダイヤ街!??良き名じゃ!!ヽ(´▽`)/!!!

・・・も閉まっているなぁ( ノД`)
・・・・こんな顔もあったのか、谷保には。近くに住んでいながらちっとも知らなかった。
そうやってブラブラしつつ目的地へ向かうと、真っ暗な公園。
あれ?確かこの辺りなんだが・・・
その傍らに、煌々とこちらのネオンが煌いていて、
なんだかホっとしたのです。
開け放たれた戸をくぐり、
19:55来店。

カウンター席に座り、メニューを確認。

IMG_1293.jpg
IMG_1292.jpg

・・・あった( ̄ー ̄)ニヤリ
しかし、
ここに来たならば、
名物のラーメンをチョイスするのが定石。
それは、解っているのだ・・・

河井の心は千々に乱れます。

3秒後(にしては速くないか河井)
厨房内のおばちゃんに「オムライス(750円)」をオーダー。

年季の入った店内は狭く、8席ほどのI字カウンターのみ。
その向こうに厨房があります。
外にテーブルが2卓、アクティブな状態で置かれているので、混雑時にはそちらも稼働するのでしょう。
カウンター上にはニンニク、胡椒、酢、醤油、辣油、七味、中濃ソース、
あと唐辛子かな?辛そうな赤いやつが入った瓶が備え付けられておりますね。

先客は居ませんでしたが、オーダー直後に常連さん夫婦が来店してラーメンと餃子ををオーダー。
と同時におばちゃんに呼ばれた店主登場。
常連さんと会話を弾ませつつチキンライスを炒め始めます。
壁には色んな有名人の色紙が飾られておりますな。
そう言えばこちら、[b:YOUさんの親戚]だって情報があったっけ(゚- ゚ )

改めてメニューを見ると・・・・・・

IMG_1294.jpg
IMG_1295.jpg

へぇ!!
店の前の公園のテーブルで食べることも出来るんだ(@_@)
ちょっと面白そうだな( ̄ー ̄)ニヤリ
でも真っ暗だから夜は無理だな( -_-)
BGMはケンミンショーと地元ディープな谷保の近況談義。

12分で竣工。

IMG_1298.jpg

おやおや、なかなかに雄大な体躯( ̄ー ̄)ニヤリ
ガッツリ喰らう予定ではなかったんだけど(^_^;)
ボテっとしたオムの上にはチョボっとケチャップがディップ。
これに中華スープが付いて来ました。

ではでは。

IMG_1297.jpg

玉子はハードタイプの薄焼きで、底まで巻いてありますな。
具は豚肉と玉ねぎですが豚肉は飾り程度。
ライスはケチャップライスで、パラパラでムラ無し。炒めスキルの確かさは感じます。
味付けは薄味なので掛かっているケチャップには意味がありますね。
玉子もライスも水気少なめなので、徐々に口の中がモソモソし始めます。
終盤にはケチャップを使い果たしてしまい、同時に飽きがやって来た(゚- ゚ )
ここで、中華スープだ(゚Д゚)ノオリャアア

IMG_1296.jpg

透明度は低いですが、すっきりアッサリ美味しいね(^_-)-☆
スープを味わい、オムを頬張る。
これがここでのオム喰らいの最善手、ですな( ̄ー ̄)ニヤリ


しかし・・・・気になるな、「辛そうなやつ」(゚- ゚ )(結局また飽きた)

ちょっと摘んでみよう・・・・・・・だっ

でゅえやあぁあああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!


・・・・こ、これ、


唐辛子だ(見た目通りだな河井

酸っぱい唐辛子だ(B級ホラー映画みたいなベタ展開だな河井

これは失敗した・・・・(しかも「ちょっと」と言いながら結構乗せたよな河井


・・・自爆しつつ完食。

ボリュームはそこそこありましたね。
あと、胃袋が熱いです\(^o^)/バカヤロウ

接客は普通の中華食堂なそれ。
水が温かったのはちょい残念。
正直オムライスは微妙でしたが、中華スープの美味しさを鑑みれば、
メニューにオススメと書かれていたラーメンやチャーハン辺りのオーダーが妥当なのでしょうね。
次回はラーメンを公園でいただきたいと思います。


カツミ軒

夜総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:中華料理 | 谷保駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ