看板娘と名物店主と御柱。

諏訪市
06 /09 2015
上諏訪「ごん太」


2012.5訪問

すっかり昔のレビューになりますが、
他の方のレビューにて「看板娘」がご健在である事を知り、
旧い下書きを勢いのままに書き上げてみたのです(^_−)−☆

この時は豊橋まで夜行バスで向かい、飯田線に乗り、
秘境駅で降りて次の駅まで歩いたり、
[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/4144886/,駒ヶ根ソースかつ丼]を食べたり[b:ヒカリゴケ]を見たり[b:女体の入口]を訪れたりして、
夜は[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/4125694/,山菜の天ぷら]や[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/4128049/,おたぐりや蜂の子]をいただいて伊那市で一泊、
翌日バスで高遠へ向かって高遠城を巡り[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/4146950/,高遠そば]を食べ、
[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/4150311/,ローメン]を食べて飯田線を完乗して諏訪湖へ向かってチェックインしたあと、こちらへ向かったのです。
初めて、と言ってもいい本格的な一人旅。
詰め込み過ぎた予定に身体が悲鳴を上げてしまい、
翌日に予定していた諏訪大社には行けなかったのが心残り。
まあ、二日酔いだった、ってのもありますが(´・_・`)

食べログで見つけたこちらのお店は、看板娘と話術巧みな店主(多分「看板娘」の息子さん)との二人三脚なお店でした。
特におばあちゃんがキュートで[b:まさに「看板娘」!]
確かあの時で80歳を優に超えていらした筈。

2人連れの常連さんが帰られて、河井の貸し切り状態になりまして、
色々お話していると諏訪社の氏子さんという事が判り、
ここぞとばかり御柱祭や当時興味があった金刺氏について質問攻めした記憶があります。
ま、内容はほとんど憶えておりませんがΣ(°д°lll)ガーン
[b:・・・お酒って、怖いですね(^_-)-☆]
ただ、御柱祭は木落とし(巨大な柱が坂を下る、皆さんご存知のアレです)だけではなく、
何年もかけて「神事」という名の準備を積み重ねていく壮大なものなのだと知りました。
彼らの様な方々が居て初めて成り立つのだな、と。
特に「巨大な注連縄をなうのが大変だ」
と、仰っていた・・・様に憶えています。

・・・あ、そうそう、料理についても書かなくちゃ。
付け出しには山菜が8種くらい入っていて、付け出しの域を超えています。
むふふ・・・キノコがシャキシャキしてる!!ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー!!!
「カニミソが美味い店はハズレが無い」とメモしてありますので、きっとカニ味噌が美味しかったのでしょう。
呑んだのは駆け付けの生中1杯と、
真澄300ml、
舞姫300ml。
あと2品くらいいただきましたが・・・憶えていません( -_-)
つまりは[b:ぐでんぐでん。]
気がつけば24時・・・今にして調べてみたら・・・・・

[u:閉店時間、過ぎていたのですね]・・・・・・[b:ホント、スイマセンでした<(_ _)>]

人気の無い夜の湖畔をジグザグに歩きながら、
ああ、俺、旅してるんだな・・・
鹿、食べたかった・・・
なんて頭に浮かべつつ、ホテルまで何とか辿り着いた、河井なのでした。

ごん太

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:居酒屋 | 上諏訪駅


スポンサーサイト

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ