鉢形城巡りのお供に。

大里郡寄居町
06 /26 2015
寄居  伊勢屋


[a:11016102,今井屋]を出て[a:11014213,つばき]まで歩く道すがら、


IMG_0787.jpg

[b:食べログにも載っていない真新しい和菓子屋発見!!!]
[i:何故こんなところに!?]
という寂しい立地に[b:「すいーつらぼ 伊勢屋」]と描かれた大きな看板がでーんと。

思わず入ってしまったのは食べロガーの悲しい性、といったところでしょう(^_^;)

店内に入るとショーケースがお出迎え。
右手にある調理場、あいや「らぼ」から壮年の店主が出て来ました。
「[b:みたらし](100円)」
「[b:赤飯おにぎり](100円)」
を購入。

その後、つばきでオムって満腹になってしまい、
データ量に到達したスマホ宜しく重い足取りでヨタヨタと鉢形城へ向かいます。
途中、今井屋に貼られていたカレンダーで気になっていた[a:11025353,肉のみねぎし]を見つけましたが、

[b:もう、入らない( TДT)]

無念の通過・・・

やがて道は下り坂になり、川にぶち当たりますと、

IMG_0797.jpg

川の向こうに見えてきました鉢形城ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
その雄姿をまじまじと眺めつつコンビニに入り、レモンジーナを衝動買い。
[b:なぜ、炭酸を択んだんだ河井Σ(°д°lll)ガーン]

と己を激しく責めつつも一気に飲み干し、気合充填。
橋を渡ると、緩やかな上り坂が延々と続きます・・・
城を右手に見つつ歩き続け・・・・・[b:おお!!!!!!!
・・・土塁、立派に残ってるじゃないのヽ(´▽`)/]
アドレナリンがケチャップみたいにドバッと出ました。
史料館を訪れてじっくり鑑賞&一休みして、
一路、大手へ向かいます。
城巡りにおいて、まず[b:大手門からclimb onする]のが河井スタイル。
やはり正面玄関から入るのが礼儀といふものですから(`・ω・´)キリッ
そして、虎口。
(虎口についての参考資料は[a:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%8E%E5%8F%A3,こちら](^ー゚)ノ)
昔・・・・
二条城の枡形虎口で取り乱し、ひとしきりその虎口の素晴らしさを語ったあと、
満面の笑みで振り向いた先にあった、
従姉妹と叔母の呆れ顔が忘れられません(T . T)

大手に到着。いやー、歩いたなあ(^_^;)
ここで、お腹に少し、空きが出来た(゚‐゚*)
前方には御誂え向きに休憩所が在ります(^_−)−☆
・・・・ここでいただくとしよう。

IMG_0851.jpg

包みを開けて・・・・

IMG_0852.jpg

ではでは。

たっぷり付いたみたらしは・・・甘、じょっぱ美味いな。
団子は硬めで焦げ目の香ばしさを堪能出来ます。
城巡りには柔らかくて伸びのある団子よりも、こういうタイプの方が風情が出ると思います( ̄ー ̄)ニヤリ
しかし、お茶が欲しいな・・・
とか思いながらペットボトルの水をグビグビ。

IMG_0855.jpg

赤飯はちょっと潰れてしまった( -_-)
まあ、それだけ歩いたという事か・・・
お、美味い!
やや硬めで噛むごとにもちもちもっちり。
塩気がやや強めに効いているのもいいね(^_−)−☆
これは、歩き疲れていた河井の身体が塩を欲していたから、って可能性もありますがね(^_^;)
豆は硬めで河井の好きな食感。
瞬殺。

安くも高くもない価格ですが、この味ならば納得。
元気、復活(゚Д゚)ノ

ひとしきり虎口を愛でたあと、じっくりと城を味わい尽くした河井なのでした。

IMG_0868.jpg

で、帰り道。
肉のみねぎしの手前の古い建物をチラッと見て・・・・もう一度見て、立ち止まりました。
看板は外されていましたが[b:「伊勢屋」の跡がくっきりと浮かび上がっていたのです!]
帰って調べてみたら、やはりそうでした。
こちら、50年以上続く老舗の様ですね。
鉢形城の一の曲輪手前で無情にもスマホの電源が切れてしまい、この時は写真を撮れなかったのですが、
行きに偶然撮っていたので旧店舗の写真もUP・・・・・出来なかった( -_-)
2kbの罠、か( -_-)

しかし、寄居・・・実に歩き甲斐がある町でしたね。
今井屋のレビューでも書きましたが、モータリゼーション前の細い道がそこかしこに残っているのです。
もしかしたら、秩父歩きよりも愉しめるかもしれませんよ(^_−)−☆

IMG_0800.jpg


伊勢屋

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:和菓子 | 寄居駅玉淀駅


スポンサーサイト

【オムの細道:142】 寄居でオム。

大里郡寄居町
06 /25 2015
寄居 つばき



【オムの細道シリーズ】


今井屋でタレカツ丼をいただいた後、一路こちらへ向かいます。
しかし・・・遠いなぁ(゚- ゚ )
でも、寄居駅周辺でオムれるところ、かなり調べたんだけど・・・ここしか無さそうだから仕方ない( -_-)
途中、偶然見つけた和菓子屋で団子と赤飯おにぎりを衝動買い。

IMG_0787.jpg

城で食べよう(^ー゚)ノ
なあんて気楽に思っていたのです、この時は・・・

やがて、踏切の向こうにこちらが見えて来ましたよ(^_−)−☆

IMG_0788.jpg

おおお・・・ちょっと、これは・・・勇気が要るな(゚‐゚*)
昭和4、50年代のドライブインみたいな外観。

IMG_0789.jpg

入口前に車が横付けされているので、先客は居そうだ。
少し、安堵。
1回、大きく深呼吸して、

13:25来店。

先客、無しガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

自然光が照明代わりの薄暗い店内で、カウンターの白だけが目立ちます。
カウンターへ通されて座り、使い込まれたメニューを眺め・・・・・・あった(^_−)−☆
店主に「洋食屋のオムライス(900円)」をオーダー。

すると店主が「嘘でしょ!??」ってな表情で、

「オ、オムライスですか?」

・・・さも、ありなん。
店主はきっと、河井が「旅人」だという事を察知していたのでしょう。
実はこちら、今井屋まるい食堂と並ぶ「寄居カツ丼御三家」の一軒。
だから、こちらの名物であるカツ丼系をオーダーすると思っていらした様ですが・・・・すいません、
河井、オムの旅人なのです<(_ _)>

・・・数秒後、落ち着いた店主が
「チーズかかりますけど大丈夫ですか」
その言葉にかぶせる様に奥様が、ニッコリ笑って
「ピザみたいなのよ!」

河井は微笑をたたえながら「大丈夫です」

・・・と答えましたが「どんなだろう!?」
と思いつつ、店内を見渡します。

店内は年季が入ってますねぇ。天井の高さが開放感を生んでいます。
右に白いカウンターが奥へと伸び、その中に厨房。
左には小上がりが3卓。こちらは広くスペースが取られていて、座敷の様な役割もしそうです。
清潔感は、微妙かな(^_^;)
まあ薄暗さが河井の心理に影響を及ぼしている、ってのはあります。

5分で竣工。
「真ん中にチーズ入ってるから」
「熱々だから気をつけてね」

と奥様が

にこやかに頷きつつ、
あ、これ、やっちまったな
と思っていました・・・・・

IMG_0790.jpg

軍艦島みたいな形状の巻きオムは、薄焼き卵ごと型で成型された様なフォルム。
薄焼き卵では覆いきれないのか、赤いライスが端から見えています。
つまり、米密度高し(゚Д゚)ノ
今井屋でカツ丼をいただいてから30分以上経過して、既に満腹中枢が作動し始めていたのですが・・・
カツがオイリーだったからか想定外の満腹感。
そんなところに、このオムだ。

・・・準備万端で寄居に臨んだのに、
2回戦で敢え無く散るのか河井・・・・・

つか「いせや」で買った団子と赤飯が3回戦の相手として待機しているぞ河井Σ(°д°lll)ガーン
硬直した河井の目の前に、
「はい、これもどうぞ」
と奥様がキュウリの漬物をサーブしてくれました。

ではでは。

ライスはケチャップでしっかり味付けされていて、具は玉ねぎと豚バラ。
よってポークライスですな。
豚バラはたっぷり入ってますねぇ。
そして予想通り、米密度、高し(^_^;)
コンビニおにぎりとは対極に位置するギッチリ感。
チーズはオムの中心部に入っていました。
アツアツ、トロトロです。
ソースは独特だなぁ、裏漉ししたジャガイモの様な舌触り。
トマトも入っていますが、味のメインではありません。
カレーみたいな・・・でも辛くはない。
味は軽いコクが来るくらいで、それほど主張しません。
ライスの味が強めなので、これはこれで丁度良い塩梅、だろうか。
キュウリの漬物は素朴なお味で、口内をリセットするのに役立ちました。
淡々と完食。

ボリュームは・・・やはり結構ありましたね。
いやー、満腹だぁ(^_^;)

満腹になっちまった・・・・

こちらのボリュームもさる事ながら、今井屋のかつ丼が計算違いに効いています。
やはり揚げ物は河井にとって鬼門だな(^_^;)

接客は良くも悪くも田舎の食堂みたいな感じで、河井的には悪く無かったです。
お二人に見送られながら店を後にして、

うへぇ、これから城に登るのかΣ(゚д゚lll)
団子とおにぎりを片手に、大きな溜息をついて・・・
・・・やがてよたよた歩き始める、河井なのでした。


つばき

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:洋食 | 玉淀駅寄居駅鉢形駅


寄居の「100年食堂」で名物のタレカツ丼。

大里郡寄居町
06 /23 2015
寄居  今井屋


2015.4訪問


河井の隣を颯爽とすり抜けたつがいのツバメが、駅のホームの階段を1秒で上っていきました。

埼玉県大里郡寄居町。

IMG_0770.jpg

今日は久々に城巡り。
北条氏邦の居城、鉢形城を目指します(`・ω・´)キリッ

それともう一つ、目的が。
秩父のわらじカツ丼を筆頭に、埼玉県西部には玉子を使わないかつ丼文化が存在するのですが、
こちら寄居町もまた然り。
その代表的なお店がこちらなのです(^ー゚)ノ
レビューを読んでみると、醤油系のタレかつなのかソースかつなのかいまいち判りません。
なんだかワクワクするじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ

駅の南口を出ると、鄙びた町並みがお出迎え。
右には・・・閉店したショッピングセンターでしょうか、巨大な建物の廃墟がでーんと横たわっております・・・

IMG_0775.jpg


IMG_0771.jpg

駅前の観光案内所(風情あります)に立ち寄ったあと、
細い路地を巡ったり、ひとしきりブラブラします。
車が入っていけない幅の路地の奥に飲食店があったりして、モータリゼーション以前の日本を体感しているかのよう。
地図を見ないで本能の赴くままに歩き回った後、我に返り(゚- ゚ )
スマホで食べログの地図を開いて現在地を確認。
改めてこちらへ向かいました。

うわあ、

IMG_0777.jpg

見えてきた!!・・・多分アレだろ?うん、やっぱそうだ( ̄ー ̄)ニヤリ
いやぁ、素晴らしい外観。

IMG_0779.jpg

鄙びた佇まいの中に、どことなく凛とした雰囲気。
白い暖簾が心地よさげに舞っています。
美しい・・・
こちら、創業は明治40(1907)年。つまり100年以上続いている超老舗!!
まぁ建物は創業当時のものではないでしょうが、旧びた中に気品の様なものが感じられるのはそういう事なんでしょう。
ひとしきり愛でたあと、ニヤニヤしながら通りを渡りました。

12:40来店。
お!!やっぱ混んでるわΣ(°д°lll)ガーン
と思いきや客が河井と入れ替わりでドヤドヤと退店。一気に席が空きました。
あら、ナイスなタイミング(^_-)-☆
時間をつぶした甲斐があった( ̄ー ̄)ニヤリ(プラス志向だな河井)
4人掛けテーブル席に座り、メニューを・・・・・・むむ(゚- ゚ )
かつ丼、確か800円だったと記憶していましたが、値上がりしていたか・・・
かつ丼(850円)」をオーダーして店内を見渡します。

4人掛けテーブルが4卓のみのこじんまりとした店内は、
外観同様に相当な年季が入っていますが、清潔感がありますねぇ。
丁寧に使いこまれた印象、好印象ヽ(´▽`)/
厨房の奥からドンドンと肉を叩く音が聞こえてきました。
胃袋殿が反応しますが、それをお茶で宥めます(^_^;)

IMG_0781.jpg

最近こういう本当のお茶、なかなか飲む機会が無いなぁ。
それにこういう湯呑みで飲む機会もほぼなくなった。

・・・ん?
「肉のみねぎし」のカレンダーが掛かっていますね。
って事はそこから仕入れているのかな?
後で訪れてメンチカツでも食べてみよう(^_-)-☆(しかし、その想いが叶う事はなかったのであった・・・)

5分で竣工。

IMG_0783.jpg

フタ付きだ( ̄ー ̄)ニヤリ
が、フタが浮いていて、隙間からカツがチラリ・・・これは健全なチラリズムだ( ̄ー ̄)ニヤリ
フタの上にはお新香の小鉢。これも何だか可愛いな(^_^;)
フタを開けると、
カツはやや小振りながら2枚イン。

IMG_0784.jpg

カツでご飯が見えません(^_^;)
IMG_0785.jpg
・・・・・以上。キャベツとか、無し。
カツ、メシ、オシンコ。至ってシンプル。
1枚をフタの上に避難させて、

ではでは。

衣はやや厚めでクリスプな食感。
表も裏もタレがかかっているので、タレにくぐらせてあるのが判ります。
肉と衣が分離し易いのが難点でしょうか。
肉は思ったより厚みがありますね(@_@)
福井のソースカツ丼みたいに薄いのが2枚だと思っていましたが・・・
筋切りもしっかり為されていますし、問題ないお味。

さて、タレだ。
恐らく醤油ベースだろうとは思うのですが、ソースの様な味噌の様な甘コクな旨味が口内に広がります。
軽くほろ苦みもありますね。これは衣由来かなぁ?
味は濃厚にも感じますが、多分・・・タレが濃いんじゃなくて衣のラードが影響しているんじゃないかと思います。

ご飯は美味しい炊き上がりでGOOD(^_-)-☆
お新香は胡瓜と大根でパリパリ。
浅い漬かりの糠漬けで、これは美味しいヽ(´▽`)/

IMG_0786.jpg

瞬殺。

接客は良くも悪くも大らか。
奥様の笑顔は素敵でした(^_-)-☆

ボリュームはそこそこ、
だと思っていたのですが、流石は小振りとは言えかつ2枚。
衣の厚さも手伝ってか、腹持ちがすこぶる良いのですよ。
これが後々、ボディブローの様に効いてくるのです・・・・・


つづく。


今井屋

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 寄居駅玉淀駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ